« Trek (Oze National Park) : Oshimizu -> Mt.Hiuchigatake -> Miike | Main | 軽量のバックパック(デイパック) »

09/29/2014

GIMPのメニュー表示をPhotoshopに近づける

私は、今年9月中旬から職業訓練校に通い、Web Creatorとしての勉強を始めた。講義はPhotoshopの使い方から始まった。学校に居る時間内でPCで作業して、その使い方を学ぶが、実践で使ってみたいと思ったPhotoshopツールの使い方も、Photoshopを持っていない私には、同じ手順で処理することができない。

有料版、無料版を含め、個人的に所有している画像編集ソフトとしては、”Corel PaintShop Pro X6, Photoshop Elements 9, Nikon Picture Control Utility 2”などがあるが、Photoshopと比べると、それらのアプリがカバーしている範囲が狭かったり、ツールで使われている用語や、ツールバーの中に入れられた各項目が違ったりしているので、学校で学んだことをうまく活かせない。

仮に就職した際、あるいは個人的にPhotoshopを入手した際のことを考えると、現在学んでいるツールとはVersion等が違っているだろうから、学校では ツール体系やツールの考え方を学ぶ事が重要だとは認識しているが、手元に類似のツール体系をもったものが有るか否かではその理解度が大きく違うだろうと思う。

今のところは、業務で使うほど高度なことは行わないが、教則本に則ってツールを使ってみて、自分の理解を早めたい。そのためのPhotoshopが有れば・・・というのが背景にある。

PhotoshopがCC版となった現在、CS版は販売終了になり購入できない。CS版を格安で購入できないかと、ずいぶんググってみたが、調べると、いろいろ問題が有りそうなことが予見される。
悩みながらネットを見ていると、Linuxに興味を持ち始め、自作PCにインストールし始めたころ、少し使った事がある『GIMP』を使った画像処理の情報が目に入った。タイトルは、「無料画像編集ツール『GIMP』をフォトショップっぽく使ってみよう」で、これはまさに自分が現在望んでいる事に当てはまりそうだと考えられるので、利用させて戴いて同じ手順で設定してみることにした。
ただ設定記述ページが長く、自分として把握し難いので、手順のメモとして、下記のように纏めさせてもらった。

手順概要
①GIMPをダウンロードし、インストールする。
②GIMPのショートカットをPhotoshopと同じにする。
③②で行ったショートカットのキー割り当てを見直す。
④レイヤーに関するプラグインソフトをダウンロードして、インストールする。
⑤「キャンバス境界にスナップ」をデフォルトにする。
⑥「レイヤー境界線の表示」をデフォルトにする。
⑦「移動ツール」の機能をPhotoshopと同じにする。
⑧「Content Aware Fill」の代用プラグインをインストールする。
⑨ICCカラープロファイルをインストールする。
⑩「CMYK変換」のプラグインをインストールする。
⑪作業環境をカスタマイズする。

以上

これから上記設定を具体的に行ってみて、問題点や気づいたところ等あれば、このページをアップデートして下記に記載したいと思う。

先ず、GIMPについては、窓の杜の中にあるのでそこからダウンロードしインストールした。

窓の杜:GIMP Ver.2.8.14 (2014/08/26) 対応OS:Windows XP以降  
  
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/gimp/
Gimpの公式サイト http://www.gimp.org/  を覗いてみると、9/2にアップデートされている。
その内容は、以下の通り。気になる方は、公式サイトからダウンロードするのが良さそうだ。
『We have released an
updated 2.8.14 installer (http) for Microsoft Windows. This one fixes the crash on window resize and the missing icons bugs - all by updating the included GTK+ library to 2.24.24. 
Still unsolved are the
missing spacing character in the zoom drop down and the disappearing background on high zooms (updating the Pango and Cairo libraries that are didn't change anything there), investigations continue. 
Please continue to
report bugs, we can't fix what we don't know about. 』

僕が行った設定
①GIMPのインストールなので、最新版をインストール
②未実施
  理由:問題が起きた時に対応すればいいと判断
③未実施
  理由:問題が起きた時に対応すればいいと判断
④実施
  Layer via Copy をインストール
⑤未実施
  理由:.../.gimp-2.8/gimprc  が見つからないため
⑥未実施
  理由:慣れの問題のようなので対応せず
⑦実施
  理由:ツールオプションの設定で対応できる問題であるため
⑧一部実施
  理由:ResynthesizerとHeal Selectionの中の必要なファイルをpluginに入れるとあるが、
     Resynthesizerの方のみ実施、Heal Selectionは設定がよく分からないため未実施
⑨未実施
  理由:必要に応じて対応すればいいと判断
⑩未実施
  理由:必要に応じて対応すればいいと判断
⑪実施
  理由:実施すればPhotoshopと見かけが似通ったものになるため

設定後のGIMP

Gimp 早速使い始めたが、レイヤーパネルに表示されているべき「削除」「新レイヤーの追加」「レイヤーの移動」などのコマンドボタンが表示されていない!マウスカーソルを近づけると機能が表示される。

他にもいろいろ問題が有るかもしれない・・・








Gimpupdate_2最新アップデートで上書きインストールしたら上記の問題指摘の部分(コマンドアイコンの非表示)はFixされていた。











クイックマスクで選択範囲を作成する方法
ネットで調べて、やっと分かった。次のURLが大変分かりやすくて参考になった。
http://ru1102.cocolog-nifty.com/kirakira/2010/06/post-a97b.html

①はじめに「選択範囲エディタ」のボタンをクリックして、
②次に「投げ縄ツール」で適当な範囲を選択する。
  ここで右上の選択エディタのウインドウを見ると、選択された範囲がくりぬかれている事がわかる。
③クイックマスクモードのボタン(作業している画面領域の左下隅にある)をクリックすると、画面上に赤の透過色の非マスク範囲の中に、選択されたマスク範囲が表示される。
 ここで、ブラシを使って画像を背景色(黒)で塗ると非選択範囲を塗ることになり、描画色(白)で塗ると選択範囲を塗ることになる。
④ブラシの径を変え、画像を拡大などして選択範囲の境界付近を細かく塗れば、細かな選択範囲が作成できる。また選択範囲に非選択範囲が食い込んでいるところは、消しゴムツールで消せばよい。

尚、選択範囲は、ペン型のツールのパスを使って選択しても良い。

« Trek (Oze National Park) : Oshimizu -> Mt.Hiuchigatake -> Miike | Main | 軽量のバックパック(デイパック) »

PC and PC troubles」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540128/60389423

Listed below are links to weblogs that reference GIMPのメニュー表示をPhotoshopに近づける:

« Trek (Oze National Park) : Oshimizu -> Mt.Hiuchigatake -> Miike | Main | 軽量のバックパック(デイパック) »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ