« 秩父横瀬町にある寺坂の棚田 | Main | まつだいの棚田をみるトレッキング計画 その2 »

05/21/2015

再び「山の辺の道」三輪から奈良まで

先月の4月23日、今回は三輪から北上して奈良を目指して歩いた。前日、吉野山を歩いて、山の辺の道をスタートするに良さそうな宿は無いかと探して、その夜、三輪にあるゲストハウスを選んだ。
Dsc_0224Dsc_0213Dsc_0216 宿は夕食が付いていないので、宿の主人に教えて戴き、宿から20mくらいの距離にある居酒屋を教えて貰
った。店の女将が作ったおふくろの味が沢山有って、楽しい夕食をすることが出来た。

Dsc_0232 翌朝は宿で宿泊している人たちと一緒に美味しい朝食を戴き、トレッキングをスタートした。
このトレッキングから帰宅して3週間ほどして、IT関係の専門書を探しに書店に行った際、その店頭で「日本の古道」(別冊宝島2329:宝島社 定価\1000+税、2015年5月10日発行と雑誌には書いてある)を見つけた。山の辺の道、熊野古道、萩往還などの紹介が写真入りで簡潔に纏められている。この雑誌を購入して今回歩いた「山の辺の道」を振り返って考えてみると、『こう歩けば良かった・・・』と思えるシーンが沢山見つかった。出来れば、この旅に出る前にこの雑誌に出会いたかったものだ。雑誌で紹介されている”天理と桜井の間”の山の辺の道だけでも、もう一度一日かけて歩きたいものだと思った。

僕はGarminのGPS eTrex30 を持って歩いたので、歩いたルートはログデータとして記録されている。左図にそれを示す。
ログの生データも添付するが、私がこのファイルをGoogle Earthを使って、自分のPCで開くときには、その手順で次のように表示結果に違いがある。(尚、Google Earthは既にPCにインストールされているとします。)
《手順:①、②》
①Google Earthを起動し、「ファイル(F)」 ⇒ 「開く」 とクリックして、
  ファイル選択窓が開いた際に、ファイル記載枠の右側にある拡張子を「Gps(*.gpx *.loc *.mps ・・・)」に変更し、ログデータを選択し 「開く(O)」。
  次の画面では、「Google Earth - GPS データインポート」の窓が開くが、そのままの設定で「OK」をクリックする。

②ログデータを右クリックして、プログラムから「開く(H)」 ⇒ Google Earth を選択する。

《表示結果》

①の場合は、私の実トレッキングの結果が水色の線で表示され、計画のルートが赤い線で示される。
②の場合は、私がトレッキングの前に計画したルートのみが赤い線で表示される。

なぜそうなるのか・・・深く調べて居ないので分からないが、添付したファイルをダウンロードした場合には、この違いは発生しないかもしれない。
「20150423_from_miwa_to_nara_hotel.gpx」をダウンロード

さて、私は、2日前に歩いた京都で靴の紐締め調整を適当にしていた為に、足の指が痛くて未だ直りきっていなかった。三輪の宿を出る際に、靴紐をもっと緩めてさえいれば、痛い思いをしながら歩くことは無かったのに・・・。気づくのが遅すぎた。僕は靴紐をいつも右側から締める。「さあ、出かけるぞ!」っていう気合いが入る為か、右側の靴紐を蝶結びする際の紐の余りしろが、左側よりいつも多い。足の指先の痛みも、右側の方が強い痛みを感じる。 家に戻って、この靴を履いて裏の自然公園の中を歩く際に、靴紐をたっぷりと緩めてみると、指が片当たりする所も無い。靴紐を少しずつ締めて、緩すぎないところで結んだ。・・・今は、とても快適な状態でこの靴を履いて歩いている。奥多摩の山道を 23km歩いた際にもこの靴で歩いて、足の指の強い痛みは特に無かった。
余談が多くなりすぎてしまった・・・

トレック結果
トレッキングしたルート上での時間を、BaseCampを使って、振り返ってみた。
  8:12 三輪の宿『町屋ゲストハウス三輪
  8:16 JR三輪駅を通り過ぎ
  8:26 平等寺のある交差点
  8:31 大神神社境内に入る
  8:40 大神神社の鳥居を出て
  9:03 玄賓庵 (ここで庵の足下を滑らせて、壁に頭を打ち付けてしまった)
  9:10 檜原神社前
  9:50 額田王歌碑前
  9:55 景行天皇陵前
10:25 崇神天皇陵前
10:35 天理市トレイルセンター前を通過
    長岳寺周辺で道に迷う ・・・ 長岳寺境内には入らず
10:59 念仏寺入り口
11:07 萱生環濠集落付近
11:19 竹之内環濠集落付近
11:30 夜都伎神社境内
    足の指が痛いため、この境内で靴を脱いで足を休めた
11:58 天理観光農園「Cafe わわ」 で昼食
12:43 昼食・休息を終え再度出発
12:58 内山永久寺跡前
13:09 石上神宮境内
13:27 豊日神社前
13:39 豊井町交差点
14:04 25号線(名阪国道)ガード下
14:18 白川ダム管理センター傍
14:21 池の下にあるT字路交差点
14:53 弘仁寺
15:29 藤本自動車(Y字交差点)
15:50 太師堂脇の道上
15:51 円照寺境内
16:04 崇道天皇陵
16:11 嶋田神社脇
16:14 藤原観音堂脇
16:27 自衛隊藤原宿舎
16:52 八坂神社前
17:43 福智院北交差点
17:50 奈良ホテル(泊)

歩行距離(GPSログ結果): 29.8km
経過時間 : 9:37:43

移動時間 : 7:35:17
停止時間 : 2:02:26
平均スピード : 3.09km/h (停止時間を含めた経過時間で計算)


トレック後半の八坂神社から宿までの間、道路上に置かれている「山の辺の道」の標識を見失ったり、GPSに入れてあるルートがここから先部分が消えてしまっていたりして、「歩行計画のルート」を歩くことが出来なかった。多分疲れで思考力が低下していたのかもしれない。

持参したGPSとカメラ
GPS: Garmin eTrex30

カメラ&レンズ: Nikon D800 & AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

« 秩父横瀬町にある寺坂の棚田 | Main | まつだいの棚田をみるトレッキング計画 その2 »

Field Walk」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 再び「山の辺の道」三輪から奈良まで:

« 秩父横瀬町にある寺坂の棚田 | Main | まつだいの棚田をみるトレッキング計画 その2 »

August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ