« 山の辺の道を歩く (その2: 円照寺バス停~石上神宮~念仏寺) | Main | Garmin etrex の trackデータを GoogleEarthで見る方法 »

11/23/2012

山の辺の道を歩く (その1: 奈良駅~円照寺バス停)

Dscn1747Dscn174920日水曜日の午後10時10分発の夜行バス(プレミアムドリーム5号)に乗車して、奈良『山辺の道(北+南ルート:合計約30km)』を歩いて来ました。歴史の背景が十分理解している訳では無いのですが、ただ、古の雰囲気を持つ街道を歩いて見たかった。
歩き終わった感想は、途中に見えた山野の景色や、歴史的街道を歩き、歴史的遺産を見たという感動よりも、目的を達成した充実感の方が大きいような気がします。

私の当初計画では、JR奈良駅でバスを降り、そこから山辺の道を歩く予定でいました。そのため、リュックに全ての物を詰め込んで歩くので、その荷物をどうやって減らそうかと四苦八苦していました。
でも奈良駅のコインロッカーに、大きな必要のなり荷物を預ければ、自分は当日歩くために必要なものだけを持って、軽い身のこなしで歩く事ができると気づき、荷物を2つに分ける事にしました。リュックに拘っていたため、分けて運ぶための鞄はどうするかと、悩んだのです。
Dscn1755Dscn1756このトレッキングのルートの終着点は、今回の計画では桜井駅になるので、奈良駅に荷物を預けると、京都に行く途中で下車しなければならなくなります。京都には、ライトアップ見学の時間を考えると、なるべく早く到着したいと考えていました。そう考えると奈良駅で途中下車して荷物を取りに行く時間も、もったいなくなります。
さらに、この計画の時間をよく検討すると、行きの行程では、京都駅から奈良駅に行くバスの時間が意外に長くかかっていることがわかりました。京都駅に到着する時間はかなり早い時間になりますが、京都駅のロッカーに荷物を預け、朝食を済ませてから奈良駅に向かえば、相当な時間短縮になることがわかりました。
Dscn1758Dscn1759しかし、もう一つの問題は、京都駅で朝食をとれる店が有るかということです。ちょっと調べて見ましたが、6時以前に開いている店は、24時間営業の店ぐらいしか見当たりません。私が選択したのは、駅に近い『すき屋』で朝食をとることです。
早朝の奈良までのアクセスには、JRか近鉄線になります。どちらを選ぶかは、
その時の時間によって大きく変わります。私はそこを少し甘く見ていました。ロッカーの場所が、ちょっと見付けにくかった事、また、私の荷物用の大きさは、400円のサイズが丁度良いのですが、小銭がなくて、両替機を探すのに時間がかかったこと。『すき屋』は北口側にあって、近鉄線もJR線も南側にあるという事が、短い時間の中で時間ロスを起こす要因でした。
乗車券の価格も事前に調べておけば良かったのですが、乗車券売り場の前で、乗車運賃を探したりしてしまいました。また、JRで奈良に向かう場合、9番線を利用する例が多いらしいのですが、地下道経由ではなく、陸橋を使ってプラットフォームにアクセスすると、場所がわかりにくく、間違えやすいと思いました。その結果、発車時刻に1分ほど遅れてしまい、約40分後の電車に乗車することになってしまいました。これは切符を買ってしまったための大きな誤算でもありました。
もし、ICOCAであれば、入場券の支払いで済むため、もしこの電車に乗れなければ、近鉄線に乗り換えて奈良に向かうという選択が出来たはずでした。でもバスの中では睡眠が深くとれず、そのため頭はすっきりせず、ちょっと気分が悪かった。奈良駅に到着する迄の間、私は電車の中で少し眠り、奈良に着く頃には気分の悪さは改善した。

奈良駅に到着する直前に、GPSを確認すると一昨夜に入れた筈のルートナビゲーションが消えていた。前日の夜に新しいmicroSDカードの地図が届き、GPS本体に入れたのは良かったが、その後、GPSの調子がおかしくなって、一旦リセットをかけた。このことがナビゲーションを消してしまったらしい。これはこのルートを歩く上で、道の間違いを少なくするために避けなければいけない最大の問題でした。
Dsc_2180JR奈良駅に到着した時間は、当初予定より1時間近く遅くなってしまった。ルートのナビゲーションが表示されないと道を間違える確率も高くなる。焦りから、マップは新しい地図に入れ替える前の古いmicroSDカードに記録されていると僕は勘違いして、microSDカードを入れ替えた。当然、結果はNG。ルートナビは諦めて、GPSのログ記録が出来れば良いと考え、GPSの電源を入れて、信号が確定するのを見届けずに、それをリュックの中に入れた。移動速度が速いために、GPSが位置情報を把握出来ずにいることに気づかぬまま、私は歩き続けた。

観光地図を入手しようと、観光案内に立ち寄ったが、時間が9時にならないと開かない。僕は道路標識を確認しながら歩かざるを得なかった。

写真は、ルートに沿ったポイントのうちの幾つかを、ここに掲載しました。左上から右下に向かって、並べてあります。写真の上にカーソルを置いてクリックすると、写真が拡大されます。

奈良-7 北・山の辺の道コース(1) 奈良駅~円照寺バス停
Dsc_2185
Dsc_2189Dsc_2209Dsc_2211


Dsc_2225


Dsc_2227Dsc_2235Dsc_2241






Dsc_2246Dsc_2256Dsc_2264Dsc_2266





Dsc_2268Dsc_2279Dsc_2282


Dsc_2287



Dsc_2293Dsc_2308



Dsc_2312Dsc_2324


Dsc_2336



Dsc_2339Dsc_2345






Dsc_2355Dsc_2356Dsc_2359





Dsc_2362
Dsc_2363Dsc_2364


Dsc_2371



Dsc_2374Dsc_2379


Dsc_2380


Dsc_2381Dsc_2390






Dsc_2397Dsc_2403Dsc_2408


Dsc_2413


Dsc_2415Dsc_2417






Dsc_2419Dsc_2423Dsc_2425





Dsc_2426Dsc_2432








Nara_station_enshoji_bus_stop















JR京都駅   着5:44
              ロッカーへ荷物を預け、食事
            発6:43
JR奈良駅   着7:53
春日大社      8:16
空也上人旧跡  8:37
西勝寺        8:46
宅春日神社    8:47
岩井川        9:16
八阪神社      9:22
白山比咩神社  9:48
崇道天皇陵    9:56
円照寺バス停  10:08 

このブログでは、地図のピンク色の線の上を上から下に向かって歩いています。GPSの記録が残って居ませんので、計画線で歩いた道を記載します。

今回のブログは、一つにまとめようと思って書いて居ましたが、写真が多いためか、使っているツールでは一つに収まりません。そのため、3つに分けました。


地図: Garmin GPS(eTrex 30) + Japan RoadNavi 25000 v2 by UUD製作所を利用させて戴きました。


地図

コース地図は、近畿日本鉄道の『てくてくまっぷ』の下記3コースを参考にさせて頂いた。
奈良-7 北・山の辺の道コース(1)

奈良-8 北・山の辺の道コース(2)

奈良-9 山の辺の道コース

« 山の辺の道を歩く (その2: 円照寺バス停~石上神宮~念仏寺) | Main | Garmin etrex の trackデータを GoogleEarthで見る方法 »

Field Walk」カテゴリの記事

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ