« Arduino を使ってexercise の音楽と時間管理をしたい | Main | 関東から八甲田山と岩手山を歩きに行くプラン »

08/30/2017

プリアンプC-2aの冷却

オーディオ・プリアンプC-2aの天板が、夏季は特に高温になるので、冷却するのに良いものは無いかと探していた。ノートPC用の冷却ファンを天地逆にしてC-2aに乗せれば、上手く冷却してくれそうなものを見つけたので、やってみた。
僕が購入したのは、『BESTEK ノートパソコン 冷却台 冷却ファン搭載 ノートPC用クーラー 11.6~17インチ対応 BTCPN2BK
』 Amazonで1580円(配送無料)。

ファン音も極めて静かなので、音楽を聴くときの邪魔にならない。

Img_20170830_094808画面背面からこちら側に風を吹かせるノートPC用の冷却ファン。
上面(画面)側には、ノートPCを置いても風が抜けていくように、多くの溝が作られている。
Amazonの紹介記事では、ファンの駆動方法は液圧駆動とある・・・。

サイズ:38×28×3cm
重量:約720g、素材:ABS、作動電圧;DC 3.5~5.0V、
作動電流:<5.0mA 、ファンのサイズ:φ16cm(二つ) 、
ファンの回転スピード:800±200 RPM 、付属品:USBケーブル



Img_20170830_094840 これが、冷却ファンの裏面側で、空気を取り入れ口側になる。C-2aの上面に この形で載せる。

この面から空気を取り入れて、裏面側に風を吹き出す。
風の強さは、それほど強くない。
写真の装置手前側に、電源スイッチ、パイロットランプとUSBケーブルの差込口が2箇所設けられている。
添付のUSBケーブルの長さは50cmほどしか無いので、僕はUSBの差込口をラック後面側にした。



Img_20170830_101208_3

ラック内のプリアンプC-2aの上に乗せようとしているところ。
ラックの上下間隔が30mmほどと狭いため、風が周るだろうか・・・少し心配ではある。因みに、このファンの厚みも30mm。







Img_20170830_172116
C-2aの温度をもう少し下げるために、ファンの風量がもう少し欲しいなぁと思って、裏ブタを明けてみたが、USBからの5Vでドライブしているだけだった・・・残念!






.


Unnamed_1_2 HiLetgo 2A DC-DC ブーストステップアップ 転換モジュール Micro USB 2V-24V to 5V-28V 9V 12V 24V を購入した。中国から約6日間で到着した!早速これに組み込んで電圧を少し上げてみることにした。
オリジナルの基板の回路図を読んで、基板の一部をカットした。
そこに、下図のように配線を半田付けして、テスターを見ながら可変抵抗のネジを回して出力電圧を7Vに設定した。(5V入力に対して、初期設定は14Vになっていた。)




Img_20170906_170401_3Img_20170906_175625_2 Img_20170906_202835



« Arduino を使ってexercise の音楽と時間管理をしたい | Main | 関東から八甲田山と岩手山を歩きに行くプラン »

Audio」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference プリアンプC-2aの冷却:

« Arduino を使ってexercise の音楽と時間管理をしたい | Main | 関東から八甲田山と岩手山を歩きに行くプラン »

July 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ