« カーナビの換装 | Main | ERROR『google.co.jp が長時間実行中のスクリプトが原因で応答しない』 »

03/28/2012

Excelで株価グラフに折れ線グラフ追加(オフィス2010)

血圧測定の結果を、株価グラフで使うローソクグラフに纏めたが、心拍数を同じグラフ内に描こうとして、いろいろ悩み苦しんだので、忘れないように、ここにそのやり方を記載しておく。グラフを描く元データは、下左表のようなものである。

Photo《手順》
 前提条件:表A,F,G,H,I 列のデータで、株価グラフ(ローソクグラフ)までの作業は、既に出来ているとする。




①株価グラフをアクティブにする。

②グラフツール→デザイン→データの選択 をクリックする。
 →データソースの選択窓が開く。

③凡例項目の側にある『追加』ボタンをクリックする。
 →系列名は空欄で良い。
 →系列値には、枠右の表ボタンをクリックして、系列の編集が表示されたら、
   表に移って、折れ線グラフを描く為 追加する列データ(J2:J16)を選択。
 →『Enter』クリック→『OK』をクリックする。
 →データソースの選択の凡例項目に 「系列5」 が追加された。

④横軸ラベルの編集をする。
 →『編集』ボタンをクリックする。
 →軸ラベルの範囲の枠の右にある表ボタンをクリックする。
  
 →表に移って、ラベルの範囲(ここでは、最左側の測定日になる)(A2:A16)を選択する。
 →「Enter」をクリック。
 →データソースの選択窓に戻ったら、『OK』をクリックする。

 株価グラフは、この例では、下側のひげ線が無くなって、下側に延びた形になる。

⑤グラフツールのレイアウトをクリックする。
 →画面左側のファイルタブの下側『グラフエリア』と表示されている枠内の右にある「▼」をクリックして、『系列5』を選択する。株価グラフの棒グラフ下端が選択される。

⑥先ほどの入力欄の直下、「選択対象の書式設定」をクリックする。
 →データ系列の書式設定の窓が開く。
 →左側のメニューの一番上の項目「系列のオプション」で、「使用する軸」に「第2軸」を選択する。
 →「線の色」を選ぶと、デフォルト値は「線なし」になっているので、「自動」を選択する。
 →「閉じる」をクリックする。

 これで ローソクグラフに折れ線グラフを追加して描ける。

⑦第2軸になっているグラフ上の線をクリックして、「軸の書式設定」を選択する。
⑧左側のメニューより、『軸のオプション』を選び、最小値、最大値、目盛間隔などを適当なものに変更する。

« カーナビの換装 | Main | ERROR『google.co.jp が長時間実行中のスクリプトが原因で応答しない』 »

PC and PC troubles」カテゴリの記事

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ