Field Walk

11/05/2016

旧中山道ハイライト部分を再度歩く計画

旧中山道で印象が強かった部分に絞って、二日間をかけて、また中山道を歩いてみたくなった。

僕が、印象が強かった部分と言っているのは、下記のルートである。他にも是非また歩いてみたい場所は有るのだが、アクセスに時間がかかるため、そこはもう少し時間をかけないと行けないだろうと思っている。ということで、今回の計画では、
①奈良井駅~奈良井宿~鳥居峠~藪原駅
②南木曽駅~妻籠宿~馬籠宿~中津川駅
③恵那駅~釜戸駅  
 (前回のように恵那駅から美濃太田駅までは距離が長過ぎるので、大湫宿までとした)


ここ①~③を歩くとすると、どのようなタイムテーブルになるだろうか?

早朝に埼玉県内の拙宅を出発して、奈良井駅に到着するとすると、どのようなプランになるだろうか?

バスタ新宿駅 7:45発 の高速バスに乗車するとすれば、奈良井宿到着は 11:40 になる。
この日のうちに鳥居峠を越え、藪原駅から南木曽駅までJRに乗車し、大妻籠まで歩くとすると・・・大妻籠宿到着時刻は、凡そ17:40となり、陽が暮れてしまう。
トレッキング第1日目の宿は、妻籠にしても良いが、トレッキング2日目の歩行距離を考えると、やはり大妻籠に泊まりたい。
このプラン(早朝出発して奈良井宿へ行く)、は計画上少し無理がある。

別のプランを考えてみよう・・・、
23:45にバスタ新宿発の夜行バスに乗車し、中津川駅まで行き、JRで戻るという今年の春 中山道を歩くときに使った方法ならば・・・奈良井駅には 7:25に到着することが出来る。

その夜行バスを使うプランで、
トレッキング第1日目の計画 を組み立ててみると、
前日23:45 (発)バスタ新宿より夜行バス(中央ライナー可児203号)に乗車 @5250円

4:58 (着)JR中津川駅
6:03 (発)JR中津川駅 JR中央本線・松本行 
@1320円
7:25 (着)JR奈良井駅
 ここから徒歩で、奈良井宿~鳥居峠~藪原宿と 約7km、2時間コースをトレッキングして スイスイ歩くと、10:00頃 藪原駅着 そのため  (奈良井宿や鳥居峠をゆっくり写真を撮りながら歩く時間が十分にある)

11:26 (発)JR藪原駅 JR中央本線・中津川行 @840円
 (駅を出る前に 早めの昼食をとって・・・)
12:31 (着)JR南木曽駅
 ここから徒歩で、妻籠~大妻籠の間 約6.3km、約1時間半のコースである。
スイスイ歩けば、午後2時半頃には大妻籠に到着できるので、妻籠でウインドショッピングをしよう。

トレッキング第2日目の計画は、
8:00 (発)宿を出発
 ここから馬籠宿を通り、中津川駅まで約 15.5km、約4時間のトレッキングで、12時頃中津川駅に到着。
12:20 (発)JR中津川駅 
JR中央本線快速・名古屋行 @240円
12:31 (着)JR恵那駅
 ここから大湫宿まで行き、その後JR釜戸駅へ向かう トレッキング距離は約16.4km、約4時間
16:41 (発)JR釜戸駅 JR中央本線快速・名古屋行 @970円
 に乗車してJR名古屋駅へ・・・
 しかし、もしこの列車に乗車できなかった場合には、17:17 (発)の列車に乗車して名古屋駅に向かう。

名古屋駅到着予定時刻は、17:38、又は 18:18 の予定。
帰宅前に、名古屋駅の周辺の「立ちより湯」で汗を流し、
名古屋駅からは、23:00 (発)
夜行バス(案:VIPライナー名古屋3便3列独立シート@4300円)に乗車し、埼玉県志木駅へは、翌日 6:55 (着)予定。

というプランが出来た。

費用は
交通費+宿泊費(民宿)+食費などを含め 概算値で 25,000円~
トレッキング距離と時間は、
 1日目 約14km、約 4時間
 2日目 約32km、約 8時間 (中津川駅迄で止めれば、約15.5km、約4時間)

バックパックに入れる装備は
 これまでの中山道トレッキングでは、使わないツールや着替えなど、不要な荷物を多く持ち過ぎた・・・
 着替えは、民宿と名古屋でお風呂に入るだろうから・・・その下着の替えと、ウインドブレーカー、要すれば雨具など。
 水はペットボトルで良ければ、歩行ルート上で容易に入手できるし、到着駅で1本購入すれば間に合うものと思われる。重いのはカメラと、スマホなどのための小型充電器具かなぁ?
 事前に歩く地域の天候チェックをしておけば、雨具は不要にできる可能性が高い。


《このトレッキング区間の10日間天気予報》
この区間を快適に歩くために、10日間天気予報用Excelデータを作成したのでここにアップロードしておく。ファイルをダウンロードした後、Excelを開き、「A1」にある「
」をクリックすれば、10日間天気予報が自動的に作成される。
「weather_forecast_trek_schedule_cmbined_sheet_201611061.xlsm」をダウンロード

07/27/2016

イザベラバードが歩いた福島県会津地方を歩く計画

10年ほど前に読んだイザベラバードの「日本奥地紀行(Unbeaten Tracks in Japan)」(平凡社ライブラリー、高梨健吉訳)のルートの一部分(福島県会津地方)を歩いてみたいと考えている。
先日歩いた旧中山道での経験から、舗装された幹線道路を歩くのでは、あまり面白くないだろうと感じ、再度「日本奥地紀行」の福島県会津地方の部分を読み返してみた。

歩くに適当な場所は・・・と探し検討した結果、川治湯元駅から津川までのルートに興味を持った。

僕が気になった、イザベラが称賛したポイントの幾つかを、高梨健吉訳「日本奥地紀行(Unbeaten Tracks in Japan)」(平凡社ライブラリー)から抜き出してみると・・・
尚、[ ]内は、 Isabella L. Bird ”Unbeaten Tracks in Japan” より原文を引用。

①五十里から横川まで、美しい景色の中を進んで行った。(第12信)
[Fine weather accompanied me through beautiful scenery from Ikari to Yokokawa]


②長い山路を登ると、高さ2500フィートの峠の頂上に出た。・・・山々や峡谷のすばらしい眺めがあった。(第12信)
[A Jong ascent took us to the top of a pass 2500 feet in height, a projecting spur not 30 feet wide, with a grand view of mountains and ravines, and a maze of involved streams, which unite in a vigorous torrent, whose course we followed for some hours, till it expanded into a quiet river, lounging lazily through a rice swamp of considerable extent.]

③私たちは田島で馬をかえた。ここは、昔、大名が住んでいたところで、日本の町としてはたいそう美しい。・・・この地方はまことに美しかった。(第12信(完))
[We changed horses at Tajima, formerly a daimiyo's residence, and, for a Japanese town, rather picturesque.]

④山王峠の頂上から眺めると、連山は夕日の金色の霞につつまれて光り輝き、この世のものとも思えぬ美しさであった。(第12信(完))
[The views were wider and finer than on the previous days, taking in great sweeps of peaked mountains, wooded to their summits, and from the top of the Pass of Sanno the clustered peaks were glorified into unearthly beauty in a golden mist of evening sunshine.]

⑤噴火口状の凹地の中にある追分という小さな美しい湖の傍を通り、それから雄大な市川峠(現市野峠)を登った。すばらしい騎馬旅行であった。
(第12信(完))
[I slept at a house combining silk farm, post office, express office, and daimiyo's rooms, at the hamlet of Ouchi, prettily situated in a valley with mountainous surroundings,and, leaving early on the following morning, had a very grand ride, passing in a crateriform cavity the pretty little lake of Oyake, and then ascending the magnificent pass of Ichikawa.]


⑥市川という村に入った。ここは美しい場所にあるが、傍は切り立った崖となっている。村の中央に、すばらしい飛瀑があり、・・・。
(第12信(完))
[Near the end of this descent my mare took the bit between her teeth and carried me at an ungainly gallop into the beautifully situated, precipitous village of Ichikawa, which is absolutely saturated with moisture by the spray of a fine waterfall which tumbles through the middle of it, and its trees and road-side are green with the Protococcus viridis.]

⑦下を流れる急流の向かい側には、すばらしい灰色の断崖がそそり立ち。金色の夕日の中に紫色に染まっている会津の巨峰の眺めは雄大であった。(第13信)
[Riding on first, I arrived alone at the little town of Nozawa, to encounter the curiosity of a crowd ; and, after a rest, we had a very pleasant walk of three miles along the side of a ridge above a rapid river with fine grey cliffs on its farther side, with a grand view of the Aidzu giants, violet coloured in a golden sunset.]

⑧1500フィートほど高い山の端に一軒家が見えたので、聞いてみると茶屋であることが分かった・・・この宿屋は、車峠の刃のように鋭い山の端にほとんど突き出るばかりという、すばらしい場所に立っている。私が今まで泊まった宿屋の中で、宿屋から眺めらしいものが出来たのは、この宿屋だけである。・・・私はここにもっと滞在したいと思うだろう。会津の山々の雪景色はすばらしいし、・・・。(第13信)
[At dusk we came upon the picturesque village of Nojiri, on the margin of a rice valley, but I shrank from spending Sunday in a hole, and, having spied a solitary house on the very brow of a hill 1500 feet higher, I dragged out the information that it was a tea-house, and came up to it It took three-quarters of an hour to climb the series of precipitous zigzags by which this remarkable pass is surmounted;]

歩行の当日、自宅から五十里湖周辺に公共交通機関を使って到着し、歩き始めるとすると、スタート時刻は12時頃になってしまうことが分かった。

そのため、「夕刻まで歩いた後、野岩鉄道でスタート地点まで戻ろう」と考え、最初のスタートを、川治湯元駅とし、乗用車でこの駅前にアクセスし、そこから歩く計画を組み立てようと計画した。GoogleMapのストリートビューを使って川治湯元駅周辺を見てみると、車を停めるスペースは全く無く、車を適当に放置すると、被害に会いかねない雰囲気である。

もし川治湯元から歩くとすれば、周辺の温泉旅館に宿泊し、そこからタクシーを使って目的のスタート地点にアクセスするしか方法は無さそうだ。
川治湯元駅で降りて、五十里湖の湖縁を歩くことを諦めるとすると、次のスタートポイントの候補は湯西川温泉駅となる。

湯西川温泉駅は道の駅が隣接しているので、自家用車をここに駐車し、そこから男鹿高原駅まで歩き、車を駐車した場所まで戻る計画である。
しかし、その次の行程となる「男鹿高原駅へのアクセス」自体が問題になる。上記に書いたポイントで①②④に含まれる「山王峠」は、男鹿高原駅から七ケ岳登山口駅までの区間にあるため、残念だが、ここは別の機会に歩く計画をするとして、計画から外して考えてみると・・・、田島から車峠までは、一連の日程で通して歩けそうな事が分かった。

また、ⅰ)大内宿から会津高田までのルートと、
ⅱ)会津高田から野沢までの区間には、旧道の峠越えがある。これも面白そうだ!

自宅からの交通の便を考え、トレッキングのスタート前日は、自宅から会津田島駅まで行き、会津田島で一泊してからスタートする案を計画してみた。
前日は、自宅を午前中に出発すれば、会津田島駅には午後4時過ぎには到着する。
会津田島で一泊し、翌日から歩行4日間の行程とビューポイントは、下記のような案になる。

1日目: 会津田島⇒八幡峠・中山峠⇒大内宿 (距離は約20km) ③
2日目: 大内宿⇒市野峠⇒会津高田 (距離は約20km) ⑤⑥
3日目: 会津高田⇒車峠⇒野沢 (距離は約30km) ⑦⑧
4日目: 野沢⇒津川 (距離は約30km)
      津川から、その日のうちに自宅(埼玉県)へ

Photo 会津高田周辺(市野峠から先、野沢辺りまで)を、イザベラバードはどのように移動したのかは、定かではないらしい。僕は、運送業者を使ったのであれば、彼らが通った道は民家がある道を通っている可能性が高いだろうと推定し、左図の朱画きのルートで歩く計画をした。このルートがイザベラが通ったルートと多少違っている可能性はあるかもしれないが、それは良しとした。
注)会津高田町は合併により現在は会津美里町になっている。

歩行用のルート図(kmlファイル)は、次のアップロードしたファイルになった。資料や「うぉっちず」を見たりして、検討を重ねた結果、上記の絵とは少し違っているかもしれない。また、ルートは五十里湖辺りからになっているが、会津田島までのルートは、十分な確認をしていないので、再確認する必要があると思う。
「isabbela_bird_aizu_trek_route_kml.kml」をダウンロード


このkmlファイルの地図は、Garmin BaseCamp や GoogleEarth を使って見ることができるし、Garminの使用者なら BaseCamp からGPSにルートを入れて、確認しながら歩く事が出来る。

《地図》
地図は、TKA高精細地図で、Garmin Oregon650をPCにUSB接続して表示。GarminのBaseCampでルート計画したもの。


《参考にさせて戴いたブログ等》

Report 福島の山々「イザベラ・バード 『日本奥地紀行』福島県(会津地方)での行程」

②「イザベラ・バードの道」
歴史探訪ウォーク
 会津美里町旭地区の市野峠で昨年10月25日に開催されている「第9回 イザベラ・バードの道 歴史探訪ウォーク」。約150名が参加したらしい。今年も開催されるのだろうか?

・参考ブログ「
イザベラ・バードの歩いた道 - 悪親父

③今年は、既に終了しているが、「イザベラ・バード in 十三峠 (越後米沢街道)」という街道ウォーク(3日間)がある。

西会津町観光ガイドブック じぶんいろ
 ・第10ページに「越後街道ものがたり」がありルートの参考になる。
 ・第14ページには、農家民宿、第29ページには、野沢周辺の飲食店・宿泊地図がある。

《天気予報について》
Photo歩くとすれば、天気が心配である。それで、中山道トレッキングの際に使った方法でルート上の10日間天気予報を調べるExcelシート・マクロを左図のように作成した。

参考用URLシート(僕が書いている別のブログ”Global Edgewalk”に掲載した。)

マクロは、僕が書いた以前のブログ(ここ)を参照のこと。


《宿泊》
1)会津田島
 ①グリーンホテルミナト 0241-62-3711
 ②佐乃屋旅館 0241-62-0138
 ③丸山館 0241-62-1133
 ④和泉屋旅館 0241-62-0048
 ⑤田沢屋旅館 0241-62-0424

2)大内宿
 ①山形屋 0241-68-2932予約は2名以上らしい)
 ②民宿 伊勢屋 0241-68-2958
 ③本家 扇屋 0241-68-2945

3)会津高田・会津坂下
 ①会津野ユースホステル 0242-55-1020
 ②花紋屋旅館 0242-78-2565
 ③にんじん湯吹上荘 0242-78-2882
 ④ビジネスホテルサンロードばんげ 0242-83-3891

4)西会津 野沢 宿泊
 ①はまや旅館 0241-45-2105
 ②十一塩屋 0241-45-2015
 ③ほていや旅館 0241-45-2011
 ④ロータスイン 0241-45-2900
 ⑤その他 農家民宿複数あり
     ひまわり 0241-45-2414 (女子学生に限定の宿らしい)

07/23/2016

旧中山道トレッキング(東京日本橋⇒京都三条大橋)の纏め

旧中山道を歩いた記録と関連するブログを下記に纏めた。
I summed up the blog of my trek of Nakasendo from Tokyo-Nihonbashi to Kyoto-SanjyoOhashi. This includes everything like route maps, log maps, pictures, and weather forecast about my trek.

《旧中山道トレッキング》
①中山道を歩く(日本橋から・・・
1dsc_9540 2dsc_0338 3dsc_0357 4dsc_0374








Dsc_9612 Dsc_9629
Dsc_9652 Dsc_9740
   

②中山道を歩く(熊谷から倉賀野まで)
1dsc_9751 2dsc_9755 3dsc_9766 4dsc_9803 5dsc_9830 6dsc_9866 7dsc_9887 8dsc_9900


③旧中山道を歩く(倉賀野からJR横川駅まで)
1dsc_9941 2dsc_10135 3dsc_10162 4dsc_10205


④旧中山道(JR横川駅から碓氷峠を越えて中軽井沢まで)
1dsc_3717 2dsc_3747 3dsc_3756 4dsc_3783

⑤旧中山道を歩く 中軽井沢→芦田→和田峠→下諏訪→
奈良井→木曽福島
Dsc_3618 Dsc_3657 Dsc_3754 Dsc_3934

Dsc_3943 Dsc_4053 Dsc_4132 Dsc_4281

Dsc_4352 Dsc_4357 Dsc_4371 Dsc_4441

Dsc_4501 Dsc_4595 Dsc_4665 Dsc_4669

Dsc_4684 Dsc_4699 Dsc_4715 Dsc_4733

Dsc_4762 Dsc_4782 Dsc_4801 Dsc_4825

Dsc_4831 Dsc_4885 Dsc_4889 Dsc_4894

Dsc_4906 Dsc_4908 Dsc_4915 Dsc_4942

Dsc_4965 Dsc_5108 Dsc_5113 Dsc_5125

Dsc_5145 Dsc_5218 Dsc_5302 Dsc_5380

Dsc_5428 Dsc_5459 Dsc_5468 Dsc_5491

Dsc_5557 Dsc_5633 Dsc_5654 Dsc_5659

Dsc_5719 Dsc_5802 Dsc_5812 Dsc_5859

Dsc_5869 Dsc_5884 Dsc_5897 Dsc_5908

Dsc_5938 Dsc_5952 Dsc_5956 Dsc_5958

Dsc_5965 Dsc_6034 Dsc_6043 Dsc_6054

Dsc_6067
Dsc_6110 Dsc_6121 Dsc_6127

Dsc_6206 Dsc_6281 Dsc_6287 Dsc_6361

Dsc_6381 Dsc_6403 Dsc_6416 Dsc_6432

Dsc_6436 Dsc_6460 Dsc_6476 Dsc_6505

Dsc_6526 Dsc_6545 Dsc_6558 Dsc_6604


⑥旧中山道トレッキング 木曽福島駅から西へ新鵜沼駅まで
Dsc_9116 Dsc_9372 Dsc_9450 Dsc_9468

Dsc_9589 Dsc_9650 Dsc_9788 Dsc_9803

Dsc_9866 Dsc_9884 Dsc_9894 Dsc_9946

Dsc_9963 Dsc_9967 Dsc_99792 Dsc_10005

Dsc_100462 Dsc_101272 Dsc_10187 Dsc_10277


⑦旧中山道トレッキング 坂祝駅から鳥居本まで
Dsc_0424 Dsc_0439unuma Dsc_0470 Dsc_0479

Dsc_0484 Dsc_0793 Dsc_0955 Dsc_1006

Dsc_1062kashiwabaramaibara Dsc_1112 Dsc_1121samegai Dsc_1196toriimotomaibara


⑧旧中山道の旅、鳥居本から京都三条大橋 (& 奈良明日香の里)
Dsc_1345 Dsc_1348 Dsc_1354 Dsc_1359

Dsc_1478 Dsc_1491 Dsc_1504 Dsc_1540

Dsc_1566 Dsc_1577 Dsc_1587 Dsc_1630

Dsc_1637 Dsc_1646 Dsc_1651 Dsc_1713

Dsc_1751 Dsc_1753 Dsc_1781 Dsc_1806

Dsc_1815 Dsc_1826 Dsc_1840 Dsc_1848

Dsc_1877 Dsc_1882 Dsc_1966 Dsc_1980

Dsc_1991 Dsc_1998 Dsc_2014 Dsc_2016

Dsc_2076 Dsc_2078 Dsc_2083 Dsc_2086




《旧中山道ルートマップ》

Maps of Nakasendo that I used.
中山道ルート地図に関するブログ

下記以外のルートログデータ等は、上記①~⑧のブログの中に記載した。

・鳥居本から京都三条大橋までのトレッキング計画

《旧中山道お天気調査》

How to check the good weather day of Nakasendo route.
中山道を天気の良い日に歩くために作成したツールに関するブログ

ⅰ)Web天気予報を使って(中山道)トレッキング日程検討用ツールシート

ⅱ)VBAとExcel Webクエリを使い複数地域の天気予報を入手する

ⅲ)旧中山道 街道ルート上の天気をWebから取り込み一覧にする手順

ⅳ)旧中山道宿場町の10日間天気予報のURL一覧表作成
http://spice-cabinet.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/10url-2806.html

  《参考用》僕が書いている別のブログ”Global Edgewalk”
   旧中山道宿場町の10日間天気予報のURL一覧表
 


《参考資料》
Background information
① GoogleMaps
② 「ちゃんと歩ける中山道六十九次(西)藪原宿・・・京三条大橋」山と渓谷社
③ Garmin BaseCamp +UUD製作所 Japan Digital Road Map Navigator and Topo 10m for Garmin GPS V5

07/09/2016

旧中山道の旅、鳥居本から京都三条大橋 & 奈良明日香の里

Dsc_0073Dsc_0083Dsc_0087 6月25日 夜、大宮駅東口側ミルキーウェイ2番バス停からミルキーウェイエクスプレスCJ203便名古屋行きに乗車し、この旅の最終ステージへ・・・ 夜行バスは4列シートで、八重洲鍜治橋BTからは満席状態になった。
バスは横4座席だが、写真のようにフットレストが有って、靴を脱げば足は伸ばせるようになっていた。夜行バスは、最終目的地までの途中で(約2時間間隔で)3回ほどSA休憩する。僕は、SA休憩時にはバスの外に一刻も早く出たい。靴を脱げば狭いバスの中で、もっとくつろいで居られただろうと思うが、窮屈さを我慢して靴は履いたままでいた

鳥居本駅へのアクセスは、名古屋駅から東海道線を使って、大垣⇒米原⇒彦根へ行き、彦根から近江鉄道を使って鳥居本へ入る。

この夜行バスは、通常、東名高速を使うのだが、この日は東名高速が夜間工事のため一部通行止めとなる事から、中央高速を使った走行に切り替えていた。バスの終着駅となる「名古屋ささしまライブBT」には、午前5:40到着予定であったが、数分遅れで到着した。BTから東海道線のホームまでは少し離れている。大垣行きの列車は、午前6:10発なので、普通の速度で歩けば、余裕で間に合う。電車は時間通りにホームに到着したが、中央線の列車到着が3分ほど遅れており、その乗り継ぎ客のために列車の発車時間が3~4分遅れた。大垣駅で米原行きの列車への乗り継ぎ時間が3分しかないので、僕は気が気でならなかった。

大垣駅には約4分の遅れで到着した。しかし、米原行きの列車への乗り継ぎが出来るように配慮されていた。米原駅に到着したのは、予定到着時刻から4分ほど遅れたが、7:37発の琵琶湖線快速加古川行きには乗車することができた。当初、米原駅で近江鉄道に乗り換え、鳥居本駅までアクセスする案も考えていたが、列車が米原駅に到着した時刻には、近江鉄道側の列車は、既に出発した後であった。
Dsc_0094Dsc_0103 彦根駅には定刻通り到着でき、ここで近江鉄道に乗り換え鳥居本駅まで(乗り継ぎ時間は6分)・・・乗車切符は、改札横にある自動販売機で買わないといけないので、ちょっと焦ってしまった。



Dsc_0106Dsc_0108 鳥居本駅には定刻通り午前7:53に到着。ここで降りたのは僕と、トレッキングをしている服装の男性1名だった。前回の旅でこの駅には来ていたので、駅の状況は分かっていた。僕はホーム上にある待合室の中で、ショートパンツに着替え、一眼レフカメラをバックパックから出し、GPSを左胸のバックパックの肩ベルトにセットし、サングラスをかけて歩き始めた。

Dsc_1369Dsc_1371鳥居本駅から少し南に歩いて、小野町という場所まで来た。家屋の直ぐ傍に小さな用水路があり、きれいな水が流れている。ところが、その用水路の上に厠が幾つも並んでいる。今は使われて居ないようだが、これは少し昔の水洗便所か!と驚いた。



Dsc_1388Dsc_1390Dsc_1392そこからほど遠くない原八幡神社のあるあたりに来ると、別の用水路系になるが、地域住民が大勢集まって用水路に入り清掃をしていた。



街道には古い家屋の面影が残り、当時の面影を感じるところが少しは有るものの、壁・瓦などは改修し、窓枠にもアルミ枠を用いて綺麗になっているものが多く見られた。

Dsc_001082 Dsc_001084 Dsc_001086Dsc_001088






Dsc_001098 Dsc_001102 Dsc_001106Dsc_001108






Dsc_001110 Dsc_1494Dsc_1493Dsc_1507






Dsc_1524 Dsc_1535Dsc_1546Dsc_1566 Dsc_1568 Dsc_1576Dsc_1586Dsc_1621Dsc_1623Dsc_1630 Dsc_1663Dsc_1672





















この日の目的地は、守山宿「ホテル近江守山」で、歩行距離は約40kmになる。バックパックと一眼レフカメラを合わせた重量は12kgになるが、バックパックの腰ベルトを締めると、重量はそれほど重くは感じない。 天気が多少曇っていて日差しが強すぎないのは、長距離を歩く上ではとても有り難い。

午後6時20分頃、「ホテル近江守山」へ到着。早速バックパックを部屋に置いて、夕食を食べに駅前辺りのレストランを探して散策した。

Dsc_1742 Dsc_0120 Dsc_0121
旅行の事前計画では、「定食が食べられる店」を調べてあったので、その店に向かった。しかし・・・店の前に「本日は予約客のみの営業」となっている。「別の店にするか・・・」と考えながら、駅の方に向かった。


Dsc_0123Dsc_0127 駅前付近からSEIYUストアが見えた。「明日は飲めるのだから、ここではお弁当で我慢しよう!」と考え、節約することにした。
翌朝は、ホテルの朝食バイキングで食べる選択をしていたので、朝食用の食材を買う必要は無かった。僕は、天丼風弁当とサラダ、牛乳、水、ノンアルコールビールなどを仕入れた。1000円でお釣りが来たし、カロリーも837kcal ( 天丼(
718kcal) と サラダ(119kcal) ) と抑えた食事が出来た。
 ホテル室内で、汗で濡れた衣類を洗濯したが、朝までには乾かなかった。クリーニングルームで洗濯・乾燥をさせれば良かったのだが、ウォーキングの疲れがずいぶんあって、とてもそのような雰囲気にはなれなかった。

6月27日、この日は京都三条大橋までのファイナルステージだ。
Dsc_011310Dsc_011300ホテルで朝食を摂り、前日と同じような半袖Tシャツと半ズボンの服装で歩き始めた。三条大橋で友人が迎えてくれる事を考えると「途中でリタイアはできないなぁ」と少しプレッシャーも感じた。その後は「先斗町で飲む」事を考えると、足にも異変は無いし、「気力が有れば大丈夫だ!頑張って歩き通そう!」という気持ちになった。



Dsc_1751 Dsc_1753 Dsc_1756 Dsc_1765






今回は、トレッキング用の地図を準備する事に、多くの時間を割いたので、中山道のルートを間違わずに順調に歩いてきていたが・・・、こんなこともあった。 僕は、右側の歩道を歩いていた。葉山川橋を渡った辺りで、左折点に気づかず通り過ぎて、真っすぐ歩いてしまった。
石原産業の中央研究所を過ぎようとしていた頃、「GPSが鳴らない」異変に気づいた。「画面にピンク色のルート表示が消えている!」「やっちまった!」 GPS画面で、現在地とルートからの外れ具合を確認して、左折すべき場所まで戻った。外れた距離はそれほど大きくなかった。 左折ポイントまで戻ると、交叉点の左角隅に「中山道」の標識が置かれていた。 しかし、表示は小さくて少しわかりにくかった。本来のルートを確認しながら、東海道線のガード下をくぐった。
Dsc_1781 Dsc_1782 Dsc_1783 Dsc_1784







中山道と東海道の合流地点草津宿
Dsc_1800 Dsc_1806 Dsc_1815 Dsc_1823

Dsc_1837




草津宿に入ると、この左写真の橋の欄干にある表示のように、表示は「東海道」に一本化され、中山道の道標はなくなった。






Dsc_1840 Dsc_1842 Dsc_1846 Dsc_1861








Dsc_0160Dsc_1879昼食の時間に近づいてきた・・・ほぼ当初計画どおりの時間に瀬田に入り、「ランチは名店の鰻重を食べよう!」と目的の店に向かった。しかし、その店は
月曜日が定休日だった・・・。僕の事前調査不十分!がっかりしてしまった。
ランチには何を食べようか・・・



ランチの事を考えながら歩き、瀬田唐橋に到着した。ここまで来れば、京都三条大橋までは約3時間半の行程だ。
ゆっくり昼食をとり、琵琶湖疎水の見学をしても、午後5時には三条大橋に到着できるだろう・・・とこの時は考えていた。
Dsc_1881 Dsc_1882 Dsc_1884 Dsc_1885






Dsc_1889Dsc_0169瀬田唐橋の上で中山道のルートからあまり離れずランチがとれる場所を、スマホを駆使して探し、近江牛を食べることにした。「松喜屋本店」、この店なら中山道沿い!美味しい近江牛だったが・・・僕にはちょっと脂っこく感じた。




今回の旅では、自然の美しさを見るというより、昔に建てられた民家などの建造物がみられるのが主で、その趣には大きな変化は少なく、僕にとっては淡々とルートを歩くような状況になっていた。

三条大橋での待ち合わせ時刻には十分余裕があるので、この場所から、その友人に教えてもらった琵琶湖疎水の取り入れ口を見に行くことにした。
Dsc_1919Dsc_1921Dsc_1923中仙道(東海道)ルートの右折場所「京町一丁目」の交差点から長等神社に向い、桜門前で右折して神社の脇の道路を進むと、琵琶湖疎水の取水門が見えてくる。「京都市蹴上へと流れる人工の水路で、約9kmの長さがあり、京都市の飲料水や農業用水、発電、物資輸送などに利用されている」そうだ。僕は、明治初期日本人だけで行った本格的土木工事(国家的レベルの事業)だということで、大変興味があった。
水路は周りを柵で囲われているので、中に入ることはできないが、柵を通して見る疎水は、大規模な事業であったことが十分に理解できる。
Dsc_1925 Dsc_1929 Dsc_1933 Dsc_1939







三条大橋までもう近くまで来たなぁと張りつめていた緊張感が少し緩んでしまったらしい。何か変だなと気づいて、GPSを見た!「ルート上を歩いて居ない!」どこからルートを外れたのだろうと必死に探してみた。
本来のルートから外れて、10分近く歩いていた。
三条大橋には約束の時間丁度に到着できると読んでいたが、このルート外しで20分以上時間をロスしてしまった。少し焦りながら早歩き・・・約束の時間からは多分15分は遅れそうだ。彼から電話があって、今居る場所は何処か?と尋ねられたが、目印になるものが見当たらない。多分あと15分ぐらいかかりそうです。と回答ししばらく歩いた。蹴上の地下鉄駅の前を通過した時に、こちらから電話を入れ、状況を話した。彼からは、「30分以上かかるのではないか?」と回答があり、焦ってしまう。

Dsc_2014Dsc_2016 結局、三条大橋には、
17:12頃に到着。僕の時間読み通りになったが、彼には30分近く待たせてしまった。

彼は、”踏破記念の紙”を印刷して持ってきてくれ、それを僕の胸元に掲げて記念写真を撮影した。とても嬉しい瞬間になった。一旦ホテルに荷物を置き、シャワーで汗を洗い流し、気分をリフレッシュして、彼の顔が効く先斗町の居酒屋に行った。

Dsc_2090 ホテルは、先斗町から至近距離にある「井筒ホテル京都河原町三条」が予約できた。当日はツインルームをシングル使い出来て、部屋も広く快適だった。宿泊費用は、素泊まりで@6500至極妥当だ。






僕の旅行日程が決まってから5日ほどしか経過していなかったので、先斗町の納涼床で飲めるとは、奇跡的だと思ったが、いろいろ事情を聴いて、顔が効く理由が理解できた。

Dsc_0198 Dsc_2043 Dsc_2083居酒屋「山とみ」の納涼床で友人と飲んでいると、雨がパラパラと降り始めた。Yahoo!地図で雨雲の状況を見ると、どんどんと酷くなって行くようなので、カウンター席で飲むことにした・・・
店を後にする頃には雨が相当な量降っていて、傘が無いとびしょ濡れ状態になるところだった。僕達はローソンでビニール傘を購入して雨の中、祇園などを少し歩いてみた。


中山道を歩き終えた翌日
Dsc_0225朝食はホテルの近くにあるサークルKでサンドイッチとバナナを買ってきた。昨夜お腹いっぱい食べたので、これで十分だった。
ホテルは翌日のアクセスにも都合のいい場所にあった。三条駅から京阪電車を利用して、奈良橿原神宮前へ・・・ 京都では、雨はほとんど降っていなかったが、奈良の方の天気が気になる。


近鉄橿原神宮前駅に到着した。雨が降っていて天候は改善する気配がない。一旦、改札口を出て、駅舎内の休憩スペースで「さてどのように一日を過ごすか・・・?」と考えていると、何人かの観光客が切符購入窓口で ”周遊バスの一日乗り放題切符” を買っていった。何度も乗り降り自由との事。よく調べてみると、バスは30分に1本程度が動いている状態だ。
この地域は、自家用車で来たことはあるが、各見どころの地理的配置が頭に入っていない。それで、先ず、この明日香周遊バス「赤かめ」で一周してみることにした。
Photo Dsc_0226Dsc_2281a 橿原神宮前から乗車して、近鉄飛鳥駅で一旦下車し、お腹が空いてきたので、駅前の案内所で食事できる場所の情報を聞いて、その場所を少し歩いて、カレー屋さんに入ることにした。


Dsc_0228Dsc_0231 Dsc_002270 メニューを見て、面白いネーミングの「亀石カリー」を注文した。このカリーの外観は、カレールーを大地に見立てて、明日香村産の旬の野菜と16穀米を亀石型のライス型で模り、飛鳥の里山風景を一皿で表現したのだという。野菜を長時間煮込んだスープはマンゴー等の果物を大量に使って、更に蜂蜜などでコクや深みを付け、油や塩の使用を極力抑えて作られているという。スパイスの風味がほど良く効いて、辛過ぎず、僕には美味しく感じられた。肉類を使っていないというのは食べ終わってから気づいたが、美味しかったのでそのことは食べているときには、特に気づかなかった。”亀石カリー”おすすめのカレーですね。
バックグラウンドミュージックの軽いボサノバを聞きながら、飛鳥カリーカフェの店主と雑談し、飛鳥大仏や石舞台の奥手にある棚田のことなども教えて頂き、ルートに加えて見に行くことにした。

Dsc_2110Dsc_2115 駅前から赤かめバスに乗り、で降車し、亀石を見に行った。なかなか「かわいい顔」をしている。亀と言われればそうも解釈できるが・・・本当に亀をモチーフにしたものなのだろうか?





Dsc_2117 Dsc_2118 Dsc_2122 Dsc_2124
亀石の場所から、Sdsc_2140Dsc_2144棚田を探して里山の中を歩いた・・・棚田は高い位置から眺めないとその状況が分かり難い・・・すこし山を登ってみる。雨も相当降っているし、雨の中で傘をさしながらの写真撮影はやり難い。





Dsc_2145 Dsc_2148 Dsc_2149 Dsc_2150
適当な高さの場所で棚田撮影を諦め、石舞台の方に行こうと坂道を降りてきた。

予期しない場所にまた小さな古墳がある「都塚古墳」と記されている。

更に、坂を下り、山側から石舞台の方に歩いて行った。


Dsc_002400生垣を通して石舞台が見える。雨が酷いからか・・・石舞台の周りに観光客も少ない。僕も中に入る気にはなれず、ここのお土産屋の軒先で少し休憩をとって、飛鳥寺の大仏を見に行くことにした。




Dsc_2162Dsc_002420 Sdsc_2175 日本最古の飛鳥寺の大仏を見た後、曽我の入鹿首塚まで行った。







Dsc_2191 Dsc_2194 Dsc_2195 Sdsc_2201






飛鳥寺から宿泊予定のゲストハウスまで歩いて行き、バックパックを預けて、甘樫丘へ登ることにした。
アクセスルートは、ゲストハウスで教えて頂き、北にある甘樫茶屋のところから登って行った。

Dsc_2211 Dsc_2221 Dsc_2224 Dsc_2246







甘樫丘から西方向には、台形の畝傍山が見える。雨が降っているので、その後方の二上山は霞んでいる。一つぽつんとある円錐型のの美しい姿の山は、耳成山。人の顔に例えて、耳がないように見えることから、耳無山から耳成山と呼ばれるようになったという。
僕は甘樫丘から南に歩き、川原展望台に行ってみた。ここからの景色もまた素晴らしい。時計を見ると、
ゲストハウスのチェックイン時間には未だ早いので、この公園から南西部分に位置する猿石を見に行くことにした。

Dsc_2264 Dsc_002720 途中に「鬼の雪隠」が突然現れた。こんな場所に何故置かれたのか・・・と思ってしまう。
ここから猿石までのルートは、スマートフォンに案内してもらった。しかし、極く近くまで行って居ながら、場所が分からず周囲を散策してしまった。紙の地図に書かれていた場所を示すマーキングと説明が細い線で繋がれて離れた位置に描かれていた。これが僕が道を迷った原因だった。


Dsc_2278 Dsc_002750 Dsc_002780猿石」 ここの彫石は、なかなか面白い形をしていると思った。石像の顔は猿ではないし、日本人でも無さそうだ・・・誰が何の為に造ったのか・・・



Dsc_2104Dsc_0281 写真撮影の後、バスでゲストハウスへ行こうと考え、飛鳥駅前のバス停に向かった。バスの時刻表を確認すると少し時間があるので、駅前の地元野菜販売所を覗いてみた。地元野菜が妥当な値段で沢山販売されていた。僕はお腹が空いてきたので、アンパンを1つ購入した。バスの出発時間まで飛鳥カリーカフェに行き、ホットコーヒーを飲みながらその日の僕のトレッキングについて、店主とまた雑談することができた。

Sdsc_2283Dsc_2208 Dsc_002850あすかゲストハウス」に着いて、早速シャワーを浴び、部屋着に着替えると気持ちもリフレッシュしてきた。その日の客は、僕を入れて男性3名だった。



Dsc_002900 ゲストハウスの夕食は、タイ風カレーになった。この日は2食カレーになってしまったが、それぞれかなり違った調理方法で、それぞれ美味しく食べることができた。ただ、僕が不用意だったのは、タイ風カレーの中の肉が僕があまり好きではない鶏肉だった事だ。だから、鶏肉は全部を食べることは出来なかった。



Dsc_002940 ゲストハウスのベッドルームは、2段ベッドになっているが、カーテンがほんの一部分あるだけで、通路側から中は丸見え状態なので、プライバシーも何も無いような状況と思った。
セキュリティーを考えての配慮なのかもしれないので、どちらを優先するのがいいか難しい問題ではあるが・・・


僕は、午後10時過ぎには眠りについた。しかし、周りのベッドの人は未だ宿の人たちと話していたらしく、枕もとでゴソゴソしている音で目が覚めた。午後11時頃だった。僕はしばらく眠れなくなったが、枕もとの側の輩は、しばらくするといびきをかいて眠り始めた・・・
ゲストハウスとは、こういう所なのかもしれないが・・・ これだけ部屋が空いているのなら、個室にすればよかった・・・。

Dsc_0296 翌朝、あまり早く起きて周りに迷惑をかけてもいけないからと思って、目覚めたが6時半ごろまで静かにしていた。7時の朝食に間に合うように出かける支度をして
朝食を頼んであったが、メモもなく、おにぎりと巻きノリとインスタント味噌汁の袋が置いてあるだけの感じ・・・。みそ汁の椀が見当たらず「まあいいや」と思っていると一人起きてきて、椀を出してくれた。
ゲストハウスの朝は皆遅いようだ・・・音を出さないように配慮していたら、出発が遅くなってしまった。


《トレッキング軌跡》

PhotoPhoto_2











中山道を鳥居本駅から京都三条大橋まで歩いた記録ファイルは、
「2016062728_nakasendou_trek_log_data.gpx」をダウンロード


(参考) もし、kml形式のファイルデータが必要なら、上記gpxファイルを一旦Garmin BaseCampで読み込み、該当するルートをハイライトした後、ファイル⇒エクスポート⇒選択範囲のエクスポート...とクリックし、格納先フォルダー画面窓の中の、ファイルの名前・種類変更で、ファイルの種類を「KML 2.2 Document, v2 (*.kml) 」を選んで保存すれば、kmlファイルを作ることができる。
 kmlファイルを使えば、国土地理院の地図閲覧サービス(電子国土Web)を使うことによって、詳細な地形図上でこのルートを確認することができる。
 電子国土Webでのkmlファイル読み込みは、電子国土Webの画面右にある「機能」ボタンをクリックし⇒開いたメニューから「ツール」を選択⇒次のメニューで「作図・ファイル」をクリックし、次に表示された作図・ファイル窓の左側にある「ファイル」アイコンをクリックし⇒次に「参照」ボタンをクリックして、開いたフォルダ・ファイル選択画面から該当のkmlファイルを選んで、「開く」をクリック。最後に「読込を開始」ボタンをクリックすると、地理院地図の中でkmlファイルを見ることが出来る。



中山道トレッキングで道案内に使った地図は、GoogleMapsに作成したルートのマイマップを、kmlファイル形式で一旦保存し、Garmin BaseCamp でルート作成しなおした下記のルートを使うことにした。

①GoogleMapsに作成した中山道のマイマップのURL

 https://drive.google.com/open?id=12l3YKx7lqKR0zZt0lWHqNeFYlcI&usp=sharing

②①をGarmin GPS用に作成したルートマップ
以前作成したマップでも良かったのだが・・・、最後の2日分のルート(ホテルへのアクセスを含め)を入れてある。

 「toriimotosanjyou_bridge.gpx」をダウンロード
 


《参考資料》
① GoogleMaps
② 「ちゃんと歩ける中山道六十九次(西)藪原宿・・・京三条大橋」山と渓谷社
Garmin BaseCamp +UUD製作所 Japan Digital Road Map Navigator and Topo 10m for Garmin GPS V5
地図閲覧サービス(ウォッちず 国土地理院)

《僕のトレッキング》 (→:交通機関によるアクセス、⇒:トレッキング)
①自宅→東京日本橋⇒浦和→自宅
②自宅→浦和⇒熊谷→自宅
③自宅→熊谷⇒倉賀野→自宅
④自宅→倉賀野⇒坂本(信越本線 横川駅)→自宅
⑤自宅→(JR横川駅)坂本⇒沓掛(中軽井沢)→自宅
⑥自宅→JR軽井沢駅⇒沓掛⇒芦田(立科町):金丸土屋旅館 @7500
⑦芦田⇒(笠取峠・和田峠)⇒下諏訪:マスヤゲストハウス  @3200
⑧下諏訪⇒奈良井:旅館あぶらや @10476
⑨奈良井⇒(鳥居峠)⇒福島→自宅
⑩自宅→福島⇒(妻籠)⇒大妻籠:民宿かめやま @8100

⑪大妻籠⇒(馬籠)⇒大井(恵那市):シティホテルミチ @6000
⑫大井⇒太田(美濃加茂市):ホテルルートイン美濃加茂 @5750
⑬太田⇒坂祝駅⇒(名鉄線 新鵜沼駅)→自宅
⑭自宅→坂祝駅⇒(うとう峠)⇒東赤坂:アパホテル大垣駅前 @4700
⑮東赤坂⇒(今須峠・摺針峠)⇒鳥居本:ホテルサンルート彦根 @7500 →自宅
⑯自宅→鳥居本⇒守山:ホテル近江守山 @5386
⑰守山⇒京都三条大橋:井筒ホテル京都河原町三条 @6500

2

07/03/2016

旧中山道トレッキング 鵜沼駅から西へ鳥居本まで

新宿バスタから夜行バスに乗車し、ファイナルステージにしようと多治見駅前に向かった。
多治見駅前で降りて、JRで坂祝駅まで行き、そこから前回のトレッキングでは、ルートを見つけられず歩けなかった「うとう峠」を越えた。
初日は東赤坂駅まで約42kmを歩き、大垣駅前で宿泊。
翌日は、東赤坂駅から続きを歩いて、彦根の鳥居本まで約37kmを歩いた。

自宅出発直前に、体重計を使ってバックパックの重量を確認したら、12kgあった。バックパックの重量を計ったために、それが重いバックパックを背負っているというプレッシャーになったかもしれないが、バックパックを降ろすとき、担ぐときは重く感じた。

歩行予定区間は、
以前に作ってブログでも紹介した事がある「日本気象協会の10日間天気」を使って、天候に恵まれた日程と分かっていたので、4日間連続して歩く予定でいた。
しかし、歩行2日目に足の指の付け根などに幾つもの豆が出来、加えて左の脛の下部に痛みを感じるようになった為に、3日目以降の日程を全てキャンセルした。

足に豆が出来た原因は、クッション性を高めたいと靴下を重ねて履いたため、靴との余裕が無くなったためと思われる。指の擦れ対策の5本指ソックスと、クッション性を考えた普通のソックスの2枚重ねが、靴幅のゆとりを無くし、別の影響を誘発してしまったようだ。

しかし、左脚の脛下部の痛みの原因はわからない。持参していた湿布薬では、逆にかぶれたように赤くなってしまった。今その時の状況を振り返ってみると、発熱量が多く、小さな湿布薬の冷却効果では不十分だった可能性が高い。
なんとか今回で歩き通したいと思って、軽い湿布薬をしただけで、ほぼ半日歩いたが、無理をした事が、さらに患部の状況を悪くしてしまったのだろうと思う。

目的地の京都三条大橋まで、残すところの距離は72kmぐらいだと思うので、目標を目前にしてとても残念な思いであった。患部を悪化させないためには、今回ギブアップしたのは良かったと思う。Facebookを通して、友人からは「まだ2~3日歩く楽しみが残っていると思うのがいい!」とも言われ、元気を貰った。

残り2日間のトレッキング予定は諦めたが、せっかく彦根に来たのだからと、3日目、帰宅する前にホテルで自転車を借りて、彦根城の堀の周りと琵琶湖の湖岸まで行き、町の雰囲気を味わってきた。

《今回の行程概要》
Trekked_route_from_sakahogi_to_akasGPSを持参したので、帰宅後歩いた距離と時間を確認してみた。

初日は、うとう峠を除けば、濃尾平野の平坦な場所でもあり、歩行距離の42kmは、それほどの負担は感じなかった。

二日目は、歩きだした時から、右足に軽い痛みを感じていた。前日のトレッキングの負荷の影響なのか・・・。これまでのトレッキングでは感じたことのない違和感があった。

《写真》
坂祝駅から「うとう峠」を越える!

Dsc_0388 Dsc_0403 Dsc_0424 Dsc_0428
Dsc_0432
Dsc_0433 Dsc_0438 Dsc_0439unuma











うとう峠を越え鵜沼宿へ

Dsc_0444 Dsc_0466 Dsc_0470 Dsc_0473

Dsc_0477 Dsc_0478 Dsc_0480unuma Dsc_0484
Dsc_0491 Dsc_0550kagamihara Dsc_0564hosobatakagamihara Dsc_0579chajogifu

















揖斐川から赤坂宿へ
Dsc_0588chajogifu Dsc_0634kagashimagifu Dsc_0651 Dsc_0680

Dsc_0712 Dsc_0726 Dsc_0739 Dsc_0775












赤坂宿から関ケ原

Dsc_0782akasakaogakiDsc_0793 Dsc_0895 Dsc_0904sekigahara







鶯の滝から醒ヶ井宿

Dsc_0955 Dsc_0970 Dsc_0975 Dsc_0976sekigahara Dsc_0993imasusekigahara Dsc_1006 Dsc_1062kashiwabaramaibara Dsc_1098














醒ヶ井宿から鳥居本まで

Dsc_1099samegai Dsc_1112 Dsc_1121samegai Dsc_1125 Dsc_1129samegai Dsc_1135samegai Dsc_1144kananmaibara Dsc_1149maibara Dsc_1168 Dsc_1196toriimotomaibara

06/24/2016

鳥居本から京都三条大橋までのトレッキング計画

今回は、僕の中山道トレッキングのファイナルステージとなる。鳥居本から京都三条大橋までを歩く。前回の歩行記録を未だブログに上げていないので、空白を感じられてしまうだろうと思う。

埼玉県大宮から鳥居本まで直接行く方法が無いため、僕は次のようにしてアクセスすることにした。

①大宮駅から、夜行バス「ミルキーウェイエクスプレスCJ203便」で名古屋まで行く。
 名古屋ささしまライブ到着予定時刻は、翌日 午前5:40
②名古屋駅から 6:10発 JR東海道本線大垣行きに乗車
 大垣、米原、彦根で乗り継ぎ
③彦根から 近江鉄道米原行きに乗って鳥居本に行く。
 鳥居本駅到着予定時刻は、午前7:53着予定である。

 米原駅で近江鉄道に乗り継ぐ時間が3分ほどしか無いため、彦根まで行って逆ルートでアクセスする。

Photo歩行予定ルートは左の図のマゼンダ色の線で示したところである。

午前8時ごろから歩きはじめ、その日の宿泊先は、鳥居本から約40㎞歩いた先の ホテル近江守山を予定している。

最終日は、ホテル近江守山から 約32㎞を歩き 三条大橋に到着する予定である。

この日の宿泊先は、三条大橋から約450m離れている「井筒ホテル京都河原町三条」に宿泊する予定である。

《地図》
地図は、GoogleMapsに作成したルートのマイマップを、kmlファイル形式で一旦保存し、Garmin BaseCamp でルート作成しなおした下記のルートを使うことにした。

①GoogleMapsに作成した中山道のマイマップのURL
 
https://drive.google.com/open?id=12l3YKx7lqKR0zZt0lWHqNeFYlcI&usp=sharing

②Garmin GPS用に今回作成したルートマップ
前回作成したマップでも良かったのだが・・・、2日分のルート(ホテルへのアクセスを含め)を入れてある。
 「toriimotosanjyou_bridge.gpx」をダウンロード

06/07/2016

中山道を歩いていて左足の脛下部の痛み

Trekked_route_from_sakahogi_to_akas 4日間連続して歩ける天気の良い日を選び、「今回で最終目的地の京都三条大橋まで行くのだ」と張り切って中山道歩きを再スタートした。

持参していたGPSのログデータに依れば、初日は坂祝駅から東赤坂駅まで 42kmを歩いた。左の図の青緑色の線は、2日間歩いたコース(坂祝駅~東赤坂駅~鳥居本駅)を示す。

初日を終わった状況では、脚の
脛下部に痒みはあったが、痛みはなく、何も問題無さそうだった。


翌朝、
足の指部が擦れて少し赤くなっているので、「足に豆が出来ないように」と思って、足の指部にテーピングを施した。このテープは、テープ自体に弾力性はないが、テープ表面の滑りは良い。

脚の脛下部は、前日感じた痒みは無くなっていたが、少し痛みがある。

Dsc_0747Dsc_0759 午前7:38、ホテルを出発し、タイミングよく電車に乗車できたので 7:42には東赤坂の駅に到着した。そこから20kmほど歩くと、左足の指部分に常に違和感を感じるようになった。靴と靴下を脱いでみると、親指の内側と小指の外側に、水膨れが出来てしまっていた。それに加えて、左脚の脛の下部も痛みが継続してあり、次第に痛みが強くなってきた。

脛の下部の痛みは、これまでの長距離トレッキングでは感じたことのない痛みである。そのため痛みの原因がよくわからない。少し痛いなぁとは思いながら何も処置せずに何キロか歩いたので、痛み対策として湿布薬を貼った。しかし脛の下部の痛みは治まらず、次第に赤く腫れてきた。湿布薬を「熱さまシート」に変えたが、赤く腫れたままで、熱っぽさが引いていかない。湿布薬等にかぶれたかのように赤くなってしまった。

歩くにつれて、水泡による足の痛みと、腱部の痛みが強くなり、歩行速度はどんどん低下した。写真を撮影する元気も少し低下してしまった。

それでも頑張って歩いて、二日目のトレッキングを何とか終了し、16時20分過ぎにその日宿泊予定のホテルへ到着した。

ホテルで靴を脱ぎ、足の指部分をよく見ると、指部分に巻いたテーピングの下に大きな豆が出来ている。テープの接着力が強い為に、テープを外すのに時間がかかった。

テーピング用テープの選択のミスと、下手なテーピング、過剰な靴下の重ね着が災いし、豆の発生を促進してしまった可能性がある。五本指靴下1枚にして、靴との間にもう少しゆとりを設け、その状態で初日から歩けば良かったのではないか?

靴を脱ぎ、風呂のシャワーで冷やし、少し時間が経っても痛みが治まらないので、あと2日間歩く予定のトレッキングは諦めて、帰宅することにした。翌日宿泊するホテルのキャンセル料は無料であったが、最終日の夜行バスの購入済チケットは、2160円のキャンセル料金を請求された。

帰宅してから氷嚢で腫れた患部を冷やすと、痛みは徐々に改善していった。しかし冷えているときは痛みは無いが、冷やしていないと患部が熱を持ち、また痛みが再発する。丸二日間、氷嚢の氷を入れ替えて冷やした結果、腫れはほぼ引いてきたが、まだ僅かに痛みが残っている。場所はピンポイント的な部分だ。

痛みの正体が気になるので、整形外科で診て貰った。骨には異常がなく腱の炎症だった。経皮複合消炎剤を処方してもらい、患部にすり込むようにと指示された・・・。

《地図&GPS》
地図:UUD製作所「Japan Digital Road Map Navigator and Topo 10m for Garmin GPS V5」
GPS: Garmin eTrex30
ブラウザ:Garmin BaseCamp

05/30/2016

旧中山道トレッキング 木曽福島駅から西へ新鵜沼駅まで

 日本気象協会の10日間天気予報を使って、連続4日間歩く地域の天気予報を確認し、雨天ではない日を選んで歩いてきた。歩いたのは、2016年4月22日~25日の4日間。

 スタート地点は、前回の終了地点「JR木曽福島駅」で、今回の終了予定は「美江寺駅」とする計画。
スタート地点までのアクセスは、4月21日の夜、新宿バスタから可児バスターミナル行きの夜行バスで中津川駅まで行き、そこからJRで木曽福島駅まで行った。

 Garmin eTrex30 を持って歩いたので、そのログ記録によれば、
トレッキング初日の22日は、10時間39分歩いて距離は47.6km。
2日目の23日は、8時間02分歩いて距離は28.7km。
3日目の24日は、11時間13分歩いて距離は47.4km。
4日目の25日は、予定の全行程は歩かず、2時間27分歩いて距離は10.8kmであった。

最終日の距離が短いのは、3日目終了の時点で足に大きな豆をつくってしまい、4日目の歩行を無理せず途中で諦めた事による。4日間の総距離は134.5kmだった。
3日目の歩行では、距離も長かったが、途中石畳の坂道が多く、足に無理な力を入れたのではないかと思う。

 前回のトレッキングでは、2日目で足の指周りに何個も豆をつくり、またそれを歩行中に潰してしまった。今回は左右くるぶしの下のかかと辺りに大きな豆を作ってしまったが、足の指には豆はできなかった。靴をランニングシューズとし、5本指の靴下の上に通常の厚みの靴下を重ねて履いたことで、歩行時の足の指へのショック等は大きく軽減されたものと思う。次回は、今回の経験を生かして、豆ができてしまった部分にはテーピングを施してから歩きたいと思う。


 中津川駅に到着したが、JRの列車の始発時刻までには、約1時間あるので、私は駅の近くにあるコンビニで朝食を買い、コンビニ内の休憩エリアで朝食をとり、駅の待合室に行った。
 待合室では、夜行バスで私のひとつ前の席に座っていた女性が朝食中で、話をすると、昨年浅田次郎の「一路」を読んで、中山道を歩こうと思い立った人だった。73歳の彼女は、既に幾つかの宿場間を一人で歩いていたので、私が木曽福島駅に着くまで、車内では歩いた時の経験談や車窓からの素晴らしい景色の話題を歓談することができた。
 
木曽福島駅までの車窓からの景色は、早朝まで小雨が降っていた影響で、雲が山々の中腹にまだ残っていて、素晴らしい景色だった。

 地図の話になった際に、彼女が持参していたロール紙にした地図を見せて貰った。彼女は、中山道の書籍を図書館で借り、そこに描かれているルートを描きうつしていた。図書は借りられる期間が短いので、「2週間という短い期間で描き写した」「作業に熱中して午前2時ごろになることもあった」とのことだった。書き写していた紙は、濡れた時の耐久性等を考慮して、和紙を2枚重ねにして貼り合わせ、3本のロールに全行程を描き留めていた。
この年齢で週3日間ほどの仕事を持ちながら、こうしたことを熱ぽく話している彼女を見ると、その年齢より若々しく思った。

 頑張って描きうつした地図も、実際に歩いてみると周囲の状況が変わっていることが多く、戸惑う事もあったと言っていたが、確かにそういう場所は多々あり、そのような話をしていると瞬く間に時間が過ぎていった。

 僕も、木曽福島駅から妻籠宿までの地図は、ネットから手書きの詳細なものを入手し、これを印刷しつなぎ合わせ、ロール状にして持っていた。しかし、木曽福島駅を出発して直ぐに、道に迷う結果になった。やはり、それでも分かり難かったからだと思う。

 Y字路や交叉点を通るたびに、道案内が何処にあるかと探して歩いたが、置かれていない所もあるため、勝手に無いと判断して歩いたところもある。そのため何か所かは、道案内を見逃したり、ルートから外れてしまう事があった。

 「事前に歩くルートを正確な地図上に登録し、自分の位置をその地図の上に表示できたら・・・」という思いが強くなった。

 帰宅後、上記のことを何とか実現できないかと調べた結果、Googleマイマップを使うという案が生まれた。これが数日前のブログに書いた内容になる。

 これまで歩いてきた場所を振り返って、「地図のルート上では、どうなっていたのか」と、GPSのログデータと見比べながらチェックしてみた。ところが、Garminに入れてある地図もGoogleMapsも、高精細レベルとは言うものの、それほど細かくはなく、GPSは山の影響で位置座標が変化する事があるため、山中の草道などを含めた全ての場所となると、その正確なルート把握はできなかった。

 GoogleMapsでは、ストリートビューが威力を発揮してくれて、それが見られる場所では、道路標識もかなりチェックすることができた。山道が少ない次回のトレッキングルートでは、マイマップに作ったマーカー地図が、正確な歩行に効果を発揮してくれるものと期待している。
 
 スマホは、GPSの捕捉は問題ないと思われるが、地図の表示は電話通信を使って表示するため、通信状態が悪い場所では、この方法でも道に迷ってしまう。GPS 衛星からの電波のみで自分の位置が分かる Garmin の GPSの中に、ルートを入れて持ち運びたい。その方法を模索してみた。

 GoogleMaps のエクスポートデータは、KML方式であり、Garmin 製 GPS が読み取れるのはGPXとKML方式となっている。GoogleMapsでルートを作成してからKMLで出力(ダウンロード)しないと、マーカーだけのデータでは、Garmin BaseCampで読み込むとマーカーだらけの地図になって、なお且つ私の作成したGoogleスプレッドデータで「ランドマーク」に記載した文字が BaseCamp 地図上に表示されてしまうので、極めて見難いものになってしまう。

 GoogleMapsでルートを作成して、そのデータをKMLでPCへダウンロードし、Garmin の BaseCampで読み込むと、綺麗なトラックデータ図を描くことができた。この地図上のデータをマウスで右クリックし「選択したトラックからルートデータを作成する」を選んで実行すれば、ルートになるので、これを「ツール」の中の「ポイントの移動」「挿入」「削除」などを使って細かな調整をすれば、GPSの中で使えるルートになる。坂祝から京都三条大橋までのルートは、既に公表済みであるが、これを使って歩いてみて、問題点が明らかになれば、補正したいと思う。

 なお、Googleマップで作ったランドマークの地図は、
もう少し内容を整備してから、中山道を歩きたい人のために公開したいと思っている。

 妻籠宿に入った頃、カメラのメモリーが「Full」という表示を示した。旅行に出る際には、カメラに入れるメモリーはいつもフルに使えるようにしていたし、過去に大量に撮影した時でさえ、メモリーが「Full」になることなど無かった。しかし、旅行初日でこのような状況になるとは、想定していなかったので、やむなく、それまでに撮影した写真の中から出来の悪いものを選んで削除しながら、宿に着くまでの間、撮影が続けられるようにした。

 旅行中は、メモリーの使用状況を確認する手立てがないので、宿でも複数撮りした写真の中で、出来の悪いものを消去する写真選びをするしか手がなかった。また、連射機能も止めて、1枚撮りとした。

 帰宅してからCFの使用容量などを確認してみると、記憶容量は大量に空きがある。多分、カメラ側にメモリーの最大容量が正しく認識されなかったのだろう。CFのフォーマットの手順を旅行中は忘れていて
CFをFormatしたくても実行することができなかった。スマホの中に確かマニュアルを保存していたが、その時は気が動転してその事を忘れていた。これも、帰宅後マニュアルを読み直して、あっけなく問題解決した。

Dsc_979622日は、大妻籠の民宿かめやま(写真左:0264-57-3187)にお世話になった。上記に書いたような事があり、また妻籠からのルートで迷ったこともあって、宿に到着したのは午後5時15分ごろになった。お風呂の準備をして頂いてあったので、直ぐにお風呂に入ることができた。
湯船の蓋を開けて「びっくり!」した。「お湯が湯船一杯まで張られている!」 「こんなにもてなして戴いて、悪いなぁ~」と思いながらも、お風呂の中でくつろがせていただいた。


Dsc_0170_1 直ぐに夕食も食べられるように準備してくださったので、とても嬉しい気分になった。宿の女将と話をすると、常連さんが何人かいるそうだ。その日は、私以外の宿泊者は居なかったので、食事後は部屋で連射した写真の中から良いものだけを残して撮影状態の悪い写真を削除する作業を1時間ほど行った。



静かな環境の中で、朝までぐっすり眠ることができ、朝食もおいしく食べられた。戴いた水がおいしくて、何杯も飲んだ。宿を出発する際には、空になっていたペットボトル2本にその水を入れて頂き、旅の途中でのおやつにとバナナを渡してくれたが、水とバナナは大変ありがたいお土産だった。

Dsc_9883 Dsc_9993 23日は、大妻籠を出発し、馬籠・落合宿を通るルートである。落合宿は坂道のアップダウンが多く、晴れて気温が高かった影響もあるが、体力を消耗する行程だった。疲れてうつむき加減で歩くと、木曽路の中山道の道は、特別な色目の舗装(道路に桜の花弁が落ちているような雰囲気の舗装)をしてあって、ルート確認が容易にできるように配慮されていた。
宿は、恵那駅から近い場所にある「ホテルミチ」を選んだ。直ぐ傍に大きなショッピングセンターがあるので、お弁当を購入したりするに便利だった。ホテルは清潔感があって部屋も広かった。WiFiも使える。掛け布団が少し重くて、寝苦しかったのと、ウォッシュレットで無かったのは残念だった。

24日は、恵那から美濃加茂まで歩き、ルートインに宿泊した。部屋は広くて浴槽も大きくくつろぐことができた。ホテルで靴下を脱いで驚いた!大きな水膨れが何時もとは違う場所「くるぶしの下、踵の近く」に出来ていた。それも両足共。シャワーの後、大きな豆の上から殺菌用の軟膏を塗り、ガーゼを当ててテーピングした。豆が消えるまでは10日以上かかったような気がするが、それまでの間「足の豆」は潰れなかった。

25日は、出来てしまった豆で足が痛むので、その日の当初の目的地まで行くことは諦めて、名古屋へのアクセスに便利な鵜沼まで歩くことにした。僕は鵜沼峠のルート表示がある辺りでは道路の右側を歩いていた為に、その表示を見落としてしまい、鵜沼峠を通らず鵜沼駅へ向かうことになった。後のトレッキングでは、道路の左側を通って、道路標識に注意を払っていると、「中山道」の標識があり、うぬま峠へのルートを導いてくれた。

《トレッキングの記録》 持参したGarmin eTrex30 のログデータより

13072904_972378326178016_7580945230日付、歩行距離、所要時間は、

4/22:47.6km(10:39:39)
        平均歩行速度 4.5km/h
4/23:28.7km(08:02:37)
    平均歩行速度 3.6km/h
4/24:47.4km(11:13:07)
    平均歩行速度 4.2km/h
4/25:10.3km(02:27:03)
    平均歩行速度 4.4km/h
(平均歩行時間は、休憩時間を除いた時間から算出したもの(GPSのログデータより引用))

《写真集》 撮影した写真の中から、自分のお気に入りの何枚かを選んでここに貼りつけておく。
Dsc_9082 Dsc_9116 Dsc_9196 Dsc_9372


Dsc_9450 Dsc_9468 Dsc_9504 Dsc_9511

Dsc_9589 Dsc_9650 Dsc_9780 Dsc_9788

Dsc_97882 Dsc_9790 Dsc_9803 Dsc_9826

Dsc_9841 Dsc_9854 Dsc_9858 Dsc_9862

Dsc_9866 Dsc_9868 Dsc_9869

Dsc_9884 Dsc_9894 Dsc_9900

Dsc_9946 Dsc_9947 Dsc_9948

Dsc_9963 Dsc_9967 Dsc_9976 Dsc_99792

Dsc_10005 Dsc_10011 Dsc_10027

Dsc_100462 Dsc_10071

Dsc_101272

 

Dsc_10110

Dsc_101382 Dsc_10166 Dsc_10187 Dsc_10277

05/29/2016

旧中山道のルート(坂祝駅から京都三条大橋まで)

前回の中山道トレッキングでは、足にできた豆のために、4日目に鵜沼でリタイアしてしまった。また、事前の調査が不十分であった為に、鵜沼峠へのルートが見つけられずに、鵜沼峠の通過をパスしてしまった。

今回は、鵜沼峠の手前の坂祝駅からスタートして、鵜沼峠を通り、連続4日間のトレッキングで、京都三条大橋を目指そうと思っている。

前回のトレッキングで強く感じた「地図で自分の位置を確実に捉えて、間違いのない道で歩きたい」を実現すべく、次の2つのマップを準備した。

①GoogleMapsの中にあるマイマップの機能を使ったランドマーク地図

 GoogleMaps→マイプレイス→マイマップの中に、トレッキング時の目標となるランドマークマーカーを置く。
 ランドマークマーカーの置き方は、スプレッドシートにマーカーの緯度・経度を入れ、GoogleMapsに読み取らせることで作成。

このマーカーの置き場所を作る作業は、日本橋から三条大橋までの全区間について行った。

ランドマーカー用のマーカーを配置したマイマップは、自分のスマートフォンから見ることができ、同時にGPSをONにしていれば、マーカーと現在位置との関係を容易に把握することができる。しかし、この地図はスマートフォンの通信が確保されている場合に限定されると思われるので、スマホの通信が確保できない場合には、GPS衛星からの通信だけで自分の位置が確認できる方法が必須になる。

私がこれから京都三条大橋まで歩くために先ず必要なのは、坂祝駅から三条大橋までの区間なので、ここについては、GarminのGPS eTrex30 でもそのルートが確認できるように、次の②のルートも準備した。

当初は、もっと簡単にできると思い込んでいたが、①のデータをそのまま Garmin BaseCamp に読み込ませると、マーカーとしての旗印がルート上に並び、そのマーカーの説明まで表示されてしまう。

そのため、①で作成したマーカーの位置を見ながら、新たなレイヤーにルートを作成する必要があった。

いざルートを引いてみると、道路構造まで反映したGoogleMapsのルート生成は、思った通りにルートを引くことができない場所が 3か所ほど見つかり、その原因を、Googleのストリートマップで何度も見直した。 連続させられないところは、分割してルートを生成し、それをBaseCampで読み取らせて、更にルートを編集し、歩ける可能性が高そうなルートを引いた。

②Garmin eTrex30 用 gpx ルートデータ
坂祝駅から三条大橋までのルートは、次の 6つのルートに分かれることになった。6つのルートを赤く塗って表示したのが下記左側の図である。
Photo
1) 坂祝駅から鵜沼峠を経由して緑苑まで
2) 緑苑から長良川河渡橋まで
3) 河渡橋から今須峠まで
4) 今須峠から八幡市横関橋まで
5) 横関橋から大谷駅西まで
6) 大谷駅西歩道陸橋から三条大橋(鴨川)まで

各ルートの間は少し離れているが、これだけ遠方から見た地図になるとその場所は全くわからない。

上記のルートをGarmin BaseCampを使って、gpxデータにしたので、これをご覧になった諸兄の参考のため、ダウンロードできるよう下記に添付する。下記番号は上述の番号と対になっている。

1)「1.gpx」をダウンロード
坂祝駅から鵜沼峠を経由して緑苑まで
2)「2.gpx」をダウンロード
緑苑から長良川河渡橋まで
3)「3.gpx」をダウンロード
河渡橋から今須峠まで
4)「4.gpx」をダウンロード
今須峠から八幡市横関橋まで
5)「5.gpx」をダウンロード
横関橋から大谷駅西まで
6)「6.gpx」をダウンロード
大谷駅西歩道陸橋から三条大橋(鴨川)まで

《注記》
上記ダウンロード用ファイルは、改善のため事前連絡なく更新することがある。
2016/05/30:4),5),6) ファイルを更新

《参考資料》
① GoogleMaps
② 「ちゃんと歩ける中山道六十九次(西)藪原宿・・・京三条大橋」山と渓谷社
Garmin BaseCamp +UUD製作所 Japan Digital Road Map Navigator and Topo 10m for Garmin GPS V5
地図閲覧サービス(ウォッちず 国土地理院)

04/19/2016

十日町の棚田を見に・・・

2016年4月13~14日、新潟県十日町の松代・松之山の棚田を見に行った。
今回の目的は、棚田と桜とを組み合わせた写真が撮影出来ると良いなぁと思って出かけたのだが・・・棚田の中に桜があるのは、観光パンフレットにある「儀明の棚田」ぐらいで、棚田の中に桜の木は殆ど見つける事が出来なかった。

観光パンフレットにある棚田の写真をじっくり見ると・・・桜の木らしいのが写っているのは、「儀明の棚田」の写真しか無さそうだという事がわかった。

儀明にも行ったが、私の持っている望遠レンズは、120mmなので、パンフレットにあるようなアングルまで接近して撮影は出来なかった。

棚田は、まだ新緑が芽吹く前の枯れ葉色の中にあったので、写真の中に切り取った桜の花弁の色は、あまり目立たなかった。

宿泊は、松之山温泉の薬湯か、芝峠温泉『雲海』かと迷ったが、幸い『雲海』に泊まることが出来た。前夜雨が降ったこともあり、早朝ホテルから見えた雲海は、素晴らしかった。

《芝峠温泉》 早朝の雲海、谷川岳、苗場山を臨める・・・
露天風呂からの景色が良い!

Dsc_0017 Dsc_0234 Dsc_0024 Dsc_0032







《棚田風景》
 「棚田に桜」をイメージしていたが・・・棚田の中に桜は殆ど無かった。
Dsc_0060a Dsc_0065 Dsc_0069a Dsc_0307





Dsc_0188 Dsc_0174 Dsc_0318Dsc_0326







《野草など》 ツクシやアズマイチゲ、ナガハシスミレ など
Dsc_0071 Dsc_0227 Dsc_0217 Dsc_0287

より以前の記事一覧

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ