« Android Smartphone を Linux Mint 19.1 に接続し写真転送 | Main | Linux Mint 19.1 に追加して入れたアプリ »

03/01/2019

MacBookPro A1260に Linux Mint 19.1 MATEを Install -1

先ずは、USB Live Linuxを使って、Linux Mint 19.2 MATE 画面を表示するところまで
 
僕の持っている MacBook Proは、2008年初期の「Model Number : A1260」もので、OSのアップグレードにも限界がきている。またこのOSでは、動きも鈍い。

最近 Linux Mint 19.1を、古い Windowsマシンにインストールしてみて、使い勝手もいいので、MacBook Pro に入れてサクサク動いてくれたらいいなぁと思い、OSの入れ替え作業をやってみることにした。

しかし、MacBook Pro については、その仕様を詳しく知らない。Windowsが動いていたPCなら、インストール作業も簡単に行えたので、同じように出来ると勝手に思い込んでいた。
しかし、簡単にはインストール出来なかった。

《OS入れ替え手順概要》
① 2.5インチ SSD の準備
Img_20190227_122631 Screenshot_at_20190228_154827
僕が使ったSSD(左図)は、数年前に購入したもので、容量が 64GB のもの。

右図のようにパーティションは外し、内容はDisk Utilityなどを使って、綺麗に削除しておくとよい(未割り当て状態)


MacBook Pro のHDDは、このSSDと換装する。

   HDDとSSDの換装のためには、ミニドライバー(+1.5 と トルクスT6 )
が必要になる。

②USBフラッシュドライブの準備
 手元にあった Buffalo 16GB を使うことにした。
 USBは、予め format (fat32)しておくのが良い。


③USBフラッシュドライブ書込み準備
 僕は、Windows10で行ったが、
 書き込みソフトとしては、UNetbootin (unetbootin-windows-661.exe
)を使った。

 ソフトは、ここ(https://unetbootin.github.io/ )からdownloadする。

④USBに入れる LiveLinux
 僕は、Linux Mint 19.1 Mate 64-bit を使った。

Img_20190228_091601当初、Cinnamon を使って、この Install 作業を進めていたが、
LiveLinuxが使えるようになった段階で、Graphic系の警告メッセージが表示され、Installを終えて、再起動すると、再起動直後にフリーズしてしまう。

 ネットでその情報を調べてみると、対策としては軽いMATEにしたほうが良いらしい。
 実際、MATEにしたらその表示は無くなった。

 Linux Mint 19.1 MATE は、
 ここ(
https://linuxmint.com/download.php )から download する。

⑤USBにLinux Mint 19.1 MATE を書き込み

A1・UNetbootin を管理者権限で起動し、
・USBをPCに差込む
・書き込みは、ISOイメージがdownload 出来ているので、ディスクイメージの方を使う。

 ディスクイメージと書いてある行の右側の「...」ボタンをクリックして、目的のISOイメージを検索して書き加える。

・タイプは、「USB」を選び、ドライブは、USBを差し込んだ際のドライブ記号を選択する。
 もしUSBドライブが表示されなかったら、それはUNetbootinの起動よりも先にUSBをPCに差し込んだためかもしれない。
 その際は、エクスプローラでUSBドライブを探し、一旦「取り外し」を選んでUSBを外してから、再度PCにUSBを差込むと、表示されると思う。

A3 ディスクイメージの部分の準備が整ったら、「OK」ボタンをクリックして、ISOイメージをUSBに書き込む。 

これにはしばらく時間がかかる。
途中( 約51%)で解凍のためらしくフリーズしたかのようになるが、ちょっと我慢して待ってみよう。


USBへの書き込みが終わったら、UNetbootinを終了し、エクスプローラーからドライブを取り外す。





⑥MacBook Proでの作業
 USBをMacBook Pro 本体に挿して(USB Hubには刺さないこと)
 有線LANケーブルとマウスを繋いでから・・・
 「alt/option」キーを指で押したまま、電源ボタンを押す。

《注意》「alt/option」キーは押したまま、
Img_20190228_083109 左の画面が表示されるまで待つ。

⑧「EFI Boot」と表示されたアイコンの下にある矢印部分をクリックする。






⑨GNU GRUB  version 2.02  EFIモードの起動画面が表示される。

Img_20190228_103647 
一番上の「*Start  Linux Mint 19.1 Cinnamon 64-bit」 を選び、
 
「e」のキーボタンを押して、EFIモードの編集画面に切り替える。





⑩編集するのは、
Img_20190228_155447 Img_20190228_210335 linux  /casper/vmlinuz file=/cdrom/preseed/ubuntu.seed boot=casper quiet splash --
の行で、


左図のように「splash」と「--」の間に、「nomodeset」 を挿入(書き加え)する。

編集終了後は、下記のようになる。
linux  /casper/vmlinuz file=/cdrom/preseed/ubuntu.seed boot=casper quiet splash
nomodeset ---

splash と nomedeset の間、および nomedeset と --- の間には、「スペース」が必要です。

⑪修正作業が
正しくできたら、
 ファンクションキー「F10」を押して、起動・続行します。


Img_20190228_210544 このあと、左のLiveLinuxがインストールされるまで、しばらく時間がかかる。












《注意》
僕は、ここでUSB書き込みソフトに、UNetbootin を使ったが、このソフトではUFEIモードBootに書き込みが出来ないことが原因で、MacBook Proが再起動出来ないらしい。
やってみた結果、確かに再起動できないので、原因は何か?と調べていると、SSDのUFEIのブートパーティション部分が空になっていた。書き込みソフトを変更するなどして対処する必要がありそうだ・・・

« Android Smartphone を Linux Mint 19.1 に接続し写真転送 | Main | Linux Mint 19.1 に追加して入れたアプリ »

PC and PC troubles」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference MacBookPro A1260に Linux Mint 19.1 MATEを Install -1:

« Android Smartphone を Linux Mint 19.1 に接続し写真転送 | Main | Linux Mint 19.1 に追加して入れたアプリ »

August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ