« Gigabit Switching Hub(8ポート) のデータ転送速度の違い | Main | YouTubeで検索結果を連続的に再生させるアプリは・・・ »

03/03/2016

Raspberry Pi2 の OSMC で YouTube が使えない一時しのぎ

Raspberry Pi2 の OSMC で YouTube が使えなくなった。Google Developer API が v2 から v3 へ移行した事によるものと思われる。 対策は、API v3 認証すれば良いらしいが、Raspberry Pi2 で OSMC 起動中に、Google Developer API に入り API 認証する方法が良く分からない。

とにかく、あるアーティストの音楽を 今、ステレオ装置から聴きたいので、次のように一時しのぎした。

①Desktop PC から YouTube を起動し、
②検索したアーティストの音楽ビデオを「YDT Video Downloader」を使い.mp4(映像+音楽)形式で録画し、
③更に「DVDVideoSoft Free Studio」を使って、mp4 ⇒ mp3(音楽メディア専用)変換し、
④これをNAS内に入れて
④ネットワークプレイヤーを通してステレオ装置で聞くことにした。

映像は見られないが・・・一時しのぎにはなる。

しかし、
・・・とても面倒で不便です。

« Gigabit Switching Hub(8ポート) のデータ転送速度の違い | Main | YouTubeで検索結果を連続的に再生させるアプリは・・・ »

PC and PC troubles」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Raspberry Pi2 の OSMC で YouTube が使えない一時しのぎ:

« Gigabit Switching Hub(8ポート) のデータ転送速度の違い | Main | YouTubeで検索結果を連続的に再生させるアプリは・・・ »

August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ