« カリンのエキスジャム | Main | Bluetooth modules(HC-05、HC-06)のPairing設定 »

12/04/2017

HC-06 Bluetooth module のATコマンド

HC-05のATコマンドモードは、HC-05のプッシュボタンを押しながらArduinoの電源を入れれば、ATモードになり、それをLEDの点滅間隔で確認することができるが、HC-06にはHC-05のようなプッシュボタンが無いので、ATモード動作をどうやって行い、確認することが出来るのか?
調べてみると、「AT Command Mode of HC-05 and HC-06 Bluetooth Module by sayem2603 in wireless」に記載があった。要約したものをメモしておく。

《HC-06とHC-05の違い等について》

 ①HC05は、マスターとスレーブの両方として機能し、HC-06は、
常にスレーブに設定されていて、スレーブとしてのみ機能する。

 ② HC-06モジュールは、他のデバイスとペアリング設定されていない場合は、常にATモードになっている。したがって、HC-05のようにATモードになっていることを確認する点滅は無い。モジュールの電源を入れると、即ATコマンドモードになっている。HC-06のデフォルト設定内容を変更するには、ATコマンドを渡せば設定を変更できる。
下記にHC-06用にスケッチを書いてみると・・・
 【HC-06用のスケッチ】

// Basic Bluetooth sketch HC-06
// HC-06 モジュールと繋いで、シリアルモニタを使った通信用スケッチ
//
// HC-06 を電源ONした直後のデフォルト値と注意点は、
//   電源ON直後は ATモード(LEDの点滅とは関係なし)
//  ボーレートは 9600
//  NL+CR をコマンドに追加しない事
//   コマンドは、ATに続けて打ち込めばよい(例:AT+VERSION )
//
#include <SoftwareSerial.h>
  SoftwareSerial BTserial(2, 3); // RX | TX
// HC-06 の TX は、Arduino の RX pin2(D2)に接続する。 
// HC-06 の RX は、Arduino の TX 分電圧をして pin3(D3)に接続する。
// 
void setup() 
{
    Serial.begin(9600);
    Serial.println("AT コマンド入力 :");
// HC-06 のデフォルトでのシリアル速度は、9600
    BTserial.begin(9600);
}
void loop()
{
// HC-06 からコマンドを読み続けて、Arduino のシリアルモニタに通信する
    if (BTserial.available())
    {  
        Serial.write(BTserial.read());
    }
 
    // Arduino のシリアルモニタからのデータを読み続け、HC-06に通信する
    if (Serial.available())
    {
        BTserial.write(Serial.read());
    }
}


 ③HC-06では、ATコマンド入力の終了文字を待たず、1秒後に入力した文字に応じて動作する。したがって、1秒以内にコマンド入力を完了できない場合は、入力が無視される。
また、入力した文字のフィードバック出力も無い。このため、AT以外のATコマンドが無視されたかのように振る舞うことになる。そのため、IDE標準のシリアルモニタではなく、「Tera Term」等、別のモニタを使い、必要なATコマンドをエディタで編集して作成したものをコピーし、モニタの入力部分に貼り付けるの
が良いらしい。

  例えば、
  「
AT+VERSION」をマウスの右クリックメニューからコピーし、Tera Termに貼り付ければ、+Version:<version number>として表示されるはず。

 ④HC-06は、③の動作をするため、
複数の文字のバッチ送信を可能にする端末ソフトウェア(Tera Term等)を使用する必要がある。

 ⑤arduinoシリアルモニタで、 "AT"(引用符なし)で「Enterキー」を押すと、 "OK"が表示されATモードを確認出来る。しかし、HC-05と異なり、デフォルトの名前やボーレートは表示されない。出来るのは、それらを変更することだけ。

 ⑥HC-06で使用できるATコマンドには制限があるので、HC-05よりも少ないらしい。
  ・AT
  ・AT+NAME
  ・AT+BAUD
  ・AT+PIN
  ・AT+VERSION
  ・AT+UART
  など

 ⑦また、HC-06のコマンド入力では、HC-05とは違って、デフォルトの名前やボーレートは表示されないが、それを変更する事は出来る。
  ・名前を「PROTOTYPE」に変更する場合には、
   AT+NAMEPROTOTYPE  と記載すること。NAMEとPROTOTYPEの間にはスペースを入れないこと。

  ・ボーレートを変更するには、 AT+BAUDX  と記載すること。
   ここで、X は 1から8迄の数値をとることができる。
    1 --
> 1200bps
    2 --> 2400bps
    3 --> 4800bps
    4 --> 9600bps
    5 --> 19200bps
    6 --> 38400bps
    7 --> 57600bps
    8 --> 115200bps

   もし、38400bpsに設定したければ、 
AT+BAUD6  とすればよい。 

  因みに、ATコマンドに対して HC-06の応答は、このようになる・・・

    ATコマンド    HC-06の応答
    AT                     ->  OK
    AT+VERSION   ->    OKLinvorV1.8
    AT+BAUD4       ->    OK9600
    AT+PIN1234     ->    OK1234

« カリンのエキスジャム | Main | Bluetooth modules(HC-05、HC-06)のPairing設定 »

Arduino」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference HC-06 Bluetooth module のATコマンド:

« カリンのエキスジャム | Main | Bluetooth modules(HC-05、HC-06)のPairing設定 »

August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ