« August 2014 | Main | October 2014 »

September 2014

09/29/2014

GIMPのメニュー表示をPhotoshopに近づける

私は、今年9月中旬から職業訓練校に通い、Web Creatorとしての勉強を始めた。講義はPhotoshopの使い方から始まった。学校に居る時間内でPCで作業して、その使い方を学ぶが、実践で使ってみたいと思ったPhotoshopツールの使い方も、Photoshopを持っていない私には、同じ手順で処理することができない。

有料版、無料版を含め、個人的に所有している画像編集ソフトとしては、”Corel PaintShop Pro X6, Photoshop Elements 9, Nikon Picture Control Utility 2”などがあるが、Photoshopと比べると、それらのアプリがカバーしている範囲が狭かったり、ツールで使われている用語や、ツールバーの中に入れられた各項目が違ったりしているので、学校で学んだことをうまく活かせない。

仮に就職した際、あるいは個人的にPhotoshopを入手した際のことを考えると、現在学んでいるツールとはVersion等が違っているだろうから、学校では ツール体系やツールの考え方を学ぶ事が重要だとは認識しているが、手元に類似のツール体系をもったものが有るか否かではその理解度が大きく違うだろうと思う。

今のところは、業務で使うほど高度なことは行わないが、教則本に則ってツールを使ってみて、自分の理解を早めたい。そのためのPhotoshopが有れば・・・というのが背景にある。

PhotoshopがCC版となった現在、CS版は販売終了になり購入できない。CS版を格安で購入できないかと、ずいぶんググってみたが、調べると、いろいろ問題が有りそうなことが予見される。
悩みながらネットを見ていると、Linuxに興味を持ち始め、自作PCにインストールし始めたころ、少し使った事がある『GIMP』を使った画像処理の情報が目に入った。タイトルは、「無料画像編集ツール『GIMP』をフォトショップっぽく使ってみよう」で、これはまさに自分が現在望んでいる事に当てはまりそうだと考えられるので、利用させて戴いて同じ手順で設定してみることにした。
ただ設定記述ページが長く、自分として把握し難いので、手順のメモとして、下記のように纏めさせてもらった。

手順概要
①GIMPをダウンロードし、インストールする。
②GIMPのショートカットをPhotoshopと同じにする。
③②で行ったショートカットのキー割り当てを見直す。
④レイヤーに関するプラグインソフトをダウンロードして、インストールする。
⑤「キャンバス境界にスナップ」をデフォルトにする。
⑥「レイヤー境界線の表示」をデフォルトにする。
⑦「移動ツール」の機能をPhotoshopと同じにする。
⑧「Content Aware Fill」の代用プラグインをインストールする。
⑨ICCカラープロファイルをインストールする。
⑩「CMYK変換」のプラグインをインストールする。
⑪作業環境をカスタマイズする。

以上

これから上記設定を具体的に行ってみて、問題点や気づいたところ等あれば、このページをアップデートして下記に記載したいと思う。

先ず、GIMPについては、窓の杜の中にあるのでそこからダウンロードしインストールした。

窓の杜:GIMP Ver.2.8.14 (2014/08/26) 対応OS:Windows XP以降  
  
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/gimp/
Gimpの公式サイト http://www.gimp.org/  を覗いてみると、9/2にアップデートされている。
その内容は、以下の通り。気になる方は、公式サイトからダウンロードするのが良さそうだ。
『We have released an
updated 2.8.14 installer (http) for Microsoft Windows. This one fixes the crash on window resize and the missing icons bugs - all by updating the included GTK+ library to 2.24.24. 
Still unsolved are the
missing spacing character in the zoom drop down and the disappearing background on high zooms (updating the Pango and Cairo libraries that are didn't change anything there), investigations continue. 
Please continue to
report bugs, we can't fix what we don't know about. 』

僕が行った設定
①GIMPのインストールなので、最新版をインストール
②未実施
  理由:問題が起きた時に対応すればいいと判断
③未実施
  理由:問題が起きた時に対応すればいいと判断
④実施
  Layer via Copy をインストール
⑤未実施
  理由:.../.gimp-2.8/gimprc  が見つからないため
⑥未実施
  理由:慣れの問題のようなので対応せず
⑦実施
  理由:ツールオプションの設定で対応できる問題であるため
⑧一部実施
  理由:ResynthesizerとHeal Selectionの中の必要なファイルをpluginに入れるとあるが、
     Resynthesizerの方のみ実施、Heal Selectionは設定がよく分からないため未実施
⑨未実施
  理由:必要に応じて対応すればいいと判断
⑩未実施
  理由:必要に応じて対応すればいいと判断
⑪実施
  理由:実施すればPhotoshopと見かけが似通ったものになるため

設定後のGIMP

Gimp 早速使い始めたが、レイヤーパネルに表示されているべき「削除」「新レイヤーの追加」「レイヤーの移動」などのコマンドボタンが表示されていない!マウスカーソルを近づけると機能が表示される。

他にもいろいろ問題が有るかもしれない・・・








Gimpupdate_2最新アップデートで上書きインストールしたら上記の問題指摘の部分(コマンドアイコンの非表示)はFixされていた。











クイックマスクで選択範囲を作成する方法
ネットで調べて、やっと分かった。次のURLが大変分かりやすくて参考になった。
http://ru1102.cocolog-nifty.com/kirakira/2010/06/post-a97b.html

①はじめに「選択範囲エディタ」のボタンをクリックして、
②次に「投げ縄ツール」で適当な範囲を選択する。
  ここで右上の選択エディタのウインドウを見ると、選択された範囲がくりぬかれている事がわかる。
③クイックマスクモードのボタン(作業している画面領域の左下隅にある)をクリックすると、画面上に赤の透過色の非マスク範囲の中に、選択されたマスク範囲が表示される。
 ここで、ブラシを使って画像を背景色(黒)で塗ると非選択範囲を塗ることになり、描画色(白)で塗ると選択範囲を塗ることになる。
④ブラシの径を変え、画像を拡大などして選択範囲の境界付近を細かく塗れば、細かな選択範囲が作成できる。また選択範囲に非選択範囲が食い込んでいるところは、消しゴムツールで消せばよい。

尚、選択範囲は、ペン型のツールのパスを使って選択しても良い。

09/26/2014

Trek (Oze National Park) : Oshimizu -> Mt.Hiuchigatake -> Miike

20140920_09391120140920_103405_h20140920_102527_hdrI trekked to Mt.Hiuchigatake (燧ヶ岳) last Saturday with friends of mine. Mt.Hiuchigatake has five peaks near a crater. It's Mt.Shibayasugura (柴安嵓) (h=2,356m), Mt.Manaitagura (俎嵓) (h=2,346.0m), Mt.Minobuchidake (ミノブチ岳) (h=2,201m) and other two mountains. (These three pictures are the shot by Caroline-san)

Photo20140920_124205_hThe trek route plan was that we enter from Oshimizu bus terminal and pass out to Miike through to Mt.Hiuchigatake. We climbed to Mt.Shibayasugura, Mt.Manaitagura and Mt.Minobuchidake in Mt.Hiuchigatake. After that, we visited to the two beautiful Tashiro, Kumazawa-Tashiro and Hirosawa-Tashiro moors. (UP/right : shot by Caroline-san)
The word "Tashiro" is signifying the gaping hole with shallow pond in the moor of grassy plain.
Dsc_2787Dsc_2796I thought that the autumn color of grass plain in Oze was the best season. I took many pictures. But at the summit of Mt.Manaitagura, I made something wrong exposure value, so the shots of my pictures after Mt.Manaitagura were all overexposure and it can not be corrected. These beautiful landscape and autumn color are now in my brain.  I'm shocking very much now.

Regarding the purchase of a over-night bus ticket, we have to buy it on the day before yesterday. At that time, the weather of Sunday was clear while in the morning.
So, I decided to buy an over-night bus ticket to Oshimizu (大清水) of Oze. It's a overnight bus by Kanetsu Kotsu (関越交通) to Oze National Park. The one-way ticket from Kawagoe to Oshimizu was 3600yen.

The URL of the Kanetsu Kotsu is the next.
http://www.kan-etsu.net/publics/index/17/

《 In detail 》
I rode on the over-night bus at 23:30pm from West Exit Bus Station of JR Kawagoe station (川越駅西口バス停). The bus operates from Shinjyuku to Oshimizu Oze every day on all on-season.
There were many hikers on the bus at that night. My height is 174cm tall. An anteroposterior width of the seat was not sufficient for me because the seat was filled by hikers on the bus. All the member of this hike was short of sleep, but we could not sleep well on the bus.

Dsc_2702Dsc_2705Dsc_2706The bus arrived at Oshimizu bus terminal at about 3:40am. I rode off the bus in the dark night. I ate two rice-balls as a breakfast in the dark before the bus arrived at Oshimizu bus terminal (h=1180m). After that, we started to walk to Ozenuma at about 4:08am after a break time, but the environment was still dark and cold. I had to need a light to walk.


Dsc_2707Dsc_2716The sun dawn gradually began about 4:30am, the surrounding sound was only the small waterfall's of a stream. We arrived at the Ichinose rest house about 5:05am, we took a short rest. It took about 1 hour from Oshimizu to Ichinose. A mountain road from Oshimizu to Sanpei Pass is uphill for a while. We could not see a sunrise because we were walking in the grove of trees.

Dsc_2724Dsc_2726Dsc_2738We passed Sanpei Pass at 6:13am. A road to Sanpei-shita is downhill. We arrived at the Ozenuma-sanso lodge that is located near the waypoint of "Sanpei-shita" and close to the pond.

The place called "Sanpei-shita", we arrived at the point at 6:26am, and the place is the final place that has a toilet.
Dsc_2739Dsc_2757Dsc_2785When you walked a little along the pond, you can see the Ozenuma and far away from the pond you can see Mt.Hiuchigatake. And, I could see some pretty autumn flowers around the boardwalk.
Dsc_2765_stitchDsc_2772
The grass field was the state of beautiful autumn color. The base color of the field was beautiful yellow.
I walked on the boardwalk along the edge of the pond till the branch connection of Hiuchi-shindou.
I went through a branch connection to Mt.Hiuchigatake at 7:12am.

Dsc_2803Dsc_2815After the branch point, the boardwalk pass vanished, and the path was gradually steepy and difficult to get a foothold. I have to walk on a squashy road before I visited. But, the mountain path had made it good maintenance than before I trekked, so it reduced the bad squashy road that I have to walk.
Other members were more than about 20 years younger than me, so it was a little difficult for me to walk with their young walk pace. We took a break after every 20~30 minutes walk.
The higher pace walk reduces the body energy easily, so the time schedule was getting late than I walked before. A few hikers and trail runners went through us. There were a few trek-runner.
Dsc_2851Dsc_2852We arrived at the Mt.Minobuchidake at 9:14am. The altitude of Mt.Minobuchidake is 2,201m above sea level. It has a wide and smooth area and you can see Ozenuma (尾瀬沼) and see Mt.Manaitagura behind. We could see the peak of Mt.Manaitagura from this point, so it elicited the will power to climb the mountain. We took a short rest, and took a few pictures, and we walked towards Mt.Manaitagura.

Dsc_2876

It had many big rocks around the top of the mountain, so I felt difficult to get a foothold while climbing up. I got the top of Mt.Manaitagura at 9:39am. The altitude of the point is 2,330m above sea level. It took about 4.5hours from Oshimizu.
We took a short rest again and took some pictures.


Dsc_2899After that, we went to the next highest summit Mt.Shibayasugura (h=2,356m) that is the highest mountain in Tohoku area in Japan.
The height of the mountain is only about 10~20m higher than Mt.Manaitagura. We have to walk steep downhill 50m and climb up 60m to climb Mt.Shibayasugura. Some hikers leave their luggage on the Mt.Manaitagura, and climb to Mt.Shibayasugura, so we did the same way. I thought that it's a good way available in Japan reason why we believe there are no robberies at that place, because the mountain path is narrow and steep.

Dsc_2903
While we were climbing Mt.Shibayasugura, I saw a Yorkshire
terrier dog is coming down with an elder person. The dog was walking down easily, despite a small body.
I guess that it was not so young but it was a tough hiker.



Dsc_2904Dsc_2924I got the top of Mt.Shibayasugura at 10:16am.
At view from top of the Mt.Shibayasugura, I got a wonderful Ozenuma and Ozegahara view. I could command a panoramic view of Ozegahara and Ozenuma.
I felt cool wind that flows at the top of the mountain.
I returned to Mt.Manaitagura at 10:55am.
I took a short break and started to Miike at 11:48am.


20140920_124205_h_220140920_124605_h20140920_125005_hAfter a steep downhill, I could see the beautiful view of Kumazawa-tashiro from the trek path. But, I had to watch my step because the boardwalk was the state of obliquity to the right for over 100m. I arrived at Kumazawa-tashiro at 12:48am. We took a break at this place and looked back Mt.Hiuchigatake. (These three pictures are the shot by Harada-san)
A long narrow walking board that leads from the mountain on the grass field gave me a dynamic landscape.
I passed Hirosawa-tashiro at 13:27am. After passed Hirosawa-tashiro, the path was steep and tough downhill again. The mountain path was wet, easy to slide, coated with moss and clay, so difficult to find a safety foothold without slip. At the downhill, I had to get down on the treacherous narrow space or on the rock many times. Especially the end part of this trekking, I thought that the route was very tough and steep path.

We arrived at Miike at 14:17pm without injury and in safety.
I asked a staff about the time table of bus departure time. He told me "Ordinarily the next bus is 16:40pm but today has an extra bus at 15:30", so I had had 50minutes leeway.
It was very lucky space of time to get refresh. I bathed to Onsen, washed out sweat and dust and changed to a new T-shirt.

Dscn7535Dscn7537
I bought two ice-creams and drank a canned beer that set up from a friend of mine. The many hikers were going to go to Aizu-Kogen-Ozeguchi (会津高原尾瀬口) station.
The bus drove with great speed without a stop, but it took about 85minutes to Ozekogen.



Dscn7539Dscn7543Dscn7545So the bus arrived at Ozekogen at about 16:55, and it was 30 minutes before the train coming.





Dscn7547Dscn7548
The ticket gate service by station stuff was blackout, so I have to buy a ticket on the train but it brought a time-saving that enables us to eat something at a station restaurant in the station. I ate a "Tempra Soba(Left picture/RH)" in the station restaurant. So, I took a train, and bought a ticket in the train. The train could be transfered easily from Tobu Railway to JR "Shonan-Shinjyuku line to Oiso" at Tochigi staion.

《 Trek Route 》
Walking_placeTrek_route_on_hiuchigatake
Oshimizu(大清水) -> Sanpei Pass(三平峠) -> Mt.Minobuchidake(ミノブチ岳) -> Mt.Manaitagura(俎嵓) -> Mt.Shibayasugura(柴安嵓) -> Mt.Manaitagura -> Kumasawa-Tashiro(熊沢田代) ->Miike(御池)
 : about 19km walk


* The blue line of above map is the route result of my trek.

My logged data of Garmin GPS on this Oze trek
「current_track__20_sep_2014_03_48_002.gpx」をダウンロード
If you download the logged data, you can check the route by Google Earth.

Time result and Comments

  4:08am Start of the trek : Oshimizu (大清水 h=1180m)
  5:00am Ichinose Kyukeiyo (一ノ瀬休憩所 h=1423m)
  6:13am Sanpei Pass (三平峠 h=1757m)
  6:26am Sanpei-sita (三平下 h=1666m)
  7:00am Oze Shitsugen branch (尾瀬湿原分岐 h=1665m)
  7:12am Hiuchi Shindou branch (燧新道分岐 h=1668m)
  9:14am Mt.Minobuchi (ミノブチ岳 h=2201m)
  9:39am Mt.Manaitagura (俎嵓 h=2332m)
10:16am Mt.Shibayasugura (柴安嵓 h=2356m)
10:55am Mt.Manaitagura (h=2332m)
12:48pm Kumasawa-Tashiro (熊沢田代 h=1954m) 
13:27pm Hirosawa-Tashiro (広沢田代 h=1756m)
14:17pm Arrived at Miike (御池 h=1513m)
            We took a Onsen bath at Oze Miike Lodge. It's fee 500yen per person.
15:30pm Departure time of Extra Shuttle bus to Aizu-Kogen-Ozeguchi (会津高原尾瀬口) station

《 Key Notes 》
Location : Southern part of Fukushima Prefecture
       Oze National Park
Destination : Mt.Hiuchigatake (燧ヶ岳)
                  One of the 100 famous mountain group in Japan.
                  Highest mountain in Tohoku area in Japan.
Date walked : Sept 19-20,(Friday & Saturday), 2014
Trekked person : 5 (1-Swede, 1-Americans, 3-Japanese )
Map : Japan RoadNavi 25000 v5 produced by UUD Co.,Ltd.
        TKA 高精細地図
GPS : Garmin eTrex30, Oregon 650
Book : 「尾瀬をあるく」(大人の遠足BOOK 東日本#10) JTB Publishing Inc.
Walk type : Mountain walk
Difficulty : Tough (uphill 1450m, downhill 1128m)
Distance : about 19.1km
Time taken : about 10:13:13 ( includes breaks 3:29:59 )

09/25/2014

Nikon1 用 望遠レンズ購入

Nikon1用の望遠レンズが欲しいと思い、それに組み合わせるレンズを、ず~と検討し、探していた。私は、Nikon1用に一眼レフのレンズが使えるアダプタを持っているので、D800と共有できるレンズが良いと思っていた。そのため、FXフォーマットで使えるレンズで、広角側は 24mmあるいは28mm、望遠側は 120mm~300mm程度あるものが欲しかった。

しかし、山歩きやトレッキングを中心に考えると、D800を持って数回山を登り、長距離のトレッキングをしてみると、D800なら綺麗な写真は撮れるが、その対価となる重さとバックパックの中に占める容積の大きさは、かなりの負担と感じていた。そのため、Nikon1専用のズームレンズも購入対象の範囲に入れたのである。

Nikon1に軽くて使い易いのは、NIKKOR VR 10-100mm F4-5.6 となる(FX換算で、 27-270mm)を対象と考えたが、このレンズを単品で購入するとなると、新品購入で 75,000円 中古品は、中古市場には ほとんど出回らない。
しかし最近、レンズの鏡筒が黒でなくても良くて、Nikon1 J3 カメラのセット購入品ならば、今 このレンズが付いて、43,000円ほどの価格で購入できることが分かって、購入を決断した。
望遠レンズ単品を買う予定が、Nikon1 J3 のボディまで購入してしまったが、出費はレンズを単体で購入するよりも、かなりお安く入手できたのかなと思う。


81fgs31bsxl__sl1500_僕が購入したのは、左の写真にあるキット

Nikon ミラーレス一眼 Nikon 1 J3 小型10倍ズームキット1 NIKKOR VR 10-100mm f/4-5.6付属 ホワイト N1J310ZKWH  である。

僕のNikon1 V1に、このホワイトのズームレンズを装着すると、どんな雰囲気になるか、ちょっと気にはなるが、面白い色の組み合わせだ!
商品が到着するのは、月末になりそうだ。
(購入した左の商品写真は、商品を購入した Amazon.co.jp から引用させて戴いた。)


⇒これを注文して翌日の今日、在庫が無く、入荷の予定がたたないとの事で、キャンセルのメールが届いた。
 そのため、急遽、ネットで販売しているショップを探してみたところ、4万円を切る価格で今日出品しているショップを見つけた!昼休みを使って、早速オーダーしたので、明日には商品が到着するだろう。

⇒商品が到着!
Dscn7560Dscn7568Dscn7577







早速装着してみた。 レンズの質感の違いは大きいが、カメラシステムとして重量・容積も圧倒的に違いがある。黒のボディに白いズームレンズも悪くない!

⇒SDカードが到着! Toshiba製 SDXC仕様 Exceria  64GB
Dscn7578






09/15/2014

Mountain walk on Mt.Kengamine(h=3026m) ( Norikura mountain )

Dsc_2525Dsc_2506I climbed to the Norikura mountain this Monday with a friend of mine.
We arrived at a parking lot of the Norikura-Kanko-Center on mid-night. The reason why we arrived at the destination place in the night is based on the sequential holidays. From Saturday to Monday were the sequential holidays in Japan.
All the express way surrounding Tokyo had the traffic jam in these holidays specially in daytime. The length of traffic jam of each express way is over 30km long. So, I thought a plan to go to the destination place during night. If I do it along the plan, I can see the sunrise on the destination place.

The parking fee of Norikura-Kanko-Center (乗鞍観光センター: Norikura tourism center) was free. The around the summit of Mt.Norikura is a my-car restricted area because of environment concern. So we have to go to the entrance place Tenjindaira of Mt.Norikura by a shuttle bus.
The departure time of a shuttle bus to Tenjindaira (天神平) was 4:10am. This shuttle bus is the special tour for summer season to see the sunrize from the mountain. So we thought to take a nap till 3:30am, but the temperature in a car was too cold to sleep. According to sources from a staff of the bus company right before the departure time, before the sunrise, the temperature of the summit of the mountain was about zero degrees Centigrade. It stands to reason.
Dscn7475Dscn7473Dscn7475_2I bought a round trip bus ticket to Tenjindaira. There were very many hikers waiting for the bus, so the three motorcoach of about 40 person ridable operated. I dropped off at a bus stop one stop before Tenjindaira terminal, and walked toward the summit of Mt.Fujimidake.

Dscn7486Dsc_2324Dsc_2351The sun was just about to make an appearance at the East mountain. I wanted to see it at the summit of the mountain but I thought it was very difficult, so I had set the camera on the middle of the mountain. The sun appeared on a small clearance gap between mountain ridge line and cloud. But soon the sun was hidden in the cloud, but it was a very beautiful sunrise. The temperature was getting warmer and surrounding area around us was getting brighter, we walked up to the summit of Fujimi mountain(富士見岳)
.

Dsc_2418Dsc_2380Dsc_2381The autumn color of the mountain skirt was not still. When I arrived at the entrance of Mt.Kengamine, I saw a string of colorful dot by hikers on the mountain path to the summit. The degree of the mountain path was very tough, but 6 year old girl was climbing with her mother. Her effort had set fire to our willing heart.

Dsc_2471Dsc_2486Dsc_2525_2We climbed to the summit of the mountain Mt.Kengamine (剣ヶ峰 h=3026m) at 7:10am.
The landscape from the mountain gave me a strong impression.
The weather was cloudy, but it was in the higher level, it is called that it means not a blue sky but cloudy.

Dsc_2476Dsc_2485Dsc_2558
At the top of the mountain it has a caldera lake, I saw it and 360degrees fine view, these were splendid views, but it was cloudy.


Dsc_2345Dsc_2637Dsc_2647
I could see a snowy gorge on the mountain side above caldera lake. We walked down to the mountain and went to the bus terminal of Tenjindaira.


Dsc_2676Dsc_2682The departure time of the shuttle bus to Norikura-Kanko-Center(乗鞍観光センター) is on a regular schedule about one hour. We got it in a suitable timing and went back to the parking lot. I could see the beautiful view through the shuttle bus windows.



Dscn7515Dscn7503After arriving to the parking lot, I refreshed the weary body by soaking in a hotspring bath house beside the parking lot. The color of the hotspring was white turbidity and I felt smooth than clear hot water. I came back refreshed and had an early lunch meal in the facility restaurant.



Dscn7509

At the bath house(湯けむり館: Yukemurikan), I bought a set-ticket of 1500yen that combined with meal ticket worth of 1200yen and bathe. I thought it was a great price of the set ticket. But when I combine the meals that I want to eat, the price got over 1200yen. I could bathe the hotspring only 300yen, and I could use 1200yen for the meal.



<< Trekking result and information >>
Photo
Walked distance : 5.9km
Elapsed time      : 3:48:27
Travelling time   : 2:19:09
Stop time          : 1:29:18


[time]           [comments]
  3:55   A shuttle bus to Tenjindaira was pulled off
  5:02   The bus arrived at the entrance of the mountain.
 
         I walked up to Mt.Fujimidake.
  5:50   Mt.Fujimidake (富士見岳 h=2817m)
  6:15   In front of Katanokoya lodge (肩の小屋)
  6:16   The entrance of the mountain

  7:10   The summit of Mt.Kengamine (剣ヶ峰 h=3026m) of Mt.Norikura.
           We took a break and breakfast.
  7:18   We went down the mountain.
  8:11   (Washing room : at Norikura Observatory of Tokyo University)
  8:15   Katanokoya lodge
  8:50   Tenjindaira (天神平)
  9:06   A shuttle bus to Kanko Center(観光センター) was pulled off.
  9:55   I arrived at Kanko Center.


<< Download : Trek Data >>

「current_track__15_sep_2014_03_43_001_trek_route.gpx」をダウンロード

09/14/2014

Windows8.1+IE11 アドオンの有効/無効

私のPC(OS:Windows8.1 64bit版、ネットブラウザ:IE11) では、IE11のアドオンを無効にすると、動画が見られなくなる。当然と言えばそうだが・・・

実は、IE11を使っていて、URLボタンをクリックしても頻繁に停まったようになったり反応が遅くなる。その対策に対するネット情報で「アドオンを無効にする」があり、実施してみた。
しかし、それは動画が見られなくなることが分かり、結局のところアドオンは有効に戻した。

Ccleaner私のPCの場合、IE11が遅くなる事と、IEのインターネット一時ファイル容量が大きくなる事とはどうやら比例関係にあるようなので、『CCleaner Free』を起動して、クリーナー機能を使い、クリーンアップしてゆくことにする。






動画が上手く動かないとお悩みの貴兄は、このアドオンが無効になっている可能性があるので、「有効」に変えると動画が見られるのではないかと思う。

Addonアドオンの無効/有効化の方法
①コントロールパネル⇒ネットワークとインターネットをクリック
②インターネットオプションの中にあるブラウザーのアドオンの管理を選択しクリック
③インターネットのプロパティの窓が開くので、プログラムのタブをクリックし、その中の項目「アドオンの管理(M)」をクリックする。
④アドオンの管理の窓が開くので、左側の欄から「ツールバーと拡張機能(T)」を選ぶ
⑤右側のリスト(黒字部分)の中のどれか一つの項目を選択した後、「Ctrl」+「A」のキーを同時に押す⇒これで全てのアドオンが選択されたので、右下にある「すべて有効(E)」のボタンをクリックし、「閉じる(L)」
⑥すべての窓で、戻り、IEを起動してみる。⇒多分動画は動くのではないかと思う。

但し、この方法で有効にしても、IE11とは 「互換性なし」 と蹴られてしまうアドオン( Java Plug-In SSV Helper, Java Plug-In 2 SSV Helper )もある。それでも動画は見られるのではないかと思うが・・・私のPCでは、そうだから・・・。

09/09/2014

Trek to Mt.Tanigawa

20140908Dscn0280I climbed up Mt.Tanigawadake (h=1977m) through Nishiguro ridge path at 8th September in 2014.
The mountain is one of the famous mountain in Japan.
But I was in the mist at the summit of the mountain!
My trek route was the green line, I started from the rightside up at 8:33am and walked to the left point, this is the summit of the mountain at noon, and walked down to the right on the left map to the terminal of the ropeway, that was 13:43pm
The map I used for Garmin Oregon 650 : 高精細地図 by TKA

Dscn0298Dscn0294Dscn0299At the morning, the weather was fine and I could see the summit. The weather forecast of the last night reported it'll be fine and good for mountain climb, but it was getting worse while I climb it up. When I climbed at the summit of the mountain, I was in the mist.


Dscn0249I parked my car in the Base Plaza of ropeway service. The entrance of the mountain path was a little distance away from the Plaza. I walked up on the paved road to the entrance. The left picture is the entrance of the Nishiguro ridge walk. The gradient of the mountain path is very hard, but the route has few branch, so it's easy to get the direction.
On the rock climbing point, the direction to the summit has been showing by a yellow-line paint. I show one of the rock climbing point of this path at the below picture.


Dscn0277Dscn0287The mountain path gradient was going steep uphill. And the gradient of the uphill was not dropped almost till the summit. There was many places that I have to climb up like a lock climbing. And there were many places that prepared the chain for climbing
I was overtaken from three younger hikers while I was walking to the summit of the mountain.



Dscn0323Dscn0327Dscn0330I went back to the car parking lot by ropeway from Tenjindaira.






Too many hikers were on the summit around, and they were taking a lunch and a break.

20140908_220140908The walk way of Nishiguro ridge that I climbed has a long steep ridge walk. So it's not suitable for the average or beginner hikers. I guess that the hikers came walking through from the ridge of Tenjin and they used the ropeway to save the physical energy. It'll be about 140minutes walk to the average hiker from the Tenjindaira ropeway terminal to the summit of the mountain, so I think it's a good easier way to get the summit.
Map: Use UUD Japan Digital Road Map Navigator and Topo 10m for Garmin GPS V5
        (The map I attached in my blog was used this apprication software. ).

<< Trekking result and information >>
8:33 I started to walk to Mt.Tanigawatake (谷川岳) from the Base Plaza parking.
8:42 The entrance of the mountain path. I walked on to the Nishiguro ridge path (西黒尾根).
10:19 Rakudano-Se(ラクダの背)
11:49 One of the peak of Mt.Tanigawadake "Tomano-mimi(h=1963m)" トマノ耳
         I took a piece of chocorate and short time break
12:08 The summit of Mt.Tanigawadake "Okino-mimi(h=1977m)" オキノ耳
         I walked down on the Tenjin ridge-path (天神尾根) to the ropeway terminal.
12:23 The branching point to the Tenjin ridge path
12:26 "Katano-koya" lodge
13:43 The ropeway terminal station (谷川岳ロープウェイ 天神平駅)
         Oneway ticket fee of the ropeway was 1200yen.
         http://www.tanigawadake-rw.com/tanigawadake/

<< Gears >>
(1) GPS : Garmin Oregon650
(2) Warm Jacket : thin down parka
(3) A mobile phone and a smart phone
(4) Headlight : BlackDiamond Storm
(5) Umbrella : Lifeventure (folding umbrella which can be opened and closed single hand)
(6) Emergency set
(7) Waterproof Jaket
(8) Glove
(9) Emergency foods
(10) Water, Sport drink : It's about 1.0 liters
(11) Towel
(12) Cap
(13) Camera : P340 compact digital camera
(14) Spare battery for GPS
(15) Backpack:  MILLET SAAS FEE 2, 30

<< Download : Trek Data >>
「current_track__08_sep_2014_08_33_002.gpx」をダウンロード

09/07/2014

RocketTab がアンインストールできない問題

Rocket_tabRocket tab というソフトをコントロールパネルからアンインストールしたのに、起動時に「'C:\Program Files(x86)\RocketTab\Client.exe'が見つかりません。名前を正しく入力したかどうかを確認してから、やり直してください。」とメッセージが表示される。

タスクマネジャーを開いてスタートアッププログラムに起動を促すアプリが残っているのか?と調べたが、それに関するものは見つからなかった。

表示された警告メッセージを確認するために『c:\program files(x86)\rocket tab\client.exe』の各フォルダを確認したが、『rocket tab』という「空フォルダ」が見つかったため削除し、PCを再起動したが、起動後の画面には同じ表示が出る。
PCのスタートアップとレジストリが関わっていると考え、次のアプリケーションをインストールして『RocketTab』にかかわる問題を調べることにした。

1)Registry Cleaner 7 をインストールして、レジストリをクリーンアップしたが、効果なし。

2)CCleaner v4.17 をインストールし、
 ①クリーナー(C)をデフォルトで実行
  「Windows」「アプリケーション」夫々のタブでクリーンアップを実施

 ②ツール(T)をクリックして確認
  スタートアップの中の「スケジュールされたタスク」を確認すると、
  
『RocketTab』と『RocketTab Update Task』が自動起動「有効」となっていることを確認。
  タスクマネージャーのスタートアップには表示されていなかったのに・・・、やはりこのようなツールを使わないと分からないのか・・・
  
この2つのエントリをハイライトして選択、エントリの削除を実行。

 ③PCの再起動を行い、問題点が解消したか否かを確認。
   ⇒PC起動時、メッセージの表示はなくなった。

09/06/2014

Windows8.1+IE11 ネット接続速度の改善

IE11の起動直後、新たなURLへの接続速度が極めて遅い。しかし、イーサネットの速度を調べると、遅いというほどではない。そのため、Hubの問題ではないか?とかイーサネットカードの問題ではないか?などと考え、部品を換えたりしてやってみたが、ほとんど改善することはなかった。
ネットを調べていて行き当たった「Windows7のネットワークが遅くなる時の対処法」を試したところ、ある程度の効果があるように思われるので、ここに記載する。

参考とさせて頂いたURLは”初心者サーバ運営野郎のWINDOWSに関する、ちょっとしたワザ”の《Windows7のネットワークが遅いときに試す3つの方法》 
http://www.windows-tips.info/2013/05/10/windows-7-netwoek-snp-offload/ である。

私のPC(OSは、Windows8.1, 64bit版で、IE11)で実施したのは、下記2項目 1)SNPの無効化 と 2)オフロードの無効化 である

1)SNP(Scalable Networking Pack)の無効化
  手順は、下記①~⑥
 ①画面左下のWindowsアイコンを右クリックし、「コマンド プロンプト(管理者)(A)」を選んでクリックする。
 ②「管理者:コマンド プロンプト」を起動し、下行のコマンドを打ち込む。
  まず、画面のコマンド入力部分に、次のコマンドを打ち込み、
   netsh int tcp show global

  実行して、PCの下記3項目について、SNPの状態(下記3項目の状態)を確認する。

   Receive-Side Scaling 状態
   Chimney オフロード状態
   NetDMA状態

    もし、それらの値が”enable”、あるいは ”automatic”になっていれば、下記の方法で、それらの値を無効化”disabled”にする。


 具体的な処置
 ③Receive-Side Scaling 状態 を無効化するために、
  次のコマンドを管理者コマンド プロンプトの入力部分に打ち込む
  netsh int tcp set global rss=disabled

     実行して、「OK」と表示されれば、この状態は無効化されたことになる。

 ④
Chimney オフロード状態 を無効化するために、
  次のコマンドを管理者コマンド プロンプトの入力部分に打ち込む
     netsh int tcp set global chimney=disabled

     実行して、「OK」と表示されれば、この状態は無効化されたことになる。

  ⑤NetDMA状態 を無効化するために、

  次のコマンドを管理者コマンド プロンプトの入力部分に打ち込む
  netsh int tcp set gloabl netdma=disabled


     実行して、「OK」と表示されれば、この状態は無効化されたことになる。

  ⑥ ③④⑤を実行したことにより、SNPの機能は全て無効化した筈なので、SNPの状態を確認してみる。

  確認のため、②で打ち込んだコマンドを再度打ち込み、SNPの状態を確認する
   netsh int tcp show global


Snp
  3つの状態が全て”disabled”になっていれば良い。
 私のPCでは、左図のようになった。






《追記》
実は、上記の設定をした後で確認したことなのだが、私が使っているネットワークカードには、『SNP対応』という明確な記述が見つからなかった。使っているネットワークカードが SNP に対応していない限り、PCでSNPの設定をしても、全く意味がない。そのため、この SNP を無効にする事で、ネットワークの改善が図れる可能性があるというネット情報から、SNP関連項目を ”disabled” に設定したのである。


   
2)オフロードの無効化
 手順は、下記①~④で、『ネットワークと共有センター』を開いて、プロパティの値を変更する。

 ①「ネットワークと共有センター」の窓を開く⇒「アダプターの設定変更」を選択する。
 ②このPCで接続しているイーサネット(カード)を示すアイコンを選び、マウスで右クリック⇒「プロパティ」を選択しクリックする。
 ③「構成(C)」をクリックする。
 ④「イーサネットアダプタのプロパティ」の窓がひらく。その中から「詳細設定」のタブを選択する。
  下記の表示は、PCの環境によって表示内容が異なるようだが、私のPCでは次の 9項目について、プロパティの窓の中の右側にある「値」を”Disabled”に設定した。


  ”disabled”に設定する9項目
   IPv4 Checksum Offload
   Jumbo Packet
   Large Send Offload V2 ( IPv4 )
   Large Send Offload V2 ( IPv6 )
   Receive Side SCaling
   TCP Checksum Offload( IPv4 )
   TCP Checksum Offload( IPv6 )
   UDP Checksum Offload( IPv4 )
   UDP Checksum Offload( IPv6 )


《PCに接続されたWiFi機器のオフロード状態の確認》
これまで、有線LANで接続するより、室内でのWiFi接続の方がネット接続は早かった。そんな矛盾することが起きていた。それで、WiFi接続に関して前述のオフロードの状態を確認してみた。
Wifiその結果、左図のように、上記に記載した”disabled”に設定する項目というのが、私が接続したWiFi機器には、一つも該当項目が存在しなかった。

ネット接続の速度への影響は、SNP単独で確認しなかったので明言できない。そのためSNPの影響でネットワークが遅くなっていたのかも知れない。あるいはオフロードとする該当項目が無いという事は、(デフォルト設定が”disabled”なのか否かは分からないが)この項目がネット接続の速度に影響していた可能性は、あるのかもしれない。


  

09/03/2014

CDの音楽をAndroidスマートフォンに入れて聞く

手順は、PCを使い、次の4つのステップで行う。
1)第一段階: 先ずPCの中にCDアルバム格納用フォルダー(CDの書き込み先)を作る。

2)第二段階: CDのPCへの書き込み先を指定して、そこに書き込む
3)第三段階: PCとスマートフォンをUSBで接続し
4)第四段階: PCの音楽アルバム フォルダをドラッグアンドドロップで、AndroidスマートフォンのSDカードのフォルダにドラッグアンドドロップでコピーする


具体的な方法
1)第一段階
①PCの「マイミュージック フォルダ」の中にCD書き込み用の「新しいフォルダ」を作成する。
 ここでは、例として新しいフォルダは『CD Write』と名前を付けて説明する。

2)第二段階
②PCのDVDドライブにCDを入れ、PCに表示されるドライブを右クリックし、コマンドリストを開き、「再生(P)」をクリックする。
③「Windows Media Playerへようこそ
」 の窓が開くので、推奨設定(R)を選んで、「完了」をクリックする。
④Media Playerの窓が開き、音楽がスタートするので、音楽を(「■」で)一旦止めて、
  Media Playerの窓の右上にある「ライブラリに切り替え」(マウスカーソルを翳すと説明書きが示される)を選択しクリックする。
⑤コマンドラインの中の「取り込みの設定(E)」をクリックし、「その他のオプション(O)」をクリックする。
⑥オプションの窓が開くので、
 「音楽の取り込み」タグを選択し、
 a) 取り込んだ音楽を保存する場所  を変更する。
  ⇒ 「変更(H)」をクリックして 格納場所を先ほど作成したフォルダ『CD Write』に変更する。
 b) 次に、取り込みの設定 で
  ⇒ 形式(F) の中から 『MP3』を選択する。
  ⇒ 音質(U) のスライドバーを動かして、『CD1枚あたり約86MBを使用(192Kbps)』を選択する。
 c) 「適用(A)」をクリックし、「OK」をクリックして、このオプションの窓を閉じる。
⑦Media Playerの窓に戻ったので、コマンドラインにある「CDの取り込み(I)」をクリックする。
 
⑧取り込みオプションの窓が開くので、次の2つの項目を選択する。
 a) ◎取り込んだ音楽にコピー防止を追加しない(D) を選択する。
 b) □CDから取り込む音楽が、米国および・・・を理解している(U) にチェックを入れる。
 「OK」ボタンをクリックする。
 

⇒これで、CDの取り込みがスタートする。取り込み先は、ミュージック フォルダの中にCD書き込み用に新しくフォルダを作成した場所になる。 ここでの例は 『CD Write』に書き込まれる。
書き込みが終了したら、Media Playerの窓 を閉じる(「×」をクリックして閉じる)。

⑨書き込み結果を確認する。
 a) エクスプローラを開き、マイミュージックのフォルダを展開する。
  「CD Write」というフォルダがあり、
    
その下の階層に「Various Artists」というフォルダがあり、
      その下の階層に先ほど書き込んだCDのフォルダがある筈だ。
 b) フォルダの中を確認して、音楽ファイルが入っていることを確認する。

3)第三段階
⑩AndroidスマートフォンとPCをUSBで接続する。
 スマートフォンにパスワードが設定されている場合には、パスワードを入力してPC側からスマートフォンが見られるようにする。

4)第四段階
いよいよ、スマートフォンへの音楽フォルダ格納を行う。
⑪音楽ファイルの格納先となるスマートフォンのフォルダ(例えば、スマートフォンの中のマイクロSDカードの中のフォルダ)を、エクスプローラーの左側のフォルダ一覧で決定する。この時、誤って最終フォルダをクリックしてしまうと、右側の枠内にファイル一覧が表示されてしまい、移動用の音楽フォルダが消されてしまうので注意すること。
 もしも、そのような状態になってしまったら、PC画面の一番下のアイコンが並んでいるところで、エクスプローラーの上にマウスカーソルを置き、右クリックしてコマンド窓を開き、エキスプローラーをクリックする。これで、PCの画面上に2つのエクスプローラーの窓を開くことができるので、この夫々の窓を一つは音楽ファイルの格納先(ここでは、マイクロSDカードにある音楽フォルダの格納先)のフォルダが見えるようにして、もう一つのエクスプローラは、PCのマイミュージックフォルダ『CD Write』が見えるようにする。

 事例として、スマートフォンのマイクロSDカードの中のフォルダは、下記のような場所を開く。これは、ユーザーの設定内容によって違うので確認すること。 例) (スマートフォンの名前)/SDカード/Music/MP3 

⑫右側(または2つ開いている片方のエクスプローラ)にある「PCに書き込まれたフォルダ『CD Write』」を右クリックし、左側(または、もう一方のエクスプローラ)の移動先にクリックしたままマウスカーソルを移動して、クリックを放す。
コマンドの窓として「ここに転送(C)」、または「ここに移動(M)」を選びクリックすると、ファイルの移動処理が行われる。
尚、転送(C)はコピーする場合で、PCにあるオリジナルはそのまま残るが、移動(M)を選ぶとPC側のフォルダは消去される。

以上で処理終了。

09/02/2014

登山用ヘッドライト

Dscn0233Dscn0237今月中旬、友人と燧ケ岳を登ることにした。大清水まで夜行バスで行き、早朝から歩き始めるので、ヘッドライトは必須だ。それを口実に、登山用ヘッドライトを購入することにした。購入したのは、Blackdiamond社製の Stormだ。左の写真はパッケージに入った状態のものと、箱から出した状態のものである。
ヘッドライトは持ってはいるが、最近バックパックの荷物が重く感じるので、軽くて明るいものが欲しかった。
PetzlのTikka Plus2は、軽いが、購入してから時間も経っており、富士山で友人が使っているものと比べた際には、光量が少ないのか、暗く感じた。
Panasonic製のBF-281は、3WのLSDを使っていて明るいことと、単三電池を使うので長時間持つだろうと期待していたが、重量が重いので、荷物が多くなる登山ではちょっと敬遠してしまい、用途が限られる。

Photo




写真の中の機種、
左から、Petzl Tikka Plus2、Blackdiamond Storm、Panasonic BF-281
Dscn0241Dscn0245
BF-281の大きさがよくわかる。ヘッド部の後ろにあるのは、単3電池が3本入るバッテリケースである。






今回の購入に際して、重視したのは、3つの要素、すなわち①明るさ②重量③価格である。
①ライトの明るさについては、光量をコントロールして長時間明るいという事と、光量が自動的にコントロールされるという事から、Petzlの新型のTikka RXPを候補に考えていた。
光量のコントロールはとても良いが、そのメリットは価格に見合っているだろうか・・・、今のところテントを使った山歩きはしない。RXPは、自分のヘッドライトの使い方から考えると、使わない不要な機能の部分にコストが大きくかかった商品ではないか・・・と考えてしまう。

②バックパックの中で嵩張らず、軽いことが次の優先ポイント。
PanasonicのBF-281は、その重量が250gも有って、遠征して登山するには向かない。ライト部とバッテリー部が離れているため、バックパックの中にコンパクトに収納できない。ヘッドランプ部で全て完結しているタイプの方が、僕には扱いやすくていい。

私の場合、夜間長時間歩くといっても、高々しれている。バッテリーは4~5時間持てば大抵の場合問題無い。もちろん予備バッテリは持参するのだが・・・。

③、①にも書いたが、自分の山歩きのスタイルから考えた必要十分な機能があればいい・・・。 となれば、Petzlに決めるのなら、候補はTikka XPとなるが、これとBlackdiamondのStormを比べたとき、何を購入の決定ポイントにするか・・・。
ネットで調べるとLEDの変形や色ムラを考えると、高くてもPetzlを勧めるという書き込みもあったが・・・。

Dscn0235Dscn0239Petzlの性能・機能は優れていて良いのかも知れないが、Blackdiamondの製品とは価格差が大き過ぎる。
結局、価格と軽さとデザインで、BlackDiamondのStormに決めた。防水性能も気に入った点の一つである。
Stormは単4電池を4本使う。電池蓋はゴムのシールがあり、ネジで留める。



Dscn0231僕は、このヘッドライトの為の電池として、Panasonicのeneloopを買った。
これは、8本入りで販売されているものである。
パッケージの表示に書かれている電池の仕様は、min.750mAh であり、約2100回の使用ができるとある。満充電して、1年後の容量は約90%、5年後で約70%残存・・・。低温に強い。外装は抗菌処理。
充電器は、先日購入したものが使える。


夜間、消灯している隣室と間の扉を開けて、これらのライトでそこを照らしてみると、3つの特徴、違いが分かる。
①PanasonicのBF-281は、明るく少し黄味がかった色の光で、照らされている部分の微妙な凹凸(同じ色で変化のある凹凸部分)も良く分かる。Blackdiamond Stormより光の広がり方は、ほんの少し狭いような気がする。
②Blackdiamondの Stormは、白い色の明るく拡散した光を放つ。明るく広く照らされているが、微妙な凹凸が分かり難いのは光の色によるものか・・・、僕は、①に比べると微妙な凹凸が分かりにくいような気がする。
③Tikka Plus2は、明るいところから部屋の暗部に向かって照らしているためか、このライトは点灯しているのだろうかと疑いたくなる。流石にこの光量では、登山時光量が不足しているなぁと感じる。

« August 2014 | Main | October 2014 »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ