« トレッキング用シューズ購入 | Main | 京都を歩く »

04/19/2015

トレッキング計画と実歩行の進捗リアルタイム管理

トレッキングが長時間になる場合、計画時刻に対してどれくらいの遅れが発生しているのか、残りの行程をどれくらいの速度で歩けば良いのかをスマートフォンで確認できるようにしたいと考えてExcelで計画表を作ってみた。
予め、目標になりやすい場所とそこまでの距離の表を作成した。

目標地点と距離についての僕のやり方は、
 ①GarminのBaseCampを使って、歩行ルートを設定
 ②Excelシートを開いて、1km程度の間隔で目標とする場所とスタート地点からの距離を書き込んだ
 ③その後、この表には 計画平均歩行速度、最終到着目標時刻(表の枠が狭いので E時 と置いた)

表に関しては、

Photo  ④トレッキングのスタート時刻を入れられるようにして、
 ⑤最終目標到達時刻に対して、現在時刻での進捗状況を現せるようにした。
 ⑥最終目標地点への距離は、この表の一番下の行に入っている累積距離のデータを参照している。

 ⑦表の最左列は、現在時刻から計算した、現在時刻ならここまで到達しているべき という状態を表すためのマーキングで、●:既歩行を ○:これからの歩行 を示している。
 ⑧2列目は、現在地をユーザーがマーキングするもので、英小文字”p”と入れると、表の右端列に、当初計画時刻で歩行スタートし、平均歩行速度で歩いたと仮定した場合、目的時間に対して、どのような歩行速度で歩くべきかの数値を示しており、最右列は、最遅到達時刻 E時までに目的地に到着するためには、この場所
以降必要な歩行速度を示している。


スマートフォンでの使い方

 ①PCで必要な編集作業を行い、「.xls」で保存
 ②保存場所は、GoogleDrive として、スプレッドシートでこのデータを見る
 ③上側から2行の固定、や最左1列の固定を行う
 ④表の全体像が見にくければ、スマートフォンの画面上で拡大縮小する
 ⑤文字が大きければ、フォントサイズを1ポイント小さくする

この表をダウンロード出来るように此処に置くので、適宜ダウンロードしてご覧戴きたい。
「trekking_schedule.xls」をダウンロード

表中、薄いブルーでマスキングした部分がデータ入力可能なところである。
目標地点を除くそれ以外の場所は、計算式が入っているので、消さないように注意して欲しい。
この表を活用して、トレッキング計画を行う場合、データ数が増えた場合には、追加した行の為の計算式は、前後の行をコピーして保管すること。そして、整合性があることを確認すること。
データ行数が少ない場合にも、最終行が目標距離になると判断して表計算を作成しているので、行を削除した前後行で計算式が不整合になるため、削除した行の上の行データをコピーして計算の整合性を確認すること。

尚、この表データを利用して生じた全ての問題について、当方は一切関知するものでは無く、その責任はいっさい負わないので、承知の上使って戴きたい。

« トレッキング用シューズ購入 | Main | 京都を歩く »

PC and PC troubles」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference トレッキング計画と実歩行の進捗リアルタイム管理:

« トレッキング用シューズ購入 | Main | 京都を歩く »

August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ