« 撮影した写真の時間情報を修正する | Main | Corsair H100i GTX 換装時 間違えてCPUファン認識トラブル »

06/05/2015

撮影した写真にGPSログから位置情報を書き込む

Viewnx_2撮影した写真にGPSログデータを使って、後からジオタグを書き込む方法

★先ず、ジオタグを書き込む画像の時刻(写真が撮影された時刻)が正確であるかどうかを確認する。
 写真を撮影したカメラの現在時刻を確認し、もし、時刻のズレがある場合には、PlayMemories(SONY製フリーソフト)等を使って、画像の時刻を予め補正しておくこと。
 僕は撮影が終われば直ぐに歩き出したり移動したりするし、移動している車両の中から撮影する場合もあるので、時刻が1分でもズレていれば、位置情報は80m(時速5kmで移動したとすると)ほど違う場所になってしまう可能性もある。

★ViewNX 2 (Nikon製のフリーソフト)を起動する。
 《注記》 未だViewNX 2 をインストールしていない場合には、Nikon のダウンロードセンターへ行き Download & Install すること。

①ログマッチング(画像に位置情報を書き込む)する画像を選択する。
 画像の選択方法は、

 ViewNX 2 を起動後、編集 ⇒ 全て選択 としてそのフォルダにある全ての画像を選択するか、あるいは ログマッチング対象とする(画像に位置情報を書き込む)画像のみを選択する(Ctrl+画像をマウスで選択)。

 《注記》 選択画像数は、PCの処理能力に合わせて、処理する画像数を少なめで行うのが良い。 僕の場合、「まつだいの棚田を見るトレッキング」の画像を全選択では、 663枚となるため、2回に分けて処理したが、3回以上に分けた方が処理は速かったかもしれない。

②ソフトのツールバー上の「Log Matching」のアイコンをクリックする。

  ⇒ 選択肢が 2つ表示されるが、「Log Matching」を選んでクリックする。

③「Log Matching」の窓が開く。
 窓の右側には、「画像ファイル」の一覧が表示されることを確認する。

 窓の左側にある「トラックログファイル」の枠下にある「追加」ボタンを(2回)クリックする。

 
④「開く」窓が開くので、トラックログを記録した 「.gpx」データファイルを指定する。
 《注記》 ここで、ルート情報を記載したファイルもログデータと同じ「.gpx」拡張子なので、間違えないように指定する。

⑤ファイルを選択すると、「Log Maching」の左側画面「トラックログファイル」には、選択されたログデータファイル名が、下には、ロギングされたルート地図が表示されている事を確認する。
 また、ログデータと適合すると思われる画像ファイルには、
チェックマークが付いている。


《注記》ここで、
「Log Maching」の窓の中にある「設定」をクリックすると、位置情報の割り当て方を変更できる。僕は「最も近いトラックポイント( 1点)を使用する」(多分、この割り当て方法がデフォルト値だと思われる)を使っている。 

⑥⑤に間違いが無ければ、右下の「保存」をクリックすれば、ジオタグが書き込まれる。
 もし、書き込んだ後でも ジオタグの場所に間違いがあれば、
その画像を選択し ⇒ マウスで右クリックしてメニューを表示 ⇒ 「位置情報の削除」を選んでクリックする。 これで、簡単に位置情報部分を削除する事ができる。

ジオタグ付き画像を地図の上で見る方法
ViewNX 2 を使って、上記の処理が終了した画像を地図上で見るには、
①ViewNX 2 を起動し、画面左側にあるフォルダからジオタグを書き込んだファイルを選択する。
②ツールバーの左側(2つ目)にある「地図」アイコンをクリック。地図に関する注記が表示されるが、「OK」をクリックする。
 ⇒アプリ画面中央部に地図が表示され、ジオタグを持った写真の位置が『青いピン』で表示されている。加えて、画面の下には写真が一列に表示されており、ジオタグが書き込まれている写真には、その下に地球儀を模したマークが表示されている。

③写真を選択すると、地図上の『ピン』の青い色が明るく表示されるので、撮影位置が特定出来る。また、地図上の『青いピン』をクリックすると、その位置で撮影された写真(およびメタデータ)が表示され、画面下の写真枠がハイライト(薄いグレー色でハイライト)される。
 同じ位置情報に対して、画像が複数ある場合には、複数の画像の写真枠がハイライトされ、地図上に吹き出しで表示された写真データ名の左右には、「◀」「▶」のマークが表示されるので、それらの複数画像を確認する事が出来る。

Explorer を開いていて、選択したファイルの位置を地図上で見るには、
予め、「ViewNX 2」ソフトをインストールしておく必要がある。ソフトの場所はこの画面の上部に書いてあるので、要すれば参照すること。

①ファイルをマウス右クリックしてメニューを表示する。
②「プログラムから開く」⇒「既定のプログラムの選択」を選択する。
 多分、表示されたプログラムリストの中には、「ViewNX 2」は見つからないと思うので、
「その他のオプション」をクリックし、「このPCで別のアプリを探す」をクリックする。
③「プログラムから開く・・・」の窓が開くので、
 Program Files ⇒ Nikon ⇒ ViewNX 2 と選択して行き、「ViewNX2.exe」を選んで「開く」をクリックする。
④ViewNX 2 が起動し、Explorer で
選択した画像が薄いグレー色の枠でハイライトされている筈だ。⇒ツールバーの左部にある「地図」アイコンをクリックする。
 世界地図の中に、「青いピン」が刺さった部分があるはず(日本地図の上に青いピンが刺さっている筈)なので、その部分を拡大してゆけば、撮影場所の詳細位置が分かる。

« 撮影した写真の時間情報を修正する | Main | Corsair H100i GTX 換装時 間違えてCPUファン認識トラブル »

PC and PC troubles」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540128/61694155

Listed below are links to weblogs that reference 撮影した写真にGPSログから位置情報を書き込む:

« 撮影した写真の時間情報を修正する | Main | Corsair H100i GTX 換装時 間違えてCPUファン認識トラブル »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ