« アスファルト路面を歩くトレッキングシューズ | Main | 紙用 穴あけパンチ »

12/10/2015

高尾山ハイキング

Photo_2 友人(登山は初心者)と12月6日(日)、高尾山をハイキングしてきた。 歩いたルートは、先日のブログで計画していたものと、ほぼ同じルートで濃い水色の部分。実歩行距離は、ほぼ16km。 重なっているマゼンダの色は、歩行計画のルート。
地図は、
UUD製作所製 Japan Digital Road Map Navigator and Topo 10m for Garmin GPS V5 を用いた。

陣馬高原下バス停⇒(明王林道)⇒底沢峠⇒堂所山⇒白沢峠⇒景信山(景信茶屋で昼食)⇒小仏峠⇒一丁平⇒高尾山⇒稲荷山3号路⇒清滝駅⇒高尾山口駅(京王電鉄)

Garmin eTrex30 (GPS) で実際に歩行を記録したログデータを下記に添付する。これをダウンロードして、Google Earthで開けば、3D的に歩行ルートを見る事が出来るし、同じルートを歩く際の参考になると思う。
 「mt_takao_hiking_06_dec_2015.gpx」をダウンロード

  《参考》Google Earthからの開き方は、
   ①ファイル⇒開く⇒ファイル名の右側の「v」をクリックして、Gps(*.gpx, ・・・)を選択
   ②次に、ダウンロードしたファイルを見つけハイライトして、「開く」をクリックし、
   ③Google Earth - GPS データイン は そのまま 「OK」をクリック
   ④画面がズームインしてログデータが地図の上に表示される。

高尾駅に到着したのは、予定のバス(高尾駅発8:12発)の発車時刻の数分後だった。バスの発車時刻が遅れると良いなぁとの期待もむなしく、バスは定刻通り発車したようだった。
バス停で所定の場所で並んで、次のバス(8:55発)を待った。高尾駅から陣馬高原下バス停までは、約30分の乗車時間。 渋滞やトラブルなく、予定通り陣馬高原下に到着した。
トイレを済ませ、午前9:30頃に、ハイキングを開始した。
今回の最終目的値は高尾山口なので、陣馬高原下からの歩行距離は、初心者にはかなり長くなる。それで、陣馬山への登山を諦
め、底沢峠から登ることにした。ゴール到着予定時刻は、午後3時~4時頃と考えていた。

《参考》 ルートの作成は、ヤマケイオンライン(コースタイム計画)から行った。具体的なルートは図の赤い線でなぞったルートのようになる。(図の上でクリックすると拡大表示される)
休憩は随時とりながら歩くことにした。長時間の休憩は、体温を下げるので、左図の計画では、標準時間に若干の休憩を加えて計画した。

Photo高尾駅のバス停では、陣馬高原行きの旗のところに一列になってバスを待つのが一人だったら辛いだろうなぁ・・・

陣馬高原下のトイレは、男性用1、女性用2なので、並んで待つことになる。ここから陣馬山上、あるいは景信山までトイレは無いので、注意!
高尾山のトイレ事情:初心者のための高尾山登山・ハイキング より




Dsc_6660 Dsc_6666 9:33 陣馬高原下のバス停を出発、今回は底沢峠に向かうので、橋を渡らず左のルートを進む。福源寺を左に見て、脇を通って舗装路を上って行く。

バスで陣馬高原下に来る人は、殆どの人が陣馬山に登るのだと思う。そのため、当日はこの道を通る人は、我々以外には居らず、静かな山道を登ることが出来た。山道をは整備されているし、標識も明確で、迷ったり心配することはなかった。

Dsc_6708Dsc_6724Dsc_6715Dsc_6758






10:43 底沢峠に到着 少し休んで 景信山方向へ
10:54
堂所山麓へ、山には登らず 巻き道を通る
11:42 景信山に到着 大勢のハイカーが昼食をとっていたので、空いているテーブルを見つけるのは大変だった。 昼食は、きのこ汁やうどんを注文して、外での食事を皆で楽しんだ。周りを見ると、餅つきをしている人たちや、大鍋できのこ汁などを作っているグループがあった。
12;12 食事を終えて高尾山へ向かってハイキングを再開。空は曇っていて陽の当たりが弱いので、平坦地や下り坂では少し涼しかった。

12:41 小仏峠に到着 ⇒ 城山は登らず巻き道を選択

Dsc_680013:41 高尾山頂に到着  山頂付近には大勢の人で賑わっていた。
    トイレと記念撮影を済ませて、
14:00 3号路を通って高尾山登山口へ
15:03 稲荷神社15:10 高橋屋到着




Dsc_6822_2 Dsc_6839_2 Dsc_6833_2 20151206_6824_2







ゴールの高尾ケーブルカー駅に到着後、黒砂糖入り甘酒で乾杯!
その後、蕎麦の高橋屋で天ぷら蕎麦を・・・ この店は柿の木で有名(店の屋根を突き破って柿の木が伸びているのが見える)なので、天ぷらには「スライスした干し柿の天ぷら」が付いてくる。

《情報》
JR高尾駅から 8:12発のバスに乗車するためには、少なくとも JR中央線快速高尾行(到着時刻8:01)に乗車する必要がある。

この電車は、7:38に西国分寺駅(2番線発)を発車します。 北朝霞・南越谷方面からの武蔵野線は、7:35に西国分寺駅(3番線着)に到着予定です。

《天候》
てんきとくらす 高尾山」によれば、12/6当日の天気は 晴れ 降水確率0%だったが、曇っていて気温が低かった!

《靴・服装など》
①シューズ:足になじんだもの。トレッキングシューズかランニングシューズも可。
②水筒:500mlペットボトル 2本(ミネラルウォーター、お茶など)程度
③タオル:汗ふき用など スポーツタオルでも可
④日焼け止め:日焼け止めオイル & 帽子
⑤健康保険証:コピーでも良いとは思うが・・・
⑥行動食:ちょっと甘いもの(チョコレート、キャンディーなど)
⑦お弁当:昼食用(おにぎりなど)
⑧長袖シャツ:吸汗速乾性の高い素材を使用したもの。綿製品は汗で濡れるとなかなか乾かず、体温を低下させるので使わないこと。化学繊維100%のものが良い
もしなければ、(メリノ)ウール100%の薄手のセーター。ウールは汗で濡れても身体を冷やし難いようなので・・・。
⑨パンツ:同上
⑩アンダーウェア:同上
⑪靴下:少し厚手で、綿製品で無いもの。ウールと化学繊維混紡のものなどが良い
   あまり厚手のものを履くと、足を圧迫する可能性もある。
   靴と靴下は、ハイキングに出かける前に、そこで使う組み合わせを実際に履いて、1kmほど歩いて足への負担が無い事を確認しておくこと。
⑫防寒着:休憩する際、下山する際に身体の温度調節をするためのもの。フリース、薄手のダウンジャケットなどコンパクトにたためるものが良い。
⑬サングラス:紫外線よけに持っているなら持参すると良い。

« アスファルト路面を歩くトレッキングシューズ | Main | 紙用 穴あけパンチ »

Field Walk」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540128/62826134

Listed below are links to weblogs that reference 高尾山ハイキング:

« アスファルト路面を歩くトレッキングシューズ | Main | 紙用 穴あけパンチ »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ