« Arduino NANO, DHT11 を使い、湿度によりPower制御する(その2) | Main | RaspberryPi3での日本語入力 »

02/11/2018

Windows10 ユーザーアカウント制御されるアプリの自動起動方法

毎日定刻にPC(Windows10)を起動させ、その際に、アプリも自動起動させたい。ある設定した時刻になったら、PCをシャットダウンさせるという事をやりたかったのだが、ようやく上手く設定が出来たようなので、忘れないうちにここにメモをしておく。

僕が使っているPCの構成(monitorの仕様、BIOS設定方法など)の問題も有ったように思うので、そのシステムの概要をここに記載しておく。

《追記:2018/02/11》 自動起動させるProgramを変更したので、ここに、その際に行った情報を記載しておく。Program「UC.exe」はアンインストールして、機能が高いと思われる(Security Eyeという名前のソフト)Se.exeに変更してしまった。PCの起動とシャットダウンに関する基本的な部分は残っている所があるので、それを活かしながら変更を行った。後述の部分で、追記したところは
《追》を記載。


PCの概要

 Motherboard: Z97N-WiFi  LGA1150用 Mini-iTX (Gigabyte製)
 CPU: intel Core i5 4590 @3.30GHz BOX(Haswell Refresh)
 Memory: CORSAIR VENGEANCE 16.0GB
 Graphics: 内臓IGFX
 HardDisk: PLEXTOR 
 PC Case: Cooler Master  Elite 130 Cube
 電源: Enermax ELT500AWT  500W仕様
 OS: Windows10 Pro 64bit版

周辺装置

 Monitor: LG FLATRON IPS206T-PN  (DVI接続)
 Keyboard: FILCO Excellio FKB109EXJB
 Mouse: Microsoft  Mobile Optical Mouse (有線)

調べてみると、自動起動はBIOSの「RTCによる電源ON」から行い、シャットダウンは「タスクスケジューラ」から行えば良いらしい。

問題点は、
1)PC起動時にDelキーを押しても、BIOS画面を開くことが出来なかったこと。
2)BIOS画面を開くことが出来るように変更後、PCを起動後に、監視カメラ用アプリが連動して上手く立ち上がらなかったこと。
3)監視カメラ用のアプリは立ち上がったものの、ユーザーアカウント制御のために、アプリがそこで止まってしまうこと。
上記の問題は、下記のように設定して、問題が解消し、監視カメラ用アプリは自動的に起動した。

1)の問題は、僕が使っている自作PCを製作した際に選択したレガッシーBIOSの問題かもしれないし、あるいは、使っているモニターのPCとの接続仕様によるものかもしれない。
しかし、BIOSが表示できないという問題の原因は、どちらなのかを切り分ける事が出来ていない。

1.BIOS画面を表示するために、
 いろいろやっている間に、PCの起動ディスク(C:ドライブ)に余計な書き込みをしてしまい、PCが起動できなくなった。しかし、このような問題は起きてしまうものなので、事前にHDD(D:)の中には起動用のバックアップを作り、DVDにも起動用ディスクを作っておいた。

作業場所の問題があり、周辺機器(モニター、キーボード、マウス)を外して、このPCだけを別の部屋に移動させて設定作業を行った。

 ①PCからSSDを取り外して、別のPCに組み入れ、ここでSSDのパーティションを外し、初期状態にした。
 ②初期状態に戻したSSDを、再び元のPCに組み込み、マザーボード上のCMOSジャンパーピンをショートさせて、データをクリアし、周辺機器を接続して、電源ON。
 ③これで、電源ON直後に「Del」キーを押すことで、BIOS画面に入ることができた。

2.BIOS画面での設定
 BIOS画面を開いて、システム電源を計画的にONにする設定を行う。
 ①Power Management (電力管理) 画面で、Resume by Alarm(アラームで再開する)に入りを有効にして、
  Wake up hour と Wake up minute を設定した。
  僕は、午前4時30分にPCを起動させるようにしたいので、hourの入力は「4」を、minuteの入力は「30」とした。

  毎日同じ時刻に起動なので、Wake up day(開始日) は 「0」のままである。
  また、秒まで拘らないので、Wake up second(秒で起動) も 「0」のままである。

 ②予期せぬ停電などで、AC電源が失われた場合の電源復帰もここで設定しておく。
  僕は、Memory を選択し、AC電源が戻った際に、システムが停電する前の状態と同じ状態となるようにした。
  
 ③キーボードやマウスによる電源ONは不要なので、Disabledを選択した。

 ④「Save & Exit」を選択し、保存して終了! これで、PCの起動設定は出来たはずだ。
  
 ⑤設定の確認のため、ここで行っている他の設定準備が終わり、しばらく時間を置いた後に、
 例えば、10数分後にこのPCが自動起動するように、前述のResume by Alarmの時刻設定を行って、この状態を「Save & Exit」で保存しておくことにする。

 この確認作業が終われば、再びBIOS画面で起動させる時間を設定し直す必要がある。
 忘れないようにしないと・・・。

3.Windows10のパスワードなし起動
 僕は、「Windows 10で起動時のパスワード入力を省略する方法
」のURLを参考にさせていただいた。

4.スタートアップにアプリを登録する
 PCが起動したときに連動して自動起動させたいアプリは、スタートアップに入れれば良いらしい。
 ①アプリをスタートアップに登録するためには、登録するアプリをデスクトップ画面に仮置きする。
 注記)このとき、アプリのプロパティを開き、
  「互換性」のタグをクリックして、一番下にある「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れてはいけない。これを行うと、アプリが起動しなくなる可能性が高い。

 ②Windowsボタンをマウス右クリックし、「ファイル名を指定して実行」メニューを選択する。
 ③開いた窓の中の枠内に 「shell:startup」 と入力し、「OK」をクリックする。

 ④新たに、エクスプローラーのスタートアップフォルダーが表示される。

  これまでに、アプリのスタートアップ登録をしていなければ、このフォルダーの中は空のはずだ。

 ⑤このスタートアップフォルダーに、デスクトップに仮置きしておいたアプリを、ドラックアンドドロップで移動させる。

 ⑥PCを再起動させる。

 この作業が完了すれば、監視カメラ用アプリはPC起動直後に起動するだろうと思っていた。
 アプリは起動したが、起動後『ユーザーアカウント制御(UAC)』という機能が働いて、「このアプリがPCに変更を加えることを許可しますか?」と聞いてくる! ここで「はい」と答える必要がないようにする必要がある。そうしないと、シャットダウンの時刻までアプリは止まったままである。

 それほど単純ではなかった。
まだ他の項目を設定する必要がある。

この課題を解消するためには、

5.まず、タスク スケジューラでタスクを作成する必要がある。
タスクスケジューラの起動は、タスクバーの「検索フォーム」に「task」と打ち込むと、表示される筈。メニューから「タスク スケジューラ」を選んでクリックする。

①画面右側の操作メニューから「タスクの作成・・・」を選び、

②開いた「タスクの作成」の窓の 全般タグ に、名前、説明を記入する。
 僕は、名前に「MotionDetectCamera」と記載し、説明は空欄とした。
 《追》今回はソフトウェアの名前「Security Eye」とし、
 ・ユーザーがログオンしているときのみ実行する・・・ボタンをON
 ・最上位の特権で実行する・・・・・・・・・・・・・にチェックを入れる。
 ・構成の枠内は、・・・・・・・・・・・・・・・・・Windows10を選択する。
 まだOKボタンはクリックしない。 

③操作タグ をクリックし、
 新規をクリックして新しい操作を作る。
 プログラムの開始を選んで、

 プログラム/スクリプト欄 には、
「参照」をクリックして、アプリが格納されている場所(例えば、C:\Program Files(x86)\Security Eye\) からプログラム (Se.exe) を探し場所を確認する。
 そして「C:\Program」とだけ入力する。《追》分割して入力するのだが、それらは内部で結合される。

 また、引数欄には、「Files(x86)\Security Eye\Se.exe」と入力する。
 僕は、開始(オプション)欄に 「/rl highest」と入力した。
 《追》「r」の次の文字は、半角縦線「|」である。

 OKをクリックして戻る。

④トリガータグ をクリックし、
 新規をクリック
 《追》タスクの開始で 「ログオン時」を選択し、
  次に、「特定のユーザーのボタン」を選択し、OKをクリックする。

⑤条件タグ をクリックし、
 入っているチェックをすべて外す。
 《追》「電源」の項目は、全てチェックを入れた。
 設定後、OKをクリックする。

注記)アプリケーションプログラム(ここでは”Se.exe”)は、ID、パスワードの入力無しで起動できるように設定しておくこと。

《追》これでもまだ「最上位の特権で実行する」が選択されているが、未だ『ユーザーアカウント制御(UAC)』で止められてしまう。

6.そのためユーザーアカウント制御の設定を変更する
先ず、モニター画面左下隅タスクバーの「検索フォーム」に「uac」と入力して、

「ユーザーアカウント制御設定の変更」をクリックし、「
ユーザーアカウント制御の設定」窓画面で、4段階の3段階目に設定してOKをクリックする。


7.最後に、PCをシャットダウンする設定を行う。

先程4.で設定したが、タスク スケジューラで、シャットダウン用のタスクを作成する必要がある。
タスク スケジューラの起動は、タスクバーの「検索フォーム」に「task」と打ち込むと、表示される筈。メニューから「タスク スケジューラ」を選んでクリックし起動させる。

①操作のタブをクリックし、今度は「基本タスクの作成」をクリックする。

②名前は、「自動シャットダウン」と付け、次へのボタンをクリックした。

③次の画面タスクトリガーでは、毎日のボタンを選択し、次へをクリックし、
  毎日の 開始時刻を設定する。
    僕は、当日の深夜「23:55:00」に設定し、次へのボタンをクリック。

  《追》タスクスケジューラライブラリーで、左右方向で中央列の上側の画面の中から
     「自動シャットダウン(自分が前回設定したタスク名)」を探し、マウス右クリック、
     メニュー画面からプロパティを選択し、クリックすると、編集画面が表示される。
     編集ボタンをクリックして、
      スケジュールに従うとし、毎日行うタスクの時間を編集する。

④操作の画面では、「プログラムの開始」ボタンを選択し、次へ。

  プログラム/スクリプトには、
   「 shutdown 」
  引数の追加には、
   「 /s /f 」
  と入力し、次へ。

⑤完了画面で、「完了」ボタンをクリックする。

以上で、全ての設定作業が完了したので、PCを再起動、又はシャットダウンした後PCの電源ボタンを押してみる・・・・・アプリは立ち上がったかな?

別のPCで確認した結果 この設定で無事立ち上がった!

アプリプログラムが上手く立ち上がらないので、ここでの設定に問題があるのかと思って色々調べた結果、アプリプログラムには、32bit版と64bit版の2種類があり、PCが64bit OSだったので64bit版のアプリを選んでインストールして確認しようとしていたが、何度やってもアプリの起動がおかしいので、32bit版にインストールし直して確認してみた。
電源ON後、ユーザーアカウント制御(UAC)も表示されずにパスし、アプリ(UC.exe)も起動し、画面表示された。

« Arduino NANO, DHT11 を使い、湿度によりPower制御する(その2) | Main | RaspberryPi3での日本語入力 »

PC and PC troubles」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540128/65913398

Listed below are links to weblogs that reference Windows10 ユーザーアカウント制御されるアプリの自動起動方法:

« Arduino NANO, DHT11 を使い、湿度によりPower制御する(その2) | Main | RaspberryPi3での日本語入力 »

June 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ