« July 2014 | Main | September 2014 »

August 2014

08/28/2014

インターネットの(表形式)データを Excel に取り込む

Excelにある機能「Webクエリでインターネットのデータを取り込む」を試してみた。

私のPCに入れてあるExcelは、Microsoft Office Excel 2003 である。このブログをご覧になる人は、もっと上位のバージョンを使われているだろうから、きっとその機能より使いやすくなっているかもしれない。

《 Web上にある表形式データの取り込み手順 》
先ず、ExcelでWebページを表示させるには、
①データ(D)→外部データの取り込み(D)→新しいWebクエリ(W)と辿る

②警告文が表示されるかもしれないが、推奨側にボタンが設定されていることを確認して、
 「続行」する。

③開いた窓の中にWebページが表示されている。
 窓の最上部にあるアドレス記入部分に、データのあるURLアドレスを記入する。

 もし、最近そのアドレスにアクセスしている場合には、
 アドレス記入欄の右側にある『▽』をクリックするとアドレス一覧の中にそのURLが表示されていると思う。

 また、Webサーフィンをするのと同じようにして、データの場所を細かく探すことができる。

④データのあるWebページが開いたら、
 画面をスクロールして、目的の表(あるいは画像データ)の左上にある黄色の [⇒] マークをクリックする。
 これで、選択された表がブルーの色に変わり、選択されたことがわかる。
 (表の色は、変化しない場合もあるようだ。)
 また [⇒] マークは [✓] に変わる。

⑤データの選択が終わったら、
 Webページを表示している窓の下の「取り込み(I)」をクリックすると、データのインポートの窓が開く。

⑥インポート先をここで決める。
 Excelは既に開いて作業しているので、既存のワークシート(E) 側で作業を進めるとして記載する。

 データを貼り付ける場所(セル)を変更するには、
 黒くハイライトされている部分をダイレクトに記載するか、
 または その背面にあるExcelのシート上のセルを直接指定して、「OK」をクリックする。

⑦データが取り出され、指定したセルを起点にしてデータが貼り付けられる。



《 IDとパスワードで保護された場所に記載されているデータの取り込み 》
①~③は同じ手順だが、この作業を行う前に IEでURLを表示させているにもかかわらず、アドレス一覧の中に記録が残っていない。そのため、直接URLを入力する。
入力時に注意することとして、html:// は htmls:// かもしれないので、間違わないようにインプットする。

③’ 目的のデータがあるWebのURLを打ち込んだら、右側の「移動(G)」ボタンをクリックする。

 《注意》 表示されるであろうWeb
画面のページは、セキュリティ確保のため、そのWebサイトの初期画面となり、再度IDやパスワードを入力する必要がある可能性が高い。

これ以降の手順は、上記④以降同じである。


《 オプション 》

新しいWebクエリを開いた際、窓の右上に「オプション(O)」が表示されている。
これをクリックすると、取り込む際にHTMLなどの書式を設定できる筈だ。
私は必要が無いので、デフォルトのまま使い、そこにあるオプションの機能は試していない。

08/27/2014

Trek: Mitsumine Shrine -> Mt.Kumotoriyama -> Mt.Nanatsuishi -> JR Okutama Station

The weather is unseasonable now.
I believed the weather information from the Web (Tenkitokurasu "Mt.Kumotoriyama") on Thursday's article that was released "it will be fine for mountaineering from Friday to Saturday". I had booked the Kumotori-sanso Lodge on the night of Thursday, and I decided to trek on the next route.

The target mountain is Mt.Kumotoriyama (h= 2017 m), and this is one of the 100 famous mountain in Japan.
Panorama_1_from_ishione_of_mt_kumotDsc_2122The route was start from Mitsumine Shrine, Kumotori-sanso Lodge, Mt.Kumotoriyama , Mt.Nanatsuishiyama and finished to JR Okutama Terminal Station. Since the mountain trail to Mt.Kumotorisan is a good maintained condition, so I hardly lost the right path, but the direction board is written in Japanese, but if you are a foreigner and you do not understand the Japanese Kanji, I guess the trek might be a little difficult. I carried out the previous route planning by Garmin GPS, so I could walk on about the same planning route.

About the access to the Mitsumine Shrine
Dsc_0157I used the shuttle bus from Mitsumineguchi Terminal Station of Chichibu Railway at 9:35am.
The National Route 140 to the Mitsumine Shrine is closing now by the mountain soil fall to the road. Therefore, the bus had been operating by using the detour route. I arrived about at 10:50am to the Mitsumine Shrine about 20minute behind.



The mountain trek of Mt.Kumotoriyama
Dsc_1971Dsc_1969Dsc_1970There were few clouds in the sky, and since it had been clearing up, I thought that the weather will be fine condition that the same one as a forecast. I did the preparations before beginning to walk using the space of a bus shelter. Since I picked the camera out from the backpack, and had been hungry, I ate one rice ball bought at the convenience store.
It was 11:00am or so that I began to walk along the mountain path.

Dsc_2004The uphill grade of the mountain trail became severe gradually.
I walked up the good maintained path in the grove, there were little direct sun rays in it. I got soaked in sweat immediately, because there were no wind and the humidity was very high. My undershorts was damped with sweat that was flowing from the back. After one hour walking, when I sit on a bench, the form of the hips remained distinctly like leaving a stamp behind.


Presence of the animal
Dsc_2054Dsc_2057It was on Mt.Shiraiwasan. When I put down the backpack on a bench and I was drinking the water, I heard the sound of footsteps of something approaching to me from the back. I turned to look the direction slowly, and I had found a deer was observing my appearance.
The distance to the deer was about 10m. I guess that was the strategy of the deer which gets the food from a mountaineering visitor. If I prepared some foods to the deer, it'll come close to me more, perhaps.
I got my camera in a slow motion and took the picture of the deer. The deer gave up a food acquisition and left the place, because he thought he could not get any food from me.
Well, I could not find the alps flowers on the mountain path. A manager of the Kumotorisanso Lodge talked the reason why I did not see any of the alps flower in the mountain, the flowers had been eaten by the deer as their food.

The Kumotori-sanso Lodge
Dsc_2069Dsc_2070Dsc_2076I reached the Kumotori-sanso Lodge at 4:00 pm.
The size of the room I stayed overnight was a room of eight tatamis and was a room of the edge of the first floor. It was a weekday, so probably because the lodge was vacant, I could stay at this room alone. I tried to connect to the www from my room, but it could not communicate neither smart-phone nor mobile-phone. However, there was a narrow communication space by docomo mobile phone service in the reception hall. I could not communicate to WWW from my room by a smart phone.

Dsc_2091Dsc_2086The washroom and toilet of this Kumotori-sanso lodge are installed in the hut about 10 m away from the main building with a bedroom and a dining-room. A toilet is a Japanese style of a flush. The toilet lodge is forbidden from entering with its shoes on. A washroom is located in open area without a roof, and leading the spring water which can be drunk, and the water was flowing out sufficiently. There was no toilet place which we can use in a building with a bedroom.


Dsc_2088I removed clothing wet with sweat and changed it into dry clothing. In order to pass comfortably in the room, dry spare clothing is indispensable. I took airing a wet clothing dry in the room. I thought that I want to drain the wet clothing dry perfectly, and I asked a lodge manager the place of the drying room. At the day, a drying room was not operated, so I had to drain it in the room by using hanger. Since it was very humid day, I worried whether it will be drained till the next morning.

When I opened the window, the outside air was cool. I saw the blue sky partially in the east direction, but the cloud was covering the west mountain side.
A dinner time was from 6:00 pm, and a breakfast was from 5:00 am.

The dinner in Kumotori-sanso Lodge
Dsc_2081The menu of the dinner was rice foods and main dish was a hamburger, potato salad, an omelet, wild grass, and miso soup. I became a friend with a woman from Nagano prefecture that came up to this mountain lodge. I met her at a dining-room again. She said that she'll go to the summit of the mountain after she finished the dinner. The sky was still thick clouds, it began to grow dark. I thought there was no expectable fine view from the summit of the mountain. The boiled rice was delicious, so I required a little more rice. I got enough, and I preferred not to move.

I was thinking "I must order tomorrow's lunch", but I was lieing back, relaxing and listening to the radio in my room. It was around 7:00 pm, I required the lunch box on tomorrow to the front person. It had been refused from a cook-room, said "Since the order cannot be received, because the preparation already finished." The distance that I walked in the mountain was long, I worried whether my energy could be kept tomorrow.

At the bed
The weather forecast will be flown from the radio periodically. But it is regarding the wide area, what I want is the local area weather information of my walking path area. I
turned defiant with an air of resignation, and I thought I wanna be into a bed immediately.

I put down a mat on tatami floor, and I put over the blanket on it. And I used a upper futon. Since there was a lot of beddings, I could use as much as you like, but I didn't feel cold with these beddings as enough for me. Although I turned off the room lamp and closed eyes, I could not sleep because of the speaking voice from the second floor.
About 8:00pm, the voice was stops and went quiet. I had fallen asleep automatically.
However, every about 2 hours, I awoke and was looking at the clock. I awoke at 4:00 am.

I checked the time of sunrise by GPS, it was 5:08 am. Since mealtime was from 5:00, I thought it was impossible to see the sunrise after the breakfast. When I opened my ears to hear the sound of outside, I heard the rain falling a little. I thought it might be difficult to see the sunrise. I was hoping in the bed that becoming a fine weather till I leave the lodge. About 4:30 am, I felt hungry.

At the breakfast
The breakfast is 5:00 am.
I forgot to take a picture of the breakfast. My brain was full of lunch.
I thought if I had no lunch box when I leave the lodge, I cannot move on the way because of the lack of energy. I thought one small rice ball is enough for me to save the stuck situation, so I decided to consult once again with a lodge manager "Please make me a small lunch".


In the weather forecast of a radio, it was said that the weather of the Kanto district changes suddenly or has the possibility of a thunderbolt. I thought about the route to go down the mountain. I thought the main route to Okutama Terminal Station was two. I saw the state of the weather at the branch point from which it gets down to Kamosawa or Mt.Takanosu, and it was made to decide whether the route of a schedule or the route from which it gets down to a Kamosawa would be used at the beginning. To check the dryness condition of the clothes, I touched them. It has not got dry perfectly, in addition I felt it somewhat cold. The trousers have got dry mostly and I thought that it seems to be OK. But, I didn't want to wear a long-sleeved T-shirt that felt cold. Since the shirt had a reserve, I decided to wear the T-shirt of the dry short-sleeved shirt, and to walk. Since it is somewhat low-temperature, i thought I might feel cool at first, but when I walked for a while, the body will be hot. And I decided to walk in that dress.

Dsc_2095Before the dawn, I went to the washing space, and washed the face, and looked the sunrise glow at east sky from the footpace of steps. The sunrise glow was beautiful and the moon was still seen.
When I went to the dining-room, it met the woman who came from Nagano. She ordered a bento as a breakfast, and her backpack was put in a mountain lodge. She was going to go to the summit of the mountain just now.

Making a promise that we'll meet at the summit of the mountain again, I took breakfast. Before taking a breakfast, I asked the lodge manager to make a lunch. He consulted with a cook, and promised me he made somehow. After the negotiation, they asked my walking time from Mitsumine shrine to the lodge so as to consider my physical strength. And he imagined the walk time to Okutama Terminal Station from considering my physical strength. He said, "You may not need a lunch on the mountain path." I finished breakfast quickly, purchased the lunch and the drink (POCARI SWEAT) which I had made, filled them in the backpack, and left the mountain lodge behind.

In the weather forecast of the NHK radio, since information that there is possibility of a thunderbolt and local severe rain in six prefecture of Kanto area, I decided to aim at Okutama Terminal Station and walk on as fast as possible.
Dsc_2102Dsc_2103Dsc_2107From a mountain lodge to the summit of a Mt.Kumotoriyama, it took about 20 minutes.





Dsc_2115Dsc_2124When I arrived at the summit of the mountain, she went up to the direction directions stand, and was looking at the surrounding mountains. I felt strongly that she really likes to walk on the mountain.
To be sure, the view from the summit of Mt.Kumotoriyama was wonderful. If there were few clouds, I thought that it was probably more wonderful. Although she still stood on the stand and she was looking at mountains, but I stopped at the summit of the mountain only several minutes. I said good bye to her and hurried along the way to Okutama Terminal Station.

Panorama_1_from_ishione_of_mt_kum_2Dsc_2126The bothy of a Mt.Kumotoriyama located near the summit of Mt.Kumotoriyama.
The Ishione ridge walk is continueing from here, the wonderful scene was able to be seen on the ridge path similarly from the summit of the mountain.
(At the left side of a panoramic picture, you can see Mt.Fuji, and right side is a bothy of Mt.Kumotoriyama)
Dsc_2128Dsc_2162Dsc_2194The Ishione walk way is a ridge path which the good slope of a view follows.
I went down the mountain slope, looking at change of the clouds which cover the summit at Mt.Fuji.


Dsc_2204Reaching branch to Kamosawa, I checked the state of the weather and judged. I thought the weather will not be rain for a while, and I aimed at JR Okutama Terminal Station. I did my best to walk to Okutama Terminal Station as soon as possible on the Ishione ridge path.





Dsc_2207Dsc_2211Dsc_2216Dsc_2257When I came up to Mt.Nanatsuishiyama, I had walked too much faster at the early stage, so I had made beans on the thumb of both legs. I took off shoes at the Takanosu hut, checked the state of the beans of the foot thumb, and pasted up the BandAid to the diseased part.


Dsc_2261Dsc_2279_2Initially, I was thinking that I would climb Mt.Takanosuyama, but my intention was collapsed when the beans were made into the foot thumb. Then, I walked an indirect route of Mt.Takanosuyama. The indirect path was almost flat but the height of the branch over the mountain path was as low as about 150 cm, so I had to walk with bowed posture to avoid it.


Dsc_2279In my faint memory which walked along this way before, I thought that there was not much bad conditioned path. However, the path had several big V-character grooves as altitude decreases, and its groove becomes a river in case of rainy weather. The bottom of the trench was clay and easy to slide, and had the mud.
I walked carefully on the top surface without walk in the trench.



Dsc_2289Dsc_0161I arrived at the Okutama Terminal Station crossing road at 12:00 pm.
Since I walked tied to a schedule, I was difficult to eat the lunch with relaxing atmosphere on the mountain path. However, I was tired and had not the stomach for lunch. I thought I'd refresh the wet body with tiredness and sweat.


Dsc_2292Dsc_2294I went to the hot spring "Bathhouse Moeginoyu." The bathhouse was located along the riverside of Tamagawa River that separated a few hundred meters from the Okutama
Terminal Station. I bathe in the onsen and changed my clothing to a dry one, so I felt better and cheered up.



<< Trekking result and the information >>
Photo1st day : Moving distance 10.6 km ( lapsed time 4:59:30)
2nd day : Moving distance 20.6 km ( lapsed time 6:34:36)

Moving distance 31.2 km,
lapsed time 11:34:06


GPS: Garmin eTrex30
Map: Use UUD Japan Digital Road Map Navigator and Topo 10m for Garmin GPS V5
        (The map I attached in my blog was used this apprication software. ).

Friday
09:35 Mitsumineguchi Bus Terminal in front of Mitsumineguchi Terminal of Chichibu Railway
10:46 Mitsumine Shrine Bus Terminal
        Since I had been hungry, I ate a rice ball, and ... 
11:01 Starting point for the mountain path (start of the trek)
11:49 Sumiyakidaira Plain
12:13 Jizotoge Path
12:21 Monument
12:22 Mt.Kirimogamine (h= 1523 m)  I took a break for a few minutes.
12:40 Okiyodaira (h= 1450 m)
        A slope becomes still more uphill.
13:23 Mt.Mae-Shiraiwanokata
13:40 Mt.Mae-Shiraiwa (h= 1776 m)
14:07 Shiraiwa hut
14:36 Mt.Shiraiwa (h= 1921 m)
        One deer was coming close to me.
15:38 Odawa Sag
16:00 Kumotori-sanso lodge (arrival)
        18:00 Dinner time, and 20:30 Putting out lights!

Saturday
05:00 Breakfast time
05:27 Start at Kumotori-sanso Lodge (start)
05:50 Mt.Kumotoriyama (h= 2017 m), Summit of the mountain
        This Mt.Kumotoriyama is one of the 100 famous mountain in Japan.
        A beautiful sight scene is here, and I took a picture in commemoration.
        5:58 starts
06:00 Mt.Kumotoriyama bothy
07:03 Mt.Nanatsuishiyama (h= 1757 m), Summit of the mountain.
08:31 Mt.Takanosuyama (I walked on a roundabout path of the mountain, without climbing the summit of the mountain.)
09:45 Mt.Mutsuishiyama (I walked on a roundabout path of the mountain, without climbing the summit of the mountain.)
12:01 Near the Okutama Terminal crossing  (Goal)
12:13 Suspension bridge over the Tama River
12:18 "Bathhouse Moeginoyu (Onsen)"

<< Access and information >>
1) Bus access to Mitsumine Shrine: The bus is operating by Seibu-Kanko Bus, so we can use SUICA card.
2) Telephone access by a Kumotori-sanso Lodge: Although Docomo cell phone was able to be used around the front counter, it is useless in the room.
   The smart phone was not able to communicate at all.
3) Kumotori-sanso Lodge: Telephone number 0494-23-3338

<< Gears >>
(1) GPS : Garmin eTrex30
(2) Radio : SONY XDR-63TV ( about 91g include battery )
(3) A mobile phone and a smart phone
(4) Headlight : Petzl TIKKA PLUS 2
(5) Umbrella : Lifeventure (folding umbrella which can be opened and closed single hand)
(6) Emergency set
(7) Change/Spare clothing
(8) Glove
(9) Emergency foods
(10) Water, Sport drink : It's about 1.5 liters
(11) Towel
(12) Hat
(13) Camera (single lens reflex camera D800+NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR)
(14) Charging battery & cable for smart phone, Spare battery for GPS
(15) Backpack:  MILLET SAAS FEE 2, 30

<< Download : Trek Data >>
「current_track__22_aug_2014_10_57.gpx」をダウンロード

08/24/2014

雲取山登山と石尾根縦走

Dsc_2115天候不順なこの時期、金曜日~土曜日は登山に適した天気(てんきとくらす「雲取山」)との情報を信じて、前日の夜、雲取山荘を予約し、三峯神社→雲取山荘→雲取山→七ツ石山→奥多摩駅と縦走することにした。
三峯神社への道路は、今年(2014年)7月21日に発生した国道140号線の斜面崩落のため、バスは迂回ルートで運行されていた。そのため到着時刻は、午前10時50分を過ぎていた。三峰口から1時間15分もかかっている。
自家用車で来て、この駐車場に午前6時~7時に到着出来れば・・・、健脚な人で、夏場の日の長い一日なら、明るいうちに日帰りも可能ではないかと思ったりする。
三峯神社バス停に到着した際の上空は晴れていて、天候は晴れ間が続くとする予報通り推移すると思ったが・・・

Dsc_1970Dsc_1969終点「三峯神社」でバスを降りた後、バス待合所のスペースを借りて、バックバッグからカメラを取り出し、お腹が空いてきたので、コンビニで買ったオニギリを一つ食べた。
トイレを済まして、山道を歩き始めたのは11時頃になった。

最初は割合平坦だったがお清平からは、急に厳しい傾斜になった。空は曇っていて登山道には直射日光は無かったが、湿度が高く、風もないので、直ぐに汗だくになった。 汗は頭から噴き出し、巻いたタオルをびしょびしょにする。腕も背中も汗が流れているのが分かる。アンダーショーツも背中から流れた汗で濡れ、ベンチに座るとお臀の形がクッキリ残る。
Dsc_2054Dsc_2057白岩山の休憩場所にバックパックを下して水を飲んでいると、後ろから何かが近づいてくる音がした。その方向を見ると、一頭のシカが此方の様子をずーと見ている。僕はゆっくりとした動作でカメラを構え、そのシカを撮影した。登山客からの食べ物を貰う作戦らしい・・・
何も与えずに居ると、諦めたのか立ち去っていった。登山道からみられる範囲には他の山にあるような小さく可憐な高山植物は見られなかったのも、シカに食い尽くされていたようだ。

Dsc_2069Dsc_2070雲取山荘には、午後4時に到着。部屋は1階の端。8畳の部屋に一人部屋になった。乾いたものに着替えてNetを繋ごうとしたが繋がらないガラケーは繫がったが、FOMAは駄目のようだ。
午後5時頃から雨が降り出してきた。20分程の間降り続いた後、青空が見えてきた。

洗面所とトイレは寝室と食堂のある本館から10mほど離れた所にある。洗面所には、山水を噴出させており、勢い良く出てる。しかしそこは屋根が無いので、先ほどのように雨が降ると困るなぁ。 夕食は6時から、朝食は5時らしいから、 明日は早く出発出来そうだ。
汗で濡れた衣類を脱いで、ハンガーにかけ、乾いた衣類に着替えた。濡れた衣類は早く乾燥させたいと思い、乾燥室が無いかと聞いてみたが、余程の雨でないと乾燥室に火は入れないようで、部屋のハンガーにかけて乾かすようにとの事であった。湿度は高いようなので、朝までに乾くだろうかと心配になる。
部屋は窓を開けていると、涼しかった。 外を見ると、東の方角は部分的に青空が見えているが、山には雲がかかっている。 寝具は押入の中に入っている。でもどの寝具をどうやって使うのか、枕以外はよく分からない。


Dsc_2081夕食の献立は、ハンバーグ、ポテトサラダ、たまご焼き、山菜、味噌汁だった。途中一緒に歩いた長野県から来たという女性と相席になった。彼女は食事が終わったら直ぐに山頂に向かうとの事、私も同行しようかと考えたが、上空の雲は未だ厚く、見晴らしは期待できそうに無かったし、ご飯が美味しくて、ご飯のお代わりを要求したら、最初より多かったので、食べ過ぎて動きたくなくなった。

「明日のお昼弁当を頼まなくては!」と思いつつ、部屋でラジオを聴いていたら時間が経ってしまった。
午後7時頃に、弁当を頼んだら、もう仕込みが終わった後なので、駄目ですと断られてしまった。これでは、エネルギー消費の多い鷹ノ巣山登山は避けて、まき道を通るルートで奥多摩駅を目指すしかない!

明日は大気の状態が不安定との事。 ネットが繋がらないので、細かな気象の変化が掴めない。
開き直って寝ることにした。畳の上にマットを1枚ひき、その上に毛布をひいた。掛け布団は、1枚で寒くは無かった。大きくはないが、二階の部屋で話す声が聞こえてきて眠れない・・・、午後8時過ぎになって話し声も聞こえなくなり、自然に眠りについた。しかし、およそ2時間毎に目が覚め時計を見ていた。

土曜日 午前4時、目が覚めた。日の出時刻をGPSで確認すると、午前5時8分である。食事をしてからご来光は、無理な時間だ。外は、小雨が降っているような音がする。「これでは、ご来光は、臨めないだろう。しかし、山荘を出発する頃には晴れるだろうか?」と寝床の中で 外の状況を想像する。
ちょっとお腹が空いてきた感じがする。朝食は5時だ。今日のお昼は、お弁当が無いから、途中でお腹が空きそうだ。おにぎりを作って貰えると助かるが…、も一度相談してみよう。
天候は急変するだろうか?下山ルートをどうするか?最短ルートで下山する場合は、傾斜が急な場所を通るので、傘は使えないだろう。当初のルートは、距離は長いが傘が使える筈と思った。でも一眼レフカメラによる写真は、諦めなくてはいけなくなるのか・・・。

昨日着用した衣服の、乾き具合はどうかと触ってみると、完璧には乾いていないし、冷たい。 パンツは大丈夫そうだが、冷たい長袖のTシャツはちょっと着たくない。乾いた半袖のTシャツを着て、最初は少し涼しいかもしれないが、その服装で歩くことにした。
「4時40分になったら、寝床から起きて、寝具を畳もう!」もう少しの時間布団の中で・・・

下山ルートを調べるために、スマートフォンの地図で現在位置を確認しようとした・・・、Googlemapには、雲取山が表示されていない! 通信が繋がれば、当然見られるのだろうけれど・・・。やはり、紙の地図は必要だ!今回、荷物を軽くするため Oregon650は、自宅に置いてきてしまった。これも敗因の一つか・・・。

朝食の際に、お弁当のことをもう一度お願いしてみた。厨房担当の方と相談してくれて、何とか作ってくださった。三峯神社から上ってきた時間から、奥多摩駅までの時間を予想して貰った。その時には「お弁当は必要無いかも知れないですよ」と言って下さった。

Dsc_2095GPSで日の出時刻を確認すると、5時8分であった。食堂のドアの前に、日の出時刻が表示されていたが、確か午前5時58分ぐらい時刻になっていた。誰かが勘違いして表示したのか?ご来光を見たい人が信じていたらきっと見られなかっただろう。 僕は、日の出時刻の少し前に洗面所で顔を洗い、高台から日の出方向を見た。日の出前の朝焼けが綺麗で、月も未だ見えた。

食堂に向かうと、長野から来た女性は、朝食は弁当にして貰い、下山ルートは三峯神社に降りるため、荷物は山荘に置いて、これから山頂に向かうところだった。僕は朝食を手早く済ませ、購入したお弁当とポカリをバックパックに詰めて、山荘を後にした。

NHKラジオの気象情報では、関東各地で落雷と集中豪雨の可能性があるとの情報が流されていた事と、上空の雲の流れの変化を見ながら、いつもより早い速度で奥多摩駅を目指さねばと意識していた。

雲取山の山頂までは、約20分かかった。山頂に到着すると、彼女は方向指示台に上がって周囲の山々を眺めていた。山歩きが本当に好きな人のようだった。確かに眺めは素晴らしかった、雲がもう少し少なければ・・・
Panorama_1_from_ishione_of_mt_kumotDsc_2124彼女は未だ台の上に立って山々を眺めていたが、僕は数分山頂に留まったものの、失礼して先を急いだ。
山頂から少し降りた避難小屋から続く石尾根縦走路の上からも素晴らしい景色を見ることができた。(パノラマ写真の右にある小屋は雲取山の避難小屋、左は雲がかかっているが、富士山である)
雲取山の山頂からの石尾根縦走路は、主に下りのスロープが続く見通しの良い尾根道がしばらく続く。右手に富士の山頂にかかる雲の変化を見ながら歩いた。

Dsc_2128Dsc_2133Dsc_2145Dsc_2160







Dsc_2162Dsc_2165Dsc_2169Dsc_2172







Dsc_2193Dsc_2194Dsc_2204途中、鴨沢への分岐で、こちらに降りようかとも考えたが、天気の状態からして、まだ行けそうだ・・・と、石尾根を頑張って歩いた。




Dsc_2207七ツ石山まで来た。
頑張って早く歩きすぎて足の親指に豆を作ってしまったようだった。






Dsc_2211Dsc_2216Dsc_2222Dsc_2252







Dsc_2257Dsc_2261鷹ノ巣小屋で靴を脱ぎ、親指にできた豆の状態を確認して、救急セットに入れていたバンドエイドを貼り付けた。
鷹ノ巣山に登ってから降りて行こうと考えていた目論見は、足の指に豆ができたことで、脆くも崩れ去ってしまった。
鷹ノ巣山は、山頂に寄らずまき道を通ったが、木立の枝の高さが低く常に頭を下げて避けるように歩いた。


Dsc_2279自分の微かな記憶では、あまり悪い道は無かった筈だったが、奥多摩駅に近づくにつれて雨天時川になるV字型の溝を歩く場所が数か所あった。土は粘土質で滑りやすく、ぬかるみになっていたところもあって、土手の上を注意しながら降りた。





Dsc_2289雲取山荘を午前5時半に出発し、奥多摩駅交差点に到着したのは、丁度12時ごろになった。タイミング的に、途中でゆっくり休み、弁当を開いて食べる場所も余裕も無かったが、無理を言って作って戴いた弁当を食べる機会を逸していた。





Dsc_2292Dsc_2294濡れた身体の汗を洗い流そうと、「もえぎの湯」に向かった。場所は駅から少し離れている。国道を歩く方が距離は短いが、吊り橋を渡るつもりなら、大岳山登山口の方へ行く橋を渡って行くのが良い。横断歩道が引いてあるところを少し進むと左手に吊り橋と「もえぎの湯」の看板が見える。



《トレッキング行程結果》
Photo22日: 移動距離 10.6km (経過時間 4:59:30)
23日: 移動距離 20.6km (経過時間 6:34:36) 奥多摩駅交差点まで
合計 移動距離 31.2km、経過時間 11:34:06
GPS:Garmin eTrex30 で記録
地図:UUD Japan Digital Road Map Navigator and Topo 10m for Garmin GPS V5 を使用
(添付地図は、それを使った表示。 左上側:三峯神社、右下側:奥多摩駅)

GPSログデータ: 「current_track__22_aug_2014_10_57.gpx」をダウンロード


 
8月22日(金)
09:35 三峰口バス停(発)
10:46 三峯神社バス停 到着
        お腹が空いていたのでお握りを食べ、出発準備をして・・・
11:01 登山口 (登山開始)
11:49 炭焼平
12:13 地蔵峠
12:21 記念碑
12:22 霧藻ヶ峰 (h=1523m)
    休憩
12:40 お清平 (h=1450m)
    ここから登り坂勾配が更に急になる
13:23 前白岩の肩
13:40 前白岩山(h=1776m)
14:07 白岩小屋脇
14:36 白岩山(h=1921m) 山頂
    休憩中に 一頭の鹿が現れる、食べ物を求めてか?
15:38 大ダワ
        ここから女坂を上る
16:00 雲取山荘(到着)
    18:00 夕食、20:30 消灯

8月23日(土)
         04:00 起床、05:00 朝食
05:27 雲取山荘(出発)
05:50 雲取山(h=2017m) 山頂
    ここで景色を見て、記念撮影 5:58出発
06:00 雲取山避難小屋 脇
07:03 七ツ石山(h=1757m) 山頂
08:31 鷹ノ巣山 まき道を通って・・・
09:45 六ツ石山 まき道を通って・・・
12:01 奥多摩駅 信号
    日帰り湯ができるとのことで玉翠荘へ行くが、「終了しました」とあり、
        「もえぎの湯」に向かったが、場所が分からなくなって行ったり来たり、やっと橋渡り・・・

12:13 吊り橋 この後登り階段
12:18 「もえぎの湯(立ち寄り湯)」到着


《情報》
三峯神社へのバスアクセス:西武観光バスなので、SUICAカードが使える。
  道路が斜面崩落の影響で迂回路を使って運行されているので、交通量にも依存すると思うが、私が行った22日(金曜日)には+25分ほどかかった。

雲取山荘での電話アクセス:ガラケイのDocomoはフロントのある場所では使えたが、部屋ではダメ。スマートフォンは全く通信できなかった。

雲取山荘:電話番号 0494-23-3338

《所持品》
①GPS:Garmin eTrex30
       今回は重量を減らそうと、これだけを持参したが、道を外れた時のリカバリー策を探るためには、バッテリの持ちは良くないが「やはりOregon650を持参すべきだった」と反省した。
②ラジオ:SONY XDR-63TV (電池込約91g)
をバックパックのウエスト部のポケットに入れてNHK第一放送を聞きながら歩いた。定期的に気象情報を流してくれるのは良かったが、歩き始めからゴール地点まで、流されていた情報の変化は何もなかった。
しかし、近場で雷が発生していると「ガリガリ」「バリバリ」という雑音を発して知らせてくれるので、雷検知のための良い方法ではないかと思った。
③携帯電話、スマートフォン
④ヘッドライト:Petzl TIKKA PLUS 2
⑤折り畳み傘:Lifeventure (片手で開閉できる折り畳み傘)

⑥救急セット(バンドエイド、テープ、消毒薬、ナイフ、目薬、胃腸薬、芍薬甘草湯)
⑦着替え(当日の夜用部屋着上下、翌日トレッキング終了後の着替え、アンダーショーツ、靴下)
⑧手袋
⑨救急食
⑩水、スポーツ飲料:合計で 1.5リットル
⑪タオル
⑫帽子
⑬カメラ(一眼レフ D800+24/85) 
⑭スマートフォン充電用バッテリ&ケーブル、乾電池(単3、2本;単4、3本)
⑮バックパック:MILLETのSAAS FEE Ⅱ30 を使ったが、暑くて汗も大量にかくので、バックパックの中の荷物を汗で濡らさないためにも、deuterのFutura Pro36 方が良かったのかも・・・

08/14/2014

CPUクーラーを流体冷却方式に換装

Dscn0168Dscn0208CPUクーラーをCorsair製の流体冷却シリーズH60(CW-9060007-WW)に換装した。実際の冷却性能がどの程度の実力にあるのかは、入手できる資料からは良く分からない。
現在のところ、特に問題はなく稼働できているが、エアファンから流体冷却方式に換装時には、いろいろトラブルがあり、それを解消して運用できた。下記にその際の問題と対策を記載する。


《経緯》

先ず、PCの電源コネクタを外し、これまでに装着していたCPUのエアファンと、ケースのシャシーファンを外した。

1)添付のインストールマニュアル通りの手順で組付けてみた。
  ①シャシーファンを外し、新たなファンとラジエータを付けようとしたが、最初シャシーに付いていたネジ部のラバーブッシュを外さずに装着しようとすると、ネジの長さが不足し、組み付けられない。
  ②ラバーブッシュを外し、インストールにある図の通りに取り付けた。
   ラバーブッシュを外すと、音の問題が心配されたが、ラバーブッシュ無しでも、シャシーファンの音は全く気にならないレベルである。
  ③バックプレートをマザーボードの裏側から、CPUエアファンが装着されていた穴位置に合わせてメスネジ部をスライドさせて調整し、マザーボード正面側からスタッドネジを装着した。マザーボードの厚みは薄いので、スタッドネジの軸方向にガタツキがある。
  ④ポンプユニットにマウンティングブラケットを被せて、マニュアルの図にあるようにネジで固定したが、ガタツキがあってしっくりしない。ただ、マニュアル通りということで、ここはOKとした。←これは判断ミスであった。
  ⑤シャシーファンとポンプユニットの電源を其々、シャシーファン用コネクタとCPU用コネクタに差し込み、インストール作業を終了した。

2)換装後、第1回目のCPU電源投入
Dscn7464 ①稼働後暫くすると、ブルー画面になり「WHEA_UNCORRECTABLE_ERROR」というエラーメッセージが出た。
 ②エアファン装着時には発生したことが無いエラーのため、明らかに冷却ユニットのインストールに問題があると考えた。
 ③ポンプユニットのブラケットを外してみると、シリコンオイルの状態からポンプユニットはCPUに偏当たりしており、圧着面圧も低いことが分かった。その為、ブラケットとポンプユニットの間にスペーサを入れ、ポンプユニットのパイプ位置もインストールマニュアル通りではパイプが突っ張る感じがするため、90度回転させて再装着した。冒頭の写真参照の事。
 マザーボードの正面側の構成部品部分にガタツキを吸収させるためのスペーサを入れた訳だが、ガタツキは解消されていた訳ではない。しかし、CPU部はポンプユニットと固定されているように思われた。
 

3)換装後、第2回目のCPU電源投入
 ①BIOS画面でCPU温度などを確認し、Windowsを起動
 ②暫くアプリケーションを使っていると、2)と同じブルー画面のエラーが表示され、自動的に修復と再起動が行われてしまう。
 ③②の状態を数回繰り返してしまった。自分ではCPU部は固定されている筈だと確信していた為、このエラーはポンプユニットブラケットの装着の問題ではなく、別のハードウェア、たとえばHDDなどの物理的なエラーが発生したのではないかと、一時疑った。
 ④しかし、マウンティングについてはガタツキがどうも気になるため、ポンプ部を再度外し、寸法やガタツキの要因を調べることにした。

4)マウンティング部のガタツキ要因調査結果
 ①添付されているBACK PLATEの雌ねじブッシュ部分の差し込み長さが、私が使っているマザーボードの厚みより長いため、BACK PLATEがマザーボードに固定出来ない。
 ②マザーボードの正面側からスタッドネジをマザーボードに固定しようとするが、①の原因でスタッドネジが固定できない。要するに、ガタツキがある。
 ③ポンプユニットを押さえるMounting Bracketは、マザーボードに立っているスタッドネジを締め付けて完全固定しても、①のガタの分 隙間を生じてしまうため、ポンプユニットはCPUに圧着されない状態のままである。見かけ上は、圧着しているように思える。
 ④③の状態で稼働させれば、CPUの熱は放熱不完全状態なため、熱でフリーズしてしまう。

《マウンティング部の対策方法》
Dscn0213 ①BACK PLATE側の雌ねじブッシュ部分に、Corsair設計が想定しているマザーボードの厚さと等価になるようにスペーサ(平ワッシャ)を挟み込む。(左の写真で、白っぽいブッシュがスペーサ)
 ②マザーボード正面側からスタッドネジで固定すると、BACK PLATEは略固定出来た。
私が使ったスペーサは、ほんの僅か厚みが不足しているように思えたので、私はMounting Bracket側のポンプユニットを押さえる面にも、薄いスペーサを挿入させた。
 ③①,②の対策により、Mounting Bracketを固定するネジは、しっくりと締め上げることができるようになった。

 ④以上の対策によって、現在はブルー画面のエラーが発生することも無く稼働で来ている。

 
《私のPCの仕様 ・・・上記関係部分のみ

①PCケース: Corsair Obsidianシリーズ 550D

②マザーボード: ASUS Z87-PRO

 

08/13/2014

CPUクーラーを流体冷却方式に変更

夏の暑さの為か?CPUを標準よりわずかに高いクロックで使っていたら、エアコンの入った部屋の中で使っているにも係わらず、オーバーヒートでPCがフリーズしてしまった。そのため標準クロックで今は使っている。
流体でCPUを冷やす方がメリットがあることは、過去に自動車の冷却系システムを扱ったことがある自分の仕事の経験から理解しているが、パイプ接続部からの液漏れの可能性があるのではないかとの不安が拭いきれず、またユニット価格が高額なことから、僕は切り替えられなかった。
それでもCPUクーラーの流体冷却方式は、市場に出てきてからかなりの年月が経過しており、多くのメーカーから多様な商品が発売され、ユニットの価格もこなれたものになって来ている。
H6017700x455 僕は、使っているPCケースのメーカーCorsair から提供される H60 CW-9060007-WWを購入することにした。
これは、120mmサイズのラジエータを採用した水冷一体型CPUクーラーである。詳細は、ここに記載があるので興味が有る方はご覧いただきたい。
左に掲載した写真は、そのURLから一部をコピーして使わせて戴いた。
これを使用した感想などは、改めてブログに掲載したいと思う。

08/12/2014

メタボリックと男性ホルモンに関する調査結果のメモ

我々中高年男性の内臓脂肪型肥満は、男性ホルモン、アンドロゲンの低下が一因らしい。

男性の更年期障害(LOH症候群)の症状の一つが、内臓肥満。(加齢に伴い)テストステロンが低下すると、腹囲や内臓脂肪が増加する傾向が認められる。更に、テストステロン量と勃起、肥満と性機能も関係しているとのこと。(大阪大学大学院医学系研究科器官制御外科学 辻村晃准教授)

アンドロゲンとは、コレステロールをもとに主に睾丸で産生されるテストステロンと、そこから代謝され作られるDHT(ジヒドテストステロン)の総称である。

テストステロンの減少は、筋肉や骨の量を減少させる
影響がある。加齢とともにテストステロンは減少し、筋骨がだんだん弱くなり、骨密度が低下、内臓脂肪の増加、高血糖、高血圧の症状が現れ、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす可能性もある。

生活習慣病のある人のテストステロン値を調べた結果、テストステロンの低いグループは高いグループと比べて、心筋梗塞発症の確率が4倍だったらしい。テストステロンには血管を拡張して、それを維持する働きがある。テストステロンが低下すると動脈硬化が進行することがわかったという研究結果もあるようだ。

筑波大学大学院人間総合科学研究科 鰺坂隆一教授は、中年の肥満男性31人を対象にウォーキングなどの中強度の有酸素運動を取り入れた次のようなヒト実験を行っている。
BMIが25以上でウエスト周囲径が90cm以上の中年肥満男性31人(平均49.1歳)を対象に、中強度の有酸素運動を週3回90分、12週間継続し、血中のテストステロンの値を調べた結果、21人の総テストステロンの値が正常化した。さらに、腹囲、中性脂肪値、インスリン抵抗性、LDHコレステロールなどの項目も改善した。中強度の有酸素運動は
、男性ホルモンの増加効果があるということだ。

使わない筋肉は、エネルギーを消費しないだけでなく、必要性が無いため小さくなる。
寝たきりだと一週間で10%ずつ足腰の筋力が衰えるというデータがある。筋に適切なメカニカルストレスがかからないと、筋の分解の方が、合成する割合に比べて高まる。これを食い止めるために大事なことは、大きな筋肉を動かすこと。大きな筋肉を使うと自然に小さな筋肉も動かすことになるとのこと。
運動習慣がある人は、効果的に脂肪を燃やせるように筋肉細胞が活性してくるので、運動習慣をつけることが何より大切だ。(首都大学東京 山内准教授)

高齢者の筋肉は若い人より筋細胞中の脂肪蓄積が多く、それに伴ってインスリン抵抗が高くなり、糖尿病のリスクが高まることがわかっている。高齢者でも運動を続けることは、アルツハイマー病の予防対策にも有効だと考えられている。

健康を脅かす要因として、単に肥満や過体重であることを識別するよりも、脂肪が体のどの部分に溜まっているかをみることが重要だ。不要な脂肪を効果的に取り除くためには、どんな運動がもっとも有用であるかを解明する必要がある。
運動に取り組む人が、自分が実際にどれだけ運動をしたかを知り、どれだけの距離・歩数を歩いたかを計り、どれだけのカロリーを燃焼したかを理解することが肝心である。有酸素運動を行わないと、余計な脂肪を燃焼し、減量するのは難しくなるようだ。(米デューク大学(運動生理学) Cris Slentz氏)

キャノーラ油が糖尿病コントロールに貢献 低GIとの組合せで効果という記事があった。「キャノーラ油(菜種油)」と「低GIダイエット」を組み合わせた食事をとると、血糖値を下げられる。(日本生活習慣病予防協会 2014年8月8日の記事より)
キャノーラ油(菜種油)と、全粒粉を使った低GIのパンを同時に食べると、血糖値が下がり、悪玉のLDLコレステロールも低下する。(カナダ・トロント大学 デビッド Jenkins教授の研究チーム)
カナダの2型糖尿病患者141人(平均年齢59歳)を①キャノーラ油を加えて作ったパンなど低GI食品を摂取する群と、②体に良いとされる全粒小麦で作ったパンを摂取する群に分け、それぞれ3カ月後の変化を比較した。
キャノーラ油は飽和脂肪酸が7%しか含まれていない。
①と②の群の両方が、GI値の低い食事をとっていたが、①の群は2000kcalにつき31gのキャノーラ油を取るようアドバイスされた。一方②の群は、精製された穀物を全粒粉にものに置き換えるようアドバイスされた。
その結果、、両群でHbA1cは低下したが、キャノーラ油を摂取した①の患者は、HbA1cが0.47%低下しており、②の患者のそれは0.31%低下であったとのこと。
さらに、総コレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪、心臓病や動脈硬化など心血管病になる危険性(フラミンガムスコア)も、低GI食グループでより大きく下がった。これは心血管イベントの7%減少につながる可能性があるという。次の行にこれに関する動画がある。
http://www.seikatsusyukanbyo.com/calendar/2014/002639.php

加齢によって筋肉が落ち、さらに脂肪がたまるのが「サルコペニア肥満」という症状。その判定目安は、①筋肉率(体重に占める筋肉の重さ)が男性で27.3%未満、女性は22.0%未満、②体重(kg)を身長(m)の二乗で割った体格指数(BMI)が25以上 (ウエルネスリサーチ 筑波大学大学院人間総合科学研究科 久野譜也教授)
サルコペニア肥満の対策には、筋力を付ける運動と筋肉を作る栄養分(脂肪分を減らしな、良質なタンパク質をとるバランスの良い食生活を送ることが重要)の補給が必要だ。


健康維持のためのスポーツと栄養について、-特に筋肉について- 大阪市立大学保健体育科研究室 藤本繁夫ら(http://dlisv03.media.osaka-cu.ac.jp/infolib/user_contents/kiyo/DB00011379.pdf) の研究報告がある。

08/10/2014

IE11のWeb接続が遅い 原因・・・

私のPCのOSはWindows8.1 64bit版で、自動的にIE11を使っている。いつの間にかネットのアクセスが遅くなったと感じ、Hubを疑ったり、PCのマザーボードを疑ったりしたが・・・、一向に改善しない状態が続いている。

ネットのブラウジングソフトをFirefoxやGoogleChromeに変更してみると、IE11で発生していたような遅れは全く感じないし、引っかかるような動きもしない。
自分がハードウェアを疑ったのは、もしかすると間違いだったかもしれない。

それで、ネット検索で「Windows8.1 IE11 遅い」と入れてググってみると、この問題を指摘しているサイトが数多くあることが分かった。特に、64bit版 Windows8.1での問題指摘が多いように感じる。

時々Youtube動画がIEで見られない事があって、ブラウザソフトをFirefoxに変更すると見られるようになるのも、この問題が原因になっているような気がする。
僕はあまり慣れていないが、GoogleChromeを使うとネットサーフィンはサクサク動く。

Windows8では問題が無かったので、OSを以前のものに戻したいと思っても、面倒なクリーンインストールをしなければならない。IEに問題が解消するまで、GoogleChromeを使う方が、ストレスが出ず良さそうだが、金融系のアプリでは IEを前提としている物が多く、使えるかどうか疑わしいという意見もある。
その際は、IEに切り替えてみることにするか・・・ 

⇒2014/8/13 Webブラウザを変更し、その後、しばらく使ってみたが、何処か引っかかって停まるような感じがする。WiFiに切り替えると、その問題は解消しているように動く。
HUB間を接続しているLANケーブルか、マザーボードのLANポートに問題があるのかもしれない。別OSのPCでは問題を感じないので、恐らくマザーボードのLANポートの方に問題があるのではないかと思われる。
・intelのGigabit CTデスクトップ・アダプタ EXPI 9301CT を yodobashi.comから購入することにした。送料無料、溜まっているポイントを使って格安に購入できた。
明日、部品が届くはずなので、その報告はブログで行いたいと思う。

⇒2014/8/13 CPUクーラーを水冷式に変更した。そうしたら、Webのアクセス速度も向上している!もしかすると、CPUが高温で目一杯ギリギリで稼働していたのか?それで時々フリーズ? 今は、全く問題ない! 明日、EXPI 9301CTが届くが、無駄だったか?

2014/09/06 のBlogで少し改善できたように思う。

08/04/2014

苗場山トレッキング(三俣中央バス停→苗場山頂(泊)→大赤沢新道→大赤沢)

「てんきとくらす」を調べて、山歩きに適した天候が続くと判断して、計画通り、苗場山を歩くことにした。しかし当日の天気は、ちょっと気象予報とは違っていた。その他にも、トラブル紛いの事は色々あった。旅行にそのような事は、付き物かも知れないが・・・

歩行ルート概要
PhotoPhoto_2左図は、2日間のトレッキングルートのGPSログ記録である。バスに乗車した区間も記録しているので、ちょっと紛らわしいかも知れない。マゼンダ色の線は、予め予定していたトレッキングルートで、水色は実際に歩いたり、バスに乗車して移動したログ記録である。猿面峰からの下山ルートは、当初横山を経由する予定だったが・・・間違えて降りている。
右図も基本的に同じ図であるが、予定ルートとバス乗車区間を省いて、歩いた標高値を入れたものである。山頂からの下りルートの傾斜が厳しい事が分かる。


苗場山トレッキングスタート
湯沢駅前から三俣中央までバスで行き、そこから歩く計画。当初予定のバスは、10:15発を考えていたが、自宅出発時間を少し早く出来た事もあり、湯沢駅のLoCoCo駐車場に午前 9時に到着できた。(2日間の駐車料金は 2600円だった)

しかし、バスの発車時刻までは 15分しかない、急いでパッキングを見直して、おにぎりを売っている売店は無いかと探しながらバス停に向かった。駐車場から階段を上がった左側にコンビニがあったのだが、全く気づかなかった。階段を登った時、目は右方向にあり、
在来線側に向かって、お弁当が買えないかと探しながら歩いていった。折詰の弁当販売所が有ったが、それ以外の弁当は見つけられなかった。駅前の広場の中にも、おにぎりなどを販売するコンビニは見つけられず・・・、乗車予定のバスが到着した。

Dsc_1795Dsc_1797Dsc_1803バスは時刻表通りに到着し、僕は三俣中央でバスを降りた(@380円)。運転手さんが丁寧に登山口の方向を教えてくださった。
バスを降りてから、一眼レフをバックパックから取り出し、水筒をセットして歩き始めた、時刻は 9時40分を回って、陽射しが暑くなってきた。ここから和田小屋まで約10km、アスファルト舗装の自動車道を歩いてゆく。僕は木陰を選びながら歩くが、路面からの照り返しはボディブローで効いてきた。

僕は 1時間歩いて汗だくになり、上着を脱いで濡れた汗を絞り、しばらく休憩をとった。道路
を走るものは、僕を追い抜いていったタクシーと自家用車が数台、また和田小屋辺りから戻ってきたタクシーと事業用車両と思われる車が数台降りてきただけだった。

Dsc_1831Dsc_1834約2時間歩いて、駐車場のすぐそばにある和田小屋(レストラン用仮設?)に到着した。公共トイレは、水が使えないようだった。和田小屋で、食事とかき氷が食べられるかもしれないと期待をして頑張って歩いてきたが、生憎この施設は閉まっていた。僕は2階に上がる外側の階段に座って、上着を脱いで乾かし、持参していた非常用食料を食べて昼食にした。暑さのためか、食欲はあまりなかった。

Dsc_1836Dsc_1837Dsc_183812時を過ぎた。僕は、午後4時までには山頂ヒュッテに到着したいと考えていた。しかし、ここから山頂まで標準コースタイムは 4時間かかる。もう少し此処で休みたいと思ったが、山頂に向かって歩き始めた。


Dsc_1841Dsc_1843Dsc_1845Dsc_1847






風の温度は少し低く感じたが、微風で、僕の身体がほてっている為か、全く涼しく感じない。「もっと高所から歩き始めないと、高原を歩く快適さを求めるのは無理か!」と思いながら歩く。
陽射しはあまりないのに、以外にきつい山歩き。

                  ↓やっと6合目
Dsc_1856Dsc_1859Dsc_1862







Dsc_1865Dsc_1866山頂から降りて「下ノ芝」で休んでいた中年女性2人のパーティに会って少し話をした。
『未だこれから先、急な岩場も有って、路面は石がゴロゴロ、一度下ってまた登らなきゃいけない、大変ですよ!でもお花畑はとても綺麗でした』と激励のエールを戴き、お互いの旅の安全を祈って別れた。
僕には、もう暫くの休憩が必要だった。再び歩き始めたが、確かに彼女らの言っていた通りだった。

Dscn7296Dscn7299Dscn7301上ノ芝辺りまで来ると、遠くで雷が鳴っているのが聞こえる。

眼を湿原に向けると、ワタスゲなどの高山植物が咲いていた。



Dscn7311Dscn7314Dscn7318Dscn7319徐々に高度があがって、田代湖が眼下に見えはじめる。


Dscn7321Dscn7330お花畑を見下ろす場所に到着した。もう時刻は午後3時40分頃で、ここから山頂ヒュッテまで約1時間と書いてあった標識を見て、「午後4時にヒュッテ到着は無理だな・・・」と諦めた。 時々雨が降り、雷の音が遠くに聞こえる。

雨の量が増えてきたので、一眼レフをバックパックの中に収めて、バックパックにはレインカバーをかけて、写真はコンパクトデジカメで撮影することにした。雨は降ったり止んだりの状態が続いている。

暫く歩くと、前方に見える お花畑のある山道 に 3名のハイカーがゆっくり歩いているのを発見し、元気が出てきた。
Dscn7337僕は、水場(雷清水)で水を補給し、先を行くグループに追いつきたいと頑張って歩いた。お花畑に近づくにつれて、次第に雲雪も怪しくなって、また雨が降りだしてしまった。一眼レフをバックパックから取り出す勇気も無く、コンパクトデジカメで写真撮影したが、お花畑はなかなか見ごたえがあり、綺麗だった。以前行った笠ヶ岳での花の風景を思い出した。そういえばあの時も周囲の展望は良くなかった・・・。




お花畑に咲いていた幾つかの花々(花の名前は・・・)
Dscn7338Dscn7342Dscn7343Dscn7345







Dscn7349Dscn7355Dscn7358Dscn7385








Dscn7350Dscn738616:40頃、今、思い起こせば、ヒュッテ到着は17時だから、苗場山登頂の最後の難関だったと思う。
天気が良く、岩が乾燥していれば問題なくクリアできた場所だったと思うが、力を入れ踏ん張った左足が滑って、右足を蹴った為に、両足を滑らし、わずかに引っ掛けていた右手の指先に全体重がかかって、指先が岩から外れて尻から落下してしまった。
落下した拍子に、眼鏡の左上が岩肌に辺り、額も打って、眼鏡の蔓が完全に開いて曲がった。 指の力では曲りを矯正できず、道具が無いと治せない状態になってしまった。幸いにして、一眼レフは雨のためバックパックの中に収納していて、落下の衝撃と破損から免れた。 落下で打ち付けた尻は強烈に痛かったが、怪我の程度も軽く、不幸中の幸いとは、このような事だろうと思った。

山頂付近に到着
Dscn7388Dscn7390Dscn7392








山頂ヒュッテ到着
Dscn7393午後 5時 3分、眼鏡の蔓は曲り、身体は疲労で困憊し、やっとの思いで山頂ヒュッテに到着できた。三俣中央のバス停から、距離16.8kmを 7時間28分かかって歩いてきた。
ヒュッテのフロントでプライヤをお借りして眼鏡の蔓の曲りを矯正し、翌日も使える状態になった。
身体は汗で濡れ、衣類は湿った状態だった、毛布を被って乾いた衣類に着替え、濡れた衣類は、ハンガーを借りて乾燥室で乾かした。

夕食はカレーだった。身体は疲れていたが、「エネルギを取らなきゃ!」という思いで、美味しく食べられ、おかわりした。近くに座っていた女性グループの中から、「私カレーダメなの」という声が聞こえてきて、山小屋の食事は選べないが、その時は付け合わせのサラダ、福神漬け、ラッキョウが山のように有って、食べ放題だったのは良かった。


夕食の後、ヒュッテの周りを少し歩いた。
Dsc_1873Dsc_1888Dsc_1890







隣のベッドに居合わせた同輩は、千葉県から来られたハイカーで、いろいろな山情報を交換したり、また大赤沢ルートは、高山植物が綺麗らしいと情報を教えてくださった。僕はPCで予めルート設定していたルートを歩こうと考えていたが、それが大赤沢ルートであることも、ここで再認識した。登山誌に依れば、途中 花が綺麗な場所があるらしいが、歩いている人が極めて少ないらしく、山頂ヒュッテの人に聞いても、登山道に関する詳しい情報は得られなかった。

この日は、朝から厳しい陽射しの中の長距離・長時間歩行で、身体は全体的に疲労していたので、朝までに疲労がとれるか心配だった。
Dsc_0129山頂ヒュッテには、大勢の中学生が来ていた。校外研修なのか3名の若い先生が引率していた。食後、天体望遠鏡などを持ってゆき、星の観察をしていたようだ。彼らの宿泊場所は 2階側にあったが、騒いだり大きな物音をたてることも無く、食事の際も礼儀正しくしていた。学生の素行も素晴らしいが、躾もしっかりしているなぁと感心した。
夜間、目が覚めることはあったが、午後8時過ぎから午前4時頃までぐっすりと眠ることができた。

朝になって窓から外を見ると、外はガスっていて見通しが悪そうだ。周囲から聞こえてくるグループの話し声から、昨夜は「満天の星空で綺麗だった」とのこと。昨夜の僕は、落下のショックと疲労で、そこまでの元気がなかった。

山頂ヒュッテでの朝食
Dscn7397Dscn7396朝食のメニューは、ハムとオニオンのドレッシングあえ、根菜の煮物2種類、煮豆、キャベツとキュウリの一夜漬け、沢庵、ワカメの味噌汁、小梅、海苔があった。
僕は、ご飯は普通に1杯食べて、元気を付けた。

僕が10分ほどで朝食を終えると、隣の同輩が話しかけてくれた。お互いに今日の予定を確認し合い、両者とも当初予定で行動するとのことになった。彼は湯沢で温泉に浸かって帰ろうと考えたようだ。僕は当初計画通りのルートで降りて、下山時間がバスに間に合うほど早ければ、早々に帰ろうと考えていた。下山が遅くなれば、次のバスまで1時間半ほど待たねばならないから、その際は、バス停の近くにある温泉に浸かって、昼飯を食って帰ろうと考えていた。

Dsc_1898Dsc_1906Dsc_1907午前 6時過ぎにヒュッテを出発、苗場山頂の三角点を確認し、大赤沢新道ルートに入った。




大赤沢新道を歩く
Dsc_1909Dsc_1910Dsc_1912大赤沢新道に分け入ってみると、最近下草が刈り取られた跡があることから、かろうじて山道だと判断できるレベルの道であった。確かに下草は一度刈ってはあるが、刈られた後に新しい雑草が生えてきて、足跡が見え難くなっている。


Dsc_1915Dsc_1917Dsc_1920Dsc_1922






僕は滑ったり、ぬかるみに足を取られないようにするため、慎重に足跡を見つけながら、急な斜面を焦らず降りた。
Dsc_1938Dsc_1943自分が今歩いている道は、雑草を刈りこんだ跡が有ることから登山道で有ることは分かるが、私が予め設定した道から、いつの間にか外れていた。
どうしてそうなったのか、不思議だが、間違いをしてしまいそうな分岐も無かった。降りてゆく道の足場に集中していて、自分がルートから外れた事に気づいたのは、随分歩いてからの事だった。
今更、間違えた場所まで戻って確認する元気もない。雑草が刈り込まれたこの道を信頼して、下山を続けることにした。幾つかの安心感は、急なスロープの場所では、ロープが必ず設置してあったことで、ここが登山道であることを証明していると僕は感じた。それに、このロープのお蔭で、滑りやすい場所でも、安全に降りることができた。感謝!

Dscn7400Dscn7401ヒュッテから降り始めて2時間ほど経過すると、昨日の疲れが大腿四頭筋に出てきた。接地の際に脚を踏ん張ろうとすると、ガクッと膝が折れて行きそうな感じになる。休息を取りながら歩くが、半ズボンのため、歩行を止めると周囲から小さな虫が集まってくる。
痛いと感じたときには後の祭り、痛痒くなって、そのうち腫れてくる。虫に数か所やられてしまった。上腕はKOSEのSUNCUT UV PROTECT ESSENCE SPF50+ PA++++ (日焼け止めクリーム)
を塗っていたのが効果的だったのか、幸い虫に刺されることは無かった。脚にも塗って於けばよかった。

帰宅してからネットでググってみると、大赤沢新道で花が綺麗だったという情報・写真は確かに有った。しかし、僕は疲れていて周囲の変化に気づかなかったのか、私の下山ルートとは少し違うのか・・・、それとも花の時期が外れてしまったのか・・・、大赤沢新道に期待していた「お花畑のような花の楽園」は見つけられなかった。

かなり急な傾斜が続き、私は疲れのため集中力が欠如してきている上に、接地した脚はますますガクッと折れてしまいそうになる。そうなれば滑って山道から落下する恐れも出てくる。
「高齢登山者の単独登山、苗場山山中でまた遭難!」って記事が脳裏に浮かぶ。僕は、集中力が切れたら拙い事になりそうだと心底思ったので、アニマル浜口流に「集中!集中するんだ!」って何度も大声で叫びながら山道を降りた。

未舗装道路、そして幹線道路へ
Dscn7419Dscn74209時48分、未舗装路に到着。しかし、左右どちらに行けば幹線道路に出られるのか。Oregon650を取り出すと、電池切れしていた。eTrex30は未だ健在である。Oregon650の電気消費量はやはり大きく、フル充電したeneloop(単三)を使っても 9時間余りしか持たなかった。ログデータは猿面峰を過ぎた辺りで電池切れにより消えている。
現在地と目的地を素早く把握できるGPS機能は、Oregonの方がeTrexより使い易いので、バックパックから新しいアルカリ電池を出して、Oregon650に装着し、進むべき方角を確認した。その結果、この未舗装路を左に暫く行けば、予め設定しておいたルートに合流することが分かった。
暫く歩いて予め地図に設定しておいたポイントに合流したが、そこには登山道らしきものは見当たらなかったし、標識も見つけられなかった。予め予定していたルートは、横山を通るルートであったが、横山へのルートは、現在閉鎖されて歩けないという事か?

未だ未舗装路と舗装路を歩かねばならない。緩い下り傾斜が、僕の大腿四頭筋に笑いかけるような感じだ。そのため、歩行速度が上げられない。
バックパックの中には、ペットボトルの中に入った水が少しあるが、公道に出るまでに歩行を止めて無駄な時間を浪費したくない、もう少し我慢!と自分に言い聞かせ、頑張って歩き続ける。

舗装路に出て、僕の集中力は更に低下してきたようだった。7~8mほど前方に一匹のグレー色の野ウサギを発見した。もっと早くそれを見つけていれば写真も撮れたが、私もウサギもほぼ同じタイミングでお互いを発見したようで、ウサギはそそくさと草陰に入ってしまった。

津南行バスに乗車
Dscn7428Dscn7431Dscn744710:52 予定通りの時間に公道に出ることができた。
公道に接近するしばらく前から、車のエンジン音を気にしながら歩いてきた。「多分、バスは未だ通り過ぎては居ないはずだ」と信じて、後方から迫ってくる車のエンジン音に聞き耳を立てながら歩く。しばらく歩いて・・・
10:53 バスが来た! 急いで手を振り乗車意志を表す。ラッキーだった!

Dsc_0132もう一つラッキーなことが重なった。バスの後方の席に座っていた若い男女の登山者が、津南役場前で降車した。私はその事が気になって、次の信号でバスが一時停止した時に、運転手さんに「湯沢行きの急行バスは、このバスの終点で乗車できますか?」と聞くことができた。終点では、湯沢行きの急行バスに乗車できない事が分かり、次のバス停で降車することができた。街中のバス停区間は短距離であり、湯沢行きの急行バスには十分にゆとりを持って乗ることができた。

津南役場前のバス停周辺には、コンビニや食料品店が無く、喉が渇いた僕にとって、アイスクリームが買えないのは、とてもアンラッキーだった。
そのため、湯沢駅に到着して、駅のコンコースでソフトクリームを1個、帰宅中の高速道路のサービスエリアでも
ソフトクリームを1個購入してしまった。

次回は、山頂ヒュッテで千葉のハイカーから聞いた、平標山に行きたいなぁと思うようになっている。


行程表概略
2014年 8月 1日 (持参GPSによる歩行距離 16.8km、歩行時間(含休憩) 7:28:47)
    *歩行距離と歩行時間は、三俣中央バス停から山頂ヒュッテまで
  9:39 三俣中央バス停 スタート
11:08 約5分休憩 距離 バス停より 約6.4kmの地点(舗装道路上を歩いた)

11:50 和田小屋(仮設レストラン?)
    経過時間 2:10 (移動時間 2:04,、停止時間 6分)平均速度 4.2km/h

    約22分休憩&昼食
12:12 歩行再開
12:38 和田小屋前通過
13:12 六合目
14:04 下ノ芝
14:24 七合目
14:58 中ノ芝
15:12 上ノ芝
15:31 股スリ岩
15:42 神楽ヶ峰
16:17 九合目
16:28 雲尾坂
16:40 岩登りで滑って落下 約4分休憩
17:03 山頂ヒュッテ到着 標高 2127m
18:00頃 夕食
20:00頃 消灯

2014年 8月 2日 (持参GPSによる歩行距離 8.7km、歩行時間(含休憩) 4:42:16)
    *歩行距離と歩行時間は、ヒュッテスタートから津南行きバスに乗車まで
6:10 下山スタート 標高 2127m
6:14 苗場山山頂
7:15 天狗の庭(八合目)着
7:34 猿面峰(七合目)着  標高 1832m
7:40 七合目 出発
    道の状態があまりにひどいので、一眼レフ破損防止のためバックパックに入れる
8:05 六合目
9:48 未舗装道路着(登山口)
9:59 GPS電池交換し、位置を確認して歩行開始
10:07 舗装道路着
    これなら、小赤沢ルートの地図で、幹線道路上に10:52に着けばバスに間に合うかもしれないと考えていたので、休憩はなるべくとらないように頑張って幹線道路まで歩く。
10:52 幹線道路着 予定通りに到着できた 車のエンジン音を気にしながら歩く。
10:53 津南行きバスに手を振って合図し、乗車 標高735m  経過時間 4:43 距離
   津南町役場前 到着(終点の津南駅まで乗車すると急行バスには乗れない)
11:59 湯沢駅行き急行バスが時間通り到着 これに乗車(@680)
12:53 湯沢駅前で降車(@770)



使用機器類
GPS1: Garmin eTrex30 (eneloop単三電池2本)
GPS1地図: UUD社 Japan Digital Road Map Navigator and Topo 10m for Garmin GPS V5
GPS2: Garmin Oregon 650 (eneloop単三電池2本 + アルカリ単三電池2本)
GPS2地図: TKA社 高精細地図 2014年版
Camera1: Nikon D800 + Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm 3.5-4.5G ED VR
Camera2: Nikon Coolpix P310

給水量
2日間の歩行中で約4リットル消費(除、ヒュッテ内での食事時のお茶飲用)
《内訳:1.5Lペットボトル水1本、0.5Lペットボトル水2本、0.5Lペットボトルスポーツ飲料2本(内1本はヒュッテで購入)、0.3L保温ボトルに氷水+雷清水で補水》

私のトレック結果(.gpx file)
「mytrack_of_mt_naeba___0102_aug_2014.gpx」をダウンロード

この地図データをGoogleEarthで見る方法は、次のURLを参考方
http://spice-cabinet.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/garmin-etrex-tr.html

« July 2014 | Main | September 2014 »

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ