« QNAP TS-469 Pro HDD trouble happen! | Main | Windows7 64bit にNet MD接続できるか? »

08/28/2012

QNAP TS-469 Pro HDD trouble fixed! 修復完了

別のWindows7PCでHDDの物理フォーマットが完了後、HDDテストでも異常がない事を確認し、HDDをTS-469ProのNo.1(不具合発生時と同じ場所)に入れ、 電源スイッチON。

システムの状態を示すLEDランプは、緑色で推移、しかし、最後の局面になって、LEDは赤と緑が0.5秒間隔で点滅する状況になる。
①ここで、Finder→ディスク管理→ボリューム管理と辿り、ディスク ドライブおよびボリュームの状態をみると、SMART情報はすべて「良好」な状態で、ディスク アクセスに関する問題は表示されていない。

「システムの再構築」ボタンをクリックして修復作業を試みた。
数時間経過後、再構築が60%ほど完了したところで、システムがシャットダウンしてしまった。もう一度TS-469Proをの電源を入れて起動し直し、前記①と同じ操作でSMART情報などを確認してみた。未だ、システムの再構築というボタンの表示があるし、再構築は100%終了していた訳では無かったので、再度『システムの再構築』ボタンをクリックして、修復を待つ事にした。

HDDもTS-469Proもそれぞれ購入より1ヶ月になろうとする直前の時期であり、装置が初期不良の場合、販売したショップは新品交換に応じてくれるのかと調べて見たが、販売店を通しての初期不良交換は一週間となっていて、無理なことがわかった。また、初期不良がある場合、QNAPのカスタマーサポートを通じて事前に装置の状況を知らせて、不具合を認識して貰い、QNAPの承認後ショップで交換という手順になるらしい。
装置に問題がある場合、此方が事前にやらなければならない面倒そうな事が、いろいろあることがわかった。

そのため、システムの再構築完了を待つ間、これで上手く行かない場合、『工場出荷時設定の復元』をすべきかと考えたが、所詮、帰宅して、TS-469Proの状態を確認してからでなければ、次のステップには進めなかった。

帰宅して、TS-469Proの状態を確認すると、システムの状態を示すLEDランプは緑色に点灯しており、PCから①の手順で状況を確認すると、ディスクボリュームのステータス状態は『準備完了』と変わっており、修復が上手くいった事を示していた。
更に、それまでに行われた処理の状況を確認するために、システム管理→システムログと辿って処理の経過を確認してみると、最新の状況記録で『Rebuilding completed』と表示されており、処理が全て完了した事が確認できた。

システムの過去のログを調べて見ると、今回の不具合は、このシステムが正常に終了しなかった事を契機に、発生した事がわかった。

« QNAP TS-469 Pro HDD trouble happen! | Main | Windows7 64bit にNet MD接続できるか? »

PC and PC troubles」カテゴリの記事

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ