« FlashAirのNikon Cameraとの接続 | Main | Windows7 XP仮想モードとNetMDのインストール »

04/19/2014

fitbit flex の利用

Dscn6125勤めていた会社の友人からfitbit flex(for Softbank)を譲って貰った。
私が今持っているスマートフォンとToshiba REGZA Tablet AT500 でBluetooth接続を確認したが、このfitbit flex との bluetooth接続ができない(認識してくれない)。
しかし、ASUS Z87-PRO のマザーボードは、Bluetooth v4.0, Bluetooth v3.0+HS に対応しており、OS Windows8.1の下で fitbit flexを認識することが出来た。

譲って貰った際に、友人が説明してくれた詳しいことは忘れてしまったが、その友人によると、このfitbitでデータを継続的に管理しようとすると、Softbankとの契約が必要で、毎月費用がかかるとのこと。ただし、フリーのアプリは存在している筈で、それを利用すればSoftbankユーザーでなくても利用できる筈だと教えてくれた。

それで、手持ちのAndroid端末は接続できないが、Freeに使えるWindows用アプリは無いものかと探すと(キーワード:fitbit flex application free)、Fitbitから提供されているアプリが有ることが分かった。(未だ、このハードからのデータが取り込めるか否かは確認していない。)

アプリの入手は、画面内( http://www.fitbit.com/jp/home )の下の方に記載されている。
設定およびダウンロード ⇒ ここをクリックしてダウンロード (すぐ下の行にOSを選ぶところがあるのでWindowsであることを確認) ⇒ アプリをダウンロードして実行した。 

名前・年齢・メールアドレスなど打ち込んでインストールすると、歩数などの毎日のアクティビティを記録したり、健康にかかわる食事、体重、睡眠、日記などを書き込めるダッシュボードというアプリが立ち上がった。
Fitbit_start FitbitとPCはハードウェアとして接続されているが、このアプリに自動的に書き込まれるのか否かは未だ良くわからず不安だったが、実際に腕に巻き付けて運動した後、PCの前でこのアプリを起動すると、運動の結果が反映されているようだ。


他のFreeアプリを探すと、MicrosoftもHealthVault というアプリを提供していて fitbit とリンクしていることが分かった。どのようにリンクしてくれるのかわからないのだが、hotmailアカウントでサインアップ出来るので、こちらも参加してみることにした。

其の後⇒睡眠状態の記録はモード切り替えが必要なんですね!SoftbankのfitbitのFAQページには、
《就寝前と起床時に、Fitbit Flexをすばやく5回程度叩くと「活動モード」と「睡眠モード」が切り替わり、記録されます。》 と書かれています。写真も掲載されていますので参考になります。

« FlashAirのNikon Cameraとの接続 | Main | Windows7 XP仮想モードとNetMDのインストール »

Gear」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540128/59493437

Listed below are links to weblogs that reference fitbit flex の利用:

« FlashAirのNikon Cameraとの接続 | Main | Windows7 XP仮想モードとNetMDのインストール »

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ