« Windows10 [Google Chromeブラウザ] だけ表示が遅い | Main | Old Nakasendou route sharing map using Googlemaps for my trek »

06/12/2016

Windows10 [Google Chromeブラウザ] だけ表示が遅い(その後)

Google Chrome 使っている間に、次第に表示速度が低下し、GmailやFacebookなどのアプリアイコンクリックしても、直ぐに起動しなくなった。

Chromeにキャッシュを設定できないだろうかと考えてみる。「Google Chrome のキャッシュ設定は・・・」と調べると、『 気になるモノ: reich.exblog.jp 』 に詳しく書かれている。
このブログによれば、Chromeにはキャッシュ用ディレクトリとサイズを設定できる。RAMディスクがあり、100MBの設定をする場合には、下記朱記部分のように記載すれば良いことが分かる。

"C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe"
--disk-cache-dir="J:\chrome" --disk-cache-size=104857600


それでは、自分のPCで、具体的にキャッシュ設定をやってみよう。キャッシュを書き込む場所は、次の手順で・・・

① PC画面の下部のタスクバーにある「Google Chrome」のアイコンにマウスカーソルを合わせ、右クリックしてタスクのリストを表示する。

② リストの中から「Google Chrome」を選んで、マウスで右クリックすると、メニューが表示される。そのメニューから、「プロパティ」を選択し、マウス左クリックする。
Disk_cash_2
左図のようなプロパティの画面が開く。

③ リンク先の枠に書かれている
「"C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe"

(32bit版 と 64bit版 OSでは上記の場所が違っている筈(これは64bit版OS)) の、

”C: ・・・chrome.exe” の直後に、半角スペースを1つ追加して、キャッシュの記述をすればよい。

私のPCでは、RAMディスクは設定していないので、キャッシュサイズのみの指定とした。

キャッシュサイズは、1MBとしたので、ここに記載する数値は、1024*1024⇒
1048576 と書けばよい。追加するのは、「 --disk-cache-size=1048576」となる。 




④ 図のリンク先の枠内、半角スペース挿入を忘れずに、ハイライトしたように記載する。

⑤ この設定は、現在の画面で設定しただけでは有効にならないため、OSを再起動させて有効にする必要がある。

Chromeの速度は改善したように感じるけれど、何時までこの状態が維持できるのだろうか・・・

⇒その後 ・・・ 速度改善効果は長く続かなかった!・・・

« Windows10 [Google Chromeブラウザ] だけ表示が遅い | Main | Old Nakasendou route sharing map using Googlemaps for my trek »

PC and PC troubles」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Windows10 [Google Chromeブラウザ] だけ表示が遅い(その後):

« Windows10 [Google Chromeブラウザ] だけ表示が遅い | Main | Old Nakasendou route sharing map using Googlemaps for my trek »

August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ