« マーチのエアコンフィルター | Main | Bluetooth イヤホン »

08/04/2013

尾瀬至仏山 登山計画

尾瀬の至仏山に登ってみたい。 山頂からは360度の眺望が利いて、燧ヶ岳、会津駒ヶ岳、谷川連峰、日光連山を臨む事ができる。
今週の土曜日の天気は「曇り」で雷雨の危険性があるが、日曜日(4日)は、天気も良さそうだ。ただし、山の天気はわからない。「てんきとくらす」を見ると、風雨があってやや登山には適さないとある。土曜日の夜まで、天気に注意していよう。
アクセスは、関越自動車道路で沼田インターチェンジまで行って、沼田街道を走り、大清水の手前の尾瀬戸倉に車を駐車(戸倉の駐車代金 1000円/日)して、鳩待峠行きのバス(900円@片道)に乗り換える。
至仏山の山ノ鼻からの登山道は、途中の蛇紋岩地帯が滑りやすく危険なため、登り専用の一方通行規制となっている。そのため、鳩待峠から木道を下ってビジターセンターまで降りて、湿原側(1410m)から山ノ鼻から登り始めないといけない。至仏山の高さは、標高2228mあるので、湿原からの標高差は約820m、登りの標準時間は3時間となっている。
自宅から、尾瀬戸倉まで、片道約2時間半の道のり。尾瀬戸倉から鳩待峠まで約40分、至仏山ハイキングの行程は、道のり約10kmであるから、ハイキングには5時間半くらいの時間を要すると想定すると、遅くとも9時半頃には鳩待峠をスタートしたい。
ところが、戸倉発鳩待峠行きのバスの発車時刻を調べて見ると、7:50、8:55、9:40とある。
7:50発のバスに乗車しようとすれば、自宅は5時に出発すべきで、
8:55発のバスなら、自宅出発時刻は、6時~6時半頃となる。その後のバスでは、山頂への到着時刻も遅くなる。自宅出発時刻を6時で想定し、至仏山のハイキングを計画してみることにした。

→ 8月4日 午前5:40現在 現地の天気予報を調べると、12時頃には雨になる可能性が高いようです。
見晴らしも悪いでしょうし、足下の条件も良くないと思われるので、本日は取りやめる。
http://tenki.jp/rader/pref-18.html?rainmesh=1

« マーチのエアコンフィルター | Main | Bluetooth イヤホン »

Mountain Walk」カテゴリの記事

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ