GPS

07/09/2015

Garmin GPS eTrex30 通信エラー

 出かけるときは常に携帯している eTrex30 だが、BaseCamp を使って PC と eTrex30 間の通信をしようとすると、常時エラーが発生して、データの授受がままならない。

1.「通信エラー」と表示されたエラーは、
Garmin_etrex30_20150709  『Garmin/gpx/Track144.gpx のファイル読み取り中にエラーが発生した』 となっている。
エクスプローラーを開き、PC全域で該当ファイル( Track144.gpx )の存在状況を調べて見ると、・・・
該当ファイルは、GPSのメインメモリとリムーバブルディスク側の両方にあることが分かったが、リムーバブルディスク側のファイルのファイルサイズは 0KB となっている。
そのため、メインメモリ側のファイルをコピーして、リムーバブルディスク側の該当フォルダに貼り付けた。

 これで通信エラーは解消するのではないかと思ったが、また別の通信エラーが発生した。

2.そのエラーは、
  『本体との通信中に問題が発生した
   Garmin/GPX/Imported_2014-10-25 071614.gpx  の読み取り中にエラーが発生した』
と表示されたので、エクスプローラーを開いてファイルの状況を調べてみた。
 Garmin/GPX の中にある『.gpx』の拡張子を持つファイルを見ると、通信エラーを起こしたファイルのみが、他のファイルに比べて異常に大きく(他のファイルに比べて約100倍以上)、そのファイルサイズは 32.9MB あった。
 その日付に関連する画像ファイルの存在を調べたが、関連性を有する画像データは無かったため、「
Imported_2014-10-25 071614.gpx」のファイルを削除した。

3.GPSとPCをUSBで接続した状態のまま、PCを一旦シャットダウンし、再起動させた。
 その結果、GPS内蔵メモリーは、エラー無く読み取り出来たし、メモリーカードについてもエラー無く読み取り出来た。


06/29/2014

Garmin用高精細地図とOregon650

Dscn6971Dscn6975木曽路をウォーキングする計画を立案中に、地図を確認していると、今使っている地図の精度が低いことが分かった。今回のトレッキングは距離が長いし、ルートを間違わないように歩きたいと考えて購入に踏み切った。




早速、GPSに入れて地図を表示し確認してみた。確かに他のものに比べると、道路は細かなところまで記載されている!ただ・・・地名表示が日本語なのはとても助かるが、地名表示が綺麗じゃないし、GPS上で見るとバランスが良くない時もあるように思う。
GPS上で地図表示を比べるのはちょっと難しいので、PCにインストールされた地図上で比較してみることにする。
下図すべて、左側はTKA 高精細地図(今回購入)、右側はUUD ver5 Topo10m 地図。

先ず、十津川の八木尾バス停付近の地図表示(山道の違い)
PhotoUud_ver5







十津川温泉付近 果無峠への登山口付近(山道の違い)
Photo_2Uud_ver5_2







木曽路 上田高校付近 (学校の表示の違い)
Photo_3Uud_ver5_3







中仙道 鳥居峠付近 表示方法(茶屋などの表示の違い)
Photo_4Uud_ver5_4







武蔵嵐山 蝶の里公園付近の表示
Photo_5Uud_ver5_5







表示を対比してみると、両者の地図で大きな違いは無いともいえるし、違いがあるといえば確かにある。
たとえば 武蔵嵐山の蝶の里公園のように、高精細な道路表現が必要となるケースもあるし、十津川果無峠への登山口の例のように、記載されていないと、トレッキングプランが変わる場合もあるかもしれない。
またUUD ver5では、目標物を見つけるための建物名称の記載(ローマ字表現ではある)が TKA高精細地図より多いようなので、これも捨てがたいと感じる。
両者の地図、それぞれ使い勝手の好みも出そうだと思う。僕は、Oregon650に高精細地図を入れ、UUD ver5地図は eTrex30に入れて旅をしたいと思う。

Dscn6987ところで、Oregon650に添付されていた充電式電池の持ちが、購入当初より極端に悪いなぁと感じていた。先日 Panasonic の eneloop を充電器と合わせて購入(品番 K-KJ21MCC40 )。この機会に Oregonに添付されていた充電式電池 二本組を個別にばらして、Sony製充電器(BCG-34HRMD:液晶モニター付急速充電器)に入れてみた。
電池を入れてしばらくすると、2本の電池共 表示が点滅し充電してくれない。このSony製充電器は電池のリフレッシュも可能なので、それを行って充電する事もやってみたが、この電池のみ表示が点滅する。この充電式電池は、充放電の規則正しい使い方をしていなかったために、バッテリ容量が低下するだけでなく、放置状態が長かった為に、充電できないほどの低電圧状態になったように考えられる。バッテリを生き返らせるショック療法があるようなので、リサイクルに出すのはちょっとお預けにして、ショック療法を調べてやってみたいと思う。

eneloop電池は、継ぎ足し充電ができること、充電回数2100回と多くとれる事、低温に強いことが特徴のようである。今後 GPS用電池は、
この単三の eneloop(容量 min. 1900mAh) にしようかと考えている。

05/24/2014

GPS 『みちびき』の追尾

日本の準天頂GPS衛星『みちびき(QZSS):国際標識番号2010-045A』の信号を、手持ちのGPS機器で受信できるのか? 確認してみた。

所有のGPS機器(含スマートフォン)
* eTrex30 (Garmin社製)
* Oregon 650 (Garmin社製)
* Xperia Z1 Compact (Sony社製)

①先ず、GPSの衛星ID番号を確認するために、JAXAの準天頂衛星システム(QZSS)みちびきのデータ公開サイトに行き、QZ-vision URLにある「QZSS+GPSデータダウンロード」をマウスクリック!
②次に、「QZSS+GPS SkyPlot:QZレーダー」(画面右側)[QZ-radarの詳細を見る]をマウスクリック。
③次の画面右側にある「QZレーダーダウンロード」の下側のボタン[↓ダウンロード]をクリックしてアプリをダウンロードする。
 動作環境の一番新しいOSは、Windows7となっているが、私のマシン Windows8.1 64bit機 でも問題なく
作動した。

* このURLに記載されている説明によれば、このアプリを使えば、『「ある場所、ある時刻において、準天頂衛星みちびき と GPS衛星群が、上空のどの方向に何機見えるか」をシミュレートするアプリ』とある。

④私がダウンロードしたファイルは、「QZ-radar_j_1_30.zip」。これをPCの適当な場所に保存し、解凍すると QZ-radar_j_1_3 という名前のフォルダが作成される。この中に、マニュアル、実行形式のアプリ QZ-radar.exe 等が入っている。

⑤ QZ-radar.exe をダブルクリックして起動させる。

⑥GPS衛星の位置を示す画面が表示される。右側に「衛星表示」という欄が有り、QZSSとGPSにチェックマークが入っている。
 GPSのチェックマークを外してQZSS衛星だけを表示するようにしてみる。

 私の画面では、QZSS衛星はマゼンダ色で「Q1」と識別されている。(ID番号は193なので、その先頭の1桁だけが表示されているようだ)もし、この画面の中に何も表示されていない場合には、レーダー画面の下にあるスライダを左右に動かしてみるとよい。衛星が左下(南東)側から現れるのではないかと思う。

* スライダー時間幅などを変更したり、都市名を変更して、何時に天頂のどの辺りに現れるかを確認(シミュレーション)する。

⑦⑥で確認した時間に、手持ちのGPSで場所と衛星を確認すると良い。

調べたところによると、GPS衛星みちびきのID番号は『193』番であり、Garminでは193と表示されるようだ。

スマホでもGPSの状態が確認できるように、僕は『AndroiTS GPS Test』と『GPS Status』という2つのアプリをインストールした。どちらもGPSの状態を確認するためのアプリで、表示方法が違うだけである。

やってみたが、手持ちの3台のGPS機器では、ID193を追尾できなかった。どれも日本専用機ではないから表示できないのか・・・・・ 残念だが、みちびき は未だ1個のGPS衛星、それが追尾できないからといって、追尾精度が極端に低下するわけではなさそうだ。
負け惜しみ・・・

Androidスマートフォンでウォッちず表示しGPS追尾

Garmin用日本地図としては、UUDの地図を所有しているが、TKAから今年2014年4月に新たに発売されたGarmin用高精細地図が確かに高精細地図のようなので、気になっている。
それでネットを調べていたら、そのほかに気になる記事を2件見つけた。
1つは、道路地図などの地理情報データが誰でも利用できることを目的としたプロジェクト OpenStreetMap(OSM)
このOSM地図は無料ではあるが、日本国内向けの要望する精度の地図としては満足できるものでは無さそうである。海外旅行などの場合、旅行先の国の地図をあらかじめ入手し、Garminに入れておけば利用できる。

もう1つは、国土地理院が最近更新した25000分の1の地図を使ったもので、Androidスマートフォンで表示できるようにしたものである。

最近、1泊2日以上の旅行では、GarminのGPSを2台(eTrex30、Oregon650)持ってゆく。そのために、予備のアルカリ単三電池4本、その他にAndroidスマートフォン、スマートフォン用予備バッテリなどを携帯する。
もし、地図の精度が悪くなければ、持参するGPSの台数は減らせるかもしれない。
試してみると、青梅線の鳩ノ巣の北側辺りから、秩父鉄道南側辺りのところにも、最大倍率で表示できない地図部分が存在する。こうした使い勝手が、最近のGPS専用地図とは違うところかもしれない。
2500分の1の地図をベースとしているというTKAの地図が、この部分をどう表示しているか、大変興味深い所である。しかし、そんなことがあるから、TKAの地図を確認していないのに買って使ってみたいという衝動にかられるのかもしれない。

Dscn6634 国土地理院の「ウォッちず」を使ってスマートフォンに位置を表示させるアプリ「地図ロイド」を調べてみることにした。私のスマートフォンは、Sony Xperia Z1 Compact (国内で販売されている類似モデルは Z1J)となっている。外部記憶装置としてマイクロSDカードを持たない場合は設定方法が若干ちがってくる。




先ず、Androidスマートフォンに 次の2つのフリー・アプリケーションをインストールする。
①地図ロイド:GPSと1/25000地図で現在地を表示する。
         電波の届かないところでは事前に地図をダウンロードしておけば
         位置表示ができる。
         このアプリの使い方は、http://www.chizroid.info/chizroid に書かれている。
②山旅ロガー:ロギング情報を記録する。ログデータの編集機能もある。
         地図ロイドと同じ作者が作成。

①地図ロイドの設定(
地図ロイドのキャッシュ機能を参照の事)
* 地図は、縮尺が違えば別の地図として扱われる。実際に使われる環境で必要とするだろう縮尺のものは、全てインストールする必要がある。また、通信が途絶えた環境でもGPS表示ができるように、マイクロSDカードに記録するようにする。
* 地図に関するキャッシュの細かな設定と注意書きに関しては、下記のURLに記載されているのでそれを参考に設定するのが良い。(外部記憶装置としてのマイクロSDカードを持たない場合は要注意)
* 地図は、ウォッちずをダイレクトに読むので、日本語表示なのが良い。

* 私は「地図ロイド」をインストールし、使用に際しての設定は下記とした。
③地図ロイド 右下「地図管理」をタップ⇒「設定」タグをタップ⇒保存先設定
    地形図 : SDカードをマーキング
    Yahoo地図 : SDカードをマーキング
    ⇒OKで窓を閉じる。

   次に、SDカード拡張機能設定をタップ ⇒ SDカードを使うにチェックを入れる。
   地図ロイドを再起動 これで設定内容が反映される。

* 画面左上方部にある青いパラボラを模したGPS追尾開始用アイコンをタップ⇒次の画面で追尾開始をタップすることで、このスマホを位置を表示することができる。


④ネットで調べてみると「地図ロイド」の他に、カシミールを使っている人には便利な「YamaNavi」というアプリがあることが分かった。

「地図ロイド」と「YamaNavi」両者の主な違い

地図ロイド:ネットから地図情報をダウンロードし表示。
       通信で地図データを入手するのが面倒な方には、「YamaNavi」が向いているようだ。
       ログデータは、別アプリ「山旅ロガー」などが必要。
YamaNavi:カシミール3Dで地図情報を作成し、スマホのSDカードにコピーして使う。
       ログデータは、内部処理のため、別アプリは必要なし。

12/01/2012

Garmin etrex の trackデータを GoogleEarthで見る方法

11nov2012Yabits_to_mt_tonodake一緒に山歩きした友人に、山歩きの軌跡データ(track data)を渡して、見て貰う方法です。その他に、他の人がこのデータをGarminのBaseCampで読み込んで、処理すれば、山歩きの際のルートを検討する事にも使えますよね。
Garminの
GPSを持っている人は右側の地図は見られますが、その他の人はこのデータを見ることが出来ません。それで、Garminを持たない人のために、右の地図で歩行軌跡データを表示する方法の提供です。

僕が持っているGarminのGPSは、etrex30という機種です。他の機種で同じデータが扱えるかどうか調べてはいませんので、そこの部分はご容赦ください。

軌跡データ(ファイルの拡張子は、".gpx"です)がある前提で話を進めます。
歩いて来た記録をデフォルトで保存すると、例えば「Current Track_ 11 NOV 2012 08_07.gpx」のようになります。 

<< 処理方法 >>
1. Google Earth のソフトを起動します。
2. 起動して開いた窓の左上にある『ファイル(F)』をクリックします。
3. 次に『開く』をクリックします。
4. ファイル名を入れるように要求されます。ファイル名を入力する枠の右側に、ファイルの拡張子を選択出来るところがあります。デフォルト状態では、Google Earth(*.kml *.kmz  と表示されていると思います。右側の▼をクリックして、Gps(*.gpx *.loc の表示に変更します。
5. ファイルを選択します。拡張子が違っていると、ファイル名があるはずの場所に見つかりませんので、気をつけてください。
6. ファイルをクリックして、 「開く(O)」をクリックします。
7. Google Earth - GPS データインポート という窓が開きます。
  ここでは、特に変更する必要は無くて 「OK」 で良いと思います。
8. 読み込まれたデータが画面中心になるように地図がズームします。

以上。

<< The way of treating track data of Garmin etrex by Google Earth>>
1. Start the google earth software
2. open "File(F)" from the google earth
3. read the attached file from the software
4. change the file extension to the "Gps(*.gpx " and open the file.
The default file extension will be "Google Earth(*.kml ", so you have to change it.
If the new window were opened, you do not care of it.
Then click "OK".
5. The google earth will be zoomed up automatically and show you the track data to you.

Map: Garmin GPS(eTrex 30) + I used the Japan RoadNavi 25000 v2 produced by UUD Co.,Ltd. to convert the track data. And I used GoogleEarth so as to display my track data.

02/14/2012

eTrex30 起動時「Invalid JNX File」表示が出る

Garmin eTrex30の起動時、「Invalid JNX File」が表示されるようになった。

ネットで調べて見ると、どうやらBirdsEyeと関連したファイルの影響らしい。思い起こしてみれば、確かに、この問題が出始めたのは、プレミアムハートレートモニターのデータをeTrex30に取り込み、それをPC用のソフトで見ようとして、BaseCamp をインストールし BirdsEyeの設定をしてしまった後のような気がする。
従って、現在 BirdsEye を使わない私にとって、.JNX ファイルは不要なので、eTrex30の中にある「.JNX」ファイルを消せば直る可能性があるらしい。

《私の処置》
1)eTrex30をPCにUSB接続すると、eTrex30はPCの外部記憶装置として扱われ『Garmin eTrex30(K:)』のように窓が表示される。この窓の中にある「全般のオプション」の下に表示されている「フォルダーを開いてファイルを表示」を選択する。
このとき、メイン画面→Setup→Systemを開いた画面の一番下にある「USB Mode」の項目が、『Mass Storage』になっていること。もし『Garmin』になっていたら、ここをジョイスティックで選び、『Mass Storage』に変更すること。

2)Garmin のフォルダを選択する。

3)その中に、「BirdsEye」というフォルダがあるので、私はPCの中の別の場所に、このフォルダを移動させた。多分、消去しても良いのかも知れないが、新たな問題が起きたときに復元できるように・・・と思って、移動という処置にした。

4)GPXというフォルダの中にも Demo.JNX というファイルが存在していたが、ここではそれはそのままにしておいた。

5)3)の処置が終わった後、eTrex30からUSBケーブルを外す。
 eTrex30の電源ボタンを入れると、起動するに必要なファイルを自動的にインストールして初期画面になる。

6)5)のプロセスでは、先ほどまで表示されていた「Invalid JNX File」は、表示されなくなった。メインメニュー画面からMapを表示させると、日本全土が映る地図から表示される。拡大ボタンを押し続けて行くと、以前の地図表示になった。

他の機能が問題ないか否か詳細に調べている訳では無いが、問題無さそうだ。

04/10/2011

GPS Logger

Qstarz の SR-Q2100 というGPSロガーを購入した。目的はランニングの際の走行ロギングをとること。今は、Garmin etrexを使っている。地図も見ることができるので、トレッキングの際は特に問題にならないが、ランニングする際には、少し大きく、また重く感じるので、小型軽量のGPSロガーが欲しかった。

前回、超小型のAGPSロガーを購入したが、私の使い方では、住宅街のランニングでさえ、位置が数十メートル外れる事があり、一旦外れるとかなりの長時間その位置ずれが保持されてしまう。こういう事が毎回発生していたため、使い物にならなかった。
今回のSR-Q2100なら、etrexと同じGPSユニットを使っているという安心感がある。

Dsc_8289Dsc_8290




写真の其々
左側:Garmin etrex、 右側:今回購入のSR-Q2100

PCに管理ソフトをインストールした。僕のPCのOSは、Windows7 64bit版だが、ドライバーもアプリケーションソフトも問題なくインストールできた。インストールして分かったが、自分のプロパティとして、身長・体重などを入れておけば、この装置は、PCと接続して自分の運動(ランニング・トレッキング・自転車など)や、ダイエットのためのプランニングもできるようだ。たぶん、ランニング距離から消費カロリー計算などしてくれるのだろう。

使うに際して、時刻の修正は、グリニッジ標準時からの時差を入れる必要がある。日本は+9時間になるので、PCからそのように補正したら、正しい時刻表示になった。

SR-Q2100が届いたのは、今日の午後7時頃だったし、今日のランニングは午前中にetrexで計測したので、明日から実際に使ってみて、使い心地をレポートしてみようと思う。

一つ気になることがある。SR-Q2100の電源を入れると、本体内からシャリシャリした音を発する。今までの経験では、マイクロHDDを使っていて、その音が聞こえているようにも思われる。もしそうなら、取り扱いは丁寧にしないといけないし、けっして安いものとは言えないので、寿命が心配になる。

05/31/2009

Hoto Mountain in Saitama Pref.

Today, I have walked about the Hoto Mountain (宝登山) (N36.092981, E139.09171) in Chichibu area that is in northern part of Tokyo. It was a walking event of railway company. I wrote down this walking event on my blog at May 21. It was rain today, but at a flower garden, there were a lot of California poppy and poppy, it was full bloom and very beautiful.
When you want to see a large picture, set a mouse on a target picture, and you just click a left-button of your mouse.

Impression Details
I arrived at the Nagatoro station around 10:00am. I finished a registration for a receptionist and began to walk around 10:10am.

Start of climbing
Dscf7228sIt was an anxious weather it seemed that it starts to rain at any moment.

When I arrived at the ice pond, it began to rain, so I wore the rain gear. Dscf7217 I attached a hood to the rain gear, and I began to walk again to the top of the mountain. The inside of my wear began to sweat.
In spite of such a bad weather, many people had participated. When the weather is bad like today, I felt that it was difficult to keep my own walking pace.
A steep long stairs are located in this side of peak.


Hoto Mountain (N36.092981, E139.09171)
Dscf7240 The height of the mountain is 497m. The peak is a gently-sloping convex. Since rain and fog were severe, a view from the top was not effective.

Dscf7242

When I walked down for a while, there was a station of a ropeway.The mountain path was getting wider from this point.The width was about 3m, and it was continuing to the Hoto-san shrine.

Dscf7250 The Hoto-san shrine was located in the place to which I got down from the mountain. From the shrine, I walked to the Nagatoro station. Dscf7252_2





The flower garden (N36.092321, E139.107240)Dscf7266
There was a flower garden about the middle of the way to the station. Rain began to stop. The large flower garden was on an artificial field. But it was full bloom with California poppy, I guess that my tiredness was healed by it.

Dscf7264


Course :
(start) Nagatoro station (N36.095167, E139.112341)
-> Hiike(= Ice pond) (N36.09898, E139.102696)
-> Nogami Pass (N36.102318, E139.085916)
-> through a forest path of Narasawa
-> Treasure mountain-climbing rear approach
-> Summit of Treasure mountain (N36.092981, E139.09171)
-> Hoto mountain-climbing front approach
-> Shrine of Hoto mountain (N36.093197, E139.103141)
-> California poppy garden of Nagatoro village (N36.092321, E139.107240)
-> Nagatoro station (N36.095167, E139.112341) (end)

Key Notes    
Location             Nagatoro-City, Saitama pref., northern Tokyo
Destination          Mt. Hoto (N36.092981, E139.09171)
                         California poppy garden (N36.092321, E139.107240)
Date walked         May 31, 2009 (rain)
Walk type            Easy hill walks
Difficulty             Suitable for anyone who enjoys an easy walk
Distance              9km ( about 5.6miles )
Time taken          about 2hr 35min ( without brakes )
Railway stations   Nagatoro (長瀞) (N36.095167, E139.112341)(Chichibu Railway)
 
Bringing articles
: a bottle of water, rain gear, a household medicine, something to eat (a lunch) and a copy of insurance card, etc.

Key Word : Tokyo, hiking, walking, Chichibu-Railway, day walks, Hoto Mountain, california poppy, family walking, Saitama, 秩父鉄道, ハイキング, ウォーキング, 日帰り, 宝登山, 長瀞

05/21/2009

The way to link the Google Earth and your trekking data.

If you have a Garmin GPS and MapSource, you can see your trekking data in Google Earth. The MapSource has this function menu in toolbar.

The way to confirm this function is as following.
Open the Mapsource
-> Select "View" in toolbar and click it
-> You will find the menu "View in GoogleEarth ..." and check it
-> If you are not installed "Google Earth" in your computer yet, the system will introduce the installation of the software.
-> After you have installed the Google Earth, I recommend that you should check some suitable layers.
-> The layers-table is in the left hand side lower part of Google Earth window. My recommendation about the layers you should check are Roads, Borders and Labels, Traffic, Geographic Features in the Places of Interest, Transportation.

The way to link the Google Earth and your trekking data.
My way is as following,
Connect the PC and Garmin GPS(Ex. eTrex Vista HCx) with USB cable.
-> Click a "Receive from device" icon of MapSource, and power on your GPS.
-> The small window of "Receive From Device" will find your device easily.
-> Click a "Receive" button. Data transfer will be started.
-> After finishing the data transfer, click a "OK" button.On this procedure, the necessary data is a track data. Click a Tracks tab, and find a necessity ACTIVE LOG number from the table. Next, to keep the necessity data and delete the un-necessary ACTIVE LOG from this table.
-> From MapSource, please select "View" in toolbar and click it -> You will find the menu "View in GoogleEarth ..." and check it
-> The trekking data will be transferred to Google Earth.
-> Finally, you can see your trekking data from Google Earth.

Note) Garmin Updates & Downloads for eTrex Vista HCx

Key Word : GPS, trekking data, MapSource, Google Earth, Google map, walking

05/16/2009

Mt Hiwada in Saitama Pref.

I walked near Koma hilly area on last Sunday(May 10). These mountain's height level are about 300~370m. My walking route (by GPS) was .....
When you want to see a large picture, set a mouse on a target picture, and you just click a left-button of your mouse.

(start) Higashi-moro station (東毛呂駅)(N35.94689, E139.315352) h=103m 9:05am
-> Moro station (毛呂駅)(N35.940596, E139.309398) h=100m 9:16am
-> Kamakita lake (鎌北湖)(N35.917541, E139.291234) h=184m 10:19am
-> Kitamuki Jizo (北向地蔵)(N35.908295, E139.282544) h=374m 11:06am
-> Mt Monomi (物見山)(N35.903696, E139.294463) h=376m 11:34am~12:00pm (Lunch!)
-> Mt Hiwada (日和田山)(N35.893556, E139.304988) h=289m 12:38pm
-> Komagawa station (高麗川駅)(N35.893691, E139.304935) h=97m 13:57pm (end).

Vertical_profile_of_treaking_rout_2Trecking_route_2

A walking road was keeping in good conditions. It was a good route and had a beautiful landscape. I was very satisfied the sight from Mt Hiwada (N35.893691, E139.304935). I carried a GPS (Garmin etrex Vista HCx) on this walking. From information of my GPS, I walked 17.3km. It took about 5hours ( I started walk at 9:00am from Higashi-moro station and arrived at JR-Komagawa station 14:00pm). My average walking speed was 4km/h. I took a lunch time about 20minute at Mt Monomi. I was not a good condition in my lower back, so I walked cautiously. It was a easy walking route. There is few shop to buy something to eat or drink. So, you should prepare meals or drinks before arriving at this area.

I attached few pictures around Mt Hiwada (日和田山) and the landscape of Koma City (高麗市). The wide picture was made as panoramic from a few pictures that I took. When you click on the picture, you can see on big scale.

Map; I used the Japan RoadNavi 25000 v2 produced by UUD Co.,Ltd. And I used GoogleMap to display my track data.

Key Word : near Tokyo, hiking, walking, Tobu railway, day walks, GPS, Saitama, ハイキング, ウォーキング, 東武東上線, 日和田山, 鎌北湖, 物見山

<> <>  <>  <>  <>  <>  <>  <>  <>  <>  <>  <>  <>  <>  <>  <>  <>  <> 
Key Notes 
LocationHidaka-City, Saitama pref., northern Tokyo
DestinationMt Hiwada (N35.893556, E139.304988),
Mt Monomi (N35.903696, E139.294463),
Kamakita lake  (N35.917541, E139.291234)
Date walkedMay 2009
Walk typeEasy hill walks
DifficultySuitable for anyone who enjoys an easy walk
Distance17.5 km (11miles)
Time taken4 hrs
Railway   stationsHigashi-Moro   (Tobu Ogose Line)
Komagawa (JR Hachiko Line)

Dscf6754Dscf6821Dscf6822

From_mt_hiwada

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ