« Arduinoで動態検知装置(ブザーを鳴らし、LEDライトを点ける) | Main | Adafruit Wave Shield を使ってみる(FatReader.h の悪夢から覚めて) »

01/18/2017

Windows10 USB接続が頻繁に切れる⇒対策

Windows10で、スマートフォンやカメラをUSBで接続していると、頻繁に切れてしまう。多分Windows10化の際に設定内容が変更されてしまった可能性があるので、PCの関連する設定項目のところを再確認し、設定内容を変更したところ、この問題がほぼ解消した。

《設定内容の確認と設定変更》
先ず、スタートボタンのところで右クリックして、メニューを開き、
メニューの中から「デバイスマネージャ」を選んでクリックする。

デバイスマネージャの画面が開くので、「ユニバーサルシリアルバスコントローラー」をダブルクリックする。

「USBルートハブ(xHCI)」が2ヵ所ある。先ず、一方をクリックして開き、
「電源の管理」のタブをクリックする。
頻繁にUSB接続が切れるとすれば、下記の項目に☑が入っているものと思われる。
このチェックを外す。
☑電力の節約のために、コンピュータでこのデバイスの電源をオフにできるようにする(A)

 ☑ ⇒ □  として、「OK」ボタンをクリック。

次に、もう一方の
「USBルートハブ(xHCI)」を同様に開いて、
「電力の節約のために、コンピュータでこのデバイスの電源をオフにできるようにする(A)」に☑が入っていれば、そのチェックを外し、「OK」ボタンをクリックする。

「汎用 SuperSpeed USB ハブ」や「汎用USBハブ」などの項目も同様の方法で「電源の管理」タブを開き、上記内容を確認し、チェックが入っていれば、外して、「OK」ボタンをクリックする。

次にまた、スタートボタンのところで右クリックして、メニューを開き、
メニューの中から「電源オプション」を選んでクリックする。

「プラン設定の変更」をクリックし、「詳細な電源設定の変更」の「+」をクリックする。

次の画面の中から「USB設定」を選び、その中の「USBのセレクティブサスペンドの設定」の「+」をクリックする。
 バッテリ駆動 と 電源に接続 それぞれに対し、「有効」となっていれば「無効」ぶ変更する。そして「OK」をクリックする。

上記の設定変更が終われば、PCを再起動させること。
`
僕のPCでは、上記の設定変更で、USBの接続が切れる事は、ほぼ無くなった。

« Arduinoで動態検知装置(ブザーを鳴らし、LEDライトを点ける) | Main | Adafruit Wave Shield を使ってみる(FatReader.h の悪夢から覚めて) »

PC and PC troubles」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540128/64779699

Listed below are links to weblogs that reference Windows10 USB接続が頻繁に切れる⇒対策:

« Arduinoで動態検知装置(ブザーを鳴らし、LEDライトを点ける) | Main | Adafruit Wave Shield を使ってみる(FatReader.h の悪夢から覚めて) »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ