« ARCHISS RETRO AS-KBPD04/TBK 打鍵文字が違う | Main | 東北をAK12マーチ(ラフィート)で旅行 »

10/14/2015

Raspberry Pi2 に OSMC を Install し、YouTubeを見る

OSMC をインストールするために、インストーラー NOOBSを用いて OS をインストールする方法を記述しておく。

《起動用SDカードの作成》
①先ず、Wundows PCの Webブラウザを起動し、
  ラズベリーパイ財団の URL ( https://www.raspberrypi.org/ ) へ移動する。
②開いた窓画面の上部にあるタブ [DOWNLOADS] をクリックする。
③次の画面中程にある「THIRD PARTY OPERATING SYSTEM IMAGES
」の中から、「OSMC (Open Source Media Centre)」をマウスでクリックする。
④次に表示された画面が、OSMCが運用できるデバイス選択画面になっている。

 僕は「Raspberry Pi (Pi1&Pi2)」を選んで(マウスカーソルを近づけるとアイコンの色が変化する)、クリックした。
⑤クリックすると新たな画面にスクロールして、現在使って居るPC用のOSを選ぶ画面になった。 
 ここから「Windows」を選択して(先ほどと同じように、選択するためにマウスを近づけるアイコンの色が変わる)クリックした。
⑥次の窓画面では、Windows用のOSMCインストーラーのダウンロード選択画面になった。
 
焦って[↓Get It Here] のボタンをクリックしないこと。
 ここでは、「You can download the self-extracting installer here.」の文章の最後の単語「here」部分をクリックして、ファイルをダウンロードする。
⑦クリックすると 直ぐに「osmc-installer.exe」が ダウンロード用フォルダにダウンロードされる。
⑧ダウンロードフォルダにある
「osmc-installer.exe」をクリックして、自己解凍させる。
⑨解凍すると直ぐにアプリケーションが動き「Welcome to OSMC」の窓が開くので、
 上側の枠で、言語を選択・・・「English」のみしか無いではないか!
 下側の枠で、インストールするデバイスを選択する ・・・僕は、「Raspberry Pi2」を選択。
 そして、この窓の右下部にある三角矢印「▷」をクリックする。
⑩画面は、「select version」に変わるので、枠の中から一番新しいもの・・・僕の場合、ここでは[2015.09-2]を選択し、その直下にある下記のオプション
 □ use a local build on my computer (PC上でローカルな構築を使う)にチェックは入れない。 そして、
三角矢印「▷」をクリックする。
⑪画面は、「install options」に変わる。ここで、OSMCをインストールするディバイスを選択する。僕の場合は、「◎ on an SD card」として
三角矢印「▷」をクリックする。
⑫画面は、「networking」に変わった。Web上へのOSMC接続方法を設定する。
 僕の場合は、「◎ wired connection (有線)」とし
三角矢印「▷」をクリックした。
⑬画面は、「device selection」に変わった。
 「何処にOSMCをインストールするのか?」という表示だが、未だPCにSDカードを差し込んでいなかった・・・。
 SDカードを入れて[refresh]ボタンを押したら、画面上にSDカードの内容が表示された。
 《注記》 もし、正しくFormatされた micro SDカードが刺さって居ないと、この device selection でディバイスが表示されない。 ディバイスが表示されない場合には、SDカードのフォーマットや、使っているアダプタの仕様を確認した方が良い。

  表示された microSDカードを選択し、
三角矢印「▷」をクリックした。
⑭画面は、「license agreement」が表示された。
 □ I accept the End User License Agreement にチェックを入れ、
三角矢印「▷」をクリックした。
⑮画面は、「downloading」になり、softwareのダウンロードが始まった。
⑯ダウンロードが終了すると、PCの画面上に「Are you sure?」という窓が開く。
 内容は、下記のようになっている。
   選択したディバイスに確かにOSMCをインストールしたいのですね?
   OSMCは、個人データの損失に関しては責任は無いですよ。 ということなので、
 「Yes」をクリックした。
 これで、ダウンロードが完結し、次の画面で「congratulations」と表示された。
 そこで、[quit]ボタンをクリックして、SDカードへのインストールは終了した。
⑰SDカードをPCから抜き取る。

《OSMCのセットアップ》
①Raspberry Pi2 に micro SD カードを差し込み、電源をON!

②自動的に OSMC の Format 次に Install が始まり、問題なく終了!

③インストールが成功すると、自動的に再起動され OSMC が起動する。

④しばらくそのまま放置すると、Welcome と表示され ここで使用する言語を選択する。
 ここでは English にして Japanese を選ばないこと。
 Japanese に設定してしまうと、文字化けしてしまい、メニュー内容が見えなくなった。やむなく電源Off!
⇒ この段階で Japanese を選択すると、文字化けするので再度 SDカード作りから始めるか、言語を English に戻す必要がある。

⑤Timezone を設定する。
 Asia を選んで、その中から Tokyo を選択する。

⑥次に Host name の設定。ここでは変更しないで osmc そのままとした。

⑦その下の行にある Accept をクリックし、次の画面のライセンス契約事項の右側にある Continue をクリックする。

⑧次の画面では表示方法を OSMC / Classic から選ぶことが出来る。
僕は、OSMCを選択した。

⑨ニュースレターを受け取るかという質問なので、「No thanks」を選んで、設定は終了する。 画面左メニュー一覧の 一番下にある Exit をクリックしてこの画面から出る。

《OSMC に Youtube 設定》
Dsc_2422 Dsc_2425 Dsc_2435PCで Setup 後、TV とステレオに接続し YouTube を見ているところ。
TV の右の赤いパイロットランプの装置が Raspberry Pi2



①Videos ⇒ Video add-ons と選択し、
 次の画面で、 Get more... をクリックする。

②リストを スクロールして、「YouTube」を選択する。


③Add-on  Information の画面で YouTube が表示されているはず。
 左下の Install をクリックする。⇒ Download が始まる。終了したら、1画面戻って、YouTubeをクリックする。

④setup 画面になるので Yes をクリックする。

⑤Language と region の調整画面になる。
 Language は 文字化けしないように English を選択し、
 region は Japan を選択する。

⑥次に、
 Search を使って、キーワードを入れて、そのキーワードに関連する Youtube ネタを探してみる。
 キーボードが繋がっていれば、キーボードからダイレクトにタイプしてキーワードを入れても良い。
 例えば 僕は「Diana Krall」とタイプしてみた。
 検索された結果が次々に画面に表示される。

⑦表示されたビデオから お気に入りのものを選んでクリックすると、そのビデオがストリーミングされ、動画が流れ始めた!


《メニューの日本語化》
言語設定を English として Youtube を視聴する際に、日本のアーティストを検索しようとすると、英語でタイトル名が入れられるものでも、検索結果の日本語表示部分は文字化けして内容を判別出来なかった。そのため、ネット上にある日本語化の情報を頼りに、自分の Raspberry Pi2 を日本語表示できる設定にしようとしたが、暫定的なデータの保管エリアにフォントデータが書き込めないようで、うまく行かなかった。
日本語化の処理手順を変えてみれば、処理上の問題は発生せずに、うまく日本語化できるるかもしれないと思い、更に調べてみた。
その結果、次の方法で日本語化することが出来た。

私のケースで上手くいったのは、ここ(OSMC - Lisa Wiki) に書いてあった方法であった。HPの作成者に感謝!
①先ず、Raspberry Pi2のIPアドレスを調べてから、
②Tera Term を使って上記ページの 日本語表示 に記載の
sudo su  から curl ... 迄の4行を打ち込み(下記の4行)

sudo su
apt-get update
apt-get install xz-utils
curl http://www.lisa.jp/osmcfonts | sh -

③Settings->Appearance->International->Language->Japanese で日本語表示させる事が出来た。
しかし、日本語化出来てみると、英語メニュー表示に慣れてしまった為か、日本語のメニュー表現がちょっと違和感を感じてしまう。
いつでも必要な時に③で日本語化できるので、英語表現に戻しておく事にした。
設定->外観->インターナショナル->言語->English で英語表示に戻すことができる。

« ARCHISS RETRO AS-KBPD04/TBK 打鍵文字が違う | Main | 東北をAK12マーチ(ラフィート)で旅行 »

PC and PC troubles」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540128/62244033

Listed below are links to weblogs that reference Raspberry Pi2 に OSMC を Install し、YouTubeを見る:

« ARCHISS RETRO AS-KBPD04/TBK 打鍵文字が違う | Main | 東北をAK12マーチ(ラフィート)で旅行 »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ