« 電源からピーピー音 | Main | 陣馬山ハイキング »

04/25/2012

コンパクトデジカメ購入

Nikon D90のBodyを売って、しばらくの間カメラはスマートフォン(Galaxy SⅡ)で間に合わせていた。スマートフォンの能力は侮れない、すばらしい!でも最近、時々画面に縦縞が入って綺麗に撮れない時がある。そろそろD7000のボディを買うかっ!て悩む反面、いやいや、最近価格が少し下がりつつあるため、何か変化が有るかも知れない。もう少し様子を見ようとも思ってしまう。

でも「スマートフォンのカメラでは駄目だ、デジカメが必要だ、デジカメが欲しい!」という思考から入ってしまうと、「もしデジイチが有っても、コンパクトなデジカメなら、状況に応じ選択して使う状況もあるだろう」と考えてしまう。そうして、コンパクトデジカメに落ち着いた。

GPS機能は欲しいが、無くても我慢できる。しかし、多少薄暗いところでも自然に明るく綺麗に撮れるカメラが欲しい。マクロは1~2cmは接近して撮りたい。望遠はそれ程高倍率で無くて良い。外観デザインはシンプルで落ち着いたものが良い。こんな条件で選んだのが、Nikon CoolPix P310 だ。
明日の処理で、うまくいけば週末には手に入るぞ!

→デジカメ入手!
早速、表示画面に貼るプロテクトシートを買いに走った。必要なサイズを測り、メモってK's電気に行ったが、発売間もないカメラの為か、丁度良いサイズが見当たらない。
いろいろ悩んだあげく、縦44mm×横59mmのサイズを選んで購入した。このサイズは表示画面ギリギリ一杯の大きさである。そのために、貼る前に画面の電源を入れて画面の位置と全体枠との関係を確認するのが良い。私は、それをしなかったので、貼ったシートは画面をカバーしていない。
シートを貼る際には、私は何時もやる方法ですが、小型のスプレーで貼り付ける側(カメラ側)に薄く霧状に水膜を付けて(濡らし過ぎないように)、その後指紋がシートに残らないようにシートをカメラの画面に右あるいは左側から置いてゆく。この時点では、吹き付けた水によって多少の位置修正が出来る。シートの位置が決まったら、シートの右あるいは左片側から気泡が抜けるように軽くこすりながら左あるいは右に向かって押さえてゆく。その後、シートに傷を付けないように、滑りやすい布地(たとえば眼鏡ふき)を使って(指の腹側でも良い、爪を使っては駄目)シートの上から中に入ってしまった気泡や水泡をシートの外に根気よく押し出す。これを習得すれば、シート内には気泡が入らず綺麗に貼れます。

« 電源からピーピー音 | Main | 陣馬山ハイキング »

Gear」カテゴリの記事

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ