« 京都、宿でのくつろぎ | Main | 山の辺の道を歩く (その2: 円照寺バス停~石上神宮~念仏寺) »

11/22/2012

山の辺の道を歩く (その3: 念仏寺~桜井駅~京都の宿)

Dsc_2667_2Dsc_2700南ルートに入ると、二人連れやグループで歩く人を数多く見かけた。持っている荷物が殆どないので、どうしたのかと思っていると、このルートのハイライトと思われる近くの駐車場に乗用車やマイクロバスでアクセスして、ほんの少し歩くというのもあるようだった。
南ルートの中ほどの場所は、この道に沿って多くの果樹園があり、「柿の里」と銘打っている。道沿いには、多くの無人販売店があり、ビニール袋に入れた柿やミカン、野菜などが一袋100円で売られていた。僕はリュックのサイズが小さいので、手荷物になるのが嫌だなと思って、今買うのは無理だと見過ごしていた。
Dsc_2609無人販売店で売られているミカンは、卵より少し大きいぐらいの小玉サイズで、小さい感じがしたが、ビニールの袋にはたくさん入っていた。それを購入して食べながら歩く人も多く見かけた。終点の桜井駅が近づいてきて、「やはり宿で食べたい」と思い、購入したいと無人販売店舗を探すようなタイミングになると、もうそのようなところは通り過ぎていて、地場の柿やミカンを食する機会を逸してしまった。

Dsc_2701Dsc_2705_2Dsc_2707


Dsc_2711


Dsc_2714Dsc_2722





Dsc_2725Dsc_2731Dsc_2732




Dsc_2734Dsc_2755
Dsc_2756


Dsc_2757


Dsc_2760Dsc_2761


Dsc_2771


Dsc_2772Dsc_2780


Dsc_2783


Dsc_2786Dsc_2787




Dsc_2791

Dsc_2799Dsc_2800





Dsc_2801Dsc_2805Dsc_2808Dsc_2811_2Dsc_2812Dsc_2814Dsc_2819






Dsc_2831Dsc_2834Dsc_2837Dsc_2842






Dsc_2852Dsc_2856Dsc_2862


Dsc_2864



Dsc_2866Dsc_2870Dsc_2876






Dsc_2893Dsc_2895Dsc_2898


Dsc_2900



Dsc_2906Dsc_2908Dsc_2914






Dsc_2916
Dsc_2926Dsc_2927Dsc_2930








医薬品も扱うスーパーマーケットが有ったので、そこに立ち寄りサポーター用テープとバンドエイドを購入した。バンドエイドを足の指に巻いたが、歩くときの痛さは殆ど改善されなかった。近鉄線で京都まで一本で戻れたので、ロッカーに預けてあった荷物を取り出し、宿まで歩いた。




Dscn1764Dscn1765宿は、駅から1kmほど離れているが、分かりやすい場所に有った。宿の若女将が迎えてくれ、部屋に案内された。


宿で足の状況を見ると、バンドエイドは緩んで指から外れかけていた。それを外し、今度はサポータ用のテープで右足の中指を巻き、豆がまた出来そうな状況の他の指先にも、同じようにサポータテープを巻いた。指付きの薄手の靴下を履いておけば、これほどの指先の被害は無かったかも知れないが・・・、今となってはこの方法が最善だった。

ルートに関する感想
人気の高いルートは、古来の道の雰囲気が残されていて、周囲の景色も楽しめる場所であると思いました。北の方のルートは、山辺の道であっても、古来からの道という雰囲気に乏しいことが、残念なルートになっていました。道の雰囲気は分かったので、次はお気に入りの場所を探勝しながら、ゆっくり歩いて見たい。(足にまめが出来るとは思いもよらなかった。中に指靴下を履いておくべきでした。ほぼ一週間経過して、未だ足の指先が痛いですから。)

宿屋について
Dscn1789和風の町屋風の雰囲気のある木造2階建ての宿で、部屋は5室しかない。建築されてから140年経っているらしいが、掃除が行き届いていて、清潔感がある。英語版の紹介では4室となっている。中庭には小さな日本庭園がある。
食事は、宿泊する部屋でとることが出来る。私は1泊だったので、一人が泊まれて朝食の付いた部屋を予約しました。この宿は人気があるので、なかなか思ったように予約が入れられないそうだ。僕が泊まりたかったのは平日で、丁度キャンセルがあったため泊まる事ができた。


Dscn1795Dscn1798部屋は2階にあり、広さは、座敷机と布団でほぼ一杯になってしまう6畳程の部屋で、広縁が付いており、そこから中庭が見える。
宿に到着した際に、若女将からお茶とお茶菓子でもてなしてくれた。早速、寺院のライトアップに出かけたが、宿に戻ると布団がひかれていた。
部屋には、洗面スペースが部屋に隣接してあるが、お風呂とトイレは付いていない。お風呂は予約制になっていて、僕は午後10:30~11:00を予約した。お風呂場のサイズは、洗い場が2カ所あり、湯船は3人が入れる大きさであった。奈良の「山辺の道」と寺院のハイライトを巡り、この1日で40km歩いた僕は、湯船の中で足を伸ばし、ゆったりとした気分で疲れを癒すことができた。また、隣接して広い脱衣場がある。部屋にはバスタオル、ハンドタオル、浴衣が備えてある。
就寝時、庭の中を流れる水の音が気になったが、それは最初だけで、旅の疲れもあって、朝までぐっすり眠ることが出来た。

Dscn1801Dscn1815Dscn1812朝食はシンプルで、伝統的な和食で、京野菜を使うなど、京都の雰囲気が感じられた。僕は、香ばしいごまが入った豆腐や、山椒を少し振りかけたお味噌汁が美味しかった。どの一品も僕の口に合ったもので、ご飯は完食してしまった。
Dscn2002

宿の女将さんをはじめ、宿の皆さんは親しみやすく、温かいもてなしをしてくれました。









Nenbutsudera_kintetsu_sakurai


地図: Garmin GPS(eTrex 30) + Japan RoadNavi 25000 v2 by UUD製作所を利用させて戴きました。










念仏寺        13:03
長岳寺駐車場  13:14
景行天皇陵    13:22
玄賓庵         14:11
桧原神社鳥居   14:24
大神神社      14:27
平等寺             14:32
金屋の石仏    14:36
  此処で足に出来たまめが潰れました
大和川             14:45
近鉄桜井駅       15:12




地図

コース地図は、近畿日本鉄道の『てくてくまっぷ』の下記3コースを参考にさせて頂いた。
奈良-7 北・山の辺の道コース(1)

奈良-8 北・山の辺の道コース(2)

奈良-9 山の辺の道コース

« 京都、宿でのくつろぎ | Main | 山の辺の道を歩く (その2: 円照寺バス停~石上神宮~念仏寺) »

Field Walk」カテゴリの記事

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ