« Suunto Movescount のWeb記録 | Main | Excelで株価グラフに折れ線グラフ追加(オフィス2010) »

03/17/2012

カーナビの換装

これまで使っていたPioneerのインダッシュ用カーナビAVIC-DRZ90のタッチパネルの調子がいよいよ悪くなった。タッチセンサが左右方向にずれて居たのは、涙を飲んで使っていた。しかし、運転中いきなりスクロールして止まらなくなる現象が、毎日発生する。勝手にスクロールするカーナビ画面は見たくないので、ラジオ用画面にしていると、今度は路面の凹凸などを感じて、勝手に別の局に変えられてしまうという状態が半年ほど続いた。
会社の友人にこの事を話すと、「君に見えない誰かが、助手席に乗っていて、タッチパネルを操作しているんじゃないのか?」なんて、冗談を言われてしまった。

インターネットの画面で安価に購入できるインダッシュ互換カーナビが目に留まった。機種は、富士通テン製ECLIPSE AVN111M である。ネット購入の値段は、送料無料で45,689円であった。地図も最新版が利用できる。
カーナビの換装は、自分でやると決めている。前回のAVIC-DRZ90を装着した際に集めてあったインパネ類取り装着の資料を紐解き、ざーっと目を通して、朝から装着作業を始めた。
しばらくの間、この作業をやっていないので、パネルを外す際のメタルクリップの外し方向が図からでは良く分からない。強くやり過ぎると、部品を壊してしまう。道具を使いながら、慎重に進めた。
AK12マーチは、2DIN用のオーディオセット(あるいはカーナビ)を配慮して、上面側を車両をクロスしているパイプにねじ止めしているので、カーナビを覆っているインストフィニッシャを外すだけでは、カーナビが取り出せない。ここが一番手間取る所である。
この車で一度はカーナビ装着作業をしているので、その配索を利用して換装作業を進めたが、これが原因となり、今回の作業で面倒だったのは、以下の3点。

①DRZ90では、間違った場所から車速センサー信号を取り出していた。それでも正しそうに動いていた。しかし、今回のAVN111Mでは、車速センサー信号が正しく入らないと、GPS信号を受信出来ていても、車の移動を表示出来ず、車速ゼロの状態で止まったままになる。
車速信号は、メータパネルの裏側のコネクタに繋がっている配線から信号を取り出した。
下記のURLが参考になった。

http://www.clarion.com/jp/ja/files/speed/nissan/nissan_103E.pdf

http://eclipse-spd.net/pulse/NS0005800/200203-200706/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%81

メータパネルの裏側に刺さっているコネクタは、ダッシュボードの上板を外せば、容易に確認出来る。信号は、コネクタがメータ側に刺さった状態で運転席側から見て、(車両状態の)左上から右方向に3本目(緑色)の配線である。逆の側には配線がされていないので、間違う事はないと思うが・・・。この線に分岐タップを使って信号を取り出す。
僕は、DRZ90装着の際、間違えて下側の黒い線にセンサー信号を繋いでいた。そのため、今回の換装で、車は車速ゼロの状態になってしまい、ナビゲーションが出来ない状態になってしまった。
尚、GPSのアンテナは、フィルムアンテナに接着接続する配索側にあるようなので、GPSアンテナ用の新たな配索は必要ない。

②DRZ90では、パーキングブレーキ信号を入れる際に、常にパーキング状態になるように車体側にアースしておけば、運転中のナビ操作が出来た。
しかし、今回のAVN111Mでは、パーキング信号を正しく入れないと、動いてくれないようだった。設定ボタンが押せなくなってしまう現象がでていたように思う。実は、①の不具合が最後まで尾を引いていて、いろいろ配線の組み替えを行ったため、DRZ90の際に使った配索を、再利用するのでも良かったかも知れない。しかし安全上の事を考えれば、パーキングブレーキから本来の信号線を取り出すのが良い。

③AM/FMラジオのアンテナ線は、フィルムアンテナに切り替わるものと思っていた。フィルムアンテナでワンセグTVも綺麗に映る。しかし、何度チューニング操作をしても、また電波状態の違う場所に移ってチューニング作業しても受信は出来ず、その状況は変わらなかった。
取り外してしまったAM/FM用の在来線を再度配索し直し、これまで使っていたAM/FM用アンテナ線をAVN111Mに接続すると、ラジオ放送も問題なくチューニング出来た。

トラブルさえ無ければ、3時間ぐらいで終わるのだろうけれど、その2倍も時間を食ってしまった。バックアイカメラはコネクタ形状が違っていて、装着出来ないので、その換装のためには、また作業する必要がある。

追記)
 修理とアップデートに関わる費用を調査してみたので、記載しておくと、
  ①タッチパネルの交換費用      約15000円
  ②バージョンアップディスクの購入 約25200円
  ③ワンセグチューナー購入        約4500円
 ただし、MDは使えなくなるし、リアビューカメラは、AVN111M用に購入する必要があるので、修理の方が安価に済ませられたのかも知れない。でもこれまで使っていたリアビューカメラは、カメラ部に水侵入していたし、やっぱり新しい方が良いよね。

« Suunto Movescount のWeb記録 | Main | Excelで株価グラフに折れ線グラフ追加(オフィス2010) »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ