« Androidスマートフォンでウォッちず表示しGPS追尾 | Main | Windows7 32bit OSをSSDに換装 »

05/24/2014

GPS 『みちびき』の追尾

日本の準天頂GPS衛星『みちびき(QZSS):国際標識番号2010-045A』の信号を、手持ちのGPS機器で受信できるのか? 確認してみた。

所有のGPS機器(含スマートフォン)
* eTrex30 (Garmin社製)
* Oregon 650 (Garmin社製)
* Xperia Z1 Compact (Sony社製)

①先ず、GPSの衛星ID番号を確認するために、JAXAの準天頂衛星システム(QZSS)みちびきのデータ公開サイトに行き、QZ-vision URLにある「QZSS+GPSデータダウンロード」をマウスクリック!
②次に、「QZSS+GPS SkyPlot:QZレーダー」(画面右側)[QZ-radarの詳細を見る]をマウスクリック。
③次の画面右側にある「QZレーダーダウンロード」の下側のボタン[↓ダウンロード]をクリックしてアプリをダウンロードする。
 動作環境の一番新しいOSは、Windows7となっているが、私のマシン Windows8.1 64bit機 でも問題なく
作動した。

* このURLに記載されている説明によれば、このアプリを使えば、『「ある場所、ある時刻において、準天頂衛星みちびき と GPS衛星群が、上空のどの方向に何機見えるか」をシミュレートするアプリ』とある。

④私がダウンロードしたファイルは、「QZ-radar_j_1_30.zip」。これをPCの適当な場所に保存し、解凍すると QZ-radar_j_1_3 という名前のフォルダが作成される。この中に、マニュアル、実行形式のアプリ QZ-radar.exe 等が入っている。

⑤ QZ-radar.exe をダブルクリックして起動させる。

⑥GPS衛星の位置を示す画面が表示される。右側に「衛星表示」という欄が有り、QZSSとGPSにチェックマークが入っている。
 GPSのチェックマークを外してQZSS衛星だけを表示するようにしてみる。

 私の画面では、QZSS衛星はマゼンダ色で「Q1」と識別されている。(ID番号は193なので、その先頭の1桁だけが表示されているようだ)もし、この画面の中に何も表示されていない場合には、レーダー画面の下にあるスライダを左右に動かしてみるとよい。衛星が左下(南東)側から現れるのではないかと思う。

* スライダー時間幅などを変更したり、都市名を変更して、何時に天頂のどの辺りに現れるかを確認(シミュレーション)する。

⑦⑥で確認した時間に、手持ちのGPSで場所と衛星を確認すると良い。

調べたところによると、GPS衛星みちびきのID番号は『193』番であり、Garminでは193と表示されるようだ。

スマホでもGPSの状態が確認できるように、僕は『AndroiTS GPS Test』と『GPS Status』という2つのアプリをインストールした。どちらもGPSの状態を確認するためのアプリで、表示方法が違うだけである。

やってみたが、手持ちの3台のGPS機器では、ID193を追尾できなかった。どれも日本専用機ではないから表示できないのか・・・・・ 残念だが、みちびき は未だ1個のGPS衛星、それが追尾できないからといって、追尾精度が極端に低下するわけではなさそうだ。
負け惜しみ・・・

« Androidスマートフォンでウォッちず表示しGPS追尾 | Main | Windows7 32bit OSをSSDに換装 »

GPS」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540128/59674813

Listed below are links to weblogs that reference GPS 『みちびき』の追尾:

« Androidスマートフォンでウォッちず表示しGPS追尾 | Main | Windows7 32bit OSをSSDに換装 »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ