« Arduino と RCWL-0516 を使って、動きを捉えた際に音を出す | Main | マルチディスプレイ接続、#1、#2設定が勝手に?切替わる »

12/09/2018

玄関灯(内)を3回路スイッチ化

拙宅の玄関灯のスイッチは、(小さな玄関ではあるが)玄関口から一番遠い玄関ホールの壁に有るため、夜間帰宅した際には、エントランスの縁からスイッチに手が届かず、照明が点けられないので、暗いままホールに入らなければならない。
玄関の扉の近傍に玄関灯のスイッチON/OFFが出来れば、玄関を入退する際、とても便利だろうと思う。そこで、第二種電気工事士の資格の有効活用として、玄関扉の近くに3回路スイッチを配置してみた。

The illumination switch in the entrance hall of my house has one switch on the wall behind the hall. Since I wanted to brighten the inside of the hall when I entered the entrance on a dark night, I added a lighting switch near the entrance door so that the light switch can be turned on/off in either way.

現在の回路を確認すると、下図の左のようになっていた為、右側の図にあるように、配策した。
在来のスイッチボックスにあるON/OFFスイッチは、単極スイッチなので、これを3回路スイッチに変更。併せて、玄関扉近傍に設置したスイッチも3回路スイッチとし、配線した。

住宅リフォームでのスイッチの追加は、石膏ボードの裏側の構造木材などに干渉しないように、且つ配線が通る空間があることを確認し、スイッチボックスを設置しなければいけないので、この点が一番難しい。僕は、Panasonic製の「壁うらセンサー」内装材専用プロ用電動工具EZ3802を使って壁うらの木材などを概略探し、テープでその位置をマーキングし、最後にシンワ測定の「下地探し どこ太 Smart 45mm」で壁を刺して、木材の位置を確認する。
EZ3802 で問題無く穴を開けられそうでも、構造木材が石膏ボードから少し奥に入ったところで斜めに入っている場合などもあり、スイッチボックスを埋めるエリアの10mmほど外側までどこ太で刺して、確認するのが良い。


尚、下記の複線図は「Inkscape」を使って描いてみた。

3201812092_2

 

 

 

« Arduino と RCWL-0516 を使って、動きを捉えた際に音を出す | Main | マルチディスプレイ接続、#1、#2設定が勝手に?切替わる »

電気工事」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 玄関灯(内)を3回路スイッチ化:

« Arduino と RCWL-0516 を使って、動きを捉えた際に音を出す | Main | マルチディスプレイ接続、#1、#2設定が勝手に?切替わる »

August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ