« REGZA Tablet AT500 と REUDO RBK-2000BT3 | Main | JR Kita-Kamakura station -> Genjiyama Park -> Zeniarai Benten Shrine -> Daibutsu -> Hase station Hiking »

01/20/2013

宝登山と長瀞アルプスハイキング

Dscn2630秩父鉄道のイベントで宝登山と長瀞アルプスを歩いてきました。当初のコースは、秩父鉄道の野上駅で受付し、長瀞アルプスを歩いて宝登山へ登る計画になっていました。しかし、先日の降雪の影響で、登山道が凍結していて危険な事から、長瀞アルプスは歩かないコース設定に変更になりました。
私たちは、そのコースの通り歩き、宝登山へ登りました。山の麓にある宝登神社から山頂のロープウエイ駅までの山道は雪が解けた泥道が続いていました。ロープウェイから山頂までは、陽当りもよいため、残雪も泥道もなく歩きやすい山道でした。ろう梅も咲き始めていました。左の写真は、宝登山頂からの眺望で、秩父市の町並みと遠方に武甲山が見えます。



Dscn2570Dscn2599Dscn2592左の写真は、山麓の宝登神社からロープウェイ駅までの景色。 
Dscn2637Dscn2617














Dscn2649Dscn2653山頂に立つと、このコースでは身体の負荷も少なく物足りなく感じ、また、長瀞アルプスを歩いて宝登山に登ってくる人も多く見かけられましたので、我々は長瀞アルプスを歩いて、野上駅に行ってみることにしました。
宝登山から先に進むと、直ぐに下り階段になります。でもその階段からは、雪が未だ大量に残った状態の登山道が続いていました。登って来られた方に、長瀞アルプスの路面の状況を聞くと、路面は凍結しているのでアイゼンを付けないと危ないと忠告されました。我々は階段を降りたところで、軽アイゼンを付け、雪が所々に残り、凍結した部分もある山道を慎重に歩き野上駅の方に向かいました。

凍結路も多く、軽アイゼンは安全な歩行を助けてくれました。しばらく雪の無い場所を歩くと、岩も所々にある登山道は歩きにくいため、アイゼンを外しましたが、山道も終わり頃にまた凍結路面がありました。アイゼンのない登山靴では滑って転倒するような状況でしたので、再び軽アイゼンを付けて山道を降りきりました。

20130120経過時間:4時間08分
移動時間:3時間29分
移動時の平均速度:3.6km/h
距離:12.5km (宝登山に登り、一旦ロープウエイ山頂駅まで戻って昼食をとってから、再度宝山山頂から長瀞アルプス経由で野上駅まで歩きました。)
(地図は、Japan RoadNavi 25000 v2 by UUD製作所を利用させて戴きました。使用したGPSは、Garmin製 GPS(eTrex 30))

« REGZA Tablet AT500 と REUDO RBK-2000BT3 | Main | JR Kita-Kamakura station -> Genjiyama Park -> Zeniarai Benten Shrine -> Daibutsu -> Hase station Hiking »

Field Walk」カテゴリの記事

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ