« August 2013 | Main | October 2013 »

September 2013

09/22/2013

ロングウォークちちぶ路歩行速度比較

僕は、2011年と2012年の2回、ロングウォークちちぶ路27kmのイベントに参加した。2011年は単独歩行で、27kmを約7時間(標準歩行時間より1時間早い時間)で歩行できたが、2012年は長距離歩行経験の少ない友人と一緒に歩き、27kmを約9時間かかって歩行した。
Photoこの2回の歩行速度を比較しグラフを描いてみた。グラフの横軸はGPSから得られた移動距離を累積した距離、縦軸はサンプリングされた時間毎に表示される区間移動速度である。
青い線図は2011年の結果、オレンジの線図は2012年の結果である。
また、グラフ中にはデータの3次多項式補間を表示させてみた。


■2011年の歩行の特徴
 休息頻度が少ない。停止したのは、27km中で、ほぼ2回(昼食、トイレ)。
 平均歩行速度は、4km/h~5km/hに安定している。
 この時は、宝登山の山頂への登頂まで、それほど速度を上げた歩行はしていない。

■2012年の歩行の特徴
 休息頻度が多い。24回以上歩行停止している。
 休息毎の休息時間も長い。
 最初の宝登山歩行時、歩行速度を高くスタートし疲れが出てしまったのか、山頂で休息している。また、その時の疲労が後に影響している可能性もある。
 この時、友人は大量に発汗していたし、その汗が乾きにくい綿の衣類を着ていた。
 また、バックパックに入れた荷物も重く、身体に与えた負荷も多かったようだ。

 
■これらの結果から、最初は身体を慣らすため、少し速度を下げた速度で歩きはじめ、歩行による疲労蓄積を少なくする。身体が歩行に慣れてくれば、時速4.5kmほどの安定した速度で歩き、長時間の休憩頻度はなるべくを少なくするのが、7時間歩行を実現する方法かもしれない。
自分の体力を越えた歩行速度は、発汗量も増やし、体力消耗も多くなる。加えて、体力消耗をリカバリーするための長時間の休憩は、汗で濡れた身体を冷やして、身体の疲労が出やすくなる可能性も高い。
発汗量をコントロールして、歩行時の疲労蓄積が少なければ、緩い傾斜の下り坂では、6km/h程度の歩行速度で歩くこともできる。
ウェアは乾きやすいものを、そしてバックパックは出来るだけ軽い状態で参加するのが良い。

09/17/2013

プラン:仙丈ヶ岳を歩いてみたい

仙丈ヶ岳に行ってみたい。南アルプス市観光協会のホームページ(http://www.minami-alpskankou.jp/senjou.html)には『仙丈ヶ岳は赤石山脈の北部にある標高3032.7mの山です。 山容は比較的穏やかで「南アルプスの女王」と呼ばれています。危険な箇所が少なく初心者でも安心して登ることができます。頂稜からの眺めは極めてよく、富士山、南アルプスの山々はもとより、八ヶ岳、奥秩父、そして中央アルプス、北アルプスまで一気に展望することができます。  また、高山植物の非常に豊富な山としても知られています。日本百名山の一つ。』とある。

東京方面からアクセスする方法を調べてみた。
新宿から高速バスで行く方法と、秋葉原から夜行の高速バスで行く方法がある。
昼の高速バスで行って、一泊し登るか、夜行バスで行くか? 夏時刻の休日で検討してみた。

往路のスケジュール
①新宿高速バスターミナル 6:50発(KO)⇒伊那市10:00着 
伊那市駅10:41発(高遠駅行き)⇒高遠駅11:02着 乗換え 
高遠駅11:40発(杉島方面行き)⇒仙流荘12:07着 戸台口12:10着
戸台口12:40発⇒北沢峠13:40着
北沢峠⇒大滝頭⇒小仙丈ヶ岳⇒仙丈ヶ岳⇒仙丈小屋 4時間25分 
仙丈小屋到着予想時刻は、18:00頃 となる。 途中で日没になる。
又は、その逆ルートで、北沢峠⇒大滝の頭⇒仙丈藪沢小屋 とすれば 約2時間半なので、午後4時頃には仙丈藪沢小屋に到着出来そうだ。馬の背ヒュッテまで足を延ばすとすれば、北沢峠からは3時間ほど要するので、到着時間は午後5時頃となる。

新宿からスーパーあずさを使えば、 新宿駅8:00発 仙流荘11:50着 北沢峠13:40着という方法もある。 この場合、北沢峠には高速バスと同じ時刻に到着出来る。

②新宿高速バスターミナル 7:30発(KO)⇒伊那市10:55着 
残念ながら、14分前にバスは出発してしまった後、伊那市に到着する。次のバスは、13:15分になる。
伊那市駅から市内循環バスを使って中央区三丁目に行き、そこから最寄りのバス停、新子まで1駅分(約500m)歩く。
伊那営業所前を11:00発の市内循環バスに乗り、中央区三丁目11:15着で降ります。
此処からバス停一駅分歩いて、新子に行きます。新子着11:30頃。でもあせる必要はない。高遠行きの次のバスは、
新子12:13発⇒高遠駅12:28着 乗換え 急いで来たものの、杉島方面行きのバスは高遠駅13:40発(杉島方面行き)しかない ⇒仙流荘14:07着

③新宿高速バスターミナル 8:30発(FJ)⇒伊那市11:55着 新子からの高遠行きのバスに乗る事は、時間的に無理。また、高遠さくらの湯行きのJRバスが11:57発であるが、高遠で仙流荘行きの同じバスを待つことになる。
結局朝の出発が1時間違っても、仙流荘着は同じになってしまう。伊那市駅周辺で、ゆっくり昼食をとり、
伊那市駅13:15発(高遠駅行き)⇒高遠駅13:39着 乗換え 
高遠駅13:40発(杉島方面行き)⇒仙流荘14:07着 乗り換え 
14:10発に乗車⇒北沢峠15:05着
この時間では、仙丈小屋に向かうには遅すぎる。長衛荘や大平山荘辺りで宿泊する。

参考) 北沢峠⇒大滝頭⇒小仙丈ヶ岳⇒仙丈ヶ岳⇒仙丈小屋 4時間25分 
     仙丈小屋⇒馬の背ヒュッテ⇒大滝頭⇒北沢峠 2時間45分 
     通しで歩くと、7時間10分かかることも考慮を要す。

④③に対して、朝出発する時刻を1時間遅らせて、
新宿高速バスターミナル 9:30発(YK)⇒伊那市12:55着 (昼食は、バスに乗車の際に、お弁当を購入するなどして、車内で済ませる。) 
伊那市駅13:15発(高遠駅行き)⇒高遠駅13:39着 乗換え 
高遠駅13:40発(杉島方面行き)⇒仙流荘14:07着 乗り換え 
仙流荘14:10発に乗車⇒北沢峠15:05着

⑤新宿8:30発⇒仙流荘12:40着 トラビスジャパン(0265-71-3800)というのも有るようだが、便の有無については確認を要す。


結論
往路①で仙丈小屋(宿泊)にまで行けたとすれば、復路①は楽勝で可能になる。
復路は、仙丈小屋から
①北沢峠10:00発⇒仙流荘10:50着 
  仙流荘10:53発⇒高遠駅11:23着 
  高遠駅11:30発 中央区三丁目11:45着 市街地循環バス外回り(イーナちゃんバス) 
  中央区三丁目11:55発⇒伊那営業所12:15着 (伊那市駅まで歩く)
  新宿行き高速バスは、復路④が間に合うかもしれない。

往路③、あるいは往路④なら、長衛荘か大平山荘に泊まり、早朝7:00以前に出発、7時間以内で歩いて、北沢峠13:00発に間に合うように戻る必要がある。そうしないと、乗り継ぎがとんでもなく悪い。
往路が③、あるいは往路④となる場合、
復路は、②北沢峠13:00発⇒仙流荘13:50着 14:58発⇒高遠駅15:28着 15:30発 中央区三丁目15:45着 市街地循環バス外回り(イーナちゃんバス) 15:55発⇒伊那営業所(=伊那バスターミナルと同じ場所)16:15着 (伊那市駅まで数分歩く) 復路⑥又は復路⑦で帰宅

復路のスケジュール
③北沢峠16:00発⇒仙流荘16:50着 18:03発⇒高遠駅18:33着 18:40発⇒伊那市19:03着

④伊那市12:25発⇒新宿高速バスターミナル15:45着

⑤伊那市13:25発⇒新宿高速バスターミナル16:45着

⑥伊那市16:25発⇒新宿高速バスターミナル19:45着

⑦伊那市17:25発⇒新宿高速バスターミナル20:45着

⑧伊那市18:25発⇒新宿高速バスターミナル21:45着

⑨伊那市19:25発⇒新宿高速バスターミナル22:45着

備考
中央道八王子でバス降車⇒JR中央本線西八王子駅まで徒歩 (約2.2km)
中央道日野でバス降車 ⇒JR中央本線日野駅まで徒歩 (約1.6km:上り勾配)
中央道府中でバス降車 ⇒JR武蔵野線府中本町駅まで徒歩 (約2.1km:上り勾配)
高速道路上のバス停で降車しても、アクセスは良くないので、新宿高速BTまで乗車した方が便利かもしれない。

資料
伊那市のホームページより
伊那市バス時刻表 http://www.inacity.jp/list.rbz?nd=699&ik=1&pnp=21&pnp=612&pnp=699

長衛荘(ちょうえいそう) ℡ 090-3023-9030
大平山荘(おおだいらさんそう) ℡ 0265-78-3761
仙丈小屋(せんじょうごや) ℡ 090-1883-3033
仙丈藪沢小屋(素泊まりのみ) ℡ 0265-98-3130
馬の背ヒュッテ(うまのせひゅって) ℡ 0265-98-2523 

費用
新宿高速バスターミナル~伊那市 : 高速バス 片道運賃 3400円(ネットによる往復割引適用 3250円)
伊那市~高遠(JRバス関東) : 片道 510円
高遠~戸台口(JRバス関東:長谷循環バス) : 片道 480円 (確認資料がない)
戸台口~北沢峠(南アルプス林道バス) : 片道 1200円 + 手回り品 200円
市街地循環バス外回り(イーナちゃんバス) : 150円

09/15/2013

登山靴のインソール

最近の山歩きで、靴の(インソールの)クッションが低下しているように思えるようになってきた。登山靴は、別のモデルに更新していたが、中のインソールはそのまま使ってきている。しかし、最近、急な勾配の下り坂でショックが大きくなって、サポート機能も低下しているように感じたからだ。登山靴から外したインソールを調べてみると、各部分を指で押さえた時の潰れ方や戻りに、弾性が感じられず、既に交換時期を過ぎていると思われる。

Dsc_0283インソール(Superfeetグリーン)の購入時期の記憶が明確では無いので、購入時に撮影した写真(2010年の購入時に撮影)から、時期を調べてみると、既に3年半以上経過している。そして、このインソールを使った山歩きやトレッキングは、少なくとも51回、約870km(GPS計測部分)以上である事が分かった。じぇじぇじぇ・・・である。



更新を考えたいが、これまで使ってきたSuperfeetグリーンについては、最初に使ったときの劇的な効果は、生々しく記憶に残っているし、徐々に効果が低下してきたとは言え、これまで不満は全く無かった事から、次期に購入する際の最有力選定候補であることには間違いない。
しかし、そのまま更新ではなく、改めて、最近のインソール事情を調べて見た。足と靴に合うかどうかは、実際に靴底にひいてみて確認するのが確実で良いが、重くて嵩張る登山靴をショップに持っていって確認するのは、ちょっと気が引ける。先ずは、ネット情報から確認してみた。

■Superfeetグリーンについて(Superfeetのホームページから)
http://www.superfeet-jp.com/product.html
http://www.superfeet-jp.com/Trim_choosing_Meyasu.html
僕は、スポーツの種類:トレッキング & 靴の種類:ワークブーツ & 足の状態:ハイアーチ からグリーンを選択した。

■Shock Doctorについて(販売会社のホームページから)
http://www.sunward-kk.com/supporter/proavance/insole.html
http://www.proavance.co.jp/c_set/sd_insoul.html
特に、高機能モデルSP0991が魅力的に感じる。

■SIDASについて(SIDASのホームページから)
http://sidas.co.jp/
MULTI+(マルチプラス)やWALK+(ウォークプラス)に魅力を感じるが、つま先の厚さが少し厚いような気がする。

いろいろなメーカから、それぞれ独自のサポート方法が提案されている。自分の足の形状とウォーキングのタイプから選別してみた。

ASICSの計測サービス(足形測定): http://www.asics.co.jp/running/measure-service
全国各地にあるアシックスストアや、登山用品販売店などにも計測してくれるサービスがあるので、調べて見るのが良い。

僕の足の計測結果から、足は扁平足ではなく、アーチ部はある方なので、その足の状況から、ブルーは選択候補から消えた。
また、ショックドクターSP0991モデル、シダスのWALK+については、機能の高さから強い関心があるが、インソールの厚みがSuperfeetより少し厚いようなので、これを選ぶには、登山靴を更新する際の方が適切と判断した。

結論:今回はSuperfeetグリーンで更新することにしよう・・・

⇒(2013/09/18) 新しいインソールが届いた! 早速違いを確認したが・・・ 目で見たり、指先で触ったりした所では、明確な違いがわからない。新しいインソールは、少し弾性があるかな?と思うが、山道で試さないとわからないように思う。

⇒(2013/10/14) 南アルプスの仙丈ヶ岳で試してみた。以前からのものに比べると、下り坂でのショック感は、少なくなっているような気がする。

09/05/2013

裏山を歩く

Dsc00071Dsc00109自宅から少し離れた裏手には、東松山市の『市民の森』があり、適度なアップ・ダウンの起伏を持ったプチ山道が森の中を走っている。『市民の森』の周辺には、JAXA(宇宙航空研究開発機構)、ゴルフ場、岩殿観音などの施設がある。





20130907_10163920130907_102951僕は、『市民の森』の西側の入口(JAXA側)から入り、東側の出入り口に向かって歩く。東側の出入り口の近くには、『市民の森』のための駐車場があるのでそこに自家用車を停めて歩く人も多い。『市民の森』の中の歩道は、木立の中を通っていて、盛夏は日陰の中を歩ける、冬期は適度な日差しが差し込む。
『市民の森』の管理用で道幅3~4mの舗装道路(自転車を含めて一般車両進入禁止)の道路脇には、山道の雰囲気を持ったちょっと幅の狭い道が、アップダウンしながら通っている。

20130907_10393520130907_10445320130907_110302何度もこの場所を歩くうちに、お気に入りのコースが出来上がった。自宅から市民の森の入口まで片道約2km。森の中を約6km歩く。晴れた日に、このコースを歩くと、僕の足では約2時間ほどかかる。
往路は、約70~80%の力で(心拍数でいうと120~130回/秒ぐらいの状態)頑張って歩く。20~30分歩くと身体中に薄らと汗が・・・。夏場は半袖のTシャツとショートパンツで歩くので、休憩のために停まると蚊の攻撃にあってしまう。虫よけスプレーを事前に吹きかけておくことは、ウォーキングでは必須の防護方法だ。
往路の終点の駐車場に到着して、水を一口飲んで気持ちを切り替える。長居は無用。汗をかいた身体が冷えないうちに、そして蚊が近づかないうちに、すぐに復路を歩きはじめる。復路では約60~70%の力(110~120回/秒くらい)で歩く。
僕が歩くときに気を付ける事は、このウォーキングも散歩では無くてエクササイズ!どこかにその要因を入れて歩く。だから、エクササイズと思って頑張って歩く。
今日は「つま先が踵より先に着地するように歩こう」って決めて歩いてみた。これまでとは違う他の筋肉が動く。これも良い運動になる。

Dsc00065木立の中の蝉の声も未だ騒々しいが、歩道の周辺の植物に目をやると、もう秋の七草の葛や萩が咲き始めているし、栗の実もゴルフボールほどの大きさに膨らんでいる。

2時間ほど歩くと、身体中汗でしっとり・・・家でシャワーを浴びるとすっきりするね!


公園(市民の森)/東松山市ホームページ
東松山市民の森の里山|埼玉県の自然スポット - Knet

09/01/2013

Trek Activity : Mt.Fuji Climbing

Dscn4550I trekked on the Mt.Fuji from the last Thursday's night (29th) to Friday (30th).
The access to Mt.Fuji that I used was an Expressway Bus from Shinjuku Bus Terminal. I rode on the Fuji-Kyuko Bus at 15:30 to the 5th station of Mt.Fuji from Shinjuku Expressway Bus Terminal. The bus arrived at the 5th station about 17:55pm.


http://bus.fujikyu.co.jp/highw/jikokuhyo/12.html




20130829_180144Dscn4520
When I arrived, the top of the mountain was clear and had no cloud but gradually made a lenticular cloud and it was getting bigger in a short time. It is said that a lenticular cloud is generated when the wind is stronger above the air. It's generally believed that in most cases, the lenticular cloud is the foreboding of strong wind or it becomes the weather worse.

I thought that I'd like to have a rest at 5th station, so I searched around it but there were no free facilities. There were few hikers on the open space. Many shops on the 5th station were closed. So, at first, I was determined to take a rest on the 5th station until 8:00pm, but I changed my mind to go up the mountain. There were no available rest facilities on the 5th station, so we thought it must have some rest facilities on the next mountain stations.
A free public washroom was only on the 5th station beside the parking lot. You have to pay about 200yen at the other washrooms in Mt.Fuji area.

But it was an erroneous thinking, there were no free rest facilities on the mountain at least between the 8th and 5th stations. They provide not a rest facility, but a pay sleeping facility. The sunset time was the middle way to the 6th station. I light up a head light and walked up to the 6th station. The mountain path was getting steep from 6th station. We sometimes climbed onto a rock that was produced by lava flow.

There were few hikers around us. I was in good physical condition. So, I could climb the mountain at my own pace but high speed. The concentration of Oxigen was getting low.
That situation made my body out of shape gradually.

Dscn4526I saw beautiful night view from a mountain path.
We took a rest in front of the 6th and 7th station facility. We had a dinner at 7th station.
The Katsu Ball that was divided out from my friend and ate there was very delicious. I could see the light of 8th as if it is in front of me. But, the mountain trail between 7th and 8th path made me feel so long.

The 7th and 8th facility system was the same system as the 6th, too. A night stay price of the 7th lodge was 5,500yen per person, but 8th lodge was 6,000yen per person.
We took a short rest on the bench in front of 6th and 7th facilities. The lava flow rock was gradually increased as I walk up along the mountain trail. I felt some headaches from 7th station and it was gradually hard. I was affected to the low concentration Oxigen.

Dscn4529I felt dizzy that was getting strong just before the 8th station. The time was about 9:30 and the wind was so strong and we felt cool, so we decided to have a sleep on the 8th facility.

A bed was prepared that it was a sleeping bag onto the board, and the bed width was about 80cm. The lodge was not crowded.

I heard the sound of strong wind through the wall of the lodge through the night. We talked about the departure time to the summit of Mt.Fuji as 2:00am. About 1:40am, we waked up and checked the wind. The wind was strong enough still then, but other hikers who arrived before us were going to start who aimed at the summit. We decided to stay till 5:00am because of the strong wind. The check-out time of the lodge was 5:00am, so we all were forced out from the lodge.


Dscn4556I was in the dark night, but I could see the orange low-intensity light at the horizon. I walked the smooth mountain path to the place that many hikers were gathering. That was a peak point of the road that I could see the sunrise in good condition.
I took a video at the sunrise. Since the wind was so strong from right-side, I sat on the ground and spread my legs widely, and guarded the microphone by palm. Although, the video had shaken considerably.

A friend of mine said to me "How about going up to the summit?" But, the summit was covered with thick cloud and wind was still strong, so I proposed to go down the mountain and agreed each other.

Dscn45592013083020130830_2We descended Mt.Fuji along the down mountain path. The path surface was very smooth, so it was very easy for me to arrive at the 5th stage. We took a coffee brake, after I checked the departure time of the Expressway Bus to Shinjuku Bus Terminal and opening time of the ticket office.
When I went back in front of the ticket office, two young hiker who I met them at the mountain path and stages last night stood in a queue. I asked them why they were here now. They answered that an ambulance crew at 8th station told them the risk of climb by strong wind at the summit, and held them back at the 8th station. They told me we felt frustration that could not climb to the summit.


Trail Notes
15:30 Departure from Shinjuku Expressway Bus Terminal
17:50 arrival at 5th station of Mt.Fuji
18:23 start of hiking from 5th station
19:02 arrival at 6th station (h= 2390 m)
20:16 arrival at 7th station (h= 2700 m)
        brakes and took a dinner
21:43 arrival at 8th station (h=3040 m)
21:43-04:54 stayed and slept at Taishi-kan lodge
04:54 departure at 8th station
05:53 arrival at 7th station (h=2640 m)
06:22 arrival at 6th station
06:49 arrival at bus terminal of 5th station

PS. At my trek map that I attached : The blue line is my hiking plan. The green line is the real trek line.

Key Notes
Location; It's about 95km West of Shinjuku Station of Tokyo
Date walked; August 29 (Thrs.) - 30 (Fri.), 2013
Map; GPS and Map; Garmin GPS(eTrex 30)
                           + Japan RoadNavi 25000 v3 produced by UUD Co.,Ltd.
Walk type; Mountain walk
Distance; about 10 km (5th station <==> 8th station: Taishi-Kan lodge)
Time required;  about 12hours 26minutes [with dinner]
                     with one night stay at a lodge

Information
Bus access from Shinjuku Expressway Bus Terminal the 5th station of Mt.Fuji
Select the bus from the next URL
  https://www.highwaybus.com/rs-web01-prd-rel/gp/foreign/frgSelectLine?lang=en
 
Express Bus Terminal
  https://www.highwaybus.com/html/gp/foreign/en/access/index.html


Official Web Site for Mt.Fuji Climbing
  http://www.fujisan-climb.jp/en/index.html
Route Map (初心者のための登山とキャンプ入門 : 吉田ルートより)
  http://www.camp-outdoor.com/tozan/fujisan/course.shtml#a

« August 2013 | Main | October 2013 »

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ