« PCのフォルダーにあるファイルをNASにバックアップする | Main | 猫を寄せ付けないというソーラー器具を買ってみた »

10/28/2016

Sony Xperia Z1 Compact のバッテリー交換

先日のブログに記載したように、バッテリーが消耗するとその後、経年劣化なのか、バイブレーション装置も故障するケースがあるとの事。心配になって、新しいスマホ(Huawei SIMフリースマートフォン P8 lite 16GB (Android 5.0/オクタコア/5.0inch/nano SIM/microSIM/デュアルSIMスロット) ゴールド )を購入し、Xperia は使えるようにしたいという気持ちから、バッテリーを自分で交換することにした。

Img_20161028_194905 Dsc_0828 僕が購入した「Xperia Z1 Compact LIS1529ERPC ( SO-02F ) 互換バッテリー 3.8V 2300mAh 交換工具セット付き 」には、取扱説明書が入っていて、そこにはバッテリーパックの交換方法が記載されていた。前回のブログで紹介した方法とは手順が少し違っている。この説明書にある方法の方が簡単なように思う。
僕はこの説明書にある手順に従って、バッテリーを交換してみた。

一番難しかったのは、カメラレンズがある側の蓋(裏蓋)を外すこと。ドライヤーで数秒間温めてから、プラスチックのヘラを隙間に挿し込み少しずつ蓋を開いて行く。
焦らずじっくりやる必要がある。糊が付いているのは、周辺の蓋の部分だけでなく、もう少し内側にも糊が付いて外しにくいところがある。少し蓋が開けば、その糊が付いた場所もわかるので、プラスチックのオープナーを使って奥に挿し込み、糊を剥すようにして蓋を開ける。

次に難しかったところは、NFC(近距離無線通信)のアンテナがバッテリーパックに貼り付けてあるのをどうやって剥すか・・・。僕は、アンテナ部分のみを剥すのでは無く、バッテリーパックを覆っている白いテープごと剥すことにした。この方がアンテナを損傷させにくいだろうと思った。
剥いだら、アンテナの部分から下のテープ部分はハサミで切り取り、テープごと新しいバッテリーに貼り付けた。この時、NFCアンテナの接続位置が狂わないように注意して貼り付けること。

Img_20161028_201313a Img_20161028_201625a Img_20161028_202655a Img_20161028_202906a





Img_20161028_203543a Img_20161028_203944a Img_20161028_204352a Img_20161028_204544a






Xperia 本体の裏蓋貼り付け部分の溝には、微細なゴミが相当溜まっていたので、僕はマニュキュア用リムーバーを少し付けた綿棒で、ごみを綺麗に取り除いた。

新バッテリーへのNFCアンテナ貼り付けが終わったら、バッテリーを本体に入れるのだが、この時、バッテリーの下側突起部分を先に本体側に挿し込んで入れてから、バッテリーの上側を静かに本体に入れること。先に上側を入れると、バッテリが本体から浮いてしまう。

バッテリー固定のプラスネジ(1本)を締めて、バッテリーコネクタを差し込み、本体からの部品の飛び出しなどが無いこと、コネクターの接続忘れが無いことを再度確認して、裏蓋をかぶせる。
僕はこの時、裏蓋の接着が良くなるようにと思って、ドライヤーで裏蓋部分を少し温め、指で裏蓋の周囲を強く押さえた。

実は、このバッテリー交換セットには、両面テープも入っていた。このブログ一番上・左画面の写真の左下の青い紙のようなものが両面テープである。僕は、説明書きにそれが書かれていないものだから、両面テープと認識しなかった。そのため、別に2mm幅ぐらいの両面テープを購入し、この紙を台紙に2㎜幅の両面テープを貼り付けて・・・作業していた。本体に両面テープを貼る段階になって、その紙の一部が剥がれて接着部分が現れた事から、両面テープであることが判明したが、時すでに遅く、この綺麗な両面テープも、僕が両面テープを貼る台紙と思って作業した両面テープも両方ともお釈迦にしてしまった。
僕は、Xperia本体の方に2㎜幅の両面テープを貼りつけ、裏蓋を取付けることになった。
Img_20161031_083018 Img_20161031_083529 Img_20161031_085948 Img_20161031_092752






確認作業: USB電源コネクタを Xperiaに差し込み、Xperia本体の電源ボタンを押して充電していることを確認した。
電源パワーが有ったので、その後、直ぐに Xperiaを起動させて、Wifi通信が受信できていることを確認した。

Xperia左は
、ほぼ同じ条件でXperiaを放置していた際の「Battery Mix」のスクリーンショット画面の対比

左側画像は、バッテリーパックを交換前(約2年半使用)
右側画像は、バッテリーパックを交換後

バッテリー交換前は交換後に対して、明らかにバッテリーの消耗が速いことが分かる。これに使用条件を加えれば、更にバッテリーの消耗には差が出るだろうと思われる。


一度Xperiaの裏蓋を開いたので、両面テープの粘着力は確実に低下している。また水滴の侵入などの防水性能についても、全く期待できないと思う。この記事を見て、このバッテリー交換作業に挑戦しようとする方は、これによって生じる全てのトラブルの責任は、貴方にあることを忘れないでください。


« PCのフォルダーにあるファイルをNASにバックアップする | Main | 猫を寄せ付けないというソーラー器具を買ってみた »

PC and PC troubles」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Sony Xperia Z1 Compact のバッテリー交換:

« PCのフォルダーにあるファイルをNASにバックアップする | Main | 猫を寄せ付けないというソーラー器具を買ってみた »

August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ