« 大清水から尾瀬・燧ケ岳 日帰り登山 | Main | ロボットカーを作ろう・・・ 先ず外装部分を作ってみる »

10/14/2017

Windows10 ユーザーアカウント制御されるアプリの自動起動方法

毎日定刻にPC(Windows10)を起動させ、その際に、アプリも自動起動させたい。ある設定した時刻になったら、PCをシャットダウンさせるという事をやりたかったのだが、ようやく上手く設定が出来たようなので、忘れないうちにここにメモをしておく。

僕が使っているPCの構成(monitorの仕様、BIOS設定方法など)の問題も有ったように思うので、そのシステムの概要をここに記載しておく。

PCの概要

 Motherboard: Z97N-WiFi  LGA1150用 Mini-iTX (Gigabyte製)
 CPU: intel Core i5 4590 @3.30GHz BOX(Haswell Refresh)
 Memory: CORSAIR VENGEANCE 16.0GB
 Graphics: 内臓IGFX
 HardDisk: PLEXTOR 
 PC Case: Cooler Master  Elite 130 Cube
 電源: Enermax ELT500AWT  500W仕様
 OS: Windows10 Pro 64bit版

周辺装置

 Monitor: LG FLATRON IPS206T-PN  (DVI接続)
 Keyboard: FILCO Excellio FKB109EXJB
 Mouse: Microsoft  Mobile Optical Mouse (有線)

調べてみると、自動起動はBIOSの「RTCによる電源ON」から行い、シャットダウンは「タスクスケジューラ」から行えば良いらしい。

問題点は、
1)PC起動時にDelキーを押しても、BIOS画面を開くことが出来なかったこと。
2)BIOS画面を開くことが出来るように変更後、PCを起動後に、監視カメラ用アプリが連動して上手く立ち上がらなかったこと。
3)監視カメラ用のアプリは立ち上がったものの、ユーザーアカウント制御のために、アプリがそこで止まってしまうこと。
上記の問題は、下記のように設定して、問題が解消し、監視カメラ用アプリは自動的に起動した。

1)の問題は、僕が使っている自作PCを製作した際に選択したレガッシーBIOSの問題かもしれないし、あるいは、使っているモニターのPCとの接続仕様によるものかもしれない。
しかし、BIOSが表示できないという問題の原因は、どちらなのかを切り分ける事が出来ていない。

1.BIOS画面を表示するために、
 いろいろやっている間に、PCの起動ディスク(C:ドライブ)に余計な書き込みをしてしまい、PCが起動できなくなった。しかし、このような問題は起きてしまうものなので、事前にHDD(D:)の中には起動用のバックアップを作り、DVDにも起動用ディスクを作っておいた。

作業場所の問題があり、周辺機器(モニター、キーボード、マウス)を外して、このPCだけを別の部屋に移動させて設定作業を行った。

 ①PCからSSDを取り外して、別のPCに組み入れ、ここでSSDのパーティションを外し、初期状態にした。
 ②初期状態に戻したSSDを、再び元のPCに組み込み、マザーボード上のCMOSジャンパーピンをショートさせて、データをクリアし、周辺機器を接続して、電源ON。
 ③これで、電源ON直後に「Del」キーを押すことで、BIOS画面に入ることができた。

2.BIOS画面での設定
 BIOS画面を開いて、システム電源を計画的にONにする設定を行う。
 ①Power Management (電力管理) 画面で、Resume by Alarmに入り、
  Wake up hour と Wake up minute を設定した。
  僕は、午前4時30分にPCを起動させるようにしたいので、hourの入力は「4」を、minuteの入力は「30」とした。

  毎日同じ時刻に起動なので、Wake up day は 「0」のままである。
  また、秒まで拘らないので、Wake up second も 「0」のままである。

 ②予期せぬ停電などで、AC電源が失われた場合の電源復帰もここで設定しておく。
  僕は、Memory を選択し、AC電源が戻った際に、システムが停電する前の状態と同じ状態となるようにした。
  
 ③キーボードやマウスによる電源ONは不要なので、Disabledを選択した。

 ④「Save & Exit」を選択し、保存して終了! これで、PCの起動設定は出来たはずだ。
  
 ⑤設定の確認のため、ここで行っている他の設定準備が終わり、しばらく時間を置いた後に、
 例えば、10数分後にこのPCが自動起動するように、前述のResume by Alarmの時刻設定を行って、この状態を「Save & Exit」で保存しておくことにする。

 この確認作業が終われば、再びBIOS画面で起動させる時間を設定し直す必要がある。
 忘れないようにしないと・・・。

3.Windows10のパスワードなし起動
 僕は、「Windows 10で起動時のパスワード入力を省略する方法
」のURLを参考にさせていただいた。

4.スタートアップにアプリを登録する
 PCが起動したときに連動して自動起動させたいアプリは、スタートアップに入れれば良いらしい。
 ①アプリをスタートアップに登録するためには、登録するアプリをデスクトップ画面に仮置きする。
 注記)このとき、アプリのプロパティを開き、
  「互換性」のタグをクリックして、一番下にある「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れてはいけない。これを行うと、アプリが起動しなくなる可能性が高い。

 ②Windowsボタンをマウス右クリックし、「ファイル名を指定して実行」メニューを選択する。
 ③開いた窓の中の枠内に 「shell:startup」 と入力し、「OK」をクリックする。

 ④新たに、エクスプローラーのスタートアップフォルダーが表示される。

  これまでに、アプリのスタートアップ登録をしていなければ、このフォルダーの中は空のはずだ。

 ⑤このスタートアップフォルダーに、デスクトップに仮置きしておいたアプリを、ドラックアンドドロップで移動させる。

 ⑥PCを再起動させる。

 この作業が完了すれば、監視カメラ用アプリはPC起動直後に起動するだろうと思っていた。
 アプリは起動したが、起動後『ユーザーアカウント制御(UAC)』という機能が働いて、「このアプリがPCに変更を加えることを許可しますか?」と聞いてくる! ここで「はい」と答える必要がないようにする必要がある。そうしないと、シャットダウンの時刻までアプリは止まったままである。

 それほど単純ではなかった。
まだ他の項目を設定する必要がある。

この課題を解消するためには、

5.まず、タスク スケジューラでタスクを作成する必要がある。
タスクスケジューラの起動は、タスクバーの「検索フォーム」に「task」と打ち込むと、表示される筈。メニューから「タスク スケジューラ」を選んでクリックする。

①画面右側の操作メニューから「タスクの作成・・・」を選び、

②開いた「タスクの作成」の窓の 全般タグ に、名前、説明を記入する。
 僕は、名前に「MotionDetectCamera」と記載し、説明は空欄とした。
 ・ユーザーがログオンしているときのみ実行する・・・ボタンをON
 ・最上位の特権で実行する・・・・・・・・・・・・・にチェックを入れる。
 ・構成の枠内は、・・・・・・・・・・・・・・・・・Windows10を選択する。
 まだOKボタンはクリックしない。 

③操作タグ をクリックし、
 新規をクリックして新しい操作を作る。
 プログラムの開始を選んで、

 プログラム/スクリプト欄 には、
「参照」をクリックして、アプリが格納されている場所(例えば、C:\Program Files(x86)\UC\) からプログラム (UC.exe) を探し場所を確認する。
 そして「C:\Program」とだけ入力する。

 また、引数欄には、「Files(x86)\UC\UC.exe」と入力する。
 僕は、開始(オプション)欄に 「/rl highest」と入力した。

 OKをクリックして戻る。

④トリガータグ をクリックし、
 新規をクリック ⇒ 特定のユーザーのボタンを選択する。
 OKをクリックする。

⑤条件タグ をクリックし、
 入っているチェックをすべて外す。
 設定後、OKをクリックする。

注記)アプリケーションプログラム(ここでは”UC.exe”)は、ID、パスワードの入力無しで起動できるように設定しておくこと。

これでもまだ「最上位の特権で実行する」が選択されているが、未だ『ユーザーアカウント制御(UAC)』で止められてしまう。

6.そのためユーザーアカウント制御の設定を変更する
先ず、モニター画面左下隅タスクバーの「検索フォーム」に「uac」と入力して、

「ユーザーアカウント制御設定の変更」をクリックし、「
ユーザーアカウント制御の設定」窓画面で、4段階の3段階目に設定してOKをクリックする。


7.最後に、PCをシャットダウンする設定を行う。

先程4.で設定したが、タスク スケジューラで、シャットダウン用のタスクを作成する必要がある。
タスク スケジューラの起動は、タスクバーの「検索フォーム」に「task」と打ち込むと、表示される筈。メニューから「タスク スケジューラ」を選んでクリックし起動させる。

①操作のタブをクリックし、今度は「基本タスクの作成」をクリックする。

②名前は、「自動シャットダウン」と付け、次へのボタンをクリックした。

③次の画面タスクトリガーでは、毎日のボタンを選択し、次へをクリックし、
  毎日の 開始時刻を設定する。
    僕は、当日の深夜「23:55:00」に設定し、次へのボタンをクリック。

④操作の画面では、「プログラムの開始」ボタンを選択し、次へ。

  プログラム/スクリプトには、
   「 shutdown 」
  引数の追加には、
   「 /s /f 」
  と入力し、次へ。

⑤完了画面で、「完了」ボタンをクリックする。

以上で、全ての設定作業が完了したので、PCを再起動、又はシャットダウンした後PCの電源ボタンを押してみる・・・・・アプリは立ち上がったかな?

別のPCで確認した結果 この設定で無事立ち上がった!

アプリプログラムが上手く立ち上がらないので、ここでの設定に問題があるのかと思って色々調べた結果、アプリプログラムには、32bit版と64bit版の2種類があり、PCが64bit OSだったので64bit版のアプリを選んでインストールして確認しようとしていたが、何度やってもアプリの起動がおかしいので、32bit版にインストールし直して確認してみた。
電源ON後、ユーザーアカウント制御(UAC)も表示されずにパスし、アプリ(UC.exe)も起動し、画面表示された。

« 大清水から尾瀬・燧ケ岳 日帰り登山 | Main | ロボットカーを作ろう・・・ 先ず外装部分を作ってみる »

PC and PC troubles」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540128/65913398

Listed below are links to weblogs that reference Windows10 ユーザーアカウント制御されるアプリの自動起動方法:

« 大清水から尾瀬・燧ケ岳 日帰り登山 | Main | ロボットカーを作ろう・・・ 先ず外装部分を作ってみる »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ