« 尾瀬と会津駒ヶ岳トレッキング | Main | 旧中山道を歩く 中軽井沢→芦田→和田峠→下諏訪→奈良井→木曽福島 »

10/31/2015

紅葉の奈良 トレッキング計画概要

Photo 奈良、紅葉の名所 談山(たんざん)神社、大和国長谷寺兵主(ひょうず)神社を歩いて写真を撮りたい。

東京から京都駅まで夜行バスで行けば、早朝には京都駅に到着する。
①トレッキング初日は、京都駅からJR飛鳥駅か、JR岡寺駅まで移動し、その駅から談山神社へトレッキングする。談山神社へは、西側から東に向かって歩くことになる。しかし、山道から西側の飛鳥の里を見れば、順光になるので、万葉展望台から綺麗な写真が撮れる可能性はある。
談山神社参拝後、時間的余裕があれば、展望が良いとされる御破烈山(h=607m)に上る。
帰路は、談山神社バス停(神社の南)か、あるいは多武峯バス停(神社の東)から桜井駅までをバスで移動するか、あるいは体力的な余裕があれば、トレッキングで移動する。 その日は、桜井駅周辺で宿泊し、

②トレッキングの二日目は、近鉄線で長谷寺駅まで移動し 長谷寺→鳥見山展望台→近鉄榛原(はいばら)駅までを、東海自然歩道に沿って約12kmを歩く。
次に、榛原駅から室生口大野駅までは近鉄線で移動し、ここから室生寺まで約6kmをトレッキング。
室生寺からの帰路は、バスで室生口大野駅まで戻り、桜井市内の宿泊所に戻る。
この前述のケースでは、長谷寺から室生口大野駅までは東を向いて歩くので、逆光になる。室生寺を先に参拝して、その後、榛原駅から長谷寺まで歩けば、順光で撮影できるが、長谷寺に到着する時刻が遅くなって、陽が傾き始める頃になると、光量が落ちて、紅葉の色もくすんで写ることになる可能性がある。室生口大野駅と室生寺の間の移動をバスで行い、榛原駅到着時刻をなるべく繰り上げるように時間配分するのが良さそうだ。

③三日目は、山の辺の道を天理方向に歩いて、JR巻向駅の東にある兵主神社までトレッキング。あるいは、三輪山(h=467.1m)に登る。
三輪山の登拝(ご神体の山なので登山とは言わない)に関しては、Yahoo!トラベルの旅メモ「大神神社 三輪山 登拝」が大変参考になる。三輪山往復 には、2~3時間を要すると書かれている。また、登拝出来ない日もある。
その後、京都まで戻り、時間があれば、京都の夜景、紅葉のライトアップを見て、その後、夜行バスで東京へ戻る。


注記:添付の地図は「桜井市観光資料 ひみこの里・記紀万葉のふるさと さくらい」から地図の一部を引用した。

⇒(2015/11/26)
天気も安定してきそうなので、もう少し具体的なスケジュールを考えてみた。
バスの到着地を京都では無く桜井駅としたので、上記のスケジュールとはちょっと違っている。
11/28:新宿BT(23:15)奈良交通やまと号21便
11/29: 6:40 近鉄桜井駅北口着 ⇒歩いて談山神社へ  宿泊は桜井駅周辺
11/30: 8:00 宿泊先に荷物を置いて 長谷寺・室生寺へ  宿泊は同上
12/01: 8:00 奈良公園へ その後 洛北の圓光寺 ⇒ 京都駅から夜行バス(22:55発)あるいは、三重(四日市)に
12/02: 夜行バスを使う場合、6:25 東京八重洲口着

⇒昨夜は晴れの予想だったのに・・・今確認したら 28~30日の天気は雨になるような感じ・・・ 見直すか・・・

« 尾瀬と会津駒ヶ岳トレッキング | Main | 旧中山道を歩く 中軽井沢→芦田→和田峠→下諏訪→奈良井→木曽福島 »

Field Walk」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540128/62589072

Listed below are links to weblogs that reference 紅葉の奈良 トレッキング計画概要:

« 尾瀬と会津駒ヶ岳トレッキング | Main | 旧中山道を歩く 中軽井沢→芦田→和田峠→下諏訪→奈良井→木曽福島 »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ