« eTrex30 起動時「Invalid JNX File」表示が出る | Main | PCが起動しない »

02/19/2012

Suunto t6d、Movescount に運動の結果データが表示されない(その後)

Suunto t6dの電池を交換後、本日は最初のランニング。PCに取り込んだデータは、欠けることなく取得出来た。今後は、表示に変化があれば、電圧を測るなりして、交換するのが良さそうだ。私のような使い方では、半年ぐらいで電池電圧を確認するのが良いかもしれない。

ところで今日は、Suunto に加えて、Garmin のハートレートモニターも装着して、運動中のハートレートの表示を比較してみた。
Suunto のハートレートは、時間履歴で表示していて、Garmin の場合は、距離履歴に対しての表示になる。そのまま突き合わせると、ランニング速度が変化しているので、波形には違いが大きくなってしまう。Garmin 側のデータをExcelに移して、横軸を時間軸にしてグラフ化し、Suunto のグラフと貼り合わせれば良いのだが、ちょっと面倒だ。どの程度合っているのか、雰囲気だけ合わせてみよう。
20120219_garminsuunto

2枚の心拍数の図を重ね合わせた。ベースになっているのは、Garmin で計測したグラフで、横軸が距離になっている。
赤の線は心拍数を示し、図の右に軸のスケール値がある。
緑の線は標高値を示し、図の左に軸のスケール値がある。
その図にSuunto の時間履歴でとった心拍数を重ねた。
横軸が違っているし、ランニングスピードも一定のペースでは走れず変化するので、波形似ているが合わない。

因みに、心拍数の最大、平均、最小の値を比較してみよう。
Garmin eTrex30 + プレミアムハートレートモニター(別購入品) での計測 
最大 166bpm   平均 130bpm   最小 72bpm
Suunto t6d + t6d添付のハートレートモニター での計測
最大 171bpm   平均 133bpm   最小 98bpm

ここで気づいたのは、波形が最も違うのは、ランニング初期である。Suunto では 171にもなっているのに、Garmin では 145程度である。またSuuntoでは、時々急激に大きなピーク値が表示される。たとえば、9km手前にある心拍数のピークは、ランニング速度を急激に上げた場所であるが、数値の変化からすると、現実に発生している数値では無いようにも思われる。これは、センシングした心拍数データを平均化する際の処理の仕方に違いがあるのかも知れない。

« eTrex30 起動時「Invalid JNX File」表示が出る | Main | PCが起動しない »

Running」カテゴリの記事

October 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ