« Raspberry Pi2用 OSMCの設定方法 | Main | カメラの塗装のはげを直す »

09/22/2015

LANケーブルの更新

拙宅内の有線ネットワークの速度が出ないので、LANケーブルを確認してみた。
自宅内のLANケーブル設置は、自分で行ったものだが、設置してから時間も経過していて、自分ではどのカテゴリーのものをどのように使ったか、全く覚えていなかったので、ルーターからハブ間、ハブからハブ間、ハブからPCなどのディバイス間のチェックを行った。

①光通信
CAT. 5 を使用
⇒ CAT.7 に交換

②ルーター(RT-200KI
││CAT. 5 を使用 ⇒ CAT.7 に交換
│└PC1 自作機

│CAT. 6 を使用 ⇒ CAT.7 に交換
ギガビットスイッチングHUB-1 (ダイニング)
│││CAT. 5 を使用 ⇒ CAT.5E に交換
││└TEAC NP-H750
││
││Cat. (Laneed 28AWG 4P 6) 不明
│└ギガビットスイッチングHUB-2 (居間)
│  │││CAT. 5 を使用 ⇒ CAT.5E に交換
│  ││└PC2 Apple P
│  ││CAT. 5E を使用 ⇒ CAT.7 に交換
│  │└Printer HL-4570CDW
│  │CAT. 6 を使用
│  └PC3  Let's Note B10

│CAT. 5  3本繋ぎを使用 ⇒ CAT.7 に交換(3本)
ギガビットスイッチングHUB-3 (2F)
│││││CAT. 5E を使用 ⇒ CAT.7 に交換(2本)
││││└NAS  QNAP/ 他1機
││││CAT. 6
│││└TV Panasonic
│││Cat. 不明(Laneed 28AWG 4P 6) ⇒ CAT.7 に交換
││└PC4 自作機
││(追加機器) CAT.6
│└Onkyo C-7050


│CAT. 5E を使用 ⇒ CAT.7 に交換
ギガビットスイッチングHUB-4 (2F)
││││(追加機器) CAT.6
│││└Logitec LAN-W300N/PR5B を AP接続 (スマホ用WiFi 機器)
│││CAT. 5E を使用
⇒ CAT.7 に交換
││└Printer HL-5450DN
││CAT. 5 を使用
│└PC5 Let's Note S9
│CAT. 5 を使用 ⇒ CAT.7 に交換
PC6  自作機

HUBに繋いでいる主要な機器を描けば、ざっと上記のような構成である。
上記を見て分かるように、自宅内のHUBはギガビットのものを使っているにも拘わらず、幹線となる部分を繋いでいるのが CAT. 5 のケーブルになっている事が分かる。これでは信号が安定しない可能性が高いのではないかと思われる。

主要な部分それぞれを繋ぐケーブルを、対ノイズ性のある CAT. 7 に変更する事にして、ケーブルの長さと本数をリストアップし、価格.com で価格を調べ、リーズナブルなLANケーブルを選定し発注した。交換するケーブルは 15本、費用は 2万円を少し越えてしまった。


購入予定のLANケーブル概要
TWC-701WH (1m) : 4本  @877 Amazon
TWC-702WH (2m) : 3本  @1,136 Amazon
TWC-703WH (3m) : 4本  @1,418 Amazon
TWC-705WH (5m) : 1本  @1,509 Amazon
KB-FLU7-10W (10m) : 3本  @2,227 Amazon


LANケーブルが納品され、拙宅のケーブルを換装後、通信速度などについて 此処に記載したいと思う。

⇒ 2015/09/28 本日ケーブルが配達されたので、早速ホームネットワーク上で使っている基軸上にあるLANケーブルを交換した。交換したのは、ホームネットワークで使っているLANケーブル全体の約2/3本に相当する。
Dsc_0041 Dsc_0043
左図:購入したLANケーブル
右図:取り外したLANケーブル





上記中、朱記した部分は本日交換したところ。通信速度は、biglobe の通信速度診断を使い、Windows10 OSの PC(自作機) で計測した結果

交換前(5回計測の平均値)  交換後(14回計測の平均値)
32.265 Mbps                    ⇒     26.431 Mbps

午前中は通信速度が速かったが、午後になり、時間が遅くなるに従って徐々に通信速度が低下してきている。速度の数値は、ケーブル交換前より落ちているが、PCでネットサーフィンしている感覚的には、通信速度が落ちている実感はあまりない。
ケーブルを交換した直後は、通信のアクセス反応が早いように感じられた。

《備考》
私が使っていたLANケーブルの中で、カテゴリーが分からなかった 「
Laneed 28AWG 4P 6」は、ELECOMのブランド名のもので 28AWGはケーブルの太さを表し、4Pは4ペア8芯を意味し、次の「6」がカテゴリーを表しているらしい。 ただ、メーカーから表記方法について示したものが見つからないので、本当だろうか?と 少し不安を感じる。ネット上でもこの表記法に関する質問が多く見られた。購入時には商品が入った袋には記載してあったのだろうけれど、暫く時間が経過すると、分からなくなるので、カテゴリー6なら 6という数値だけで無く、CAT.6という表記をして欲しかった。
・Onkyo C-7050 をネットワーク内に追加した。

« Raspberry Pi2用 OSMCの設定方法 | Main | カメラの塗装のはげを直す »

PC and PC troubles」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference LANケーブルの更新:

« Raspberry Pi2用 OSMCの設定方法 | Main | カメラの塗装のはげを直す »

August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ