« RockGarden in Mt.Mitake and Mt.Hinode walk with kids | Main | Trek Activity : Mt.Asamayama »

07/16/2013

北海道大雪山 旭岳~黒岳 縦走

2052013年7月13日(土)、北海道大雪山の旭岳から黒岳を縦走した。旭岳や黒岳を歩くハイカーも多く、ルートは分かりやすく道に迷うことは無かった。ハイキングルートの両脇には赤・白・黄・紫色の高山植物が数多く咲き乱れ、ハイカーの目を楽しませてくれた。しかし、旭岳から黒岳の縦走コースでは、長い下り坂になる雪渓が数多く残っていて、足を滑らさないようにと神経を尖らせて歩くこととなった。

1080山肌に残る雪渓の白い模様は、いろいろなものの形に見えたり、山筋を際立たせるアクセントになったりして、大雪山系の景色をよりダイナミックに感じさせているように思えた。早朝、旭岳からみた西方の水平線は、低く垂れ込めた白い雲のベールに覆われていたが、次第に青く晴れ渡り、天空に浮かぶ白い筋雲や鱗雲は、山肌の雪渓と相まって、雄大な光景を演出していた。

《詳細》
私は、前日の12日、札幌から旭川まで高速バス「高速あさひかわ号」で移動し、旭川駅前から旭岳温泉行きのバス「いで湯号」の最終便に乗り継いで、旭岳温泉に入り一泊した。
Dscn4034
宿の名前は『ヌタプカウシペ』。「キャンプ場前」でバスを降りると、太い丸太を大胆に組んだロッジが見えた。アイヌ語で”大雪山”というに相応しく、その外観はどっしりと落ち着いた感じがして、旭岳を背景に、雄大な大雪の山々に溶け込むようにたたずんでいた。

部屋は、2階の中程にある8畳ほどの大きさで、道路に面していたが、外の音は気にならなかった。隣の部屋との防音も良く、窓を開けると大雪の森の上を渡ってきた少し冷たい外気が入って来て、心地よかった。
風呂は、男女別の内風呂と外に混浴の露天風呂があった。内風呂は少し深さがあって、温度もほどよく、旅の疲れを癒してくれた。
夕食は6時30分からになっていて、質素な山人料理ではあったが、品数も多く、一品一品が美味しかった。姫竹を焼いたものは、宿の主人がテーブルを一つ一つ廻って、竹の皮のむき方を伝授してくれた。新鮮で焼きたてのタケノコは、ご馳走だった。

翌朝は、ロッジでの朝食時間より早く宿を出発したかったので、朝食と昼食用に「おにぎり」を、宿にお願いした。

Dsc_6559Dsc_6561Dsc_6563_2ロッジを出ると、未だ太陽は低くて、目に入る日差しがまぶしかった。山で飲む温かいコーヒーを入れたりしていて、ロッジを出発する時間が少し遅くなり、始発のロープウェイには乗れなかった。20分ほど歩いて、ロープウェイのターミナルに到着すると、既に多くのハイカーが次の便を待って並んでいた。
タイミング良く、次のロープウェイ客車が到着。それに乗り込み、上昇する周囲の景色の変化に目を奪われながら、標高差500mを10分で登ってゆく。この時間はあっという間に過ぎて、姿見駅に到着した。
駅の売店のテーブルを借りて、ロッジで作って貰った朝食のおにぎりを頬張った。



0522姿見の駅の周りにある夫婦池、姿見の池を廻ると、多くの高山植物が僕たちハイカーを迎えてくれた、石室の脇を通り、噴煙の音を聞きながら旭岳の山頂を目指した。



18_221







姿見駅から旭岳山頂までの登山道は、高い樹木も無く、足下には「エゾノツガザクラ」「イワハゼ」「シラタマノキ」などが咲き誇っていた。

Dsc_6609Dsc_6610Dsc_6613Dsc_6624Dsc_6657





Dsc_6711







Dsc_6721Dsc_6720
旭岳石室を7時31分に出発し、休憩を小刻みにとって、ゆっくりとした足取りで登った。
視界を遮られることのない下界のすばらしい景色を振り返り、トムラウシや十勝連峰を臨んで、ゆっくりとほぼ真っ直ぐに登ってゆく。



0623_30828_2








旭岳から黒岳に縦走するため、僕の
バックパックと手荷物は、5日分の衣類やレンタカー運転用のスニーカー、小リュック、パソコンと周辺機器、飲料水、一眼デジカメ、昼食のおにぎりなどを含めると20kgを越える重量になっていた。その重さは、登りのスピードの足を引っ張り、滑りやすい雪渓では更に用心深い足取りになった。


Dsc_6734Dsc_67570725







Dsc_6806僕は、バックパックの重量を腰に分散させようとしたが、その重さは肩のベルトにもずっしりとかかってきたので、登り斜面を少し歩くと、次第に肩が凝ったように張ってきた。






Dsc_6814Dsc_6818Dsc_6828Dsc_6839







Asahidake旭岳山頂からは、360度のパノラマが堪能できた。どの方向を見ても飽きることが無い素晴らしい絶景だ。僕が特に気に入ったのは、山腹が大きくえぐられて、火山の蒸気が噴き出している山の斜面で、その形はまるで氷河に削られたようなU字型をしている。


Dsc_6847Dsc_6875Dsc_6887こんな所に蛇が・・・







旭岳山頂を後にして、間宮岳に向かう。旭岳を登っている途中から、男女3人のグループとほぼ同じ速度で、追い越したり追い越されたりしながら、北鎮岳まで同じルートを歩いた。聞いてみると北海道の人とのこと、彼らは旭岳に車を置いてあるので、北鎮岳を登った後は旭岳を北側に迂回するルートを歩いて戻るとの事。黒岳まで縦走すると話すと、羨ましがられた。黒岳の七合目にある登山ロッジで下山者の名前を記入したが、縦走している人は相当少なかった。

1240
1341









437312188856Dsc_6919Dsc_6894Dsc_6902






間宮岳からは、旭岳の噴火の後Dsc_6922形成された広い盆地のような御鉢平が一望できる。
中岳の山腹に残る長い雪渓の斜面を降りた。ハイカーの様子を見ていると、何人かはバックパックからビニールシートを取り出して、尻に引いて滑り降りていた。一歩一歩歩いているよりは短時間で降りられるし、転倒などの心配がないので安全な方法かもしれない。この雪渓の上部には、中岳の山頂の土の山肌が見えて、ちょっと変わった山の景色に思えた。



14431547










1649193






Dsc_6978Dsc_7011Dsc_7013Dsc_7019Dsc_7021Dsc_7023





Dsc_7033Dsc_7076






Dsc_7050Dsc_7054Dsc_7031北鎮分岐へ到着。北鎮岳は黒岳への縦走ルートからは外れているし、山頂まで登っても、またこの分岐点の場所に戻ってくる事になる。僕は、重いバックパックをここに降ろして身軽になり、北鎮岳を登った。重いバックパックが無いと、足取りも軽くなる。


Dsc_7058Dsc_7064北鎮岳の山頂からは、旭岳の噴火後に出来た御鉢平の素晴らしい景色も一望できたが、時折流れてくる雲が視界を遮った。





Dsc_7074Dsc_7080Dsc_7083







Dsc_7082Dsc_7085Dsc_7086北鎮岳を下りて、北鎮分岐から御鉢平展望台へ向かう。ここにも大きな雪渓が残っていた。此方の雪渓は、降りるに従い次第に急傾斜になっていて滑りやすく、危険な状態だった。若いハイカーの女性が降りるのに一苦労していると、スコップを持った山岳ボランティアの人が、斜面の降り方を何度も教えて、ようやく安全に降りられるような状況の場所だった。

218Dsc_7096Dsc_7101






Dsc_71272212







2313Dsc_7104雪渓を通過して、御鉢平展望台から左に曲がり、黒岳石室に向かって雲ノ平登山道を歩く。ここは、高山植物の保護のため、ハイキングルートの両側にロープを張り、ハイカーの立ち入りを規制している。高山植物の群落が長く続き、登山道の両側を彩ってる。この辺りは、黒岳側から登って来た観光客も居て、軽装で高山植物の群落を見ることが出来る。
ここは、『カムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)』と呼ばれていて、峰々の間に広がるこの溶岩台地には300種以上の高山植物の群落に彩どられている雲上の楽園といえる。


Dsc_7114Dsc_71172461







Dsc_7125Dsc_7135Dsc_7138Dsc_7164






Dsc_7166Dsc_7171Dsc_7174黒岳石室(いしむろ)でトイレ休憩(ここのトイレはバイオ式、有料で200円の利用協力金が必要)。旭岳のロープウェイ姿見駅からここまでの間にトイレは無い。我慢してきたトイレを済ませて、持参したお菓子などを食べ、しばらく休憩してから、黒岳に向かった。



Dsc_7176Dsc_7177Dsc_7210


左図右
黒岳山頂



2514Dsc_7219










Dsc_7220Dsc_7228


左図右
まねき岩(九合目)



ここからは、登山道の道幅も狭く、急な下り斜面になる。また、日陰になるためか、雪渓が随分残っていて、滑りやすく、足下に注意を集中していないと、転倒しそうで危険である。
雪渓が消えた所でも道は泥で滑りやすく歩きにくかった。
降り始めてしばらくすると、大きな岩の柱が見えてくる。まるでスリーシスターズのような雰囲気。名前は「まねき岩」と言うらしい。


Dsc_7222Dsc_7224Dsc_7225高山植物の生い茂る狭い道を降りて行く。旭岳から黒岳までの縦走距離は、今回約15kmほどになる。重いバックパックのために、疲れで足取りも重くなってくる。

ようやく7合目の登山ロッジに到着。登山終了の記入を終えてリフト乗り場まできた。ペアリフトのルートに沿って五合目まで登山道がある筈と、距離は残り少ないと登山道を下り始めたが、また降り始めて直ぐに雪渓に遭遇。体力も相当消耗していた事と、時間も遅くなっていたので、自分の足で歩いて降りる気力が失せてしまった。



Dsc_7240Dsc_7249リフト乗り場迄重い足取りで戻り、標高差200mをリフトで約15分かけて降りた。バックパックを脇に置いてリフトに乗ると、バックパックの重さからの開放感もあって、まるで天国をおよぐ気分だった。




Dsc_7252ペアリフトで七合目まで降りた後、層雲峡ロープウェイを乗り継ぎ約600mの標高差を約7分で層雲峡駅に到着。到着時刻は、午後17時04分だった。






ダイナミックな大雪山の風景に感動の連続で、同じような写真を何枚も撮影してしまった。広角のレンズで写真撮影しても、あまりに広大でワンショットには入りきらない。左から右に向かって少しずつ撮影アングルを変えて撮り、あとでパノラマ処理をした。写真は必ずしも上手く撮れたとは言えないが、ご覧戴けば、私が感動した事も納得して戴けるのではないかと思う。

トレッキング結果
 地図:Japan RoadNavi 25000 v3 produced by UUD Co.,Ltd
 ブラウザ:Garmin BaseCamp
 GPS:Garmin eTrex30
左上の図は、歩いたルートのほぼ全体図。その他は、左上2枚目の姿見駅から右下の黒岳に向かって地図を配置してある。ピンクは、計画時点の歩行予定ルート。ブルーは、当日歩いたルートである。

Asahidake0_2Asahidake1Asahidake2Asahidake3





Kurodake4Asahidake5Asahidake6Asahidake7





Key Notes
 
Location: Daisetsuzan in Hokkaido
Destination: Mt.Asahidake, Mt.Hokuchindake, Mt.Kurodake
                [ Daisetsuzan National Park ]       
Date walked: July 13, 2013 (Fine day!)
Walk type: Mountain walk
Difficulty: I recommend for good walkers.
Distance: Total distance was about 15.7km.         
Time taken: Total moving time was about 10hours.
                 The break time was about 3.5 hours in it.
Railway Stations: JR Asahikawa
Map:  Garmin GPS(eTrex 30) + Japan RoadNavi 25000 v3 produced by UUD Co.,Ltd


PhotoThe next .gpx file is my trekking result. You can see it by Google Earth.

 「current_track__13_jul_2013_05_46_001_1.gpx」をダウンロード
       この.gpxファイルは、私のトレッキング結果です。
   GoogleEarthを開き、このファイルを読み込めばGoogleEarth上で歩いたルートを確認出来る。




アクセスと時間経緯

06:23 ロープウェイ姿見駅着
        朝食
ハイキング開始
06:40 姿見駅発 h=1590m
07:29 旭岳岩室 h=1669m
09:29 旭岳山頂 h=2290m
10:56 間宮岳    h=2185m
11:51 中岳山頂 h=2113m
12:08 北鎮分岐 ここにバックパックを置いて北鎮岳を登る
12:26 北鎮岳山頂 h=2244m
12:50 北鎮分岐 h=2154m
14:03 黒岳岩室 h=1900m
14:55 黒岳山頂 h=1980m
16:13 ペアリフト山頂駅 h=1536m
ハイキング終了

下記に計画と結果について詳細なExcleデータを添付する。
「201307.xlsx」をダウンロード


旅行情報
週間天気予報
  
http://www.jma.go.jp/jp/week/302.html
旭岳 山の天気
  
http://tenkura.n-kishou.co.jp/tk/kanko/kad.html?code=01010103&type=ski
高速バス 高速あさひかわ号
  
http://www.dohokubus.com/12w-sapporo.pdf
いで湯号 
  
http://www.yukoman.jp/access/bus.html
ロッジ ヌタプカウシペ
  
http://www.welcome-higashikawa.jp/shops/?c=18&s=2378
旭岳ビジターセンター
  
http://www.welcome-higashikawa.jp/info/?c=16
層雲峡ビジターセンター
  
http://sounkyovc.net/

航空機手荷物の件
今回、札幌までの往路はスカイマークを利用した。荷物が重いので機内持ち込みが出来ない。また、規定されている手荷物の合計重量は15kg以内なので、確実にオーバーするため、オプションで超過重量10kgを予約購入した。
しかし、機内持ち込み出来ず預ける荷物(バックパック)は、肩や腰のベルトが荷物取扱時の邪魔になるだろうし、その部分を踏みつけられる可能性が無いとは言えないと考え、バックパックはビニール袋に入れて包装し預ける事にした。
事前にホームセンターでバックパックが入る少し厚めのビニール袋と、包装時に使うテープを購入した。
成田で手荷物を預ける際、窓口で確認すると、バックパックへの包装は何もしないとのこと、私の心配事は見事に的中した。持参したビニール袋で包み、テープでぐるぐると巻き簡易に包装した。千歳空港到着時には、袋の破れなどは無く、また簡単に包装を解くことができた。
登山が終わって帰宅時には、またこの包装用品が役に立って、宅配便の持ち込み窓口で包装し、費用を安価に出来た。

« RockGarden in Mt.Mitake and Mt.Hinode walk with kids | Main | Trek Activity : Mt.Asamayama »

Mountain Walk」カテゴリの記事

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ