« 旧中山道の旅、鳥居本から京都三条大橋 & 奈良明日香の里 | Main | 旧中山道トレッキング(東京日本橋⇒京都三条大橋)の纏め »

07/13/2016

Logicool Anywhere MX マウス反応鈍い

Anywheremx Windows10 でも使っている Anywhere MX マウス、マウスカーソルは表示されているのに、PCモニター画面のボタン等の上でクリックしても反応しなくなった。

下記のようにチェックしてみた・・・



・電池が消耗しているのか?
 ⇒電池交換しても、状況は変わらず・・・

・電池フォルダと電池の接触状態が弱いのか?
 ⇒電池フォルダのマイナス側の板を手前に引いて接触力を高めるようにしたが、状況は変わらず。

・Unifyingレシーバーの電波環境が悪いのか?
 ⇒デスクトップPCの挿込み場所を変えてみたが、状況は変わらず。
 ⇒PC周囲に置いてあった金属製ごみ箱の位置を移設したが、状況は変わらず。
 ⇒レシーバーの位置をPCの全面側USBポートに挿し込んだが、状況は変わらず。

・Logicool M705を使ってみると、問題は解消されることから、Anywhere MX マウス本体に問題がある可能性があると判断し、マウスを分解してみることにした。

・マウスの分解に際しては「ブログの時間3」を参考にさせていただいた。

マイクロスイッチの方には問題が無さそうだったが、参考にさせて戴いた
ブログの時間3」にも書かれていたと同じ(マイクロスイッチが当たる)上蓋側に凹みが見られた。左右で凹みの量が違うので明らかに経時変化によるものと思われる。

僕は、上記の参考にしたブログのように凹みを埋める処置は行わなかったが、マウスの中の塵を十分に取り除いて、外した上蓋を戻し、ネジを締めた。特に修理処置はしたわけではない。


UnifyingレシーバーをPCに挿し込み、マウスの反応を確認してみた・・・ 

マウスの左ボタンクリックが効かない問題は解消した・・・ こんなことで問題解消したとは・・・なんて繊細な作りなのだろうか! このような部分は、機能に影響を及ぼさないような「鈍感な設計・作り」であるべきだと僕は思う。

Anywhere MX マウスは、僕がこれまで使ってきたマウスの中でも使いやすいマウスなので出来るだけ長く使いたい。その期待に応えてくれると良いのだが・・・

その後
再発した!
Dsc_0462Dsc_0464左側の写真のように、ネジは4か所でとめられている。
マイクロスイッチが当たる部分が凹んでいるのがわかる。
僕はこの接触部分を金属板に変更することにした。




Dsc_0459Dsc_0460 薄い金属板は・・・と探して、SDカードアダプタの端子に使われている金属板を使うことにした。
アダプタを分解して、端子部分を取り出し、マイクロスイッチが当たる部分の大きさになるようハサミで切断した。



Dsc_0465接着剤は適当なものが無かったので、ポリエチレン系のものでも貼り付けできる薄い両面テープを使って、金属の薄板をマイクロスイッチの当たる部分に左図のように貼りつけた。
組み立てて使ってみると、使い心地は良好である。

« 旧中山道の旅、鳥居本から京都三条大橋 & 奈良明日香の里 | Main | 旧中山道トレッキング(東京日本橋⇒京都三条大橋)の纏め »

PC and PC troubles」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540128/63910208

Listed below are links to weblogs that reference Logicool Anywhere MX マウス反応鈍い:

« 旧中山道の旅、鳥居本から京都三条大橋 & 奈良明日香の里 | Main | 旧中山道トレッキング(東京日本橋⇒京都三条大橋)の纏め »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ