« 日々のウォーキングと体重の変化 | Main | 帰省のついでに伊吹山登山 »

07/19/2014

バックパック購入(deuter Futura Pro36)

バックパックを購入した。購入したのは deuterの2014年モデル Futura Pro 36 Black/Glay である。

Dscn0056購入のきっかけは、これまでの山歩きの中で一番活用しているフェールラーベン製FRILUFT20(背中に空気層のあるバックパック)が、未だ十分に使えるレベルではあるが、左の写真のように壊れかけてきたことと、水パイプを通すラバーベルトが緩んできたこと、容積が20リットルで、内部は1室であること、中の荷物の取り出しが上方のみであり、使い勝手があまり良くないという不満があった。
使い慣れてくると、いろいろ不満が出てくるものだ。

背面に当たるクッションに溝を付けて、空気層を設けたバックパックは、他にも幾つか持ってはいるが、暑い夏、汗を大量にかいて歩く際には、背中にはもっと風が通って欲しい。僕が最初に買ったバックパックは、deuter製FUTURA26(使用:2009/6月~2010/8月) で背面に完全な空気層を持つタイプだった。FUTURAの背面の空気層は、汗でべた付く背面を、空気が流れる構造として、汗を乾きやすくしてくれるので、歩行を随分快適にしてくれた。100回ほど使って背面のアーチ構造組立部分の付け根の溶接が剥がれてしまった(ブログ:2010/8月)。この時は、壊れたアーチ部分の作り方を見て、それがエンジニアとしての自分からは納得出来ない設計と造りだったために、以降 deuter製のバックパックの購入をする気にならず、更新品としてFRILUFT20を選んだ。

今回、バックパックの更新品(容積は25~35リットル程度のもの)
を検討してみると、「背中に完全な空気層があるタイプ」のバックパックは、選択できる商品が増えている。deuterは勿論、Ospray他からも魅力的なデザインのものが発売されている。deuterは、アーチ構造のやり方を従来の鉄板の組み合わせのものから、大きく変更してきている。これならば良いかもしれないと思った。

僕は、購入対象を下記の3つの商品に絞り込んだ。
Ospray ストラトス36
deuter Futura 32
deuter Futura Pro 36

①は正面アクセスジッパーが有って使い易そう。
②と③では、①のように正面アクセスジッパーが無い。2つのモデルは似ているが、容積の違いが大きい。トレッキングには、VariFlex装備(腰部ベルトの機能)をうたっている③の方が向いているように思われる。

いろいろ悩んだ挙句、男性的な外観デザイン、容積、背面の空気層、トレッキング対応などの観点から、③のブラックを購入した。

⇒その後、使ってみると、良い点は背中に風が通ること。その部分にちょっとした物を仮置きしたりできるが、そこに置いたことを忘れて歩いていて、何かの拍子に落下したのを気づかず、物を無くすという事もある。不満な点は、脇のポケットの位置が高くて深いので、そこに入れたペットボトルを後ろ手にしても取れないこと・・・。自分がもっと柔軟な身体にならないといけないのだが・・・。
⇒このバックパックは頑丈に出来ていると思うが、そのためバックパックそのものの重量が重い。標高差がある山で使う場合には、もう少し軽いバックパックが欲しくなる。2015年7月、岩木山を登ったときに、これに荷物を詰めて出かけた。標高差300mほどの雪渓を登るのに結構苦労した。今振り返って考えると、荷物の総重量は、私にはちょっと重かった。カメラも雪渓を登る時はバックパックの中に入れてしまうので、持参するカメラは一眼レフではなく、より小型のものにして、着替えも もう少し減らせば良かったと思う。

« 日々のウォーキングと体重の変化 | Main | 帰省のついでに伊吹山登山 »

Gear」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540128/59996024

Listed below are links to weblogs that reference バックパック購入(deuter Futura Pro36):

« 日々のウォーキングと体重の変化 | Main | 帰省のついでに伊吹山登山 »

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ