« July 2012 | Main | September 2012 »

August 2012

08/28/2012

QNAP TS-469 Pro HDD trouble fixed! 修復完了

別のWindows7PCでHDDの物理フォーマットが完了後、HDDテストでも異常がない事を確認し、HDDをTS-469ProのNo.1(不具合発生時と同じ場所)に入れ、 電源スイッチON。

システムの状態を示すLEDランプは、緑色で推移、しかし、最後の局面になって、LEDは赤と緑が0.5秒間隔で点滅する状況になる。
①ここで、Finder→ディスク管理→ボリューム管理と辿り、ディスク ドライブおよびボリュームの状態をみると、SMART情報はすべて「良好」な状態で、ディスク アクセスに関する問題は表示されていない。

「システムの再構築」ボタンをクリックして修復作業を試みた。
数時間経過後、再構築が60%ほど完了したところで、システムがシャットダウンしてしまった。もう一度TS-469Proをの電源を入れて起動し直し、前記①と同じ操作でSMART情報などを確認してみた。未だ、システムの再構築というボタンの表示があるし、再構築は100%終了していた訳では無かったので、再度『システムの再構築』ボタンをクリックして、修復を待つ事にした。

HDDもTS-469Proもそれぞれ購入より1ヶ月になろうとする直前の時期であり、装置が初期不良の場合、販売したショップは新品交換に応じてくれるのかと調べて見たが、販売店を通しての初期不良交換は一週間となっていて、無理なことがわかった。また、初期不良がある場合、QNAPのカスタマーサポートを通じて事前に装置の状況を知らせて、不具合を認識して貰い、QNAPの承認後ショップで交換という手順になるらしい。
装置に問題がある場合、此方が事前にやらなければならない面倒そうな事が、いろいろあることがわかった。

そのため、システムの再構築完了を待つ間、これで上手く行かない場合、『工場出荷時設定の復元』をすべきかと考えたが、所詮、帰宅して、TS-469Proの状態を確認してからでなければ、次のステップには進めなかった。

帰宅して、TS-469Proの状態を確認すると、システムの状態を示すLEDランプは緑色に点灯しており、PCから①の手順で状況を確認すると、ディスクボリュームのステータス状態は『準備完了』と変わっており、修復が上手くいった事を示していた。
更に、それまでに行われた処理の状況を確認するために、システム管理→システムログと辿って処理の経過を確認してみると、最新の状況記録で『Rebuilding completed』と表示されており、処理が全て完了した事が確認できた。

システムの過去のログを調べて見ると、今回の不具合は、このシステムが正常に終了しなかった事を契機に、発生した事がわかった。

08/26/2012

QNAP TS-469 Pro HDD trouble happen!

QNAP TS-469 Pro 用 HDDに問題発生?
システムの異常を示す赤と緑のLEDランプが0.5秒間隔で点滅している。
調べて見ると、No.1 HDDが読み込みと書き込みが出来ない状況になっている。
HDDは購入後1ヶ月以内であるし、システム設定を始めたばかりで、未だMyCloudNAS設定でトラブっている状況であり、HDDについては過酷な使い方は行っていない。トラブルの原因は不明!

先ず、問題となっているHDDを取り出して、別のWindows7PCでHDDの物理Formatしてみることにした。現在Format中。相当時間がかかりそうだ。この対応が正しいか否かはわからないが・・・、やってみるしか無さそう。結果はまた公表しようと思う。

因みに、HDDの仕様は、下記の通り。
Model: Hitachi HDS723020BLA642
Firmware Revision: MN6OAA10
Serial Number: MN1270FA0W****

08/24/2012

Samsung Galaxy S2 "Emergency calls only!" Again

PCとUSBケーブルで接続していたら、また "Emergency calls only!" となってしまった。
私が行った回復作業は、
①最初に、電源を落として、SIMカードを外す。
 電源を入れて、画面が立ち上がったら、
②左側のVolumeアップボタンと右側の電源ボタン、正面のホームボタンを同時に長押し(大体10秒)。すると、Androidのシステムリカバリー画面が表示されます。
先ず、
③wipe cache partition を左側のVolumeボタンで選択し、右側の電源ボタンを押して起動する。
次に、
④もう一度、②の操作を行ってシステムリカバリー画面を表示し、
wipe data/factory reset を選んで、右側の電源ボタンを押して起動させる。
この後、自動的にシステムリカバリーが行われたと思う。(少し時間が経っているので、詳細は忘れてしまった。)
⑤電源を落として、SIMカードを入れる。
⑥もう一度、②の操作を行い、reboot system now を選んで、電源ボタンを押して実行する。

ハードウェアが書き換わり、再起動できました。メールの設定などを行ったので、今は問題なく動いている。しかし、データ領域の wipe 及び システム領域を farmwareリセットした為に、記録されていたデータは全て消失しました。

また、システム領域には、『Emergency call only』になったという記録が書き込まれていて、この情報は Clearボタンを押しても消せません。

ところで、OSのVersion状態を調べてみると、『4.0.4』になっています。 何時更新されたか?自分の記憶がないので、自動更新されたのかもしれません。今回の問題が『OSが更新された後の問題かもしれない?』と思うのは、不具合の原因が分からない不安がそう思わせているのかも知れない。

ネットで今回の問題を調べたが、数多くのHelp!が見られるものの、対策出来たという情報は殆ど見つかりませんでした。困っている人は意外に多いかもしれない。

Batteryを交換したら治ったという書き込みも有ったので、私もバッテリを交換してみたが、状況は変わらなかったので、不具合原因はそこにはないと思います

PS. 今まで、@niftyのメールは Email アイコンにある設定に入れて使えていた筈が、今回設定を行うとエラーになってしまう。@nifty のメールでは、
pop3 と smtp サーバーの設定を必要とするのに、Email からの設定では、これら2つのサーバーの設定を行えない事が原因と思われるので、私は Play Store からmail.com をインストールして pop3 と smtp サーバーを設定し、メール作業が出来るようにした。
mail.com は、Play Store の探索窓に『smtp mail』と打ち込んで探索すれば、すぐに見つかる筈です。

《不具合の原因》このAndroid端末は、VPNサーバーとの接続をしようとすると、この問題が発生するようだ。低速度の接続で使う料金データプランによるものか・・・

08/19/2012

Samsung Galaxy S2 "Emergency calls only!"

手元で充電していたGalaxy S2を手に取ると、”Emergency calls only”になっていて、電話番号入力以外に何も操作ができない。電源を入れ直し(リスタート)ても、状況は変わらず駄目。
一旦電源を落とし、バッテリーを外して、SIMカードを外した。
バッテリを再接続し、電源を入れた。→状況は変わらない。
ハードウェアリセットのボタンを探したが、見つからない。ネットで調べてみると、複数のキーを同時に押す事で、ハードウェアがリセットモードになる。

Samsung Galaxy S2のハードウェアリセットは、「左側のVolumeキーの上側部分(ボリュームを大きくする方)」+「ホームキー(画面の下にあるボタン)」+「右側の電源ボタン」の3つのボタンを同時に押す事によって行うことが出来る。

バッテリを挿入し、電源を入れて、ハードウェアリセットを試みた。
Android system recovery が起動し、メニューが表示された。 
Volumeボタン(上下)でメニューを選択し、電源ボタンでメニュー項目を起動させる。

①先ず、一番上のメニュー、reboot system now を選択して起動させてみた。
→状況は変わらな。
②四番目の wipe cache partitionを選択し、その処理が終了後、reboot systemを実施した。
→状況は変わらない。駄目!
③三番目の wipe data/factory reset を選択して、起動させる事にした。
しかし、これで内部データは全て消えてしまうが、やむを得ない。
Confirm wipe of all user data?を選択する。 Yes の部分を選択して 実行。
reboot systemを実施。
しばらく待つと、Galaxy S2起動時の音楽が鳴る!

Installing applicationsが起動する。
しかし、その後、復元データがありそれに基づいてシステムを復元すると表示された後、復元処理が始まった。
復元作業は数分で終了した。
ソフトウェアの中に記載していたデータは、全て消滅した。
Galaxy S2が起動したという意味では、問題は解決(issue was solved but, data was gone)したが、大量のデータが消失してしまった。Samsung Kiesに接続したが、バックアップをとっていなかった事が悔やまれる。

ネットでこの問題を探してみると、同じ問題が少なからず発生していることが分かった。
原因は何だったのか?????

08/18/2012

QNAP SMTPサーバの設定

QNAPのアラート通知設定に手こずり、下記の手順でうまく出来たので、メモっておく。

QNAP システム管理→通知と辿り、
①SMTPサーバ:smtp.gmail.com
②ポート番号:465
③送信元:G-mailアドレス
④□SMTP認証を有効にするにチェック
⑤ユーザ名:G-mailアドレスの@マークより左側
⑥パスワード:G-mailアドレスのパスワード
⑦□SSL/TLSセキュア接続を使用するにチェック
⑧プロトコルタイプ:SSL
これで、《適用》をクリックして、

次に、IM設定タブに移り、
①□インスタントメッセージサービスを有効にするにチェック
②メールアドレス:G-mailのフルアドレス
③パスワード:G-mailのパスワード
これで、《適用》をクリック

次にアラート通知のタブに移り
①アラート通知
   システムエラーアラートの送信方法 □Eメールにチェック
  システム警告アラートの送信方法   □Eメールにチェック
②Eメール通知設定
  Eメールアドレス1:G-mailのフルアドレスを記入
この内容で、《適用》をクリック
《テストEメールの送信》ボタンをクリックして、確認する。

以上の手続きで、G-mailへの通知設定が完了。

08/17/2012

QNAP Multimedia Station接続

Multimedia Stationに接続したいが、ログイン出来なかった。調べてみると、その原因はパスワード設定などにあったようなので、ここにMultimedia Stationに接続した手順を記載しておく。

《手順》
QNAP Finderを起動し、サーバーに接続する。
(この中で使用する言語を「English」の設定で説明。)
画面左側のリストから Network Services→Web Serverと辿り、
 □Enable Web Server にチェックを入れる。
 □Enable secure connection(SSL) にチェックを入れる。
次に、画面左側のリストから Application に移り、Multimedia Stationを開く。
 □Enable Multimedia Station にチェックを入れる。
画面下側の Reset admin password にパスワードを入れる。
このパスワードは、NASとしてのadminアカウントとは違います。私は、NASのadmin用パスワードと同じでよいと思って進めていたら、別のパスワードを使わないとMultimedia Stationが認識してくれないようでした。ここではNASのadminとは別のパスワードを入力し「OK」をクリックします。

その画面一番上に並んでいる《Multimedia Station》のアイコンをクリックします。
《Login》をクリックします。
Usernameに「admin」と入力し、Passwordには先ほど設定したadmin用のパスワードを入力します。

以上でMultimedia Stationにログインできる筈です。

私は他の部分もいろいろ設定して変更しているので、もしかすると私と同じように、別に関連する部分も変更する必要があるかも知れません。

QNAP Turbo NAS 取扱説明書の中(アプリケーションサーバー→マルチメディアステーション)についても確認してみてください

追記)
Multimedia Stationにログインした後、その画面左下にある《Control Panel》を開くと、《User Management》ボタンがあります。そのボタンをクリックして、画面内に入れば、Multimedia Stationにアクセス出来るユーザーがコントロール出来ます。
《Edit User》をクリックして、ユーザーのEmailやAccessible Folderを設定できます。初期画面ではadmin以外のユーザーは、フォルダにアクセス出来ない状態なので、この画面で、必要な他のユーザーについて、アクセス出来るフォルダを設定し《Save》し、終了します。
また、アクセスできるユーザーを追加するには、画面右下の《Add User》をクリックし、Username、Password、Verify Passwordを入れ、その他必要な項目を入れ《Save》すれば良いと思います。

08/06/2012

QNAP TS-469 Pro 電源ON

Dscn0748TS-469 ProにHDDをセットし、
ホームネットワーク上にあるPC側に『QNAP Finder』をインストールし、
TS-469 ProにLANケーブルと電源ケーブルを接続して、
電源ONしました。
インストールの開始後、最新のファームウェアがダウンロード可能となっていたので、ライブ更新中ですが、すっごく長い時間がかかっています。
冷却ファンの音は、左隣に置いてあるGLANTANKが、冷却ファン径が小さい為か、相当五月蠅かったので、TS-469 Proは大変静かに感じます。

Sleepから再起動しない(Windows7:自作機):少し進捗

下記設定の見直しによって、USBディバイス(キーボード、マウス)によりスリープが解除され、起動するようになった。しかし、未だ画面は真っ暗のまま。長時間待ってもスリープ前の状況に戻らない。

■BIOS設定の見直し
  ・ACPI Suspend Type →《S3》に設定
  ・Power by Ring, Alarm などスリープ解除出来る設定は→全て《オフ》

■AMDビデオドライバ
  ・最新版をインストール

■Windows7で、S3ステートからディバイスを使用して復帰ができるよう設定
  ・スリープの設定
        コントロールパネル→システムとセキュリティ→電源オプション→プラン設定の変更→詳細な電源設定の変更→スリープ→スリープ解除タイマーの許可→電源に接続:《有効》に
  ・USBの設定
    上記に続いて、USB設定→USBのセレクティブ サスペンドの設定→電源に接続:《無効》に
  →《OK》で戻る。

■Windows7のディバイスマネージャの設定
  上記の続きで、もう一つ戻って、
  ・システム
    →ディバイスマネージャーをクリックし、
  ・キーボードの設定
    →HIDキーボードディバイス→マウスで右クリックしてプロパティを選択→電源の管理→『このディバイスで、コンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにする』を《チェック》する。→《OK》
  ・次に、マウスとそのほかのポインティングディバイスの設定
    →マウスで右クリックしてプロパティを選択→電源の管理→『このディバイスで、コンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにする』を《チェック》する。→《OK》
  ・ヒューマン インターフェイス ディバイスの設定
    →HID準拠ディバイス→マウスで右クリックしてプロパティを選択→電源の管理→『電力節約のために、コンピューターでこのディバイスの電源をオフにきるようにする』を《チェック》する。→《OK》

  ・ネットワークアダプタの設定
    →マウスで右クリックしてプロパティを選択→電源の管理→『このディバイスで、コンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにする』を《チェック》する。
  ・更に、詳細設定→
        Energy Efficient Ethernet →《無効》
        Wake on Magic Packet →《無効》
        Wake on pttern mtch →《無効》
        グリーンイーサネット →《無効》
        →《OK》

以上。

その後(2012/09/26)→少なくとも自作Windows7のデスクトップ機3台中1台は、LANケーブルを外すとスリープから復帰できる事を確認、1台は無線LANにするとスリープから再起動はするが、Windows画面までは辿り着けない(画面は黒いまま、画像信号が出ない状態)。残り1台は現時点では未確認。

解決しました(2013/02/20)→ブログに書きましたが、私の場合の不具合原因は、グラフィックボードでした。グラフィックボードを外し、マザーボードにオンボードされているグラフィックを使えば、スリープ状態から復帰できました。 

08/05/2012

Sleepから再起動しない(Windows7:自作機):未解決

Windows7(64bit)、新たなディバイスやアプリケーションソフトなどの組み込みはしなかったと思うが、突然”Sleepから再起動しなくなった”。マザーボードは『M4A89GTD PRO/USB3』を使っている。
ネットでググってみるとBIOSの更新をすると直ったという情報がある。マザーボードのBIOSのVersionを調べて見た。
PC起動直後《Delete》キーを押し、BIOS起動後、Main画面の下方にある「System Information」をクリックする。→BIOSのVersionは、1456(05/04/10)であった。最新のものは3029なので、2年間ほど更新していなかった事になる。早速BIOS更新する事とした。

BIOSのVersion確認の手順は、
①ASUSのグローバルから『M4A89GTD-PRO-USB3-ASUS-3029.zip』をダウンロードして、フォルダーに格納する。
②BIOSの更新作業を容易に行うため、マザーボードに添付のCDから、『ASUS Update』をPCにインストールする。
③『ASUS Update』を起動、『ファイルからBIOSをアップデート』を選ぶ。
④①でダウンロードしたファイルが何処に入っているか分からなくなったので、
スタート→『プログラムとファイルの検索』に「m4a89」と入れてzipファイルの場所を開く。
そのファイルをクリックしてzipを解凍してROMファイルを確認する。
これだけではASUS Updateからファイルを見つける事が出来ないようなので、ドラッグアンドドロップで、ROMファイルをデスクトップ画面に置く。
⑤③のファイルを、④で作業したデスクトップ画面で見つけて、BIOSを更新する。
⑥PCを再起動する。
⑦再起動後、BIOSの更新結果を確認する。

 PCを起動すると、Setup画面一旦停止する。そこで、《F1》を選んで、Main→Syatem Informationと辿り、BIOSを確認。→正しく更新していた。
 このとき、起動ドライブが変わっている可能性があるので、BootのHDD起動順位部分も確認してみる。
 私の場合、起動HDDの順番が変わっていたので、それを修正して、再起動実施。

上記BIOS更新作業終了後、Windows7を立ち上げ、『Sleep』終了して、PCが起動できるか下記のように確認してみた。

・Sleep時を示すパイロットランプは点滅している。→ しかし、キーボード、マウス、電源ボタンを押すも、起動しない。 他の設定も確認する必要がある。

■AMD Catalyst についても、これから確認してみる。


解決しました(2013/02/20)→ブログに書きましたが、私の場合の不具合原因は、グラフィックボードでした。グラフィックボードを外し、マザーボードにオンボードされているグラフィックを使えば、スリープ状態から復帰できました。 

 

QNAP TS-469 Pro

QNAP製 のTS-469 Pro と 日立製HDD HDS723020BLA642 4台注文しました!TS-469 Pro は、木曜日の夜中、murauchiに注文しましたが、土曜日の夕刻配送されました。
Dscn0732Dscn0733Dscn0734Dscn0738TS-469 Proは、中小企業向け高性能 4 ベイ NAS サーバーで、消費電力が少し大きいのが気になります。しかし商品は魅力的です。HDDは、TS-469 Proとの相性があるようです。ネット情報を見て、問題の無さそうな商品にしました。HDDは、一日遅れてドスパラに注文しましたので、到着は本日になる予定です。
今回の目的は、自作PCを用いてubuntu で行っているサーバー機能や他に何台かあるNASを、これで統合し、代替して省エネ化を図ること、およびiPADとのデータ共有などにあります。
はたして目標通り上手くいくか・・・

08/02/2012

Trek: Mt.Hiuchigatake walk that went by over-night bus

Dscn0635Dscn0521I went to Mt.Hiuchigatake (燧ヶ岳) last Sunday.
Mt.Hiuchigatake has five peaks near a crater. It's Mt.Shibayasugura (柴安嵓) (h=2,356m), Mt.Manaitagura (俎嵓) (h=2,346.0m), Mt.Minobuchidake (ミノブチ岳) (h=2,201m)  and other two mountains.

The weather was not clear and the rainy clouds were coming close to the area on the afternoon. I got a bus ticket the day before yesterday. At that time, the weather of Sunday was clear while on the morning.
So, I decided to buy a over-night bus ticket to Oshimizu (大清水) of Oze. It's a express bus to Oze of Kanetsu Kotsu (関越交通).
The one-way ticket from Kawagoe to Oshimizu was 3400yen. If you ride from Shinjyuku, it costs 3700 yen. The URL of the Kanetsu Kotsu is the next.
http://www.kan-etsu.net/
But the day, the weather was not clear and the rainy cloud was moving closer to the area on the afternoon. So, I had to climb the mountain as soon as possible.

Dscn0399Dscn0401I rode on a night bus at 23:10pm from Kawagoe-Matoba stop on the Kanetsu express way. The bus operates from Shinjyuku to Oshimizu Oze every day on all on-season. But it needs to buy a over-night bus ticket in advance. My height is 174 cm tall. An anteroposterior width of the seat was sufficient for me even when it tilted full angle.
When I rode on the bus and moved to the rear part of it, I found a woman who was occupying full width tail seat and asleep. Almost all the passenger seized about two seats each.

Dscn0404Dscn0406Dscn0409The bus arrived at Oshimizu bus terminal at 3:40am. I rode off the bus in the dark night. I ate two rice-balls as a breakfast in the dark.
After that, I started to walk to Ozenuma at 4:15am, but the environment was still dark.
I had to need a light to walk. The sun dawn gradually began, the birds trilled out around me.
A road from Oshimizu to Sanpei Pass is uphill for a while.
Dscn0417Dscn0418At the Ichinose rest house, I passed in 5:10am. It takes about 1 hour walk from Oshimizu.






Dscn0423Dscn0430Dscn0471Dscn0484I passed Sanpei Pass at 6:03am. A road to Sanpei-shita is downhill. The Ozenuma-sanso is located near the waypoint of "Sanpei-shita" and close to the pond. I passed Sanpei-shita at 6:17am.



Dscn0509Dscn0518Dscn0528Dscn0542When you walked a little along the pond, you can see the Ozenuma and far away from the pond you can see Mt.Hiuchigatake. And, I could see a lot of pretty flowers around the boardwalk.
Dscn0551Dscn0561Dscn0557Dscn0571I walked on the boardwalk along the edge of the pond till the branch connection of Hiuchi-shindou. I passed the branch connection at 6:44am.

Dscn0593YagurumasoGozentachibanaAfter the branch point, the boardwalk pass out of the trail, and the path was gradually steepy and difficult to get a foothold. My walk speed lost its speed rapidly. I got the reason why the course time is very slow.


Dscn0621Dscn0607Dscn0610I arrived at the Mt.Minobuchidake at 8:40am. The altitude of the point is 2,201m above sea level.
It has a wide and smooth area and you can see Ozenuma and see Mt.Manaitagura behind.
I took a break for few minutes, and walked to Mt.Manaitagura.
It had many big rocks around the top of the mountain, so I felt difficult to get a foothold while climbing up.
Dscn0624
Dscn0628Dscn0635_2Dscn0639I got the top of Mt.Manaitagura at 9:12am. The altitude of the point is 2,330m above sea level. It took 5hours from Oshimizu. At view from top of the mountain, I got a wonderful Ozenuma and Ozegahara view. I could command a panoramic view of Ozegahara and Ozenuma. I felt cool wind that flows at the top of the mountain.

Dscn0646Dscn0650Dscn0652After a short break, I went to Mt.Shibayasugura that is the highest point of Mt.Hiuchigatake(h=2,356m). To Mt.Shibayasugura, you have to walk steep downhill 50m and climb up 60m. Many hiker leave their luggage on the Mt.Manaitagura, and climb to Mt.Shibayasugura. I thought that it's a good way, because the mountain path is narrow and steep. I got the top of Mt.Shibayasugura at 9:36am.

The weather was gradually bad situation, so I decided to go back to Mt.Manaitagura, and to go to Miike.
I returned to Mt.Manaitagura at 10:03am. I took a short break and went to Miike.

Dscn0666Dscn0673Dscn0625When I downed about 150m, there was a scree about 70m long and I crossed according to the indication. Soon after, I encountered the snow patch of 100m long. It had a long snow patch on the route. I guess it was 100m length.
I moved down with slowly and carefully making the edges on the snow patch by shoes.
After I passed through the snow patch, I could see the beautiful view of Kumazawa-tashiro from the trek path. But, I had to watch my step because the boardwalk was the state of obliquity to the right for over 100m.

Dscn0681Dscn0689Dscn0695Dscn0703Around the Kumazawa-tashiro, there were a lot of beautiful pretty white flowers.
I passed Kumazawa-tashiro at 11:04am.
Dscn0715Dscn0679_2Dscn0701_2Dscn0538I passed Hirosawa-tashiro at 11:35am.
After passed Hirosawa-tashiro, the path was downhill again. It was steep downhill that has difficulty of getting footholds. The mountain path was wet, easy to slide, coated with moss and clay, so difficult to find a safety foothold without slip. At the downhill, I had to get down on the treacherous narrow space or on the rock many times.
When I made a small jump on the rock to avoid slip, I dropped a digital camera on the rocky ground from my belt pocket. Fortunately, it got a small bruise, but it was like intact state. Especially, I thought that the route was very tough path.
Near the end of the trek, I exhausted myself, I guess that I had lost the balance ability to land on a safety foothold.
Today I have a pain in muscle of foot when bending it for a change.
Dscn0721I arrived at Miike at 12:15pm.
I asked a staff about the time table of bus departure time. He told me "It's 12:45pm", so I'd 30 minutes leeway. I was very lucky space of time to get refresh. I wiped the sweat and changed to a new T-shirt.



Dscn0720I bought a iced candy and a new water pet bottle of 2litter, and drank almost half. When the train time of the over-night bus was coming, too many person that cannot ride on one bus vehicle lined up beside the bus. The people who want to go to Ozekogen (尾瀬高原) station was many, so bus staff arranged an additional bus vehicle. It was lucky that was the express bus. The bus drove with great speed without a stop, but it took about 85minutes to Ozekogen. So the bus arrived at Ozekogen at 14:10, and it was 10 minutes before the train coming.


Dscn0725I could not buy a ticket before boarding. So, I took a train, and bought a ticket in the train.
When the train started, the hard rain began to fall.
The train was a joint operation with JR and Tobu railway to JR Shinjyuku station. The train named "Spacia", made me feel a high ride quality performance, so I felt a good closing of this trek.


Trek Route
Hiuchi_mountainOzenuma_and_hiuchiOshimizu "大清水" Bus Terminal; h=1200m; 4:12am  -> Ichinose Kyukeiyo "一ノ瀬休憩所"; 5:05am -> Sanpei Pass "三平峠"; 8:58am -> Sanpei-sita "三平下"; h=1730m; 6:07am -> Oze Visitor Center "尾瀬ビジターセンター"; 6:14am -> Oze Shitsugen branch "尾瀬湿原分岐"; h=1672m; 6:35 -> Hiuchi Shindou branch "燧新道分岐"; h=1674m; 6:43am -> Mt.Minobuchi "ミノブチ岳"; h=2207m; 8:40am -> Mt.Manaitagura "俎嵓"; h=2338m; 9:13am -> Mt.Shibayasugura "柴安嵓"; h=2348m; 9:34am -> Mt.Manaitagura; 10:05am -> Kumasawa-Tashiro "熊沢田代"; h=1965m; 11:03am -> Hirosawa-Tashiro "広沢田代"; h=1767m; 11:35am -> Miike "御池"; h=1525m; 12:15pm

Key Notes
   
Location          Southern part of Fukushima Prefecture
Destination      Mt.Hiuchigatake (燧ヶ岳)
Date  walked    July 29(Sun.), 2012 (Cloudy)
Map                 Garmin GPS + Japan RoadNavi 25000 v2 produced by UUD Co.,Ltd.
                      「尾瀬をあるく」(大人の遠足BOOK 東日本#10)JTB Publishing Inc.
Walk type         Mountain walk
Difficulty          Tough
Distance           about 18.4km
Time taken        about 8hours ( includes short breaks )

« July 2012 | Main | September 2012 »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ