« Excelで作成した住所データをGoogle地図表示する | Main | The searching of autumnal color in Niigata prefecture »

10/14/2013

南アルプス 仙丈ヶ岳登山

2013年10月中旬、この三連休に、南アルプスの仙丈ヶ岳を歩いてきた。
事前の計画に記載したように、新宿から昼間の高速バスで行って、13日は長衛荘に一泊し、14日に仙丈ヶ岳に登るという予定でいたが、この計画がスタート時点から崩れてしまった。
計画では、午前8時半、新宿発のバスで現地に向かうと、自宅を出発する時間はそれなりに早く出なければいけない。途中、昼食をとる時間を節約すれば、乗り継ぎの時間を切り詰められると思って、午前9時半のバスで現地に向かおうとしていた。
午前9時少し前に、新宿のバスセンターに到着して、自分は少し余裕があると思っていた。バスセンターの中でバスが出発する停留場番号を確認していると、『中央高速道路が約50km渋滞のため諏訪方面は2時間以上の渋滞になると思われます。』とのアナウンス! 

2時間も遅れたのでは、仙流荘から北沢峠に向かう最終バスに乗れなくなってしまう・・・。となれば、旅行自体をキャンセルするか、別の交通手段を使って、仙流荘からの最終バスに乗る方法を考えないといけない。スマートフォンの路線案内で、JRで現地に向かい、最終バスに乗り継げるかを確認してみた。10時00分発のJR特急スーパーあずさ11号を使えば、JRを乗り継いで、伊那市駅にバス発車時刻の3分前に到着する事が分かった。
高速バスターミナルの窓口で、直ぐに乗車予定のバスをキャンセルしたが『このような交通混雑状況なので』と、バスのキャンセル料は不要になった。
Dscn4688急いでJR駅の切符発行窓口に向い、10時00分新宿駅発の特急スーパーあずさ11号の指定席を申し込んだ。1名乗車という事もあり、幸いにして座席がとれた。現地へのアクセス費用は、特急列車を使うこともあり、バスの料金の2倍程度かかってしまう。

JRを使うと、伊那市駅までの間、電車の乗り継ぎが2回ある。
しかも、伊那市駅では、列車が到着後、高遠行きのバスの発車時刻まで3分しか余裕が無い。列車がホームに停車した際の扉の方向と、高遠駅行きバス停の位置が何処になるか心配だ。場所が駅から離れていれば、そのバスに乗車出来ない可能性もある。

Dscn4691岡谷では、乗り継ぎ時間4分で、線路下の地下道を通って0番線に停まっている飯田線の電車へ乗り継ぎだった。これが以外と離れている・・・。皆、頑張って走っている。
飯田線に乗車してから、Netで友人に連絡をとり、伊那市駅から出発する高遠行きのバス停の番号や場所を調べて貰った。バス停は、駅の直ぐそばにあることが分かったし、扉は左側が開くことは列車が伊那市駅に到着する前に分かった。
列車が伊那市駅に到着して、扉が開き飛び降りたが、さて改札は何処にあるのかと一瞬周りを見渡した。列車を降りた乗客が、列車の後方に歩いて行くことで、改札口へは列車の線路を跨ぐ陸橋を越えて行かなければいけない事が分かった。バスの出発までもう時間がない、階段を駆け上り、陸橋の上を走って、階段を駆け下り、切符を改札のテーブルの上に置いて、駅舎の前に停車していたJRバスに飛び乗った。
20131013_131536Dscn469213:15 あやうくセーフ!高遠駅までの乗車客は僕を含めて4名で、僕以外の乗客は途中で降りてしまった。
このバスに乗車できたことで、当初予定のスケジュール通り、旅行計画がころがり始めた。






Dscn4698Dscn4713Dscn4715高遠駅(この駅はバスステーションであって、鉄道駅ではない)でバスを降りて、仙流荘行きのJRバスに乗り換えた。





Dscn4717Dscn4718Dscn4719仙流荘では、北沢峠行きの最終バス(南アルプス市営バス)に乗り換え現地に向かった。バスの座席はハイカーで満席になった。仙流荘周辺には、駐車場の中では納まりきれず、農道の脇などにも多数の車が停められていた。バスの運転手さんは、11時現在で約500台の乗用車が停車していましたと言っていた。ガイドブックなどに依れば、確か350台の無料駐車場となっていたから、相当な数のハイカーが来ているようだ。


Dscn4730Dscn4737仙流荘から北沢峠に向かう途中の橋には、自転車を含めた全ての一般車両の侵入を防止するゲートが設けられている。徒歩で橋を渡ることは可能らしいが、その橋から北沢峠まで歩いて行くとすれば、相当な時間がかかる。





Dsc_8318北沢峠に到着すると、帰宅する多数のハイカーがバスを待って、長蛇の列を作っていた。20数名しか乗れないバスでは、一体何台必要なのか・・・翌日の帰宅時間を考えると憂鬱になる。仙丈ヶ岳の登り・下りの標準時間を合わせると7時間は必要らしい。私の計画では午後1:30のバスに乗車することとしていたが、バスの発車時刻の1時間前には、ここ北沢峠に下山到着しようとすれば、午前5時半には山小屋を出発する必要がある。でも、バスの待ち時間は、1時間程度で大丈夫だろうか・・・と不安。


Dscn4747Dsc_8320Dsc_8323長衛荘に入り、受付で簡単な書類に住所・名前・弁当の要否・翌日の行先などを記入し、宿賃を支払った。私の寝床は、1階の一番奥で、二階造りのベッドの上段だった。トイレと更衣室の扉、靴置きがすぐ傍にあり、騒々しい場所だ。
予約時の電話では、『宿泊者が多いので、布団は3人に2枚になります』と聞いて覚悟して居たが、ベッドは隣の人や通路と遮光カーテンで仕切る事が出来て、幸いにして共用でない自分専用の毛布が確保されていた。

Dscn4758Dscn4753Dscn4754食事は、宿泊者が多く満員状態なので、午後5時と6時の2回に分けて提供されていた。この日の夕食のメニューは、ミンチ肉入りのジャンボコロッケ、鶏のすね肉など、僕は鶏肉が苦手だが、食べてエネルギーを注入しておかないと・・・と1本戴いた。意外に美味しく食べられた。
午後7時頃、朝食用の弁当が予約者に配られた。ハイカーの出発時刻がそれぞれ違うので、夕食時のように一度には出来ないための配慮らしい。
翌朝は、午前3時半に味噌汁を提供するとの事。宿の支配人からの話では、森林限界を越えたところでご来光を眺めるとすると、宿から2時間以上かけて登らなければいけない。日の出の時刻は5時半頃なので『朝日を見たければ、3時半には宿を出発する必要が有る』との配慮で、朝の味噌汁提供時間が決まったようだ。

消灯は午後8時。食事をとると、皆さん翌日に備えて早く就寝する人が多かった。当日駒ヶ岳などに登って翌日帰る人も多く泊まって居て、その人たちは元気を使い果たしたっていう顔をされていた。
スマートフォンの電源が無くなり、使えなくなってしまったので、充電器とスマートフォンを宿に預けて充電して貰った。一回300円だった。これがないと、まさかの時の写真撮影も出来なくなる。というのも、カメラは、デジタル一眼レフとコンパクトデジカメを持参してきていたが、コンパクトデジカメのズームの調子が悪くなり、ここぞと思うときにズーミング出来ない。これまで山中で2度落下させている後遺症が出てきているらしい。

午後8時を過ぎると、人声は途切れ、トイレの扉を開け閉めする音の頻度は少なくなったが、普段の就寝時間より4時間も早いので、眠れない。そのうち、周囲から寝息やいびきが聞こえてきて、眠れない自分に焦ってしまう。
結局深い眠りに入ることが出来ずに、1時間毎に目が覚めていた。

午前3時を過ぎた頃から、通路で物音が聞こえはじめた。午前3時半に宿から味噌汁をすすり、朝食をとりはじめる人が増えてきた。何度か時間計算を繰り返し、森林限界を越えた場所からのご来光は諦めて、4時半頃に出発することにした。あまり眠れたという感じは持てなかったが、それほど眠くもないので、ちょっと外気温を調べに玄関を出た。風は殆ど無くて、少し肌寒い程度。
Dscn4761Dscn4763冷たい水で洗面して気合いを入れて、朝食をとり、登山用にバックパックの中を詰め替えた。山小屋では、汚れたバックを寝床に持ち込まさない為に、バックは、寝床から離れた別の置き場所に置かなければいけないのがとても不便だ。





Dsc_8324Dsc_8326長袖のTシャツの上に薄いダウンジャケットを着て歩き始めた。仙丈ヶ岳への登山道は、長衛荘の対面位置から始まる。自分が作成したコース設定では、この路が表現されていなかったし、同じタイミングで歩き始める人が居なかったので、最初は少し不安になった。
少し歩いて見ると、この路は自分が設定していたコースにつながっている事が確認できた。
なるべく汗をかかないようにと、ゆっくり歩いたが、それでも1合目まで歩くと、中のTシャツが汗で湿っぽくなってきたので、ダウンを脱いでバッグに入れた。
少し風があると、汗で湿ったTシャツが冷たく感じるが、そのうち湿ったTシャツは直ぐに乾くだろうし、この方が僕にとっては快適に歩ける。
ヘッドライトで照らされた山道は、白く見えて、登山ルートを迷うことは殆どない。

Dsc_8331Dsc_8335Dsc_8355木立に囲まれた山道の中で日の出を迎えた。太陽が少し昇り始めると、周囲はあっという間に明るくなる。
1合目でダウンジャケットを仕舞っている際に、私が追い越された女性が休憩して居る際に、私が追い越したり、此方が休憩している際に追い越されたりしている間に、一緒に歩くことになった。彼女は、50歳ぐらいの方で、昨日、駒ヶ岳に3時間半ほどで登ったという強者であった。
彼女が、パッキングの為休んでいる間、私が先行して歩いた。
Dsc_8354Dsc_8357Dsc_8366Dsc_8363






Dsc_8382Dsc_8383Dsc_8386Dsc_8387










小仙丈ヶ岳(h=2855m)からは、北岳・駒ヶ岳などがすばらしい眺め。
Dsc_8457Dsc_8461Dsc_8462Dsc_8463







彼女との距離があまり縮まらないまま、私が先に山頂に到着した。登山道の入り口から山頂まで、3時間10分であった。彼女は3時間を切ったタイムだろう。

Dsc_8478Dsc_8485Dsc_8490Dsc_8491












Dsc_8492Dsc_8498自分が考えていたより、あまりにも短時間で登れてしまったので、下りは登り時間よりきっと短いだろうから、帰宅時のバスの時間には余裕をもって下山できる事が確信できた。
ところが、私は、昨夜星空を見に外に出て上を見上げていた際にふらついて、宿の外の下り階段を1段分落下して、左膝を強打していた。下り坂では、着地の時に少し痛みが出る。それで、彼女より一足先に下山することにした。下山ルートは「馬の背」方向からと確認していたのに、山頂からちょっと離れた所からの、山頂付近の写真を撮るのに夢中になっていたために、ルートの事を忘れて、登ってきたルートを降りはじめてしまった。
Dsc_8579Dsc_8583Dsc_8582気がついた時には、ずいぶん降りていたので、仙丈小屋の方に降りるルートから馬の背に行くルートがあることを思いだし、その分岐点まで降りていった。


Dsc_8560Dsc_8575そんなときでも良いことは有るものだ、ハイマツの中に『らいちょう』を発見!これをカメラに納め、分岐点から仙丈小屋に向かった。またここでも、岩の上にいた鳥を発見し、カメラに納めることが出来た。でも望遠の倍率が低いので十分に接近できない。じれったい!





Dsc_8586Dsc_8587Dsc_8588仙丈小屋で少し彷徨いていると、先ほどの彼女が降りてきたのと遭遇。昨日、彼女が駒ヶ岳に登った際に見かけたという男性と3人で、馬の背ヒュッテの方に向かって年齢順に・・・、いうことは僕が先頭だが・・・一列に並んで下山した。

Dsc_8626Dsc_8632この登山道からも、駒ヶ岳の姿が素敵に見える。来年は登ってみたい。今年と同じくらいの体力が残っていれば、そして脚の状態が良ければ、多分3時間半から4時間で登れるかもしれない。




Dsc_8619Dsc_8620馬の背ヒュッテには、午前10時前に到着した。急いで下山しても、午前10時発のバスには間に合わない。次のバスは午後1時半だが、もしハイカーが多ければ臨時便が出るだろう。でも1時前にそれほど多くのハイカーが集まるとも思えない。
結局、急いでもしようがないから、ゆっくり降りようという事になり、休憩時間をたっぷり鳥ながら下山した。
長衛荘に近くなって、男性は、テント泊らしく、テントを畳み荷物を取りに途中で分かれた。
長衛荘前のバス停に到着すると、バスを待っている人は7人だった。リュックを置いて順番を採って、財布を出そうとバックの中を探ったが、見当たらない。
『えぇつ!そんな馬鹿な・・・』と思いながら、何度もバックの中に手を突っ込み、かき回し、荷物を全部とりだして見るが、無い! どこかで落としたのか?? 落とすとすればバッグを開けた山頂しかない。もしそうなら、また山頂まで登らなくては・・・ 
『もし山頂で落としたのなら、大勢のハイカーが居るから、誰かが気づいてくれる』と励ましてくれた。可能性があるのは、ベッドの脇に置き忘れているか・・・、宿の人に『財布の忘れ物は無かったですか?』と聞いてみると、『掃除のために人が入っています、そういう報告は無かったですよ』との回答。でも・・・と通路からベッドを見てみるが、見当たらない。
もう一度、バス停に戻り、バックをひっくり返すが、やはり確実に無い。
私のベッドは、部屋の隅で、出発する際に毛布はきちんと畳み、宿を出てきた。財布などはその重ねた毛布の脇に置いていた。宿の方に戻って、登山靴を脱いで、もう一度ベッドの脇まで行ってみると・・・そこに有りました。『山頂で落としたのでなくて、良かった!』

そんなドタバタを繰り返している間に、バスを待つハイカーの列は増え続けて、定刻より早い時間にバスが出発出来る事になった。
周りの景色などについてガイドしながら、仙流荘に向かった。バスの進行方向に対して左側の席に座ったので、往復とも逆サイドに座ってしまい、バスからの景色は十分に楽しめなかった。

Dscn4813Dscn4818_3仙流荘から高遠駅行きのバスは、発車まで30分余りの時間がある。バス乗車前に仙流荘の立ち寄り風呂に入って帰るか・・・と思ったが、痛めている膝を温めるのは良く無さそうだったので、持参していたアルコールタオル(除菌できる)で上半身を拭いた。





Dscn4825Dscn4831高遠駅から伊那市駅までのバスも、タイムリーに接続できた。帰りは時間がかかっても、高速バスで帰ろうと決めていたので、伊那市駅に到着すると、バスターミナルに急いだ。

予約していたバスの時間を変更し、約40分待って14:25発新宿行きのバスに乗車することにした。しかし、バスで帰ると決めてはいたが、高速道路の渋滞は気になるので、JRの特急を使わないで帰るとすると、自宅到着時間が何時になるか調べてみた。
乗り換えは6~7回となり、料金もバスより高額になる。時間は6時間半ほどかかってしまう。疲れて眠って乗換駅を乗り過ごしてしまう可能性を考えると、バスは手軽だ。

バスは、5分ほど遅れて伊那市バスターミナルに到着した。座席はバスの最後尾の席だった。リクライニングは出来るが、最後尾は上下振動も大きいし、足下のスペースは少ない。
財布も含め、バックパックをトランクルームに預けてしまったので、新宿到着まで眠っていればいいや・・・と思っていたが、渋滞の状況はお盆や正月などの時より厳しく、途中で2回それぞれ15分間ほどのトイレ休憩が入った事もあり、新宿高速バスターミナルに到着したのは、20:21だった。
駅で、簡単な夕食をとり、電車・バスを乗り継いで、自宅に到着したのは、午後10時過ぎになった。

計画通り事が進まないのが、こういう天候に恵まれた連休の旅行なのかもしれない。


費用概算
新宿駅~伊那市駅(JR特急スーパーあずさ11号) 5,990円/片道
伊那市駅~高遠駅(JRバス) 510円×2(往復、現金支払い)
高遠駅~仙流荘(JRバス:長谷循環) 300円×2(往復、現金支払い)
仙流荘~北沢峠(南アルプス林道バス) 1,300円(旅客運賃1,100円+手荷物200円)×2(往復、現金支払い)
長衛荘宿泊(夕食+朝食) 8,000円(現金支払い)
スマートフォン充電1回分 300円
伊那市バスターミナル~新宿高速バスターミナル 3,400円/片道(現金支払い)
費用(上記)小計 21,910円 (交通費の計画との差額 +3,020円)


登山ルート
Photo地図: Garmin GPS(eTrex 30) + Japan RoadNavi 25000 v3 produced by UUD Co.,Ltd

←登山計画




PhotoPhoto_2←登山の結果






Key Notes
 
場所: 南アルプス
目的地: 仙丈ヶ岳
歩行日: 2013年10月14日(月:祭日)
天候: 晴
難易度: 健脚向き
距離: 8.6km(GPS記録:10.5km)
標高:登り合計 1061m、下り合計 1076m
所要時間: 6時間20分(標準時間約7時間) 
        含休憩時間(登り時:48分、下り時:56分)
最寄り駅: 伊那市駅、高遠駅(バスステーション)、仙流荘

ルートとコースタイム詳細(上記の地図を参照のこと)
4:35am 長衛荘スタート
→ 5:42am 四合目
→ 5:59am 大滝ノ頭(五合目) 
→ 6:21am 六合目
→ 6:50am 小仙丈ヶ岳(h=2855m) 
→ 7:44am 仙丈ヶ岳 山頂 到着 
→ 8:00am 仙丈ヶ岳 山頂 出発 
→ 8:27am 仙丈小屋への分岐 
→ 8:35am 仙丈小屋 
→ 9:00am 馬の背分岐
 
→ 9:06am 馬の背ヒュッテ
→ 9:28am 仙丈藪沢小屋
→ 9:57am 大滝ノ頭
 
→10:54am 北沢峠:長衛荘前(ゴール)


下りは、3人で一緒になって降りてきたが、急いで北沢峠まで降りても、バスの待ち時間が長くなるだけなので、ゆっくり降りようということになり、このような時間になった。
GPS記録によれば、移動時間は4:36、停止時間は1:42になっている。これは下りの休み時間が多いという事と思う。


私のトレック結果
「current_track__14_oct_2013_04_34.gpx」をダウンロード


資料
『関東の山あるき100選』昭文社 山と高原地図シリーズ P.102~103「仙丈ヶ岳」
伊那市のホームページより
  伊那市バス時刻表 
http://www.inacity.jp/list.rbz?nd=699&ik=1&pnp=21&pnp=612&pnp=699
ハイウェイバス ドットコム ← 高速バスの検索と予約
国土地理院 2万5千分1地図 ウォッちず

長衛荘(ちょうえいそう) ℡ 090-3023-9030 電話で宿泊予約

« Excelで作成した住所データをGoogle地図表示する | Main | The searching of autumnal color in Niigata prefecture »

Mountain Walk」カテゴリの記事

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ