« April 2017 | Main | June 2017 »

May 2017

05/27/2017

肩を温める USB電源(5V)を使った自作ヒーター

Img_20170527_071241 50肩になってしまった。就寝中に肩が冷えると痛みが増す。肩部を温めるための何かいい方法は無いものかと探していたが、そのようなものは、意外に見つからない。別の電子工作のアイデアを探していた時、カメラレンズや鏡筒のための「結露対策ヒーターの作り方」というブログに出会った。
USB(5V)から電源をとり、1mほどの長さのニクロム線に500mAの電流を流してレンズなどを温めるというアイデアになっている。この方法を応用できないか・・・とやってみた。


僕は、Amazonから これに必要な部品①,②を購入
①単位長さ当たりの抵抗値が、参考にしたブログに記載のものと同等レベルのニクロム線 (557円、送料込み)
  ワイヤ径0.4mm、  抵抗値 8.674Ω/m、 AWG26、 15m巻き
  使うのは1mほどの長さなのだが、この単位でしか購入できなかった。

注記)抵抗線は、線径が細くなるほど単位長さ当たりの抵抗値が高くなる。
 用途に応じて線径を決めるのが良い。
  (例) 矢印(⇒)の右側は、10Ωになる抵抗線(ニクロム線)の概略長さ
    0.7mm - 2.93Ω/m ⇒ 341cm
    0.6mm - 4.103Ω/m ⇒ 244cm
    0.5mm - 5.755Ω/m ⇒ 173cm 
    0.4mm - 8.674Ω/m ⇒ 115cm
    0.3mm - 15.42Ω/m ⇒ 65cm
    0.25mm - 22.21Ω/m ⇒ 45cm

②耐熱ガラスチューブ内径1.5mm (@156円+配送料560円)
  1mの長さがこの値段。使うのは1.2mほどになるので、1mでは短い・・・
  不足する長さの分については、僕は細目の熱収縮チューブを使った。
  実は、細い熱収縮チューブも購入し、ニクロム線をその中に入れようとしたが、50cmほど挿入したところから、挿入する抵抗が高くなり、1mのニクロム線を貫通させることは無理そうなので、耐熱ガラスチューブを使うことにした。この問題は透水性がありそうなので、電気の絶縁性能がどうかな・・・と不安である。

 その他、アッセンブリに必要な部品として、熱収縮チューブ、圧着スリーブ、自己融着テープ、USBケーブル、モバイルバッテリー等があるが、身の回りにあるものから、かき集めた。

参考にしたブログにも注意事項が細かく書かれていたが、
私がここに書いているのは私のメモであって、これと同じようなものを作ろうとして、いかなる事故が起きたとしても、私は一切の責任を負いません。自作するに際しての責任は、全てあなたの自己責任になります。

《作り方》

Img_20170526_115611 Img_20170526_120530結露対策ヒーターの作り方」を参考に、5V、500mAでほのかに温かいという仕様にすべく、抵抗線(ニクロム線)の値も市販品から 8.674Ω/m のものを選んで、入手後プラスチックスケールの上に抵抗線を貼り付け、20cm当たりの抵抗値を実測してみた。
抵抗値は 1.7Ωであった。

そのため、抵抗値が10Ωになるように、抵抗線の長さをほぼ 118cmと決めた。

Img_20170526_125638 Img_20170526_132144 Img_20170526_124651 Img_20170526_132550 ニクロム線は、絶縁のない裸状態なので、ショートさせたりする危険性を避けるために、
耐熱ガラスチューブを被せ、ガラスチューブ長さが不足する両端部を細目の熱収縮チューブを被せて、写真のようにニクロム線を被覆した。
バッテリーに繋いでみたが、この状態ではずっと手で握って居られるほど低い温度である。
多分、
耐熱ガラスチューブの効果が高すぎるのかもしれない。しかし、ガラスチューブ表面の温度は時間が経過すれば、内部も外部も同じ状態(平衡状態)になるはずである。

耐熱ガラスチューブを使わず、熱収縮チューブを使って絶縁するという(参考にしたブログと同じ)方法もあるが、細い熱収縮チューブを使うと、0.4mmの径のニクロム線を1mの長さ通すのは至難の業が必要になる。ガラスチューブは接触抵抗が低いので、難なく通すことが出来る。

肩用のサポータにこのニクロム線を縫い付けるのだが、ニクロム線の長さはある程度必要なため、温度を上げるためにニクロム線長さを短縮したくはないので、当初計画通り10Ωを保持する長さのままとした。

Img_20170526_133605 Img_20170526_161449 Img_20170526_161513 USBケーブルの端を開き、圧着スリーブを用いてニクロム線と接続した。この上にも太めの熱収縮チューブを被せ、その後、自己融着テープを用いて絶縁保護とその部分の補強を行った。


《使用の状況》

温かさ : 組込む前に、もう少し細かく詰めれば良かった。温度は低めで、もう少し上げられれば・・・と思う。

ニクロム線の配置間隔をもう少し詰めた方が良さそうに思う。そのためには、ニクロム線の単位長さ当たりの抵抗値をもう少し低いものを使って、扱える線の長さを延ばし配置すればと考えられる。

例えば前述の「線径-単位長さ当たりの抵抗値」を参考に、0.6mmの線径の抵抗線を使えば、10Ωとするには244cmとれる為、今回使った線径0.4mmの線配置の空いた場所に線を配置できる。そのため、面当たりに近づき、より「ほんわか」した温かさを実現できそうだ。

05/14/2017

Arduino用mp3シールドを使い TVリモコンで指定したMP3ファイル再生

Mp3tf16p_controlled_by_tv_ir_remote Img_20170514_112430 MP3-TF-16Pを使って、MP3形式で保存したファイルを、TVリモコンを使って再生する方法。
ブレッドボードを使った回路図は左側、実際に組んだ回路は右側のようになる。



Mp3tf16p_controlled_by_tv_ir_remo_2左は、Fritzingで記載した回路図。


MP3-TF-16Pで使うマイクロSDカードに保存するファイルは、ファイルを保存した順番とファイル(番号)名を合わせておく必要がある。すなわち「0001.mp3」「0002.mp3」・・・「0013.mp3」のように、ファイル(トラック)番号を書かなければいけない。

sketchでは、赤外線受信で受け取ったREGZA TVリモコンの信号を、switch-case制御文を使って条件分岐させて、各条件(ここではTVチャンネル番号)に合わせたmp3音源ファイルを1つだけ再生するようにしている。
(注記)僕が使っている東芝のREGZA TV の赤外線コントローラー信号は、ここで受信したものを使っている。

TVリモコンの10チャンネルを赤外線受信で受け取ると、16進数で「0A」、11チャンネルは「0B」、12チャンネルは「0C」となるので、case分ではその16進数を使う必要があるので、間違えないように・・・。

mp3の音源ファイルを1つ、例えば3番目のファイル(0003.mp3)を演奏するには、case文 0x03 のところに、
  myDFPlayer.play(3); と書けばよい。

また、11番目のファイル(0011.mp3)を演奏する場合には、case文 0x0B のところに、
  
myDFPlayer.play(11); と書けばよい。


《sketch》

/*************************************************************************************** 
MP3-TF-16P(DFPlayer) - A Mini MP3 Player for Arduino controlled by TV-remote
****************************************************************************************/
#include "Arduino.h"
#include <SoftwareSerial.h>
#include "DFRobotDFPlayerMini.h"
#define IR_PIN      2             // 赤外線受信モジュール接続ピン番号
#define DATA_POINT  3             // 受信したデータから読取る内容のデータ位置 東芝REGZA TV
SoftwareSerial mySerial(10,11); // RX, TX
DFRobotDFPlayerMini myDFPlayer;
#include <Wire.h>                 // ライブラリ内部で使用するので定義必要

void setup()
{
    Serial.begin(115200) ;       // パソコン(ArduinoIDE)とシリアル通信の準備を行う
    mySerial.begin(9600);
    pinMode(IR_PIN,INPUT) ;       // 赤外線受信モジュールに接続ピンをデジタル入力に設定

    if (!myDFPlayer.begin(mySerial)) {  // Use softwareSerial to communicate with mp3.
    Serial.println(F("Unable to begin:"));
    Serial.println(F("1.Please recheck the connection!"));
    Serial.println(F("2.Please insert the SD card!"));
    while(true);
  }
  Serial.println(F("MP3-TF-16P(DFPlayer Mini) online."));
  myDFPlayer.volume(25);               //Set volume value. From 0 to 30
  Serial.println("起動しました") ;
}
void loop()
{
    int ans ;
    ans = IRrecive() ;                 // 赤外線リモコンのデータを受信する
        if (ans != 0) {
            Serial.println(ans,HEX) ; // REGZA TV リモコンからデータを受信し番号に準じて発音

            switch(ans) {
            case 0x01: 
                Serial.println("覚悟を決めましょう") ;
                myDFPlayer.play(1);
                break ;
                
            case 0x02:
                Serial.println("神の裁きを") ;
                myDFPlayer.play(2);
                break ;
                
            case 0x03:
                Serial.println("ベートーベンの運命") ;
                myDFPlayer.play(3);
                break ;
                      
            case 0x04:
                Serial.println("運命") ;
                myDFPlayer.play(4);
                break ;
                
            case 0x05:
                Serial.println("スキ有り") ;
                myDFPlayer.play(5);
                break ;
                
            case 0x06:
                Serial.println("悔い改めよ") ;
                myDFPlayer.play(6);
                break ;
                
            case 0x07:
                Serial.println("こいつは厄介そうじゃな") ;
                myDFPlayer.play(7);
                break ;
                
            case 0x08:
                Serial.println("ついに迎えが") ;
                myDFPlayer.play(8);
                break ;
                
            case 0x09:
                Serial.println("大勢で拍手") ;
                myDFPlayer.play(9);
                break ;
                
            case 0x0A:
                Serial.println("学校のチャイム") ;
                myDFPlayer.play(10);
                break ;
                                
            case 0x0B:
                Serial.println("うっそお!") ;
                myDFPlayer.play(11);
                break ;
                                
            case 0x0C:
                Serial.println("ぱんぱかぱ~ん") ;
                myDFPlayer.play(12);
                break ;  
           }
     }
}
// 赤外線リモコンのデータを受信する処理関数
int IRrecive()
{
     unsigned long t ;
     int i , j ;
     int cnt , ans ;
     char IRbit[64] ;

     ans = 0 ;
     t = 0 ;
     if (digitalRead(IR_PIN) == LOW) {
          // リーダ部のチェックを行う
          t = micros() ;                               // 現在の時刻(us)を得る
          while (digitalRead(IR_PIN) == LOW) ;         // HIGH(ON)になるまで待つ
          t = micros() - t ;                           // LOW(OFF)の部分をはかる
     }
     // リーダ部有りなら処理する(3.4ms以上のLOWにて判断する)
     if (t >= 3400) {
          i = 0 ;
          while(digitalRead(IR_PIN) == HIGH) ;          // ここまでがリーダ部(ON部分)読み飛ばす
          // データ部の読み込み
          while (1) {
               while(digitalRead(IR_PIN) == LOW) ;      // OFF部分は読み飛ばす
               t = micros() ;
               cnt = 0 ;
               while(digitalRead(IR_PIN) == HIGH) {     // LOW(OFF)になるまで待つ
                    delayMicroseconds(10) ;
                    cnt++ ;
                    if (cnt >= 1200) break ;            // 12ms以上HIGHのままなら中断
               }
               t = micros() - t ;
               if (t >= 10000) break ;                  // ストップデータ
               if (t >= 1000)  IRbit[i] = (char)0x31 ;  // ON部分が長い
               else            IRbit[i] = (char)0x30 ;  // ON部分が短い
               i++ ;
          }
          // データ有りなら指定位置のデータを取り出す
          if (i != 0) {
               i = (DATA_POINT-1) * 8 ;
               for (j=0 ; j < 8 ; j++) {
                    if (IRbit[i+j] == 0x31) bitSet(ans,j) ;
               }
          }
     }
     return( ans ) ;
}


《参考資料》

①MP3-TF-16Pを使ったArduinoとの結線・mp3ファイルの再生方法
 「Electronic Circuit Projects」の中の「
Mp3 Player Using Arduino and DFPlayer 」より
 ここにあるDFPlayerは、私が使ったMP3-TF-16Pと基本的に同じもののようだ。
 僕は、RX,TXの接続部分を参考にさせてもらった。

②IR TVリモコンの解析
 赤外線通信の実験パート2
 (赤外線リモコンを送信器にして何か動かす)
 ここに書かれている赤外線受信のサンプル回路はシンプルなので、実験もやり易い。
 赤外線受信解析のスケッチも、ここのスケッチを使わせてもらった。


③コントロール方法
 DFPlayer Mini SKU:DFR0299
 ここでは「DFPlayerMini」を使ってArduino用のMP3プレーヤーのコントロール方法について記載されているが、私が使った「MP3-TF-16P」もほぼ同じなので、スケッチなどは大変参考になった。一部のコードを、私のスケッチへコピーして使わせてもらっている。

④MP3音声ファイル(著作権フリー素材)

 効果音ラボ よりdownloadし、使わせて戴きました。

 

05/08/2017

TWE-Lite 半完成品セミキットで通信が出来ないと思ったら・・・

TWE-Liteを使ったおもちゃを作ろうと思い、「TEW-Lite DIP-PCB (半完成品セミキット)」を2個追加購入した。半完成品なので自分でコネクタを半田付けしなくてはいけないが、価格が300円ほど安価であるし、自分の半田付け技術は悪くないと思っているので、安価なセミキットを購入した。
部品到着後、早速半田付けして、ブレッドボード上で回路を組み立て試験してみたが、回路が動かない・・・。
それほど難しい回路構成でもないので、何が悪いのだろうと悩んでしまった。

Img_20170508_093812 Img_20170508_093826 Img_20170508_093844 二日後、Lチカ回路での問題が無いかを確認すると・・・、
①DI1、DI2はプッシュボタンを押していないのに、電源を入れた段階で既に子機側のLEDが点灯している!

②DI3、DI4はプッシュボタンに連動してLEDが点灯する。

プッシュボタンの設置には問題が無い・・・回路図とブレッドボード上の配線を何度も見直してみるが、間違いはない。
TWE-Liteを疑ってみた。電源投入後に親機側の押しボタンがONになっている事から、テスターでDI1、DI2、DI3、DI4 とGND間の抵抗をあたってみた。
DI1、DI2は、導通している!
DI3、DI4
は、高い抵抗値を示している。

Img_20170508_094043 ブレッドボード上で差し替えして、多分問題が無さそうだったTWE-LiteについてDI1、DI2、DI3、DI4とGND間の抵抗値を図ってみると、DI1、DI2、DI3、DI4全てが高い抵抗値を示している。
今回2個のTWE-Liteを購入したが、1個は壊れている! 半完成品なので、納品された当初からの問題なのか、私が半田付けしブレッドボード上で回路を組立していた時に壊してしまったのかは定かではない・・・。
今回TWE-Liteを使って造ろうと思っていた「おもちゃ」へのモチベーションが一気に下がってしまった・・・。

次にTWE-Liteを購入する際には、完成品を買った方が良さそうだ。

05/03/2017

TVリモコンを使ってArduinoに喋らせる

Img_20170503_154904 Img_20170503_083736 家電用リモコンを利用して、Arduinoから音を発する装置を考えた。(左写真:試作完成品)
家電のリモコンは容易に入手できるし、コントローラを新たに製作する時間を短縮することが出来る。ただし、TVリモコンは赤外線式なので、見通し出来る場所でしか使えないが、5mぐらいの距離なら問題なく使う事が出来るだろう。


.
Img_20170503_210742 先ず、コントロールするには、赤外線リモコンの制御信号を入手する必要がある。それで、下記のブログを参考にして、リモコンの制御信号を確認した(上写真右側)。この装置は、下表の状況が分かれば要らなくなるが、各種リモコンのコードを解析するのには簡単に作成でき良いものだなぁと思う。

僕の手元にある東芝REGZAのデジタルTVリモコン(CT-90451)のコードは、次のようになっていた。


.

東芝REGZA デジタルTVリモコンコード

  受信コード                         ボタン名称
00000010111111011000000001111111 ( 40 BF 1 FE )   1
00000010111111010100000010111111 ( 40 BF 2 FD )   2
00000010111111011100000000111111 ( 40 BF 3 FC )   3
00000010111111010010000011011111 ( 40 BF 4 FB )   4
00000010111111011010000001011111 ( 40 BF 5 FA )   5
00000010111111010110000010011111 ( 40 BF 6 F9 )   6
00000010111111011110000000011111 ( 40 BF 7 F8 )   7
00000010111111010001000011101111 ( 40 BF 8 F7 )   8
00000010111111011001000001101111 ( 40 BF 9 F6 )   9
00000010111111010101000010101111 ( 40 BF A F5 )   10
00000010111111011101000000101111 ( 40 BF B F4 )   11
00000010111111010011000011001111 ( 40 BF C F3 )   12
00000010111111010100100010110111 ( 40 BF 12 ED ) 電源

したがって、受信したデータから読取る内容のデータ位置は 「3」 となる。


《Fritzingで描いた回路》

Tv 図中左が Arduino UNO で、
右側は、ブレッドボード上 中央部に配置した ATP3012F6-PU と関連する周辺部品である。

僕が製作した実物は、Arduinoユニバーサル プロトシールド基板の上に小型のブレッドボードを貼り付けたものに
ATP3012F6-PU を挿して配線したが、赤外線受光部はブレッドボード基板に載せきれなかったので、基板の上に半田付けしてある。

発生する音声は、上図にあるようなスピーカー直付けでは聞こえないほど音が小さいので、アクティブスピーカーを繋いで聞くのが良い。


《使い方》
TVリモコンをシステムの受光部に向けて、「1」~「6」及び「電源」のキーを押すと、Arduinoが、スケッチに書いた言葉を「女性の声で・・・」発する。
1:ただいま解析中
2:脈拍が上昇しています
3:ゆっくりしていってね
4:よろしいですか?

5:チャイム音J(ポンという音)
6:チャイム音K(ピンという音)
電源:連続チャイム音(JとKの組み合わせ音)

スケッチプログラムの中で、ローマ字で書いてある部分を
ATP3012F6-PUが読んでくれる。
番号に対応するところを、この使用者が変更すればいろいろな言葉で言い変えることが出来る。話す言葉の書き方は、音声合成LSIのデータシートの所に文法が書かれているので、これを参考にして記載するのが良い。

《使用部品》
①Arduino UNO互換品 : Arduino UNO R3 (keyestudio)互換品 1個
              Amazonで1020円ほどの値段で購入できる。

②赤外線受光器(1個): PL-IRM2121(38kHz)  秋月電子通商より購入
          データーシート Vcc=5V、220Ω抵抗と4.7μF コンデンサが必要

③音声合成LSI(1個): ATP3012F6-PU (女性の音声明瞭版) 秋月電子通商より購入
          データーシート 

 (注意) ATP3012 と ATP3011の主な違いがこのデータシート17ページに記載されている。動作クロックが外付けになり、セラミック振動子などの外付けデバイスが必要。また、AOUT/PMOD1の端子が入れ替わっているなど変更点があるので注意を要する。

④セラミック振動子(1個) : コンデンサ内蔵タイプ 20MHz ㈱村田製作所製 秋月電子通商より購入

⑤その他部品、
 1kΩ、220Ω抵抗(各1個)と 4.7μF コンデンサ(1個)、
Arduino用ユニバーサルプロトシールド基板(1枚)ピンソケット 1x6 (1枚)、1x8 (2枚)、1x10 (1枚)、ミニブレッドボード BB-601(1個)、ジャンパーケーブル用として 耐熱通信機用ビニル電線 導体系0.65mm 単芯


《Sketch》

// TV リモコンからチャネル番号を読み取り他の制御に使う
#define IR_PIN      2    // 赤外線受信モジュール接続ピン番号
#define DATA_POINT  3    // 受信したデータから読取る内容のデータ位置 東芝REGZA TV

#include <AquesTalk.h>
#include <Wire.h>        // ライブラリ内部で使用するので定義必要

AquesTalk atp;         // インスタンス定義

void setup()
{
    Serial.begin(9600) ;    // パソコン(ArduinoIDE)とシリアル通信の準備を行う
    pinMode(IR_PIN,INPUT) ;  // 赤外線受信モジュールに接続ピンをデジタル入力に設定
}

void loop()
{
    int ans ;
     
    ans = IRrecive() ;       // 赤外線リモコンのデータを受信する
        if (ans != 0) {
            Serial.println(ans,HEX) ; // REGZA TV リモコンからデータを受信し番号に準じて発音
            switch(ans) {
            case 0x01: 
                Serial.println("ただいま解析中") ;
                atp.Synthe("tadaima/kaisekichuu.");
                break ;
            case 0x02:
                Serial.println("脈拍が上昇しています") ;
                atp.Synthe("myakuhakuga/jyoushoushiteimasu.");
                break ;
            case 0x03:
                Serial.println("ゆっくりしていってね") ;
                atp.Synthe("/yukkuri_siteittene?");
                break ;         
            case 0x04:
                Serial.println("よろしいですか?") ;
                atp.Synthe("yorosi'ide_suka?"); 
                break ;
            case 0x05:
                Serial.println("チャイム音J") ;
                atp.Synthe("#J");
                break ;
            case 0x06:
                Serial.println("チャイム音K") ;
                atp.Synthe("#K");
                break ;
            case 0x12:
                Serial.println("連続チャイム音") ;
                atp.Synthe("#K");
                atp.Synthe("#K");
                atp.Synthe("#K");
                atp.Synthe("#J");
                break ;
           }
     }
}
// 赤外線リモコンのデータを受信する処理関数
int IRrecive()
{
     unsigned long t ;
     int i , j ;
     int cnt , ans ;
     char IRbit[64] ;

     ans = 0 ;
     t = 0 ;
     if (digitalRead(IR_PIN) == LOW) {
          // リーダ部のチェックを行う
          t = micros() ;                           // 現在の時刻(us)を得る
          while (digitalRead(IR_PIN) == LOW) ;     // HIGH(ON)になるまで待つ
          t = micros() - t ;                       // LOW(OFF)の部分をはかる
     }
     // リーダ部有りなら処理する(3.4ms以上のLOWにて判断する)
     if (t >= 3400) {
          i = 0 ;
          while(digitalRead(IR_PIN) == HIGH) ;     // ここまでがリーダ部(ON部分)読み飛ばす
          // データ部の読み込み
          while (1) {
               while(digitalRead(IR_PIN) == LOW) ; // OFF部分は読み飛ばす
               t = micros() ;
               cnt = 0 ;
               while(digitalRead(IR_PIN) == HIGH) {// LOW(OFF)になるまで待つ
                    delayMicroseconds(10) ;
                    cnt++ ;
                    if (cnt >= 1200) break ;       // 12ms以上HIGHのままなら中断
               }
               t = micros() - t ;
               if (t >= 10000) break ;             // ストップデータ
               if (t >= 1000)  IRbit[i] = (char)0x31 ;  // ON部分が長い
               else            IRbit[i] = (char)0x30 ;  // ON部分が短い
               i++ ;
          }
          // データ有りなら指定位置のデータを取り出す
          if (i != 0) {
               i = (DATA_POINT-1) * 8 ;
               for (j=0 ; j < 8 ; j++) {
                    if (IRbit[i+j] == 0x31) bitSet(ans,j) ;
               }
          }
     }
     return( ans ) ;
}

《参考にしたブログ》
①音声合成LSIの使い方
 「N.Yamazaki's blog」 Arduino用 音声合成LSIライブラリの利用方法記述部分から、「Arduino_AquesTalk_Library」をDownloadし、簡単な使い方を参考にスケッチ作成を行った。

②赤外線通信について
 「赤外線通信の実験パート2」
(赤外線リモコンを送信器にして何か動かす)
 ・赤外線受信のサンプル回路及びスケッチプログラムを参考に、こちらの状況に合わせて修正するための参考にさせて戴いた。


 ・赤外線受信の回路は、使っている素子が違うため、素子のデータシートを参考にして、使う抵抗とコンデンサを配置し、信号の解析を行った。
 そのためのスケッチは、
赤外線受信モジュール接続ピン番号は同じく「2」に設定し、シリアルポートを此方の状況に合わせただけで、エラー無く稼働させることが出来た。

 ・赤外線リモコンからのデータ受信では、ダウンロードさせて戴いたスケッチに対して、
 IRピンの番号は同じ、受信したデータから読取る内容のデータ位置を「3」に変更して使うことが出来た。

 ・switch文の分岐で、caseの後にSerial.print文を追記して分岐が正しく行われたか否かをシリアルモニタで確認できるようにした。


《参考資料》
①赤外線受光器 使用部品の行を参照の事。
②音声合成LSI ATP3012F6-PU 使用部品の行を参照の事。

« April 2017 | Main | June 2017 »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ