« August 2019 | Main | March 2020 »

September 2019

09/28/2019

ガラ携Docomo のメールを PCで読む

長らく使ってきたガラ携だが、バッテリーも老化してきており、「データ端末としてのスマホ」と「音声通話用のガラ携」2台持つのも面倒になってきた。
Docomo携帯の1年縛りの契約更新時期と、政府が主導した携帯電話の契約縛り解消が同時期となったが、このタイミングでDocomoを解約して、Simフリーのスマホ一本に統合化する予定だ。
まず、Docomoのdポイントを今月中に消化してから、来月早々にMNPを申請しようと思う。
しかし、その前にやることがあった!

ガラ携の中に保存している古い「docomoメール」をPCに移して、PCから読めるようにしておきたい。
手順は下記のように行って、PCにインストールしたThunderbirdメールブラウザで読めるようになった。

《手順》
1) ガラ携のメールをmicroSDカードに保存し、

2) microSD カードをガラ携から取り出して、PCの中の適当な場所 ”(例えば) Beforeという場所” にデータフォルダを全てコピー保存する。

3) VMGtoEML2 というフリーソフトを download し、Windows10 PC にインストールする。
  (このソフトは、Windows10 64bit でも問題なくインストールでき、下記のようにデータ変換も出来た。)

4) VMGtoEML2 を起動し、入力ファイルの入力欄の右の「参照」ボタンをクリックすると、フォルダーを指定できる。
 その前にデータ変換後、結果を保存するフォルダ ”(例えば) Afterという場所” を用意しておく。

5) 4) で入力ファイルに、ガラ携の VMG ファイルを格納したフォルダ ”Before” を指定し、
  出力フォルダに、先ほど作成したデータ変換結果を格納するフォルダ ”After” を指定する。
  メールの数はそれほど多くは無かったので、変換は直ぐに終わった。
Vmgtoeml2

6) Thunderbird をdownload し、メールに関する一般的な設定を行い、

7) Thunderbird を起動して、フォルダ ”Before” を指定すると・・・、メールを見る事が出来た。

09/26/2019

4-8x8dot LED matrix を使ったテキストの scrolling 表示

筆者は最近ドライブレコーダを購入してAK12とAK13、2台のマーチに取り付けた。そこで思いついたのは、後方から迫る車に、4-8x8dot LED matrix を使って、ドライブレコーダで録画していると知らしめれば、防御運転には更に効果的ではないかと思った。
仮に後方からの運転者が、英語を理解できるとして「Drive recorder working!」と表示するとする。しかし、この表示装置では「Drive」までしか表示できないため、すべてのテキストを表示するには、テキストを scrolling しなければならない。
先日、4-8x8dot LED matrixを使って、時刻表示したときの sketchや、Github にあるテキストのスクロール表示を参考に、取り組んでみた。
Arduino NANO を使えば、物理的な回路は、結線だけで出来てしまう。

《使用部品》
1) arduino用 4-8x8dot LED matrix MAX7219
2) Arduino NANO
3) ジャンパー用配線

《接続》
Arduino NANO ---- MAX7219
5V  ---------------- VCC : 写真では「茶色」
GND --------------- GND : 写真では「赤色」
D11 --------------- DIN : 写真では「橙色」
D10 --------------- CS : 写真では「黄色」
D13 --------------- CLK : 写真では「緑色」

《参考にしたブログ》
1)  私が以前に投稿したブログ
  http://spice-cabinet.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-6766a7.html


《Sketch》

#include <SPI.h>
#include <Adafruit_GFX.h>
#include <Max72xxPanel.h>
int pinCS = 10; // Attach CS to this pin, DIN to MOSI and CLK to SCK (cf http://arduino.cc/en/Reference/SPI )
int numberOfHorizontalDisplays = 4;
int numberOfVerticalDisplays = 1;
Max72xxPanel matrix = Max72xxPanel(pinCS, numberOfHorizontalDisplays, numberOfVerticalDisplays);
String tape = "Drive-recorder working!";
int wait = 100; // In milliseconds
int spacer = 1;
int width = 5 + spacer; // The font width is 5 pixels
void setup() {
matrix.setIntensity(7); // Use a value between 0 and 15 for brightness
// Adjust to your own needs
matrix.setPosition(0, 3, 0); // The first display is at <0, 0>
matrix.setPosition(1, 2, 0); // The second display is at <1, 0>
matrix.setPosition(2, 1, 0); // The third display is at <2, 0>
matrix.setPosition(3, 0, 0); // And the last display is at <3, 0>
// ...
matrix.setRotation(0, 1); // The first display is position upside down
matrix.setRotation(1, 1); // The first display is position upside down
matrix.setRotation(2, 1); // The first display is position upside down
matrix.setRotation(3, 1); // The first display is position upside down
}
void loop() {
for ( int i = 0 ; i < width * tape.length() + matrix.width() - 1 - spacer; i++ ) {
matrix.fillScreen(LOW);
int letter = i / width;
int x = (matrix.width() - 1) - i % width;
int y = (matrix.height() - 8) / 2; // center the text vertically
while ( x + width - spacer >= 0 && letter >= 0 ) {
if ( letter < tape.length() ) {
matrix.drawChar(x, y, tape[letter], HIGH, LOW, 1);
}
letter--;
x -= width;
}
matrix.write(); // Send bitmap to display
delay(wait);

« August 2019 | Main | March 2020 »

July 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ