« Trek : Ubukawa -> Mt.Bukou -> Mt.Komochi -> Mt.Omochi -> Ubukawa Car Parking #2 | Main | モニターに黒枠 »

09/19/2010

Trek:越生駅→鼻曲り山→一本杉峠→顔振峠→鎌北湖→武州長瀬駅

今日(9月19日)、顔振峠で昼食に手打ち蕎麦を食べようと思い立ち、顔振峠を目指して武蔵おごせ地区を歩いた。
天気は良く、直射日光が当たると、かなり暑く感じたが、日陰のある尾根道を吹く風は涼しくて気持ちが良かった。越生駅の標高は約100m、途中の鼻曲り山は標高473m、顔振峠は530mなので、標高差は最大約430m、急な登りは2~3カ所あるが、その距離も短い。ただし、越生駅から顔振峠までの歩行距離は約11kmあり、所用時間は3時間30分ほどかかった。帰りの歩行も考えると、それなりの持久力が必要になる。

Dscf6713s ←鼻曲り山の周辺は、写真のように急な山道が数カ所ある。傾斜が急なため、補助ロープが張られている。
Dscf6715s 右の写真は、鼻曲り山の山頂。周囲は木立に囲まれており、全く見晴らしが無い。




Dscf6721s ←一本杉峠
写真の杉の右手から歩いてきて、一本杉を通り過ぎたところで振り返って撮影。




Dscf6745s 顔振峠からは、西武池袋線の吾野駅に降りるという手もある。疲れている場合には、この方が距離も短く便利。でも、今日は、鎌北湖を経由して東武越生線の東毛呂駅か武州長瀬駅に戻るルートにした。諏訪神社を通って、一本杉峠Dscf6751s の手前の林道との交差点から車道を歩いて北鎌湖近くまで歩く。この車道が約3km(約35分)と結構距離があった。後で地図を見ると、その途中から鎌北湖に繋がる山道があったが、道路表示が見つけられなかった。

Dscf6777s 鎌北湖と表示がある車道からまた山道に入り、約2.5km(約35分)歩いて鎌北湖に到着。鎌北湖の北側の道路に沿って歩き、川沿いの遊歩道を歩いて、農産物直売所の前を通って、武州長瀬駅まPhotoで歩いた。
途中で持参したGPSの電池が切れたので、そこからはMapSourceを 使って全ルートの歩行距離を調べると、歩行距離は約24km、所用時間は、昼食などの休憩時間(約20分)を入れて、6時間45分だった。

使用した地図
東武東上線で行く 外秩父ハイキング 4
Japan DRM Navi and Topo 10m v3.0
Map: Garmin GPS(eTrex 30) + Japan RoadNavi 25000 v2 by UUD製作所

Dscf6734s Dscf6742s 顔振峠の茶店で手打ち蕎麦の大盛り(¥850)を注文した。以前此処に来た時に食した印象から、同じ味を食べたいと思い、注文した手打ち蕎麦だDscf6735sったが、麺の太さ・幅も不均一で、つゆの味もうま味に欠け、以前に比べると随分味が変わった印象があって、期待はず れだった。茶店からの景色は、少し霞がかかっていたが、近隣の山々を綺麗に望むことができた。

靴について
今回、ウォーキングが中心になると思って、足首が包まれるいつものハイカット登山靴ではなくて、くるぶしがオープンになっているローカットの靴を履いて歩いた。靴下も少し薄めにしていた。ローカットの靴は軽いが、山道を歩いていると、小石が多い道では、足が靴の中で左右に動きやすく、足場の安定が求められる急斜面の道でも、ハイカット靴に比べてくるぶしへの負担が多いように思う。その為に、ローカット靴では、捻挫もしやすいように感じた。トレッキングの終盤では、いつもと違う、指先の方にも負担が増えていた。路面が安定しない長距離の山道では、ハイカットの登山靴の方が歩きやすく、疲れも少ないと思った。靴下は、いつも使っていた靴底に当たる部分が幾分厚くなっている登山用のものが疲れにくく、インソール(靴の中敷き)による歩行ショックの低減もかなりあることを再認識した。

« Trek : Ubukawa -> Mt.Bukou -> Mt.Komochi -> Mt.Omochi -> Ubukawa Car Parking #2 | Main | モニターに黒枠 »

Field Walk」カテゴリの記事

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ