« February 2017 | Main | April 2017 »

March 2017

03/29/2017

保護されたpdfファイルのテキストを部分的にコピーするには

保護された外国語のpdfファイルは、コピー等が制限されているために、Acrobat Readerで一部分のテキストさえもコピーすることが出来ない。

翻訳ソフトに数行分をコピペして訳してみたいとき・・・ Google Chromeを下記のように使って保護の解除が出来るようだ。

《手順》
1)Downloadしたpdfファイル(保護されたもの):①とする。


2)ブラウザ「Google Chrome」を起動させ、ドラッグアンドドロップで①のファイルをChrome上にドロップする。
  ⇒①のpdfファイルが開く。


3)「Ctrl」+「P」で印刷モードにして、

  ⇒印刷欄にある「送信先」の「変更」をクリックする。

  ⇒「ローカルの送信先」のメニューの中から 「PDFに保存」 を選びクリックする。


5)「印刷」の画面に戻るので、
  ここでブルーのボタン「保存」をクリックする。


6)「名前を付けて保存」の画面が表示されるので、

  既に保存してある①に対して別の名前②に変更して保存する。

7)②のファイルをAdobe Acrobat Readerなどで開くと、②に対してコピーが出来る。

  ファイル②の該当部分に移動し、
  マウスでハイライトして後、 右クリックメニューでコピーすることが出来る。


8)翻訳ソフトを開いておいて、ここにコピーしたテキストを貼り付ければ、翻訳が容易に行える。



尚、保護されたpdfファイルを解除して使用することは、一部分であろうと、自己の責任で行う行為であるので、注意を要する。

03/20/2017

MDS-JE780 を Windows10 64bit にNET-MDで繋ぐ

「MDウォークマン MZ-N920に録音できないかなぁ~」と、ネット上を調べていたら、MDS-JE780をWindows10 64bit上でNet-MDとして使えるか検証 という記事を見つけた。「Windows10 64bit にMDS-JE780が繋げられるなんて、そんな!」と疑いの眼で読んでみると・・・ 繋がっている! 僕も、やってみよう!

キーワードは3つあって、①「X-アプリ(Windows10のNet-MDに対応している!が、Windows8以降のX-アプリではNET-MDのドライバーのインストールは行われない。)」と ②「ドライバーの署名の強制を無効にする(Windows10で実施できる)」、③ Windows7 64bit OS によって、ハードルをクリアーしている事がわかった。


Netmd_and_xappli 私もMDS-JE780を所有しているので、この記事通り「Net-MDで繋がるか?」試してみた。左図の通り!


私の場合の問題点は、最後の Windows7 64bit OS の PC! 幾つかあったWindows7 64bit OS マシンは、全て Windows10 にアップグレードしてしまい、今、手元には一台も無い。

Amazon ショッピングを見て、Windows7 64bit OS を購入しようかと考えたが、一番安価なものでも1万円ほどの価格である。 この作業で必要なのは、Net-MDのドライバーソフトを確保するためだけなので、この作業を3日間以内に終えられれば、未だ手元にある Windows7 64bit OS を、一時的に別のマシンを組み立てて、そこにインストールして作業すれば良い。


また、コンポーネントステレオのキャビネットから私のWindows10 64bit PCまでの数mの距離をUSBケーブルで接続する必要がある。それには、Amazonから(5m+3m⇒合計8m)のUSBケーブルを購入した。


1)先ず、手元に転がっている64GBのSSDを使って、そこに Windows7 64bit OSをインストールした。


2)Windows7 64bit OS が起動できるようになったところで、X-アプリをDownload して、
NET-MDを利用する(MZ-RH1)を選んでインストールした。

Netmd1 X-アプリのインストールが済んだところで、Cドライブを確認すると、左図のように
C:\Program Files (x86)\Sony\x-APPLICATION NetMD Driver
が出来上がっている。

これが出来れば、もうWindows7 PC は不要になる。

(僕は、出来上がったドライバーフォルダーを、Windows10の
一時的な場所にもコピーしておくことにした。)

Windows10 64bit OS PC の C:\Program Files (x86)\Sony\ にドライバーの入ったフォルダーをコピーした。

3)Windows10 PC と MDS-JE780 をUSBケーブルでつなぎ、
MDS-JE780の電源を入れて、Net MDボタンをONにする。

4)デバイスマネージャを開くと、NET MD❕ と表示されているので、そのプロパティを開き、詳細タブに移動する。
 プロパティのプルダウンからハードウェアIDを選択すると、ハードウェアIDが

  
VID_054C&PID_0081 であると分かるので、これを控えておく。

5)ここからは、ドライバーのファイルを変更する作業になるが、管理者権限で作業を行わないと、保存できなくなるため、Windowsの「メモ帳」を管理者権限で開いて、そこから作業することにした。

《管理者権限でメモ帳を開く》
スタートボタン⇒Windowsアクセサリ⇒メモ帳 が見える状態で、メモ帳の上でマウス右クリック
その他 > 管理者として実行 をクリック

これで「メモ帳」が開くので、ファイルから・・・

C:\Program Files (x86)\Sony\x-APPLICATION NetMD Driver 

 にある NETMD760.inf  
の場所を開いて(このときすべてのファイルを対象にしていないと表示されない)下記部分を変更し、上書き保存する。

《下記より変更部分3か所 
オレンジ色文字部分⇒青色文字部分へ》
[ControlFlags] のところ・・・

ExcludeFromSelect=USB\VID_054C&PID_0286    ; MZ-RH1

ExcludeFromSelect=USB\VID_054C&PID_0081    ; MDS-JE780

; For Win2K and later のところ
[Sony]
%NETMDUSB.DeviceDesc%=NETMDUSB.Dev, USB\VID_054C&PID_0286

%NETMDUSB.DeviceDesc%=NETMDUSB.Dev, USB\VID_054C&PID_0081

; For Vista 32 64 のところ
[Sony.NTAMD64]
%NETMDUSB.DeviceDesc%=NETMDUSB.Dev, USB\VID_054C&PID_0286

%NETMDUSB.DeviceDesc%=NETMDUSB.Dev, USB\VID_054C&PID_0081

《ここまで書き換えの説明部分》


上記のように書き換えたら、「NETMD760.inf」を上書き保存する。


6)次に、デジタル署名を強制しないモードでWindows10を起動させるのだが、
 Windows10動作中の手順は、下記《参考資料》2)を参考に行った。

 ①スタートメニューを左クリックし、ウインドウの左上の「三」を左クリックして、
 メニューの中から「設定」を選び、左クリック。

 ②新たに開いたメニューウインドウから、「更新とセキュリティ」を選択する。

 ③メニューの中から「回復」を選んでクリック

 ④回復メニューの中の「PCの起動をカスタマイズする」の下にある
  「今すぐ再起動する」を選んでクリックする。
   ⇒PCが再起動する。

 ⑤オプションの選択画面が表示されるので、ここから「トラブルシューティング」を選んでクリック。

 ⑥「詳細オプション」⇒「スタートアップ設定」を選んで、「再起動」ボタンをクリックする。

 ⑦PCが再起動して「スタートアップ設定」画面が表示される。
  ここで「7)ドライバー署名の強制を無効にする」を選ぶために、数字の「7」を押す。
  ⇒PCが再起動する。

 ⑧PC再起動後、デバイスドライバーを開いて、NET-MD のドライバーをインストールする作業を行う。

7)いよいよ最終段階(NET-MD デバイスドライバーのインストール)
Netmd8n ①スタートボタン(右クリック)⇒デバイスマネージャーをクリックしてみると、Net-MDは表示されているが、未だドライバーがインストールされていないので「!」マークが表示されている。

Net-MD を右クリックし、「ドライバーソフトウェアの更新」を行う。



Netmd9②ドライバーソフトウェアの更新作業は、
「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します」を選んで・・・

③その場所は、Cドライブの
 C:\Program Files (x86)\Sony\x-APPLICATION NetMD Driver の中にいれてあるので・・・
勿論、「サブフォルダーの中も検索する」を選ぶ。




Netmd91④下側に表示のある、「このドライバーソフトウェアをインストールします」を選んでクリックすると・・・








Netmd92Netmd93 ⑤ドライバーソフトウェアが正常に更新されたと表示されるはず。


⑥確認すると、Net-MDに付いていた「!」マークが消えている。





8)ドライバーはインストールされたので、ここで「X-アプリ」をインストールする。
Xappli_1
Sonyのサイトに行って、X-アプリをダウンロードする。

中央の赤いボタンをクリックするとダウンロードが始まる。

ダウンロードの状況は、この画面の左下隅に表示される。

ダウンロードが終わったら、そこをダブルクリックして



Xappli_3Xappli_4 X-アプリをインストールする。









9)X-アプリを起動させて後、MDS-JE780 の電源を入れ、USBでPCと繋いで、Net-MDをONにして、
Xappli_6_mzrh1
この画面の左下にある「機器への転送」ボタンをクリックすると、
「”MDウォークマン”[MZ-RH1]」と表示される。

転送先の機器は「
MDS-JE780」なのに、”MDウォークマン”[MZ-RH1]と表示されてしまうが、変更方法は分からないので、放置!









この状態で、どこまでの事が出来るのか・・・
《参考資料》1)には、何が出来て何が出来なかったかが、詳しく記載されているので、必要な方は参照願います。


《参考資料》
1)「ソニーなVAIO&XPERIAとジャンクオーディオ好きのブログ」
  MDS-JE780をWindows10 64bit上でNet-MDとして使えるか検証
2)Windows10 64bit版へのインストール
 「ドライバー署名の強制を無効にする」の手順

03/18/2017

Youtube のお気に入り音楽を mp3形式に変換するには

Youtubeを見ていて、お気に入りになった音楽を、自分用にmp3でdownloadする方法のうちの一つをここに書き留めておく。

1)インターネットブラウザからYoutubeを起動して、お気に入りの音楽ビデオを表示する。
 ・例えば、Youtubeを起動して検索枠に「smoothjazz vocal sleeping」と入れて・・・

  表示された音楽ビデオを選択して、演奏が始まってから、
 
  ブラウザのURL枠に記載されているアドレスを、コピーする。

次に、
2)Youtubeの動画をmp3に変換するソフトは、

Online Video Converter v3.0」(https://www.onlinevideoconverter.com/ja/video-converter)を使います。

上記URLの変換ソフトがある場所にアクセスして、

「URLを入力してください...  」と薄いグレーの文字色で記載されているところに、1)でコピーした音楽ビデオのURLを貼り付ける。

その下の枠には「フォーマット:.mp3」とあるが、僕はmp3に変換したいので、そのままだが、

もし他のフォーマット(例えば、wma, wavなど)に変換したいのなら、その枠の右端にある「∨」をクリックすると、フォーマットを変更することが出来る。

mp3のフォーマット形式を変更する訳ではないが、ここで「∨」をクリックしてみると、[.mp3]にチェックが入っていることを確認できる。

3)準備が整ったので、2)の「フォーマット:.mp3」の下にあるオレンジ色の「スタート >」ボタンをクリックする。

 尚ここで、
「スタート >」のボタンの上にある「その他の設定」をクリックすると、音声の質を変えることもできる。デフォルトは「192kbps」のようだ。

「スタート >」ボタンをクリックすると、変換が始まる・・・

4).mp3への変換作業が終了すると、
 変換された動画のタイトル画面と、タイトル、.mp3のファイル容量が表示されて、 その右に2つの青いボタン「ダウンロードする」「もう一度変換する」が表示されている。

無事に変換が終わっているようなら、
「ダウンロードする」ボタンをクリックする。

.mp3に変換されたデータは、PCの「ダウンロード」に「上記のタイトル.mp3」で書き込まれている。ダウンロードには、幾らか時間がかかる。Windows10でブラウザにChromeを使っているなら、Chromeの画面の左下にダウンロードの状態が表示されている筈です。

5)続けて別の音楽ビデオを変換したいのなら、
「もう一度変換する」をクリックすると、2)の画面になり、URLを入力できるように準備される。


« February 2017 | Main | April 2017 »

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ