« AK12マーチのキセノンヘッドライトが暗く、バルブを交換したい | Main | 山歩き「千畳敷カールと木曽駒ケ岳」&名勝光前寺庭園 »

10/11/2016

AK12マーチのHIDキセノンヘッドランプ(D2R)を交換した

Dsc_0437Dsc_0438工具とHIDキセノンヘッドランプ(D2R)が到着したので早速新しい純正HID交換バルブ(4300K)に交換してみた。
バルブ交換後、明るさを確認してみた。新車時と同じ明るさに戻ったのが嬉しい。これまではハイビームの時も暗くて、夜間運転するのが怖かった。( 写真 左側Low beam/右側 High beam )


《交換手順》
ヘッドランプのバルブ交換は、バルブカバーの後ろにフロントサスペンションが位置しており、作業用隙間が狭く、ヘッドライトユニットを外さないと、交換できそうもない。
整備のプロは、このバルブ交換をどうやって作業しているのだろうか?

ヘッドランプを外すためには、ボンネットを開けたところに見えるネジを外し、次にバンパーの中に隠れているネジを外さなければいけない。
バンパーを外す作業は、ブログ「みんから」さんの「K12マーチ・リップ交換~♪
」が大変参考になった。これを見て、僕も同じような小型ラチェットハンドルを購入して(前回のブログ記事)作業した。

1)バンパーと共締めされているサイドフェンダー、車体のネジとクリップを全て外す。

 ①バンパーの上側、下側は見える範囲のボルトとクリップを外す。
  これは容易に外すことが出来る。

 ②バンパーの左右は、サイドフェンダーとそれぞれ2本のネジで止められている。

  ホイールハウス内にあるタイヤの前側半分にあるクリップを全て外し、
Dsc_0372バンパーとフェンダーの繋ぎ目辺りのホイールハウス内張りをめくりあげて、片側2本ずつあるネジを外す。
左の写真は、すこし開いたところで、手前のネジしか見えない。ホイールハウス内張りを止めている挿し込みクリップを幾つか外さないと、この部分を広げることが出来ない。

ホイールハウスの内張りは、硬くてめくり難く、ネジは狭い上側空間から下向きに挿し込まれているので、手を入れるだけでも至難の業。ネジが下から上に向かって締められるようになっていれば、もっと簡単に作業できるのにと思う・・・。


  奥のネジは手を入れると、外からその場所が全く見えない。
ネジ頭部は手探りで探し、小型のラチェットハンドルに付けた10mmソケットを差し込んで、少しずつ緩める。
少し緩んだら、指先でネジを回して取り外す。
慣れていない作業なので、タイヤを切ったり、手の差し込み方を変えたりと、思考錯誤しながら、奥の1ヵ所のネジを外すのに30分近くかかった。

左側フェンダーではネジを緩める方向のスペースが殆ど取れないので更に難易度が高い作業になる。


2)バンパーと車体側の取付けネジ・クリップを全て外したら、フェンダーとのパーティションに沿ってバンパーを持ち上げながら外す。


 この時、バンパー側のサイドフェンダーとのパーティション部分に、挿し込みクリップがあるので、壊さないように作業したい・・・。


 しかし僕はこの時、左右両方のクリップを壊してしまった。


 挿し込みクリップは、バンパーとサイドフェンダーを位置決めしつつ仮固定するための機能を担っているだけのようなので、完全に破壊してなければ、固定は苦労して先ほど外したネジで固定することになるので、大きな心配は要らないと思う。


3)バンパーにはフォグランプが付いており、車体側からのハーネスで接続されている。ハーネスの長さはそれほど長くないので、バンパーを取外し床に置く前にハーネスカプラを外差なければならない。


 ハーネスクリップは、抜け止めクリップが付いているので、その抜け止め部分を押すあるいは開いて、ハーネスカプラを外すこと。


Dsc_04024)バンパーが外れれば、ヘッドライトが止められているネジは全てオープンになるので、簡単に外すことができるが、ヘッドランプのハーネスに触る前に、感電などしないよう安全のためバッテリーケーブルを外しておこう。





5)ヘッドライトユニットの止めネジを外したら、ハーネスカプラを外す。


6)ヘッドライト裏側のラバーキャップを外し、中の針金クリップを外して、キセノンランプを取り出し、交換する。

Dsc_0405 Dsc_0406 Dsc_0407 Dsc_0408





Dsc_0409 Dsc_0414 Dsc_0424 Dsc_0433



 

 ヘッドライトバルブには絶対触らないように作業すること。


7)あとは、取り外した逆の順に組み立ててゆく。


Dsc_0373Dsc_0374取り外す前のネジの位置、クリップの位置、ネジの数等は、忘れてしまうので、写真を撮っておくのが良い。

整備を終えたはずなのに、クリップとネジが各1本ずつ余ってしまった。僕は、左の2枚の写真を参考にして、全てのクリップとネジを正しい位置に止めることが出来た。(クリップ1本は、ホイールハウス内で止めていない場所があった。)


8)夜になってから、ヘッドライトの状況を確認してみた。
 暗くて運転が不安だったロービームも、新車の時のように明るくなり、夜の運転も楽しくなった。

« AK12マーチのキセノンヘッドライトが暗く、バルブを交換したい | Main | 山歩き「千畳敷カールと木曽駒ケ岳」&名勝光前寺庭園 »

Cars and Maintenance」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference AK12マーチのHIDキセノンヘッドランプ(D2R)を交換した:

« AK12マーチのキセノンヘッドライトが暗く、バルブを交換したい | Main | 山歩き「千畳敷カールと木曽駒ケ岳」&名勝光前寺庭園 »

September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ