« 岩手山を登る(+八幡平を歩く)計画 | Main | Let's Note CF-S9 Windows10 Upgrade で DPPM uninstall Error »

08/16/2015

Mini-ITXで作る自作PC

 妹に貸していたWindows7 PCがシステム不調でログイン時のパスワードを認識しなくなってしまった。打ち込んだパスワードに間違いは無いが、パスワードを認識しなくなった原因が分からない。妹には、より高速のCPU、メモリー、SSDを搭載したPCを渡し、不調のPCを引き取って調べて見た。
 パスワード入力部分で停まってしまい、ログイン出来ない!パスワードを入力する表示画面までの起動時間も極めて遅い。結局、Windows7 のシステムディスクを使ってシステムを修復した。
 システムを修復後、PCはこれまでのパスワードでログイン出来るようになり、デスクトップ画面にも異常はない。しかし起動時間が極めて長くかかる。

 参考までに、このPCの仕様概要は下記のようになっている。
 ・
CPU Core2 Duo E8400  @3.00GHz
 ・マザーボード  P5Q-EM (Asus)
 ・
グラフィックカード  HD4670 512M
 ・
HDD WD7500AACS
 ・
OS: Windows7 64bit
     

 ・アプリケーション: かなり沢山詰め込んである
起動時のソフトを調べると相当な数がある。それでもこれを制作したときには、これほど起動時間が遅いわけでは無かった。

 レジストリ等の掃除が出来る私のお気に入りのフリーソフト「CCleaner」 を使って、不要なデータ部分を削除し、レジストリの掃除をしたが、それでも体感できる起動時間はあまり変化が無かった。そのためスタートアップに入っているソフトを調べて、Helpファイル、アップデートのためのアプリ等は極力削除し、削除することが不安なアプリは「無効」設定にして、起動時に走るアプリを 7個に絞り込んだ。
 また、念のため、Cドライブ HDDのデフラグも実施。その結果、起動時間はかなり早くなったし、インターネットへのアクセス時間も短縮した。
電源ONからパスワード力画面までの時間を計測すると、1分22秒。パスワードを入れてからWindows画面までは、約40秒かかっている。しかし、絶対的な処理速度は遅くてイライラしてしまう。

  システムのエクスペリエンス・インデックスは、5.8 で内訳は下記。HDDが、処理速度のボトルネックになっている。

  プロセッサ     6.5
  メモリ        6.7
  グラフィックス 6.8
  HDD        5.8

 このような背景から、HDDをSSDにすることでエクスペリエンス・インデックスは向上するが・・・、処理速度の体感速度は、まだ低いため、アップグレードする事にした。

 ATX電源、DVDドライブは未だ十分使えるものなので、この電源とDVDドライブを利用出来る Mini-ITX でPCを組むことにした。悩んだのはCPU(およびマザーボード)の選択である。
 安価に纏めようとするとAMDかな・・・と思うが、CPUは、高速な仕様のFXを使うとすれば、マザーボードの規格がAM3+であり、intel系に比べるとアーキテクチャが旧式で陳腐化している。より新しいマザーボードで選ぶなら、「グラフィックスがCPU内蔵」のFM2+ソケットのものになるが、それならば CPUは A10-7870Kになりそうだ。 
しかし、この構成・・・なぜか魅力に乏しい。intelからは、新しいSkylake (第6世代)が発売されたが、僕はハイエンドマシンを作る気は無いので、いろいろ悩んだあげく、CPUは第4世代プロセッサ Core i5-4590[3.3GHz] [Quad-Core/4Thread]を選び、マザーボードには、チップセットに Intel Z97 を使った Gigabyte製 GA-Z97N-WIFI で組み立てることにした。

1131019116 1140509299 Pckoubou_0735858280136 1130907181











このPCの部品構成は下記で組み立て、OSは Windows7 64bit を入れる事にした。
Case : 
RC-130-KKN1-JP [ Elite 130 Cube ]
Mother Board : GA-Z97N-WIFI
CPU : Core i5-4590 Box (Haswell Refresh)
Memory : CMY16GX3M2A2400C11R

 本日、ケースとマザーボードが届いた。CPUは明日午前中に到着する予定。メモリーは在庫が無くて取り寄せになり、日程が読めない。使わ無くなって手持ちの64GBのSSDで組み立てる予定だが、ネットを調べると大容量のSSDが安価になっているので欲しくなった・・・。
 マザーボードには、拡張PCI Express 16x のスロットが1つ有るだけだが、16xまでの仕様であれば、スロットへの装着互換性があるらしい。1xの仕様のTVカードがあるので、グラフィックボードは使わず、このTVカードを挿せて機能すると良いのだが・・・ ⇒ グラフィックボードのスロット
(16x)にTVカード(1x)を挿して電源を入れてみたが、画面真っ黒のままで、Windows7の画面には到達出来ず。

SSD : Transcend製 SSD370S  512GB を購入した。 購入したSSDは、メインのPCの256MB(Plextor PX-256)と換装し、mini-ITX のPCのCドライブは 256GBとすることとした。

クローンディスクを製作するために、TranscendのURL(http://transcend-info.com/Support/Software-10/ )をチェックして、Clone作成用アプリをdownloadして実行しようとしたが、やり方が良く分からない。Destination Disk と additional options を選んで Start ボタンを押してもソフトが起動してくれない。 そのため、「窓の杜」にあるクローン製作フリーアプリ「Renee Becca」をインストールしてCloneディスクを製作作業を行った。
(Windows用アプリのダウンロード場所は、このURLの場所にある。)僕は、無料のライセンスキー登録は行わずにクローンディスクを作成出来た。
・作成元の容量に対して作成先の容量の方が大きいので、先ずは同じ大きさの容量のまま作成先にクローンを作成し、作ったクローンディスクでPCを立ち上げた後、Windowsのシステムツール(コントロールパネル⇒システムとセキュリティ⇒管理ツールの中にある「ハードディスク パーティションの作成とフォーマット」を開いて、システムの領域を拡張した)でシステムの領域を 476GBに拡張した。

mini-ITX は、システムディスクを入れてOSをインストール後、Gigabyteのドライバーディスクをインストールした。このあと、必要なアプリを入れて、Windows10をインストールしようと思う。

《参考情報》
Cooler Master Elite 130 (mini ITX PCケース) ホームページ
Cooler Master Elite 130 荷ほどき (youtube 英語)
Cooler Master Elite 130 インストレーション事例 (youtube 英語)

《取り外したマザーボードとCPU&メモリー》
Dsc_3862 Dsc_3863PCケースから取り外した状態
① マザーボード(P5Q-EM )、
② CPU Core2 Duo E8400  @3.00GHz
③ メモリー PC2-6400 2GBx2


« 岩手山を登る(+八幡平を歩く)計画 | Main | Let's Note CF-S9 Windows10 Upgrade で DPPM uninstall Error »

PC and PC troubles」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Mini-ITXで作る自作PC:

« 岩手山を登る(+八幡平を歩く)計画 | Main | Let's Note CF-S9 Windows10 Upgrade で DPPM uninstall Error »

August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ