« Windows10 ユーザーアカウント制御されるアプリの自動起動方法 | Main | RaspberryPi3 でNode-RED始め方 メモ »

02/27/2018

RaspberryPi3での日本語入力

トランジスタ技術2018年3月号の特集「AI電脳製作」が面白いので、持っているRaspberry Pi3を使って、その特集記事の内容に沿って、いろいろ試してみる事にした。

トラ技の付属基板に部品を実装して、AIセンサ・フュージョンを完成させ、スピーカボックスを作って、ボックスの上にRaspberryPiとAIセンサフュージョン基板を組み合わせた基板を載せて・・・、RaspberryPi3のGPIO拡張コネクタには、電源、スピーカ、HDMIモニタ、USBキーボード、USBマウス、LANケーブルを接続した。

Img_20180211_093414 Img_20180211_095437格好良く「上記のように出来た」と言いたかったところだが、実はトラ技の付属基板用部品キットをネットで購入する際に、選択すべきものを間違えて、部品が装着された完成品を購入してしまった。出費は増えて、自作の楽しみも損なってしまったが、製作する時間が短縮したこともあり、ソフトウェア開発の部分でいろいろ試して楽しむことにし、失敗して落ち込んだ気持ちを前向きに切り替えた。




Img_20180227_111316 Img_20180227_111443 電源は、安価な中国製5V2A仕様のものを使い、電灯線から電力供給するように工作した。
ペーパークラフトでスピーカーボックスを作る方法は、トラ技68-69頁に記載があるが、僕は少々の木材片が手元にあったので、それを活かしてスピーカボックスを作った。
しかし、手持ちの工具だけで木材を大きくくり貫く加工は難しく、あまり綺麗には出来なかった。また、ケース内にRaspberryPi3のシステムを収納したかったが、寸法の見積もりが甘く、オーディオケーブルなどがケースから飛び出してしまった。
ケース等に付いては、今回の経験を活かして、再度、もう少し見栄えの良いものにしたいと思っている。

トラ技に書かれた順に作業を進め、110頁辺りまで進めてみたが、日本語入力(ローマ字漢字変換)が上手くいかず、日本語文字が入力出来ないので中断。

それで、RaspberryPi3に、Raspbian Stretch をインストールして、先ず日本語入力は出来るようにするための手順を、下記のように確認したので書留めておく。

RaspberryPi3に僕が繋いだ周辺機器は、英語配列のUSBキーボード(ARCHISS RETRO AS-KBPD04/TBK)、USB有線マウス(MO-VET-WDLOBK-01EI001337)

《 手順 》
1)Raspbiaは日本のMirrorからdownloadするのがスピードが早い。下記の日本のサイトの何処かから、最新のRaspbianを選んでDownloadしておく。

MIRROR DEB/DEB-SRC ADDRESS
JAIST http://ftp.jaist.ac.jp/raspbian
(http|rsync)://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/raspbian-archive/raspbian
WIDE Project Tsukuba NOC http://ftp.tsukuba.wide.ad.jp/Linux/raspbian/raspbian/
rsync://ftp.tsukuba.wide.ad.jp/raspbian/raspbian/
Yamagata University http://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/linux/raspbian/raspbian/

自分のPCの、何処か適当な場所にダウンロードしたら、7-Zipなどで展開し、Raspbianの imgファイル(ディスクイメージファイル)を準備しておく。

2)次に、
MicroSDカード8GB以上の容量のものを、SDFormatterでフォーマット

3)
Win32DiskImagerを使ってmicroSDカードにimgを書き込む。microSDカードの残り容量部分は何も処理はしない。
Win32diskimage_raspbian





4)RaspberryPi3に3)のmicroSDカードを挿入し、
HDMIモニタ、USBキーボード、USBマウス、LANケーブルを接続し、電源を入れて起動する。

5)起動直後の画面
Img_20180227_150424 Img_20180227_150454・画面左は、起動直後の画面
・画面右は、LX Terminalを起動させたところ







6)Raspi-configの設定
  $ sudo raspi-config
  ①先ず、セキュリティ確保の為、Passwordを変更しておくのがよい
Img_20180227_151535

  







 ②次に、
    
言語の設定
   4 Localization Options を選択 ⇒ <Select>⇒「
I1 Change Locale 」を選択
Img_20180227_151702 Img_20180227_152222








Img_20180227_152338 Img_20180227_152802次に、
ja_JP.ECU-JP ECU-JP
ja_JP.UTF-8 UTF-8
を選んで、次の画面では以降の設定で文字化けを避けるために、
en_GB.UTF-8   を選択しておく。




  ③タイムゾーンの設定
Img_20180227_153640 Img_20180227_153700 Img_20180227_153853

ここで左のように設定して於いた筈なのに、後の確認では設定が変わっていない・・・(OKボタンを押すのを忘れたか?)




  ④キーボードの設定
Img_20180227_153944 Img_20180227_154007 Img_20180227_154103








Img_20180227_154128 Img_20180227_154151 Img_20180227_154209









7)日本語化

  ①日本語フォントのインストール
  $ sudo apt-get install ttf-kochi-gothic xfonts-intl-japanese xfonts-intl-japanese-big xfonts-kaname

Img_20180227_154506 Img_20180227_154535 Img_20180227_154602








 ②日本語入力の設定
   ここでは、Mozc(Google日本語入力のオープンソース版)をインストールすることにした。
   $ sudo apt-get install fcitx-mozc
Img_20180227_154755 Img_20180227_154810 Img_20180227_155207




ここで、reboot する事。


 リブートした後、
 ③入力切替の設定で
Img_20180227_160007画面の右上のキーボードアイコンを右クリックしてメニューを表示させて、configureを選んでクリック、







Global Configを開いて、漢字変換時の入/退 時のキー設定を登録する。
左側の「Ctrl+Space」は、それでいいので、右側の「Empty」を
「Ctrl+Space」に設定する。

Img_20180227_160524 Img_20180227_160545 Img_20180227_160556








ここで、Input Method も確認してみると・・・
Img_20180227_180314 Img_20180227_180328左の画面で「OKボタン」をクリックすると、








Img_20180227_180357ここで「Yes」をクリックして、








Img_20180227_180415fcitx のボタンをONにして、「OK」をクリックしたあと、
この画面を閉じて、







ここで、もう一度画面右上のキーボードアイコン右クリックメニューから「Configure」をクリックして・・・(先ほど、確認しておけばよかったのかもしれないが)

Locale関連設定を日本にしておかないといけないので、・・・ 設定画面を開くと英国(GB)なっているので修正する。既に設定していた筈なのに、確定させるのを忘れたのかも・・・
Img_20180227_180542 Img_20180227_182646 Img_20180227_182707









Timezone(Asia,Tokyo)、Keyboard(僕が使用しているのはUS仕様のキーボード)、WiFi Country(JP Japan)についても開いてみて、要すれば修正する。
Img_20180227_182732 Img_20180227_182819 Img_20180227_182850









入力・修正が終わったら、「Restart」する。

Reatartによって、メニューも日本語表示になっている筈だ。
画面右上のキーボードアイコンをマウスで右クリックし、メニューから「設定」を選んでクリックし、入力メソッドの設定画面を表示させる。

入力メソッドの設定画面の左下の「+」をクリックすると「入力メソッドの追加」画面が表示され、その中に『Mozc』があるので、これを選択して入力メソッド中に追加してやる。
英語(半角英数入力)のコマンドを打ち込み、途中で日本語入力『Mozc』に切り替える場合には、この通りの順に配置する必要が有る。逆の順で配置すると、日本語入力が先行するので、使いづらくなる。ご注意!

Img_20180227_202742 Img_20180227_202800 Img_20180227_202810 Img_20180227_202821







アクセサリから「Text Editor」を開いて、文字入力画面で「Ctrl+Space」と操作すると、日本語文字入力になる。
Img_20180227_202852 Img_20180227_202936








以上で日本語変換の設定は終了。

《注意点》その後、Node-REDを楽しんでいて、何かを「やっちまった」らしく元の状態に復帰できなくなったので、再度インストールすることにした。ところが、上記に書いたように、英語キーボード設定で何度行っても「2」のシフトで「@」キーが打てない。
原因は、キーボードのミス設定なので、再度キーボードを設定する。
1)sudo raspi-config
設定画面が開いたら、
2)4  Localization Options  を選択

3)次の画面で
  I3  Change Keyboard Layout を選択
4)キーボードは、英語キーボードなので、
  Generic-key PC  を選択 <OK>
5)Keyboard layout は、
  English(US)   を選択(これ以外に余計なことが記載されていないものを選ぶ)
6)次の選択では、Altキーがスペースキーの両側にあるタイプなので、
  Both Alt key  を選択
7)次のメニューでは
  キーにCaps Lock があるので、
  Caps Lock  を選択 
8)Control + Alt + Backspace でXサーバーを閉じられるように <Yes> を選択
9)最初のメニュー画面に戻ったので、<Finish>を選択して終了する。
以上でキーボードの設定は終了。

の筈なのに、rebootすると、キーボードは英国(EU)になっている????? なぜ?

画面の右上のキーボードアイコンをマウスで右
クリックして、メニューの中から
Conigure Current Input Method  を選択し、クリックする。

開いた窓の一番上には Keyboard - English (UK)  が居座っていて、変更しても変わらないことがわかった。
①そのため、
Keyboard - English (UK)  をハイライト選択して、この窓の一番下の「ー(マイナス)」ボタンをクリックして削除し、
②次に「+(プラス)」ボタンをクリックして、
Keyboard - English (US) を探して「OK」ボタンをクリックして窓の中に追加する。
③追加しただけでは、Mozc(日本語選択)の下側に位置するので、上向きの矢印キーを使って Keyboard - English (US) を一番上にする。
④窓の右上の「x」をクリックして、これで設定終了。

« Windows10 ユーザーアカウント制御されるアプリの自動起動方法 | Main | RaspberryPi3 でNode-RED始め方 メモ »

PC and PC troubles」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540128/66439940

Listed below are links to weblogs that reference RaspberryPi3での日本語入力:

« Windows10 ユーザーアカウント制御されるアプリの自動起動方法 | Main | RaspberryPi3 でNode-RED始め方 メモ »

September 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ