« 山の辺の道を歩く (その1: 奈良駅~円照寺バス停) | Main | 内蔵脂肪を考える »

12/01/2012

Garmin etrex の trackデータを GoogleEarthで見る方法

11nov2012Yabits_to_mt_tonodake一緒に山歩きした友人に、山歩きの軌跡データ(track data)を渡して、見て貰う方法です。その他に、他の人がこのデータをGarminのBaseCampで読み込んで、処理すれば、山歩きの際のルートを検討する事にも使えますよね。
Garminの
GPSを持っている人は右側の地図は見られますが、その他の人はこのデータを見ることが出来ません。それで、Garminを持たない人のために、右の地図で歩行軌跡データを表示する方法の提供です。

僕が持っているGarminのGPSは、etrex30という機種です。他の機種で同じデータが扱えるかどうか調べてはいませんので、そこの部分はご容赦ください。

軌跡データ(ファイルの拡張子は、".gpx"です)がある前提で話を進めます。
歩いて来た記録をデフォルトで保存すると、例えば「Current Track_ 11 NOV 2012 08_07.gpx」のようになります。 

<< 処理方法 >>
1. Google Earth のソフトを起動します。
2. 起動して開いた窓の左上にある『ファイル(F)』をクリックします。
3. 次に『開く』をクリックします。
4. ファイル名を入れるように要求されます。ファイル名を入力する枠の右側に、ファイルの拡張子を選択出来るところがあります。デフォルト状態では、Google Earth(*.kml *.kmz  と表示されていると思います。右側の▼をクリックして、Gps(*.gpx *.loc の表示に変更します。
5. ファイルを選択します。拡張子が違っていると、ファイル名があるはずの場所に見つかりませんので、気をつけてください。
6. ファイルをクリックして、 「開く(O)」をクリックします。
7. Google Earth - GPS データインポート という窓が開きます。
  ここでは、特に変更する必要は無くて 「OK」 で良いと思います。
8. 読み込まれたデータが画面中心になるように地図がズームします。

以上。

<< The way of treating track data of Garmin etrex by Google Earth>>
1. Start the google earth software
2. open "File(F)" from the google earth
3. read the attached file from the software
4. change the file extension to the "Gps(*.gpx " and open the file.
The default file extension will be "Google Earth(*.kml ", so you have to change it.
If the new window were opened, you do not care of it.
Then click "OK".
5. The google earth will be zoomed up automatically and show you the track data to you.

Map: Garmin GPS(eTrex 30) + I used the Japan RoadNavi 25000 v2 produced by UUD Co.,Ltd. to convert the track data. And I used GoogleEarth so as to display my track data.

« 山の辺の道を歩く (その1: 奈良駅~円照寺バス停) | Main | 内蔵脂肪を考える »

GPS」カテゴリの記事

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ