« イザベラバードが歩いた福島県会津地方を歩く計画 | Main | Windows10 でシャットダウン出来ず再起動してしまう »

07/31/2016

Windows10 PCの速度低下要因の一つ

自分では、昨日まで気づかなかったのだが、古いソフトをアンインストールしたらWindows10のPCの速度が速くなった。

どのような状況で古いOS対応のアプリケーションソフトをインストールしてしまったかというと、自作のWindows8 DesktopPC を Windows10 化する際に、僕は先ずアプリケーションソフトがインストールされていないクリーンな状態を作り、必要なアプリケーションソフトはOSのインストール後に入れた。その際に、僕は古い「The翻訳プロフェッショナルV11」を、最新バージョンと疑わずインストールしてしまったらしい。

The翻訳プロフェッショナルV11」のOS対応を調べると、《Windows® 98/98SE/Me: /Windows® 2000 Professional/Windows® XP》 となっている。当然Windows OSは 32bit版である。

The翻訳プロフェッショナルV15」の対応OSは、《Windows8(32/64ビット版)、Windows8Pro(32/64ビット版)、Windows7HomePremium/ Professional/ Ultimate(32/64ビット版)、WindowsVistaHomeBasic/ HomePremium/ Business/ Ultimate(32ビット版)SP0,SP1,SP2、WindowsXPHomeEdition/ ProfessionalSP3》 である。Windows10 64bit OS で使うためには、当然 V15 でなければならない。

しかし、V11は,Windows10 64bit OS上でも動いており、疑問は持たなかった。そのため、Cドライブの内部フォルダを確認していて、2つのバージョン用の辞書フォルダが有る事から、問題発見のきっかけとなった。

早速、旧V11をアンインストールし、手持ちの より新しいV15版 をインストールしなおした。その結果、Chromeを含め、他のアプリケーション、OSも体感速度が向上した。


一般的に、古いOSにしか対応しないソフトでは、「インストールできない!」と表示されたりするが、「The翻訳プロフェッショナルV11」では、僕がそのような表示に気づかずインストールし、またそのソフトが使用できていた事が、このトラブルの原因になっていたようだ。

OSに対応したソフトを使わないと、PCの速度も低下させてしまうという事を、体験してしまった (*_*; 。

« イザベラバードが歩いた福島県会津地方を歩く計画 | Main | Windows10 でシャットダウン出来ず再起動してしまう »

PC and PC troubles」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Windows10 PCの速度低下要因の一つ:

« イザベラバードが歩いた福島県会津地方を歩く計画 | Main | Windows10 でシャットダウン出来ず再起動してしまう »

July 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ