« 裏山を歩く | Main | プラン:仙丈ヶ岳を歩いてみたい »

09/15/2013

登山靴のインソール

最近の山歩きで、靴の(インソールの)クッションが低下しているように思えるようになってきた。登山靴は、別のモデルに更新していたが、中のインソールはそのまま使ってきている。しかし、最近、急な勾配の下り坂でショックが大きくなって、サポート機能も低下しているように感じたからだ。登山靴から外したインソールを調べてみると、各部分を指で押さえた時の潰れ方や戻りに、弾性が感じられず、既に交換時期を過ぎていると思われる。

Dsc_0283インソール(Superfeetグリーン)の購入時期の記憶が明確では無いので、購入時に撮影した写真(2010年の購入時に撮影)から、時期を調べてみると、既に3年半以上経過している。そして、このインソールを使った山歩きやトレッキングは、少なくとも51回、約870km(GPS計測部分)以上である事が分かった。じぇじぇじぇ・・・である。



更新を考えたいが、これまで使ってきたSuperfeetグリーンについては、最初に使ったときの劇的な効果は、生々しく記憶に残っているし、徐々に効果が低下してきたとは言え、これまで不満は全く無かった事から、次期に購入する際の最有力選定候補であることには間違いない。
しかし、そのまま更新ではなく、改めて、最近のインソール事情を調べて見た。足と靴に合うかどうかは、実際に靴底にひいてみて確認するのが確実で良いが、重くて嵩張る登山靴をショップに持っていって確認するのは、ちょっと気が引ける。先ずは、ネット情報から確認してみた。

■Superfeetグリーンについて(Superfeetのホームページから)
http://www.superfeet-jp.com/product.html
http://www.superfeet-jp.com/Trim_choosing_Meyasu.html
僕は、スポーツの種類:トレッキング & 靴の種類:ワークブーツ & 足の状態:ハイアーチ からグリーンを選択した。

■Shock Doctorについて(販売会社のホームページから)
http://www.sunward-kk.com/supporter/proavance/insole.html
http://www.proavance.co.jp/c_set/sd_insoul.html
特に、高機能モデルSP0991が魅力的に感じる。

■SIDASについて(SIDASのホームページから)
http://sidas.co.jp/
MULTI+(マルチプラス)やWALK+(ウォークプラス)に魅力を感じるが、つま先の厚さが少し厚いような気がする。

いろいろなメーカから、それぞれ独自のサポート方法が提案されている。自分の足の形状とウォーキングのタイプから選別してみた。

ASICSの計測サービス(足形測定): http://www.asics.co.jp/running/measure-service
全国各地にあるアシックスストアや、登山用品販売店などにも計測してくれるサービスがあるので、調べて見るのが良い。

僕の足の計測結果から、足は扁平足ではなく、アーチ部はある方なので、その足の状況から、ブルーは選択候補から消えた。
また、ショックドクターSP0991モデル、シダスのWALK+については、機能の高さから強い関心があるが、インソールの厚みがSuperfeetより少し厚いようなので、これを選ぶには、登山靴を更新する際の方が適切と判断した。

結論:今回はSuperfeetグリーンで更新することにしよう・・・

⇒(2013/09/18) 新しいインソールが届いた! 早速違いを確認したが・・・ 目で見たり、指先で触ったりした所では、明確な違いがわからない。新しいインソールは、少し弾性があるかな?と思うが、山道で試さないとわからないように思う。

⇒(2013/10/14) 南アルプスの仙丈ヶ岳で試してみた。以前からのものに比べると、下り坂でのショック感は、少なくなっているような気がする。

« 裏山を歩く | Main | プラン:仙丈ヶ岳を歩いてみたい »

Gear」カテゴリの記事

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ