« March 2018 | Main | June 2018 »

May 2018

05/23/2018

大杉谷登山口から大台ヶ原駐車場へ縦走

1 22004年9月の台風21号で大きな被害を受けた三重県大台町の大杉谷登山道の「七ツ釜滝~堂倉滝間の約2.3km区間」は、10年ぶりの2014年に開通して通れるようになった。桃ノ木山の家も、今年(2018年)は4月20日からオープンしている。
先日ブログに登山計画を記載したが、2018年5月16日(水)~17日(木)、大杉谷登山口から大台ヶ原を歩いてきた。事前の11日(金)に、日本気象協会の10日間天気予報で、登山予定の2日間の天候を確認し、必要な予約を全てとった。
既に先日のブログには記載していたと思うが、埼玉県の拙宅を出発して、帰宅するまで実アクセスは、下記のようであった。

アクセスの概要

5月15日 朝、自宅を出発、東京駅八重洲南口 10:00発の高速バス「スーパーライナー55号」で名古屋まで行き(名古屋到着予定時刻は、16:01だが、20分ほど遅れて到着した)、名古屋から16:41発 近鉄線(急行)に乗換し、松阪駅(18:12着)まで移動。
Img_20180515_115444 Img_20180515_115648 Img_20180515_181839
  バスは、名古屋までの途中3回のトイレ休憩(其々10分ほどの休憩時間)があった。
  時間はかかったが、@3000円で名古屋まで行けるのだから・・・


写真左から、乗車したバス(4列座席)。昼食に足柄サービスエリアで購入したお弁当。近鉄松阪駅。


Img_20180515_182051 Img_20180515_182701  駅前のビジネスホテル(僕が使ったのは、エースイン松阪)に宿泊。確かにバスは、ネット情報に有る様に小さく感じたが、全般的には快適に過ごせた。
 ・このホテルでは50歳以上のお客様限定割引プランがあって、シングルルームが@5000円で宿泊できた。ウエルカムドリンクサービスもあり、加えて、カフェテリア方式の朝食を無料で戴ける。
 ・ホテル隣(写真の右側)、南東方向側には、「セブンイレブン松阪駅南店」がある。

 僕は、十分な睡眠がとれないと、翌日の山歩きでは直ぐにバテテしまう。
 松阪駅付近に夜行バスで到着して・・・というプランは成立するが、そのプランは諦めて、登山の前日に現地の近くで宿泊し、十分休養がとれるよう計画した。

Img_20180515_200830 Img_20180515_194919 Img_20180515_195206  この日の夕食は、ホテルから南西方向約40mにある「居酒屋竹の子」で摂った。店の看板には、サラリーマン酒場とも書いてある。酒は翌日の為に控え、カウンター席で軽く食べた。牛肉巻(上の写真(中))は、美味しかった。


5月16日
 朝、ビジネスホテルをチェックアウトし、ホテルの隣にあるコンビニで昼食用のおにぎり・お茶などを購入。松阪駅からJR紀勢本線特急で三瀬谷駅まで行き、
  道の駅おおだいから大杉峡谷登山バス(事前に要予約、@2500円)に乗車して、大杉峡谷登山口まで移動。

Dsc_9663 Dsc_9667 Dsc_9675  松阪駅から三瀬谷までは、JR普通列車でも行けないわけでは無いが、三瀬谷駅に列車が到着する時刻は、10:14であり、登山バスが発車する時刻(10:30)までには、あまり余裕がない。また、駅の改札口から「道の駅おおだい」の駐車場まで少し距離があるため、時間的余裕の持てるJR特急ワイドビュー南紀1号を利用する事にした。(松阪駅発9:16→三瀬谷着9:47、特急券と乗車券で@1230円)

Dsc_9671 Dsc_9675_2 Dsc_9679  道の駅おおだいに登山バスが来たのは、10:10頃だった。
 乗り込むと、乗車用紙のようなものを書かされ、料金@2500円を支払った。
 登山バスが登山口バス停に到着したのは、ほぼ正午近くの11:50頃だった。
 バスは、途中トイレ休憩が1回ある。その場所「大杉谷登山センター」では、警察官も居り、登山センターの従業員から入山届を求められるので、事前に書いて準備しておくのが良い。

Img_20180516_112020 Img_20180516_112030  登山マップは、大杉谷登山センターのホームページにあるものが参考になる。
 詳細な地図は、国土地理院の「ウォッちず」を見て確認するのが良い。僕は、これを印刷して持参した。  




・大杉峡谷登山口から桃ノ木山の家まで約6.5km。休憩時間を含め、僕の脚で4時間2分かかった。
Dsc_9688 Dsc_9705  Dsc_9696大杉峡谷登山口の休憩所で昼食を済ませて、宮川第三発電所(12:12, H=289m)→大日嵓吊橋(12:27)→千訪滝休憩所→猪ヶ淵→平等嵓吊橋(15:03)→桃の木山の家(15:45 到着、ここで宿泊、宿の夕食は、定番のカレーライスとトンカツ。1泊夕食+朝食+お弁当で@10000円)
Dsc_0009 Dsc_0011 Dsc_0017
 お風呂は、木の湯船で、男女別に時間を分けられたが、温かいお湯に入り、汗を流すことが出来た。




Img_20180516_173244 Dsc03461 Dsc_0019左の写真は、夕食のカレーライスとトンカツ。
中の写真は、外から食堂を撮ったもの。
右は朝食。





5月17日
 午前5時半からの朝食を済ませ、山の家で作って貰ったお弁当を持って、6時少し前に桃の木山の家を出発。標準歩行時間で見積もると、12時に日出ヶ岳に到着できれば、大蛇嵓を廻って大台ヶ原駐車場にバス出発時刻までに到着できる。
ラッキーな事に、私の脚でも日出ヶ岳に11時前に到着。お弁当の昼食をとり、大蛇嵓を廻って大台ヶ原駐車場まで約13kmの行程を歩く事ができた。休憩時間を含めて、8時間8分かかった。タフなルートである。
Dsc_0038 Dsc_0051 Dsc_0058 Dsc_0072








Dsc_0086 Dsc_0098 Dsc_0150 Dsc_0241








Dsc_0261 Dsc_0262 Dsc_0268 Dsc_0276








Dsc_0316 Dsc_0323 Dsc_0340 Dsc_0345







  七ツ釜滝(6:19)→隠滝吊橋(7:15)→堂倉吊橋・堂倉滝(7:40)→堂倉避難小屋(8:47)→シャクナゲ坂→シャクナゲ平→日出ヶ岳(H=1695m, 10:46到着、ここで少し早めの昼食。11:11出発)→正木ヶ原・神武天皇碑(12:11)→尾鷲辻→牛石ヶ原(12:12)→大蛇嵓(12:25)→シオカラ谷吊橋(13:10)→大台ヶ原駐車場(H=1590m, 13:45)
Dsc_0416 Dsc_0421 Dsc_0435 Dsc_0476







  大台ヶ原の駐車場から、奈良交通のバス(SUICAカードが使える。@2000円)で近鉄大和上市駅(17:22)まで移動。
  
 近鉄大和上市駅(SUICAカードが使える)から、近鉄吉野線・近鉄橿原線・近鉄奈良線を急行電車で乗り継いで、近鉄奈良駅まで移動。

Img_20180517_201754  近鉄奈良駅周辺で「コインランドリーを探した!」と思って勘違いしていた。奈良駅周辺で歩いて行けそうなコインランドリーは、JR奈良駅に近いところにあり、スマホ片手に奈良駅周辺をうろうろしてしまった。もう少ししっかりと探しておくべきだった。

 JR奈良駅周辺にあるコインランドリー
三条(三条町650)に行き、先ず汚れた登山ウェアを洗濯、次に銭湯「敷島温泉(三条町554)」に行って身体の疲れをとり、高速夜行バスのバスターミナル(20番のりば)の直ぐ傍にある「すき屋近鉄奈良駅前店」で夕食を摂って、

 関東バスの「新宿-奈良・五條線(やまと号)JR奈良駅22:27発(3列席、@5980円)」、近鉄奈良駅側の発車時刻は、22:40発に乗車し、新宿バスタまで移動(車中泊、車内にトイレがあるので、途中の降車は無し)を利用し→埼玉の拙宅へ。

 近鉄奈良駅側のバス停「20番のりば」の傍には、「奈良ラインハウス1F 定期観光バス案内所」があるので、バスの到着時間まで過すことができる。

・3泊4日(内、夜行バス車中1泊)、もう何年も前から行きたいと思っていた場所で、ようやく夢がかなった。タフなルートではあったが、自然が綺麗で、楽しい旅行だった。ヒルの心配をしていたが、晴れの天候が暫く続いていたこともあり、被害に会う事はなかった。また機会があれば、是非行って見たい場所である。
・二日目、一緒に歩いて下さった方には、大変お世話になりました。挫折しそうになった際も歩く元気を貰って、当初の希望通り「大蛇嵓」まで行くことが出来たのは、本当に有り難かった。
ありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。

PS.登山道通行止め、山小屋の代金について 誤記がありましたので訂正しました。(2018/05/29) 

Arduino NANO を使ってEthernet Cable Checker

Arduino_nano_ethernet_cable_checker LANの調子がおかしいので、ArduinoでEthernet の ケーブルチェッカーを作って、調べてみた。
青色のLANケーブル(ストレートケーブル)は僕が作ったもので、カシメ処理に問題があり、信号が正しく届かなかったようだ。白色のLANケーブルは市販品で、信号の問題が無いもの。信号線の不具合は、外観を見ただけでは、不具合があるように見えない。簡単に確認が出来て良かった。
下に掲載した写真では、1枚のブレッドボードの中に2つの回路を置いたが、電源を引かなければならない等の問題は無いので、左の絵のように、其々別のブレッドボード上に置けば、LANケーブルが長くモジュラージャックが離れた場所にあってもチェックができる。
僕がチェックした問題のあるLANケーブル(ストレートタイプ)では、4,5番のLEDが同時点灯し、6番のLEDが消えるという表示になった。市販品のLANケーブルでは、LEDが順番に点灯して行き、そのような表示にはならなかった。


使った部品など

 下記2),3)は手持ちの中に無かったため、Amazonで購入。 その他は、保有品の中から活用
1)Arduino NANO x1個
4)抵抗100Ω 1/4W  x8個
5)LED x8個
6)ジャンパーケーブル
7)ブレッドボード
8)検査用のLANストレートケーブル

Img_20180521_175021 Img_20180521_174957















参考にしたブログなど
  僕は、ブレッドボードの中で完結させたかったので、Arduino NANOを使い、抵抗値は、保有品の中から適当なものを選んだ。
  スケッチは、ほぼそのまま利用させて戴いたが、このブログは自分のメモでもあるので、添付しておく。

《スケッチ》
#define VERBOSE

char straight[8] = {2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
char cross[8] = {4, 7, 2, 5, 6, 3, 8, 9};

void setup() {
  pinMode(2, OUTPUT);
  pinMode(3, OUTPUT);
  pinMode(4, OUTPUT);
  pinMode(5, OUTPUT);
  pinMode(6, OUTPUT);
  pinMode(7, OUTPUT);
  pinMode(8, OUTPUT);
  pinMode(9, OUTPUT);
  pinMode(12, INPUT); // Straight (normal) cable or cross cable
  pinMode(13, OUTPUT); // Control LED
#ifdef VERBOSE
  Serial.begin(9600);
#endif
}

void loop() {
  if (digitalRead(12) == LOW) { // Cross cable
#ifdef VERBOSE
    Serial.println("Cross cable");
#endif
    for (char n = 0;n < 8;n++) {
#ifdef VERBOSE
      Serial.print(n+1, DEC);
      Serial.print(": line ");
      Serial.print(cross[n]-1, DEC);
      Serial.print(" (pin ");
      Serial.print(cross[n], DEC);
      Serial.println(")");
#endif
      PulseOut(cross[n], 1000);
      PulseOut(13, 50);
    }
  } else { // Straight (normal) cable
#ifdef VERBOSE
    Serial.println("Straight cable");
#endif
    for (char n = 0;n < 8;n++) {
 #ifdef VERBOSE
      Serial.print(n+1, DEC);
      Serial.print(": line ");
      Serial.print(straight[n]-1, DEC);
      Serial.print(" (pin ");
      Serial.print(straight[n], DEC);
      Serial.println(")");
#endif
      PulseOut(straight[n], 1000);
      PulseOut(13, 50);
    }
  }
}

void PulseOut(char pin, int ms)
{
  digitalWrite(pin, HIGH);
  delay(ms);
  digitalWrite(pin, LOW);
}

05/09/2018

YHDC SCT-013-000 CT とArduinoで家庭内の電流を測定する

YHDC 非侵襲性AC電流センサSCT-013-000 CT  とArduinoを使って、電力量を測定する。(非侵襲性AC電流センサ は、Amazon(Hommy販売から @465円で購入))

参考にしたブログとスケッチ
1) Current monitoring with non-invasive sensor and arduino
2) SCT-013 – Sensor de Corrente Alternada com Arduino
3) openenergymonitor/EmonLib

YHDC SCT-013-000 CTの電流範囲は0〜100 Aです。
  VRefは、アナログ基準電圧で、ここでは、VRef = 5V

  Cmaxは、ADCの分解能で、ここでは、Cmax = 1024

  Rtは、電圧変換器比で、部品仕様から下記のように計算される。
     Rt = 100 A  ÷ 50 mA = 2000


  測定電流値 I = √2 * i(rms_current)= 1.414 * 100A = 141.4A

  センサーに流れる電流値 i は、次式で計算される。
       i =
測定電流値 I ÷ 電圧変換器比 Rt
        = 141.1A  ÷ 2000
         = 0.0707A


Arduinoは、電圧(0V〜5V)しか扱えないため、この電流を許容電圧に変換する必要がある。そのため、回路に負荷抵抗Rを追加する。

  電流は、0を中心に変動するので、
  センサ最大電圧は、Max_accepted_voltage(=5V) / 2 = 2.5V とすると、

       Rb(負荷抵抗)= U(センサ電圧)/ I(センサ電流)= 2.5V / 0.0707A =35.4Ω
  理想的な負荷抵抗Rb は 35.4Ωだが、そのような抵抗は無いので、
  33Ω(実際に使った抵抗の測定値は、テスターで計測した 32.8Ω)の抵抗を使用した。
図中、2個の抵抗(10kΩは、エネルギー消費を避けるため)、コンデンサ(10μF)は、交流電流が抵抗をバイパスする代替パス。

プログラム中に見られる数字は、
  counts = センサ入力ピンの電圧(=センサを通る二次電流×負荷抵抗値Rb) ÷ VRef × Cmax
 
  Isupply = counts ÷ ADCの分解能 Cmax × アナログ基準電圧VRef× 電流校正定数
      = Irms (←スケッチでの表示)
 
  ここに、電流校正定数 = Rt ÷ Rb
 
  YHDC SCT-013-000 CT センサと、テスターで計測した負荷抵抗を使い、
     電流校正定数 = Rt ÷ Rb
                = 2000 ÷ 32.8Ω = 60.976

計算は、オープンライブラリーの EnergyMonitor emon1 を利用したので、上記計算はそのライブラリーを使うための定数の理解と計算するためのステップである。

使った部品を含め、計測誤差の大きい回路構成なので、計測電流が流れていない時も0.3Aほどの電流が流れていると表示する。電流値がある値以下の場合には、スケッチの中にある様に、ゼロと表示するようにもできるが・・・。部品は安価に入手できるので、自宅で使っている電気(電流)の傾向を見るのには良いかもしれない。

《Fritzingと写真》
Sct013fritzing Img_20180417_200519SCT013のFritzingパーツがWeb上に見つからないので、僕はInkscapeの機能を使って、Fritzingに貼り付けられるよう、左図にある部品図を作った。この時参考にしたのは、Youtubeの『Fritzing Part Creation - Chapter9 - Using Photo and PDF』である。


《スケッチ》
// Current sensor SCT013-100A/50mA
#include "EmonLib.h"
#include <Wire.h>
#include <U8glib.h>

EnergyMonitor emon1;

//Oled表示設定
U8GLIB_SSD1306_128X64 u8g(U8G_I2C_OPT_NONE);

String str;
int characterlen;
double Irms = 0;  // the current measured

void draw()
{
  //ディスプレイのグラフィックスコマンドはここに配置する
  u8g.drawRFrame(0, 16, 128, 48, 4);
  u8g.drawRFrame(0, 0, 128, 16, 4);
  u8g.setFont(u8g_font_8x13B);
  u8g.setColorIndex(0);
  u8g.setColorIndex(1);
  u8g.drawStr( 40, 13, "Current");
  u8g.drawStr( 103, 60, "[A]");
  u8g.setFont(u8g_font_fur25);
  str = String(Irms);
  characterlen = str.length();
  u8g.setPrintPos(60 - (characterlen * 10), 53);
  u8g.print(Irms,3);
}

void setup(void)
{
  Serial.begin(9600);
  Serial.println("Current measurements value by SCT013"); 
  Serial.println("");
  Serial.println("");
  
// Theoretical CT Sensor Calibration = CT Ratio / Burden resistance
// ⇒ (100A / 0.05A) / 32.8 Ohms = 60.976
  emon1.current(1, 60.976);   // Current: inputpin No, calibration
    
  if ( u8g.getMode() == U8G_MODE_R3G3B2 ) {
    u8g.setColorIndex(255);     // white
  }
  else if ( u8g.getMode() == U8G_MODE_GRAY2BIT ) {
    u8g.setColorIndex(3);         // max intensity
  }
  else if ( u8g.getMode() == U8G_MODE_BW ) {
    u8g.setColorIndex(1);         // pixel on
  }
  else if ( u8g.getMode() == U8G_MODE_HICOLOR ) {
    u8g.setHiColorByRGB(255, 255, 255);
  }
}

void loop(void)
{
  Irms = emon1.calcIrms(1480);  // 1480 is no_of_samples
//  if(Irms < 1.0 ) Irms = Irms -0.3; // 表示誤差分を取り除く見かけの処理
//  if(Irms < 0.20) Irms = 0.0;
  
  Serial.print("  Sensor 1: ");
  Serial.print("  Irms=");
  Serial.print(Irms,3);  // print to the third decimal place
  Serial.print("[A]");
  Serial.print("  Power=");
  Serial.print(Irms*100.0);  // Apparent power (100 is the Voltage)
  Serial.println("[W]");
  
  //画面上で描画ルーチンを呼び出し
  u8g.firstPage();
  do
  {
    draw();
  }
  while ( u8g.nextPage() );
  delay(150);
}

計画:大杉谷から大台ヶ原へ

昨年は計画していただけだったが、2018年の今年、梅雨が始まる前にどうしても行きたいので、もう一度計画を練り直してみることにした。

天気は、日本気象協会の『10日間天気予報』から、適当な日程を調べてみた。
この天気情報から、今月(5月)中に行くのなら、13日週かなぁ(20日の週の天気は未だ分からない)。15~18日なら天気は好天で繋がりそうだ。

前回の計画では、夜行バスで熊野辺りへアクセスする事と考えていたが、睡眠不足の状態で山歩きは辛い年齢になってきた。しかも、夜行バスで行くと『道の駅奥伊勢おおだい』に到着する時刻は、午前5時10分頃で、登山バスの出発時刻10:30までどうやって時間を潰すのか・・・仮眠する場所を探すのも難しいかもしれない・・・

そのため、前日、東京から三重県津市までアクセスし、津の駅前のビジネスホテルで一泊し、翌日ゆっくりと三瀬谷へアクセスする計画が、僕の身体の為には良さそうだ。


《検討》

1)先ず、津駅から三瀬谷までのアクセス
 出発 8:46 津より JR紀勢本線 伊勢市行
     9:35 多気 着 乗換
     9:43 多気より JR紀勢本線 新宮行
 到着 10:14 三瀬谷着

 料金 970円

2)次に、大杉峡谷登山バス(エスパール交通)
 時刻表を確認してみた。
 出発日の3日前までに予約しなければならない。

 「ツアー名:登山口行コース」

  『道の駅奥伊勢おおだい』10:30発。
  『奥伊勢フォレストピア』10:45発(予約がない場合は止まりません)
  『大杉谷登山センター』 トイレ休憩 登山届提出
  『大杉峡谷登山口』12:00到着 
    ツアー料金 1名 2,500円 最少催行人数4名より となっている・・・
    4人以下なら決行できないか・・・という心配はある。

3)大杉谷登山口からのコース
1日目: 歩行時間 5時間30分(ヤマレコより)

  大杉谷登山口→宮川第三発電所→大日嵓→千訪滝休憩所→猪ヶ淵→平等嵓→桃の木小屋(1泊:翌日の弁当を注文)

 2日目: 歩行時間 6時間40分(ヤマレコより)

 桃の木小屋→庄野ヶ浜→光滝→堂倉小屋→大台ヶ原山(1695m)→展望台分岐→大台ヶ原駐車場

4)大台ヶ原発 大和上市駅行バス(奈良交通バス)

  最終の定期運行バスは、 15:30 (平日、土休日共)となっている。
  大和上市駅到着予定時間は、 平日 17:21、土休日 17:21

5)大和上市駅周辺で夕食を摂るのは難しいかもしれないので、帰宅ルートから考えて、近鉄奈良駅までアクセスすることにする。

  大和上市駅 17:41発→橿原神宮前で京都行きに乗換→大和西大寺で奈良線に乗換→近鉄奈良駅 19:25着  料金は850円

 ここなら、夕食の食事に困ることは無いだろう。

 夕食の前後、駅の北側に銭湯『大西湯』があるので、汗を流してから、夜行バスで帰宅する計画。


町内の『山好きの友人』を誘ってみようかと思うが、駄目なら一人で決行しよう!

« March 2018 | Main | June 2018 »

December 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ